ルキノ立ち回り。 【第五人格】探鉱者の立ち回りと能力

【第五人格】ハンター強さランキング(※6月22日更新)【Identity V】

ルキノ立ち回り

読み込み中... 写真家ジョゼフの能力 写真世界 写真を撮影するにはフィールドに配置されたカメラを使用する。 カメラを使った瞬間が「時間の止まった世界(写真世界)」として記録される。 写真世界の持続時間は1分。 カメラを再使用するのに必要なクールタイムは25秒。 カメラはフィールドのあちらこちらに配置されているが、暗号機付近にはたいてい1つ存在する。 写真を撮るとカメラの前にイメージが浮かび上がり、そのイメージを通過することで写真世界に入ることができる。 写真世界にはハンターとサバイバーともに入れる。 写真世界でのサバイバーは静止しているので簡単にダウンをとれる。 写真世界のダメージが現実に反映されるのは写真世界の持続時間1分が経過した時点。 写真世界での特徴 ・写真世界でダウンをとったサバイバーは現実世界で負傷状態になる。 ・写真世界で拘束されたサバイバーは現実世界でダウン状態になる。 ・写真世界でダメージを与えても存在感を貯めることができる。 時空重畳 通常攻撃によるダメージが1. 5倍になる。 瞬影留痕 写真世界と現実世界を自由に行き来できる。 再使用ディレイは8秒。 写真世界の移動中は現実世界のサバイバーに気づかれないため、これを使って暗号機にいるサバイバーに奇襲をかけることができる。 時空残像 長押しをすると最大で15秒前にいた場所まで戻ることができる。 再使用ディレイは10秒。 サバイバーが強ポジをぐるぐる回り始めたら使おう。 使用した瞬間に自動的にサバイバーがいる方向に視点が動くので、索敵としても使える。 スキル一覧 スキル名 効果 写真世界 カメラを使って撮影し、この時刻のサバイバ ーとフィールドを複製し、静止した写真の世 界を創り出す。 写真の世界が崩壊したあと、カメラはしばらくのクールタイムが必要になり、その後再び撮影が可能になる。 同時に、写真の世界で累加された状態の半分は、現実「世界に投影される。 ジョゼフはいつでも写真の世界に入り、過去のサバイバーを探してロケットチェアに拘束することができる。 写真の世界は静止しているため、サバイバーは荘園から脱出することも、ロケットチェアで荘 園に送り返されることもない。 これと対照的に、現実世界にいるサバイバーはカメラの残 留映像を通って写真の世界に入ることができ 、写真世界で暗号機解読の進度を累積できるが、解読の完成はできない。 写真の中の人物も、写真の世界に入ったサバイバーにステータスアップまたはステータスダウンの全体効果を及ぼすことができない。 時空重畳 二重の時空の力を帯び、通常攻撃で1. 5倍のダメージを与える。 瞬影留痕 写真の世界が存在する時に使用できる。 残相を通ってジョゼフは自由に写真の世界を出入りできる。 時空残像 ジョゼフは移動時に過去15秒間の痕跡を記憶する。 スキルキーを長押しすると、押した時間の長さに応じて過去の位置まで戻ることができる。 写真家におすすめの内在人格 2. 指名手配/引き止める/パニック 主なおすすめ天賦 天賦 効果 指名手配 サバイバーがチェアに拘束され、他の3人が健康或いは負傷状態であると、ランダムで1人のサバイバーの輪郭を表示する。 サバイバーが救出されると、表示されたサバイバーの輪郭は25秒間後に消える。 パニック サバイバーが負傷、ダウン、あるいはロケットチェアに拘束されている時、すべてのサバイバーの解読・治療・破壊速度が3%低下する。 重ねがけ可能。 引き止める 脱出ゲートが開くと一撃必殺状態になり、攻撃が命中すればサバイバーは必ずダウンする。 この状態は120秒間持続する。 おすすめの補助特質 瞬間移動 瞬間移動しても15秒以内ならば、時空残像を使って元の場所に戻れる。 写真家の立ち回り サバイバーを椅子に座らせたら撮影する 現実世界でサバイバーを椅子に座らせた状態で写真を撮ることで、写真世界でも同様に椅子に座らせることができる。 そのあとに現実世界でサバイバーが救助されても、写真世界側で救助されなければ1分後にもう一度自動で、ダウン状態に陥らせることができる。 暗号機にいるサバイバーを奇襲 写真世界に入っている間はサバイバーに近づいても心音が鳴らない。 暗号機を回してるサバイバーに写真世界から近づいて、突如出現することで恐怖の一撃を与えることができる。 時空残像で索敵 存在感がLV2まで溜まって解放される時空残像を使用することで、自動的に最も近くのサバイバーがいる方向を向くことができる。 サバイバーの索敵に利用しよう。 強ポジや板周りをループチェイスされた時にも使おう! 練習すれば閉鎖空間を使用せずとも、簡単にサバイバーを倒すことができる。 スポンサードリンク 写真家の対策 サバイバー視点• 試合開始時、撮影師と分かった時点で物陰に隠れる• チェイスを写真世界で行う。 写真世界では板をたくさん使っても現実世界には反映されず、新たな写真世界でも板は未使用のまま• 自分の鏡像が座らされたらその場からできるだけ遠くへ離れ、可能ならば味方の近くまで逃げる•

