ジャッキー先生。 行政書士ジャッキー法務事務所

ジャッキー先生が体を張って教えてくれたこと。最後のアクション大作『ライジング・ドラゴン』|日刊サイゾー

ジャッキー先生

経歴 [ ] 「もじもじくん」()で漫画家デビュー。 しかし、あまり人気が出ず早期に連載終了。 デビューから4年後の、「カリアゲポリちゃん」で第1回佳作受賞。 その後『』で「愛ラブ先生」を連載開始、再デビュー。 1983年にギャグ漫画家に転向し『』で「バカレス怪人組」を連載しながら『月刊コロコロコミック』5月号より「あほ拳ジャッキー」を連載開始し、爆発的な人気を博す(1987年3月号まで連載、コミックス全7巻。 月刊のみならず別冊、増刊にも登場した)。 第1回藤子不二雄賞の同期には、(藤子不二雄賞受賞)やらがいる。 ちなみに当時ぜんは在住だった(その後上京)。 主な作品 [ ] 連載 [ ]• 愛ラブ先生()• バカレス怪人組(別冊コロコロコミック)• あほ拳ジャッキー(コロコロコミック。 月刊、別冊、増刊と多岐にわたり展開)• やっぱり!? クワタくん(に連載)• (『小学三年生』『小学四年生』)との共著。 単行本はスペシャルから全2巻。 どろろキョンちゃん() スペシャル [ ]• あほ拳ジャッキー対バカレス怪人組(コミックス第2巻に掲載、全4回)• あほ拳キンタマン(月刊コロコロコミック1月号。 「」(作)と合作).

次の

ジャッキー先生

ジャッキー先生

ジャッキー先生のプロフィール オーストラリア シドニー出身 2014年に来日して、東京・横浜・千葉で英会話の講師として勤務、現在は独立 趣味:料理、ハイキング、サーフィン 動物が大好き、子供大好き 娘もジャッキー先生の事が大好き 開催場所 今回の場所は たまプラーザ駅から徒歩10分ほどのアットホームなカフェで行いました。 ここのオーナーも、ジャッキー先生とのお知り合いとのこと。 とても居心地がいいカフェでした。 無料でコーヒーまで出していただき、ありがとうございました! カフェとは別に、造園業をされているようで、 オシャレで素敵な観葉植物が沢山飾らられていました。 アクティビティ開始 早速アクティビティ開始です。 最初は簡単な自己紹介と、 お天気カードで英語カルタをやりました。 ジャッキー先生が「cloudy!」と言ったら、曇のカードをみんなでタッチします。 慣れてきたところで、本日のメインアクティビティの「 Tシャツ染め」が始まりました。 余談ですが、「染める」って「 Dye」と言うんですね。 知りませんでした。 染めた時に、模様をつくるため、ぐるぐる巻にしてゴムでとめます。 写真が娘のTシャツ。 めちゃくちゃにぐるぐる巻にしてるけど、これ大丈夫なんだろうか。。 ぐるぐる巻きが終わったら染めの工程に入ります。 バケツの中に染料とTシャツをいれてマゼマゼ。 イエロー、ブルー、パープルから選ぶのですが、なぜかパープルが大人気でした。 マゼマゼ完了! 染料が浸透するまで、しばらくの間放置しておきます。 待っている間、今度は 「形」カードで英語カルタを行いました。 「形」なんて簡単だと思ってたら、結構難しい。 「rectangle」「oval」「trapezoid」なんて学校で習ってないよね。 ネイティブなら幼稚園児でも知っている事を知らないなんて。。。 日本の受験英語の問題点を肌で感じました。 *英コレナビより引用 そんなこんなしているうちに、「染めTシャツ」が完成。 バケツから取り出します。 ワクワクドキドキ ついに、完成!! どうでしょう?意外と良いんじゃないでしょうか? アクティビティが英語とか関係なく 普通に面白かったです。 誰でも簡単に作れる、「 自作染めTシャツ」おすすめです。 その後、Tシャツを干して乾かしている間に、外で簡単なアクティビティ行い、 最後に記念写真を取りました。 決めポーズする娘(一番左) まとめ トータル時間は 約2時間程度でしたが、あっと言う間でした! とても楽しいアクティビティで、 子供も退屈することなくできました。 基本的に会話は英語ですが、ジャッキー先生がフォローしてくれるので、初心者の方でも大丈夫です。 ちなみに、 今回の料金は2000円でした。 とても良心的な値段ですよね。 次回は「Grass Head」のアクティビティとの事です。 私も参加したい!という方はから連絡くださいね。

次の

ジャッキー先生が体を張って教えてくれたこと。最後のアクション大作『ライジング・ドラゴン』|日刊サイゾー

ジャッキー先生

1997年まで英国領だった香港は、独自の文化を築いてきた。 代表的な文化の一つは、香港映画だ。 昔から映画を通して香港を身近に感じてきた日本人も少なくないだろう。 香港映画の象徴的な存在が、ブルース・リーやジャッキー・チェンである。 ただブルース・リーはちょっと世代が上ということもあり、現在64歳のジャッキーのほうが日本では広い層に支持を得ていたと言える。 ジャッキーは長く香港映画を率い、90年代にはハリウッドにも進出して成功を収め、世界的なアクション俳優に上り詰めた。 今では、世界で5番目に稼いでいる俳優(2018年)になった。 かくいう筆者も子供時代に彼の映画に夢中になった一人だ。 『プロジェクトA』などは吹き替え版のせりふを覚えてしまうほど繰り返し見たものだった。 そんな香港を代表する俳優のジャッキーが、いま大変なことになっているという。 とにかくイメージが急落しているのだ。 しかも、15年に上梓した自伝の英訳版が最近出版され、そこで語られた彼の「ダメ人間」ぶりがあらためて英語圏で話題にもなっており、世界的なイメージダウンの危機にある。 私たちのヒーローだったジャッキーにいったい何が起きているのか。 関連記事• 米国が中国・ファーウェイの通信機器を使わないように友好国に要請していると報じられた。 なぜファーウェイを排除しようとするのか。 本当に「危険」なのか。 その背景には、次世代移動通信「5G」時代到来によって増大する、中国の脅威があった。 韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が「原爆Tシャツ」などの騒動を巻き起こしている。 全米ヒットチャート1位にも輝いたこのグループの実態を探ってみると、興味深いことが見えてきた。 中国の「鬼ごっこ」が話題になっている。 とはいっても、子どもの遊びではない。 現在、中国では監視カメラのシステムが広がっていて、犯罪者が大手を振って歩くことが難しくなりつつあるのだ。 どういうことかというと……。 日本のニュースを扱う英字新聞「ジャパンタイムズ」が、「慰安婦」「徴用工」に関する表現を変更すると告知して炎上。 釈明する社告の掲載に追い込まれた。 なぜ海外メディアから厳しく批判される事態を招いたのか。 ジャパンタイムズに欠けていた視点とは……• 映画『ゴッドファーザー』のモデルになったマフィアのボス。 その末裔が日本でイタリア料理店を経営している。 彼が自身の人生をまとめた著書を出版した。 そこから、現代のマフィア事情が見えてくる。 シリアで武装組織に拘束されていた日本人ジャーナリストが解放された。 世界的なベテランジャーナリストに見解を聞くと、ジャーナリストとしての「姿勢」について指摘していた。 安田氏に欠けていた姿勢とは?.

次の