柿 食 えば 鐘 が 鳴る なり 法隆寺。 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」正岡子規の代表作の一つですが、こ...

柿 食 えば 鐘 が 鳴る なり 法隆寺

日本の近代の俳句は、明治時代の俳人、正岡子規に始まります。 江戸時代の松尾芭蕉や与謝蕪村の俳諧、発句に親しみ、研究し、俳句の革新運動を精力的に進めた人物です。 生涯に 20万ともいわれる句を詠んだ子規の作品の中で、一番有名だともいわれる句 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」。 今回はこの 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の 季語や意味・表現技法・鑑賞文・作者などについて徹底解説していきます。 「(前略)やがて柿はむけた。 余は其を食ふてゐると彼は更に他の柿をむいてゐる。 柿も旨い、場所もいい。 余はうっとりとしてゐるとボーンといふ釣鐘の音がひとつ聞こえた。 彼女は初夜が鳴るといふて尚柿をむき続けてゐる。 余には此初夜といふのが非常に珍しく面白かったのである。 あれはどこの鐘かと聞くと、東大寺の大釣鐘が初夜を打つのであるといふ。 」 (意味:女中がむいてくれる柿を食べていると、さらに続けて女中は柿を向き続けている。 奈良で食べる奈良の柿の格別な味に感慨を覚えていると、ボーンという鐘の音が聞こえてきた。 女中にどこの鐘かと尋ねると、東大寺の初夜の鐘(午後八時ころ鳴らす鐘)であるという。 ) 柿を食べていたら、意外にも鐘の音が聞こえてきたという体験は、宿で過ごしていた夜の出来事だったのです。 子規は、 このときの感動や驚きを法隆寺の茶店という舞台設定をこしらえて句を作ったのです。 二句切れ• 倒置法• 体言止め になります。 二句切れ 句の中で、「かな」「や」「けり」などの切れ字がつくところ、もしくは意味上、リズム上大きく切れるところ(普通の文であれば句点「。 」がつく箇所)を句切れと呼びます。 この句は 「柿食えば鐘が鳴るなり」で一度分が終止し、「。 」がつきます。 二句目にあたるところで切れるため、 「二句切れ」句となります。 倒置法 倒置法は、言葉の順序を普通の並びとは逆にする表現技法で、 意味を強める働きがあります。 この句は、普通の日本語の順序でいえば、「柿食えば法隆寺では鐘が鳴るなり」となるでしょう。 そこを「鐘が鳴るなり」をあえて先に持ってくることで、 折よく鐘の音をきたものだという面白みを表しています。 この句は「法隆寺」という体言で終わっています。 古都、奈良を代表する寺であり、 奈良らしさを強調しています。 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」の鑑賞文 まことに奈良らしい風情の中に、 秋の訪れを実感していることを表す句です。 古都奈良の茶店で、地元名産の柿を食べていたところ、タイミングよく法隆寺の鐘の音が響いてきました。 柿を食べていたことと鐘がなったことには何の因果関係もないけれども、折よく鐘が響いてきて愉快に感じたのでしょうか。 茶店でのんびり柿を食べて休憩をするくらいですから、天気は秋晴れと想像することができます。 青い空に、鮮やかなオレンジ色の柿。 色彩感も豊かな句です。 奈良の御所柿は甘く、ジューシーで、そこはかとなく粘りも感じられる極上品です。 それを味わっているところに鐘の音が響いてくるわけですから、 五感がフルに働いていることになります。 ユーモアも感じさせる明るい句ですが、正岡子規が旅をすることができたのはこの時が最後となりました。 「柿食えば」の句を詠んだころの正岡子規 (正岡子規 出典:Wikipedia) 「柿食えば」の句を詠んだころ、正岡子規はどのような暮らしをしていたのでしょうか? 「柿食えば」の句からは、ほのぼのとした明るさやユーモアも感じるのですが、この時の子規はなかなかに深刻な状況にありました。 この句が詠まれた明治 28年( 1895年)、当時の 子規は28歳です。 明治25年 1892年)に日本新聞社に入社。 俳句の革新運動に本格的に取り組み始め、俳句に関する本を書いたり、新聞「日本」に俳句の欄を設けたり、精力的に活動し、明治 28年 1895年 には日清戦争従軍記者として、中国に渡っていました。 俳人として、ジャーナリストとして、活動の幅を広げていたところでした。 ところが、そんな子規に 病が襲ってきたのです。 中国からの帰国の途上、子規は大量の喀血をして帰国後すぐに入院。 一時は重体に陥りました。 喀血 血を吐く というのは結核の症状で、これは治癒率の低い、恐ろしい感染症です。 5月に帰国したものの、兵庫県の病院で入院して過ごし、住まいのある東京にはなかなか帰ることができませんでした。 8月末に子規は、故郷松山に療養のため向かいます。 この時、松山で子規を迎え入れたのは、かの有名な文豪、 夏目漱石でした。 (夏目漱石 出典:Wikipedia) 夏目漱石は、正岡子規とは帝国大学の同窓生でした。 子規と漱石は深い友情で結ばれており、「漱石」という雅号も、もとは子規がつかっていたもののひとつであったと言われています。 松山で、子規と漱石は多くの句を作って過ごしました。 このころの夏目漱石の句には・・・ 「鐘つけば 銀杏散るなり 建長寺」 (意味:建長寺の鐘をついた。 境内ではぎんなんが散っていることだ。 ) という句があります。 秋の木の実と寺の鐘と言う取り合わせ、句の調子がよく似ています。 子規の「柿食えば」の句は「海南新聞」 11月 8日号に発表されたのですが、それをさかのぼること約 2カ月。 9月 6日号に漱石の「鐘つけば」の句が発表されているのです。 「柿食えば」の句は、漱石の「鐘つけば」に触発されて詠まれたともいいます。 松山の漱石のもとで 2カ月近くを過ごした子規は、ようやく東京に向けて出発しました。 その途上で広島、大阪、奈良に立ち寄っているのです。 奈良で、「柿食えば」の句を詠んだのは 10月 26日。 実際は雨だったようですが、前夜に柿を食べながら聞いた東大寺の鐘の音に抱いた感興を法隆寺の近くの茶店という舞台設定に変えて、子規は「柿食えば」の句を詠んだのです。 このころ、子規は腰痛も抱えていました。 子規は、リウマチだろうと考えていたようですが、これは結核菌が脊椎に入り込んで病変を起こす、脊椎カリエスの症状の始まりでした。 病は確実に子規の体を蝕み、苦しめていたのでした。 このような子規の病状から、 子規は実際に法隆寺まで出向いてはいないのではないか、東大寺の初夜の鐘を法隆寺の鐘によみかえただけでなく、法隆寺を訪れたことさえもフィクションだったのではないかともいわれています。 そうだとしても、 これだけ人の口に膾炙し、愛されている句はそうあるものではありません。 正岡子規と柿の関係は切っても切り離せない 子規は 随筆「くだもの」の中で、このようにも述べています。