次の

第五人格、勝てない。初心者~中級者に知ってほしい立ち回りや編成とは?

ルキノ立ち回り

Identity Vって何? Identity V(アイデンティティファイブ)は1vs4に分かれて行う鬼ごっこのようなサバイバルマルチアクションゲームで、中国版では「第五人格」という名称でした。 より詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。 暗号調整 調整中に自分の調整発生確率が30%上がり、且つ成功範囲が30%もダウンするので失敗する確率が他のサバイバーよりも高いですが、調整に成功すると暗号解読を進められることから、 調整が得意な人であれば他のサバイバーよりも速く調整を終わらせることができます。 他にも暗号調整が速いサバイバーはいますが、味方が拘束されている時に速度が落ちたりとデメリットを秘めていますが、冒険家は自分が失敗しなければ安定して暗号解読を進められるためです。 隠密行動 冒険家の得意分野です。 体を小さくするとただ視認性が悪くなるだけでなく、 ハンターがレーダー感知できなくなるので非常に見つかりにくくなります。 また、通常板窓を越えるとハンターに気づかれることがありますが冒険家は感知されないため、機敏に移動することが可能です。 チェイス ハンターに見つかってしまうとチェイスが得意ではないので時間を稼ぐよりもなんとか逃げ切ることを考えた方が良いでしょう。 他のサバイバーとの速度比較は以下の記事をご覧ください。 味方救助 率先して行うものではありませんが、小さくなって接近し救助することは可能です。 オススメの人格構成 まず最初に取得しておきたいのが暗号解読時に感電してもハンターに気づかれなくなる天賦 自らを欺く(みずからをあざむく)です。 これにより、暗号解読の成功範囲が30%小さくなる冒険家においてリスクを無くしてくれます。 自らを欺くと相性のいいスキルとして 転禍為福(てんかいふく)があり、これは調整に失敗して感電した時にハンターの位置を表示してくれるものです。 用途としてはまず暗号機にたどり着いて解読を開始したら、最初の調整でわざと失敗します。 そうすると 自らを欺くでハンターには気づかれないですが、転禍為福の効果でハンターの位置を知ることができます。 もしハンターが近くにいる、または自分の方に向かってきていれば得意の隠密行動で姿を隠すことができますし、調整発生確率が30%上がる冒険家にとっては非常に相性がよいと言え、まさに転禍為福、禍い転じて福となすと言えるでしょう。 以下が自らを欺く+転禍為福の実用例です。 下に1マス進んだところで18m以内のサバイバーが見える 吊り橋効果の天賦を取っていますが、これの代わりに左に1つ、上に1つ進んだところにある 起死回生という自己治療の上限を突破して1回だけダウン状態から負傷状態まで回復できる天賦をとっても良いと思います。 立ち回りのポイント とにかく見つからないようにすることを徹底しましょう。 開始直後は周囲をよく見渡し、自分や暗号機、建物の位置を確認してカラスが鳴かないように注意して歩きを中心に移動します。 味方と一緒にいないのであれば最初の調整でハンターの場所を把握し、すぐに移動するのかそのまま解析を続けるのか判断して間違っても最初にハンターに見つかってチェイスする羽目にならないよう気をつけましょう。 冒険家が見つかりにくくなることで他のサバイバーが矢面に立たざるを得なくなるシーンが増えることになるので、暗号機の位置を把握して解析が遅れないようにしたり、万が一には救出に行くことを視野にいれて味方をフォローしていきます。 特に群生しているところでは無理に逃げるよりも安定してやり過ごすことができるかもしれません。 また、草木以外にも椅子と壁の間や上記のように焚き火の中に隠れると外から全く見えないのでオススメです。 暗号機の横にあるアンテナの下の四角い部分は壁に隣接していると入れないのでどこでもという訳ではありませんが、入り込めるところもあります。 隠れるという行為はあくまで緊急避難に過ぎないので、過信せず解読を進めるなどチームに貢献しましょう。 いかがだったでしょうか? 他のサバイバーも気になる方は以下の記事からご覧ください。 IdentityV に興味を持った方はこちらからどうぞ。 それではまた。

