ロメインレタス。 ロメインレタス(コスレタス):旬の野菜百科

ロメインレタスの栄養や特徴とは

ロメインレタス

ロメインレタスとは? ロメインレタスは、レタスの一種ですが、あまり聞きなれていない方もいると思います。 ロメインレタスは、別名【 コスレタス 】とも呼ばれており、その特徴は、一般的なレタスである玉レタスとは少し違っています。 玉レタスは、水分が多くシャキシャキとした食感が特徴ですが、ロメインレタスは、レタスと比較すると、 葉が厚めでかたい印象です。 ただ、葉先は柔らかいです。 外観は、深い緑色をしていて、苦味もあります。 そんなロメインレタスですが、「ロメイン」は、 ローマ という意味であるといわれており、ローマ時代から食べていたともいわれています。 それほど前からロメインレタスは存在していたんですね。 日本では、結球しておらず、葉が立った状態で成長するので「 立ちちしゃ 」とも呼ばれています。 そんなロメインレタスは、シーザーサラダにもよく使用されており、日本人にも馴染みあるものとなっています。 ロメインレタスの栄養は何がある? ロメインレタスは、玉レタスよりも栄養価が高いといえます。 ロメインと玉レタスの栄養価を比較すると、このようになります。 3 0. 05 0. 06 ビタミンB2 mg 0. 03 0. 06 ビタミンB6 mg 0. 05 0. 葉酸は、妊婦さんにとっては必須の栄養素ですよね。 もちろん妊娠していない方も必要な栄養素であり、貧血を予防したり、成長を促進する効果があります。 妊婦さんは、妊娠していないときの2倍ほど摂取しないといけないと言われていますが、妊娠していなくても、野菜を摂取したり、レバーを摂取して、葉酸不足にならないように気をつける必要もあります。 ロメインレタスには、こういった栄養が含まれていますが、そのほかのビタミンやミネラルの含有量でみると、 サニーレタスや サラダ菜の方が、栄養価は高いといえます。 こちらの記事もどうぞ ロメインレタスの食べ方は? ロメインレタスの食べ方として有名なのは、「 シーザーサラダ」です。 ロメインレタスは歯ごたえもあり、食感が楽しめるレタスです。 シーザーサラダで食べる場合は、手でちぎって使用する方が、変色しにくく、そしてドレッシングが絡みやすくなります。 そして、ロメインレタスは焼いたり、炒めたりしても食感が損なわれないという点があります。 ですので、レタス類の中でも、食感を大事にしたい炒め物の料理に向いているといえます。 ロメインレタスのおすすめの食べ方レシピを紹介します。 ロメインレタスとベーコンの炒めもの 引用: 生春巻き 引用: ロメインレタスの栄養食べ方まとめ ロメインレタスの栄養や食べ方をテーマにしてまとめました。 ロメインレタスは、実は昔からある野菜だったんです。 そして、栄養価は、一般的な玉レタスよりも高いといえますね。 食べ方としては、シーザーサラダが有名ですが、炒め物としてもおいしいです。

次の

ロメインレタス コスレタス |レタス 品種の特徴 食べ方 選び方

ロメインレタス

ローマ時代によく食べられたとか、その時代から食べられているからとか諸説あるようですが、とにかく「ローマの」レタスと言う風に思っておけば間違いないでしょう。 また、もともとはエーゲ海のコス島が原産とされ、その地で栽培されていたのでコスレタスとも呼ばれています。 株は縦に長く、半結球です。 外見は白菜にも近く、白菜とレタスを足して割ったような野菜です。 葉は比較的濃いグリーンでシャキシャキとしており、炒め物などにも適しています。 ところで、シーザーサラダって、あのユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が好んで食べたサラダから命名されたという眉唾なお話がよく登場しますが、実はカエサルはそんなサラダ知らんぞ!と言っているようです・・・。 シーザーサラダは1924年アメリカで生み出されたサラダのようです。 なんでもイタリア系移民の料理人シーザー(チェザーレ)・カルディーニ(Caesar Cardini)によって調理されたのが最初とされ、彼の名前及び店名にちなんでシーザーサラダと呼ばれるようになったそうです。 また、千葉県なども同じような形で作られています。 ロメインレタスは高温・低温に弱く、地中海性と同じような暑くなく寒くない時期が適しています。 なので、通常は春と秋が美味しい時期と言えますが、長野や北海道など夏に涼しい所ではその時期に作られています。

次の

【みんなが作ってる】 ロメイン・レタスのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ロメインレタス

起源と語源 [ ] 北アメリカではロメインと呼ぶのが一般的だが、他の地域ではコスレタスとして知られている。 多くの辞書では、コスという言葉は、このレタスの発祥地と推定されているギリシャのに由来するとしている。 ロメインレタスは、を経由して西洋に伝わったと考えられており、イタリアでは lattuga romana、フランスでは laitue romaineと呼ばれている。 料理 [ ] 北アメリカのスーパーマーケットでは、ロメインレタスは一年中手に入る。 特に外側の古い葉の太い葉脈からは乳液が出て、これがロメインレタスに特徴的なハーブのような苦さを与える。 ロメインレタスはとしてによく用いられ、特にの材料となる。 また、でもよく用いられる。 (ブレイズ)やなど、火を加えて調理することもある。 儀式での利用 [ ] ロメインレタスは、イスラエル人がエジプト人の奴隷として苦しめられていたことを象徴するとして、に用いられる。 栄養価 [ ] ロメインレタス 100 gあたりの栄養価 72 kJ 17 kcal• Tropicos• Walker, Norman Wardhaugh 1970年. Fresh Vegetable and Fruit Juices: What's Missing in Your Body?. Book Publishing Company. 2013年12月2日閲覧。 , First Edition, 1893, s. 'cos'• "Cos lettuces are probably not named for the island of Kos but for the Arabic word for lettuce', Alan Davidson, The Oxford Companion to Food, s. 'lettuce'. Oxford University Press 1999. Bradshaw, Paul; Hoffman, Lawrence August 19, 2000. Passover and Easter: Origin and History to Modern Times. University of Notre Dame Press. Ronald L. Eisenberg, Jewish Traditions: A JPS Guide, Jewish Publication Society, 2010,• American Institute for Cancer Research,. Tooke, William. The Monarchy of France: its rise, progress, and fall,• 参考文献 [ ].

次の