次の

「なり」の意味

柿 食 えば 鐘 が 鳴る なり 法隆寺

今日の1句 長き夜や初夜(そや)の鐘撞く東大寺 正岡子規 『子規全集』 子規が奈良の角定(対山楼)に泊ったのは1895年(明治28年)10月24日(宿帳から)であるが『子規全集』では10月26日となっている。 例の「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の句はそのとき作られたとして、10月26日が柿の日となった。 この日は雨であった。 この日のことは「鴎座」2012年3月号の「名句入門」で書いている。 また「東京紅団」の「」に詳しい。 松田ひろむ 1日10句 2141 柿食えば初夜(そや)を打ち出す東大寺 -------- 季語( 柿 ) 2142 柿を剥く指の白さの初夜(そや)が鳴る -------- 季語( 柿 ) 2143 柿を剥く十六七で月ヶ瀬出 -------------------- 季語( 柿 ) 2144 御所柿の味はごつんと初夜(そや)の鐘 -------- 季語( 柿 ) 2145 山盛の柿御所柿の精ならば -------------------- 季語( 柿 ) 2146 柿を剥く項(うなじ)に惚れて余と書いて ------ 季語( 柿 ) 2147 柿の日は子規おかげさま法隆寺(10月26日) 季語( 柿 ) 2148 角定(かどさだ)の子規がさびしむ鹿の声 ------ 季語( 鹿 ) 2149 法隆寺雨の茶店の柿の味 ---------------------- 季語( 柿 ) 2150 秋しぐれ田端の駅も斑鳩も -------------------- 季語( 鹿 ) 法隆寺の子規句碑 子規の「柿食へば」の句の瞬間(「鴎座」2012年3月号) 俳句の「瞬間」、それは、子規の「柿食へば」の句に典型的に見られる。 と思うのだ。 柿食へば鐘がなるなり法隆寺 この句は法隆寺ではなく東大寺近くの宿屋で着想されたのではないかと考えられている。 子規が奈良を訪れたのは、松山での漱石との共同生活を打ち切って東京へ戻る途中である。 大病の後であるし、また脊椎カリエスのために腰が痛み始めた頃だったので、子規の健康状態は悪かったのだが、奈良を訪れることは年来の念願だった。 子規は奈良へ着くと東大寺南大門近くの「角貞」という旅館に宿をとった。 そこでは 大仏の足もとに寝る夜寒かな という句を残している。 子規が部屋で寛いでいると、旅館の女中が現れて、子規の好きな柿を剥いてくれた。 そのときの様子を子規は、後に「くだもの」と題する随筆の中で回想している。 「此女は年は十六七位で、色は雪の如く白くて、目鼻立ちまで申分のない様にできてをる。 生れは何処かと聞くと、月ヶ瀬の者だといふので余は梅の精霊でもあるまいかと思ふた。 やがて柿はむけた。 余は其を食ふてゐると彼は更に他の柿をむいてゐる。 柿も旨い、場所もいい。 余はうっとりとしてゐるとボーンといふ釣鐘の音がひとつ聞こえた。 彼女は初夜 そや が鳴るといふて尚柿をむき続けてゐる。 余には此初夜といふのが非常に珍しく面白かったのである。 あれはどこの鐘かと聞くと、東大寺の大釣鐘が初夜を打つのであるといふ。 」 子規はこのときの東大寺の鐘の音が余程頭に残ったのであろう。 だから後に法隆寺で実際に鐘の音を聞いたとしても、その音が東大寺の鐘の音と重なった可能性がある。 いやむしろ、東大寺の鐘を無理に法隆寺につなぎ合わせた可能性さえある。 子規が法隆寺にやってきたのは奈良に到着して四日目、その日の天候は上記の本によれば雨模様であったらしい。 子規には法隆寺を詠んだ句がほかにいくつかあるが、それらは いく秋をしぐれかけたり法隆寺 のように、雨を読み込んでいる。 柿食えばの句は、やはり冴え渡った空を連想させるので、雨の中で詠んだというのでは格好がつかぬ。 (日下徳一『子規もう一つの顔』) 子規のように法隆寺の茶店で柿を食べているときに鐘が鳴るのだろうか。 