次の

【第五人格】ハンター強さランキング(※6月22日更新)【Identity V】

ルキノ立ち回り

Identity Vって何? Identity V(アイデンティティファイブ)は1vs4に分かれて行う鬼ごっこのようなサバイバルマルチアクションゲームで、中国版では「第五人格」という名称でした。 より詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。 チェイスのやり方は分かってるんだけど・・・ チェイスのやり方自体は分かっているんだけど、いざ実践でやろうとするとすぐに捕まってしまうという方も多いのではないでしょうか? まだテクニック的なものも全く知らないよ!という方は以下の記事をご覧ください。 ハンターによってもコツが違うしそもそもどう動いてくるかわからないしどんなスキルがついてるのかも・・・と色々な条件で立ち回りやすい場合とそうでない場合があります。 もちろんどんな場合でも必ず勝てる必勝方法というのは難しいですが、苦手意識がある人は以下のような練習方法をしてみてはいかがでしょうか? どのサバイバーで練習する? サバイバーによって板窓の操作速度が異なるので出来るだけチェイスが得意なサバイバーで練習することをおすすめします。 理由はとにかく上手くいくというパターンやイメージを掴むということが大事だと思っているので、そのイメージが掴みやすい泥棒か空軍のどちらかが良いのではないかと思います。 特に泥棒はゲームを始めたばかりの人でも持っているサバイバーなのでおすすめです。 自分の得意パターンを作る チェイスをやっている人は毎回違う動きをしているように見えますが、基本的な立ち回りは自分がチェイスをしたときに上手くいったケースをベースとして動いたりしています。 例えば左にいこうとした場合にハンターが左から回り込もうとしたら右にいく、なんて当たり前のことですがこういうチェイスをやる際の強い動きを臨機応変に組み合わせていくことで長時間のチェイスを実現しています。 つまり得意なパターンを1つずつ増やしていくということで自分の中に「こうやったらうまくいくよね」という立ち回りを確率していく近道なのかなと思います。 最もわかりやすい強ポジ「建物」を使ってみよう では実際に練習するとなったときにどのようなところから手をつければよいかというと、まずはやはり強ポジを使うというのがわかりやすいと思います。 強ポジというのは読んで字の如くサバイバーにとって有利な強いポジションのことです。 この強ポジでちゃんとチェイスが出来ないのに他の場所でチェイスができるのか?!ということで、まずはちゃんと強ポジでチェイスができるように練習していきましょう。 まずは強ポジ単体でぐーるぐる 建物は1つのマップに2つ以上あって大きい建物はマップによって構造が全然違うのですが、小さい建物は立ち回りもわかりやすいのでまずはこちらで練習することをお勧めします。 それでは軍需工場の小さい建物の図でチェイスしている様子と考え方を少し解説してみたいと思います。 例:解読中にハンターがきた場合 解読中にハンターが接近してきた場合はもちろん建物の中に逃げてみます。 最初の選択肢は窓から出るかどうかですが、出る前に必ずハンターの位置を確認しましょう。 そのまま建物の中に追ってきていれば窓から脱出します。 もし窓から出るのを見越してハンターが外から回り込もうとしているのであれば、次にハンターがサバイバーの位置を確認できるのは窓に着いた時なので、逆に板がある側に向かうことでハンターと距離を離すことができます。 上図と同じケースで、もし下図のように下の出口に向かった場合はどうなるでしょうか? こちらに移動する手もありますが、こうなると下図のようになってしまいます。 こうなると、先ほどよりも距離が近くなってしまいます。 こうなった場合の立ち回りは大きく分けて3つの選択肢があります。 基本的にハンターがどちらに動くのかを見てから最適な方向に逃げましょう。 しかし、ハンターが直接追ってくるのではなくまた窓から出てくる可能性も見越して、常にハンターを見失わないようカメラを向けておきましょう。 例:下方向からハンターに追われて入ってきた場合 このケースの場合はおそらくハンターとそれほど距離が離れていないことが多いと思うので、そのまま窓を越えて外に出てしまいましょう。 次の立ち回りは先ほどの例で示した図とは逆で、今後はサバイバーが外、ハンターが中にいる状態になります。 例:ハンターが閉鎖空間を持っていた場合 そのまま建物だけでチェイスするのは不可能に近いのですぐ板がある方向に逃げましょう。 ある程度建物でチェイスができるようになったら? 建物でのチェイスはとてもシンプルです。 可能な限り距離を離しつつ、窓を中心に相手の向かう方向とは逆をついて建物の周りを巡回するようなイメージです。 これである程度チェイスができるようになったら、次は少し離れた場所で解読していた場合を考えます。 まず開始直後に自分が得意な強ポジ、今回の例でいえば建物の位置を確認します。 そしてその建物に逃げ込めるであろう距離にある暗号機から解読を始めます。 もし暗号機解読中にハンターが来た場合、一発殴られても良いので何とかして建物まで逃げ込みましょう。 建物に逃げ込んでしまえばあとは経験を活かして可能な限りチェイスをします。 このように、不慣れな場所でチェイスをするのではなく自分の得意なパターンに持ち込むことでチェイスがしやすい状況を作ることを考えてみましょう。 チェイスは読み合い、相手の動きを予測しよう ここまで出来るようになったら、次は場所を変えて得意なパターンを増やしていきましょう。 チェイスは基本的に読み合いです。 ハンターはサバイバーを捕まえるために最短ルートを通ろうとしたり、先回りしたりしようとします。 それを見越してサバイバーは逆方向に向かったり、あえて動かず隠れてみたり、巡回すると見せかけてその場を離れたりします。 つまり毎回同じ立ち回りにはならず相手によって変えていくことが大事です。 もちろんハンターによっては最後にふれた閉鎖空間の他にも神出鬼没を使ってきたり、ハンターごとの得意パターンであるパケットや透明化、突進、チェーンクロウなど様々な手段でサバイバーを追い詰めようとするので、サバイバーとしては可能な限り予測して自分なりに立ち回りをアレンジして動けるようにしましょう。 いかがだったでしょうか? IdentityV 第五人格 に興味を持った方はこちらからどうぞ。 それではまた。

次の