現在の観光寺院のように、拝観者が自由に鐘を撞けるものではない。 時間が決まっているのだ。 本当は日下のいうように鐘は鳴らなかったと考えていい。 子規が、奈良を訪れたのは明治二十八年十月、二十八歳の秋でした。 肺結核を病む身で従軍記者として中国の金州(大連の東北)、旅順へ赴いた子規の病状は、船中の喀血で瀕死の状態となりましたが、四ヶ月の療養後、郷里松山を出て、上京の旅の途中で奈良を訪れました。 以後七年に及ぶ闘病生活を過ごすことになる子規にとって、奈良の旅は生涯最後の旅となります。 子規が奈良で詠んだ句に、「長き夜や初夜の鐘撞く東大寺」、「大仏の足もとに寝る夜寒かな」(奈良・角定にて)があります。 「角定(かどさだ)」とは奈良でも屈指の名旅館であった對山樓のこと。 宿帳には、子規の記名「正岡常規」も残っています。 對山樓は大正八年に中断、戦後再興しますが、昭和三十八年には廃業し、跡地は現在「日本料理天平倶楽部」となっています。 明治三十四年、病床にあった子規は、奈良の旅を回想し、随筆「くだもの」に、「柿に思ふ奈良の旅籠の下女の顔」と詠んでいる。 子規は、松山を発つ際に漱石から十円を借りた。 それを奈良で遣い果たす。 また、「(俳句で)奈良に柿を配合するというような事は思いもよらなかった事である。 余はこの新しい配合を見つけ出して非常に嬉しかった」とも見えます。 對山樓の跡地(日本料理天平倶楽部)には、今でも子規が宿泊した当時からの柿の古木があります。 子規は奈良の旅で、「秋暮るゝ奈良の旅籠や柿の味」 など多くの句を作りました。 對山樓で柿を食べながら、東大寺の鐘を聞いたことも記されています。 yahoo. html) 初夜 そや (「しょや」に同じ)は戌の刻で午後八時から九時のこと。 初夜とは「戌の刻の鐘」の意味もあった。 子規は女性を下女と思っていたが、彼女は当時の主人、角谷定七の姪で評判の美人だった。 (前記・日下書)子規がこれほどまでに女性を美しく描いているのは、ここだけではないだろうか。 「柿食へば」の句はまさに瞬間である。 しかし、それがその時その場所で瞬間にして生れなくてもいいのだ。 実際の時間や空間は離れていても、時間を圧縮し瞬間のこととして詠むのが「俳句は瞬間を切り取る」ということなのだ。 この点を理解している俳人は少ない。 再度、山本健吉を引用しておこう。 詠嘆を基調としない俳句は必然的に用言よりも体言に愛着する。 俳句は時間の法則に反抗し、様式の時間制をみずから拒否する。 言わば時間を質量感のなかに圧縮してしまう。 一つ一つの言葉は繋ぎ合わされて楽しい韻律を奏でるものではなく、一つ一つが安定した位置に言わば「置かれる」のだ。 (「挨拶と滑稽」) ところで「柿食へば」に先行して、漱石の 鐘撞けば銀杏散るなり建長寺 夏目 漱石 の句がある。 これは「海南新聞」一九〇五年(明治二十八年)九月六日に載っている。 子規の柿の句は同じ「海南新聞」の十一月八日に載っている。 しかし、漱石の句は因果関係があって名句とはいえない。 ただし建長寺には「清浄である」「きれい」「なにもない」という意味がある。 けんちょうじ(建長寺)1(略) 2(建長寺の境内は昔から掃除がゆき届いていたところからいう)清浄であること。 きれいなさま、また何もないこと。 *雑俳・三また竹「ねじてみる火鉢の灰のけん長寺」、*洒落本「おごりかけるとちかい中に身上はけん長寺」、*雑俳・柳多留「料理人建長寺だと鍋を見せ」(『日本国語大辞典』小学館) 建長寺の庭を鳥箒(竹箒)で掃いたよう 掃除が行き届いていて、塵一つ落ちていないさま。 (狂言・鐘の音、俚言集覧)(『日本国語大辞典』小学館) 漱石の句の「建長寺」にこんな意味があることは、これまでだれも指摘していない。 きれいに掃除の行き届いた建長寺だからこそ、漱石は銀杏が散ることに感興を覚えたのだろう。 もっともこの句は実景というよりも構成の句であろう。

次の

柿食へば鐘がなるなり法隆寺:子規の写生句

柿 食 えば 鐘 が 鳴る なり 法隆寺

これはかの有名な正岡子規の俳句であり、『海南新聞』1895年11月8日号に掲載された俳句であります。 正岡子規は明治25年に日本新聞社に入社し、日清戦争の記者として働いていましたが、明治28年に正岡子規は病を患い既に重病であったともいわれています。 しかしながらなんとか奈良を訪れ、その際ここ法隆寺を訪れ、その際に詠んだ俳句が『柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺』であるといわれています。 正岡子規は東大予備門において夏目漱石、南方熊楠、山田美妙など同窓生であり、漱石とはとても仲がよく、正岡子規が病に患ってからも療養生活の看病に必死にしていたといわれています。 奈良を訪れた正岡子規が詠んだ『柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺』への想い・・・ 最初に奈良の市内を散策をして、興福寺、大仏殿のある東大寺、春日大社を参拝しました。 実は正岡子規は東大寺についても俳句を詠んでおり、『長き夜や初夜の鐘撞く東大寺』『大仏の足もとに寝る夜寒哉』などがその代表とされています。 そして『柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺』は、療養生活の世話、奈良旅行を工面してくれた漱石に対して、漱石の作である「鐘つけば 銀杏ちるなり建長寺」の句へのお礼の句であるといわれています。 季語は柿でありこれは秋の象徴でもあります。 この句でいう柿は大和名産の御所柿と考えられています。 『法隆寺の茶店に憩ひて』と前書きがあり、法隆寺に立ち寄った後、喫茶店で一服して柿を食べていると法隆寺の鐘が鳴り、その鐘の音色に秋の訪れを感じた、というのがこの句に込められて正岡子規の想いでもあります。 尚、「くへば」一見逆説にも思われがちですが、単に「食べていたら」という事実を述べているにすぎず、「鐘が鳴るなり」と特別に因果関係があるわけではありません。 ちなみに正岡子規が法隆寺を訪れた10月26日とされ、この日はこの句にちなんで『柿の日』にも制定されています。 この句は実際に詠まれたのか しかし正岡子規が法隆寺を訪れた日は、雨であったとされこの句は実際に詠まれたかどうか疑問点も残されています。 また正岡子規は奈良を訪れた際には、かなりの病状も悪化をしていたと考えられており、実際に法隆寺を訪れることができたのかという点も疑問点に残されています。 もしかすると、病で床についていた正岡子規は、外で秋の訪れを感じたいという自分自身の願望をも句にしていたのかもしれません。 奈良の観光は、正岡子規にとって最後の旅行であり、明治35年に35歳の短い生涯を終えました。 しかしこうしてこの句をきけば誰もが法隆寺を思い出し、法隆寺は今世界遺産に登録をされ、人々から愛されるお寺となっていることは、正岡子規にとってもきっと喜ばしいことに違いありません。

次の