浄化槽 清掃。 浄化槽保守点検・清掃業務

浄化槽の清掃料金のアパートの場合

浄化槽 清掃

引っ越しや新築など、始めて浄化槽という存在を意識した時に考えて悩む事があります。 浄化槽とは何か? 浄化槽の清掃・点検業者をどう選べばいいのか、 点検費用や清掃費用はいくらかかり、 今後他に悩むような事、考えなければいけない事は出てこないのか? 始めて考える事が多く、情報も多くありませんよね。 そんな「浄化槽」について点検・清掃業者の選び方やコスト・害虫駆除などについて調べてみました。 そもそも、色々と調べていくと浄化槽の点検・清掃業者はきちんとしたホームページを作っていない所も多いですね(私の住む市や近隣)。 ホームページを作らなくてもある程度安泰な業界なのかもしれませんが、選ぶ方としては「 ホームページくらい作れよ」って思ったのも事実です。 そういった疑問と不満を持った私が、我が家の清掃・点検業者を探しまともな条件で契約できるように調べた事を今回まとめました。 浄化槽業者を探していたり、デメリットについて知りたい方の参考になれば幸いです。 浄化槽には種類がある 合併処理浄化槽と単独処理浄化槽の違い ざっくりとした説明ですが、浄化槽とは、家の排水関係を微生物の働きによりきれいにして排水溝に流すための処理施設です。 まず「単独浄化槽」とは 水洗トイレの排水しか処理しません。 昔の家はこの単独処理浄化槽の設置で良かったので、 台所や洗たく、風呂などの生活雑排水は処理されず、水質汚染の大きな原因となっていました。 では「合併処理浄化槽」とは 下水が通ってない地域で、現在新しく家を建てる時はすべて「合併処理浄化槽」の設置が義務付けられていて、この合併処理浄化槽で家の排水全てをきれいにしています。 もちろん、う〇ちもです。 浄化槽の設置費用 工事の明細を見直してみました。 我が家は5人槽で50万です。 ネットでみると、5人槽で50万未満から130万位まで様々出てきます。 浄化槽自体もいくつかメーカーがあるようなので、そこでも製品自体の価格差があるかもしれません。 あとは設置後、浄化槽の上をコンクリートで固めるかどうか等工事内容でも差がでるのでしょう。 ただ、見積もりで設置費用だけでも高い気がする・・・と思った時は市役所の担当課に工事費用の相場を確認したりするのもいいかもしれませんね。 もちろん工務店やハウスメーカーを通していると思うので、不当に高いと感じた時はしっかりと確認しましょう。 下水道への切り替え工事の際も、しっかりと何社かから見積もりを取るべきです。 MEMO ちなみに「〇人槽」という考え方ですが、 130㎡未満の住宅は5人槽 130㎡以上の住宅は7人槽 2世帯且つ両方に風呂と台所がついている場合は10人槽、のように法律で定められています。 失敗しない浄化槽の点検・清掃業者の選び方と費用について まず、自分の家の浄化槽のメーカーと型番を確認します。 新築であれば、工務店やハウスメーカーから最後にもらう書類一覧に浄化槽に関する書類や説明書みたいなものが入っているはずなので探しましょう。 ちなみに我が家は「フジクリーン CA-5」という浄化槽になっていました。 これを元に浄化槽の点検・清掃業者に連絡を取ります。 ホームページがあればそこから問い合わせをしてもいいですし、ホームページがない時は電話で確認してみましょう。 電話して応対が悪いところはもちろん却下です。 電話ではこう伝えます。 「新築の浄化槽の清掃費用と点検費用を知りたいのですが・・・」と。 これを伝えれば、住んでる場所や浄化槽の型番から点検・清掃費用がわかります。 ちなみに、20人槽以下の合併処理浄化槽は4か月に1回以上の点検が必要になっています。 3回~4回の点検を想定している業者が多いようでした。 (最多は年4回) 私の住んでいる千葉県北西部地域の点検費用の相場 浄化槽の点検業者は自分で選べます。 ですがネットで探そうにも選べる業者がありすぎて困ってしまいました。 それであればと、今回は市に登録している清掃業者の中から選ぶ事にしました。 まずはネットで調べてみるものの、殆どの業者はホームページを作っていません。 あっても問い合わせもできないようなホームページだったので、電話をして確認です。 点検の回数に差もあるし、価格にも差があります。 ]ちなみに清掃費用に関しては法律で年1回と決まっていて、どこに連絡をしても 1リューベあたり9000円といわれました。 リューベとか専門用語を使わないでほしいです。 (この場合の1リューベは1tを指すようです) 浄化槽の型番を伝えると「 1. 5tの引き抜きだから清掃料金は13500円になります。 」といわれました。 この電話した時ですが、 「 〇〇〇市だから・・・・ 1リューベあたり9000円ですね」って言われたので、市によってこの清掃単価が違うのかもしれません。 浄化槽の清掃は市に登録されている業者しか行えなくなっているようで、価格をすべて合わせているのかもしれませんね。 事情の分からない素人には談合?って思っちゃいます 笑。 話がそれてしまいました。 点検業者に確認すべきことをまとめます。 点検回数と費用・・・当たり前ですが、安いに越したことはありません。 でも安いだけじゃ困るので、他の項目も確認します。 浄化槽に異常があった時の態勢・・・土日も対応しているのか 土日対応でなくても何か対応があるのか• 点検に来る人は資格をもっているか・・・浄化槽の点検には「浄化槽管理士」という資格が必要です。 ブロワーが壊れた時はどうなるか・・・ブロワーとは浄化槽に空気を送る機械です。 これはネットで売ってますが、自分の所で買うように促す所もあるようです。 実際は交換も簡単なので、そういう提案をしてくれるといいですよね。 消毒薬や害虫予防や駆除の薬代・・・この薬代を別途請求する所が多いようでした。 害虫の予防に関しては私も確認してませんでしたが、私がお願いした所は消毒の薬は点検費用に含まれているとの事でした。 応対してくれた人や営業・点検の人の見なりや対応はしっかりしているか。 ・・・個人的にこれを一番重要視しています。 第一印象で対応が悪かった所は即刻却下です。 色々書きましたが、電話をしてもそのまま契約になる事はありません。 遠慮なく質問してみましょう。 電話の応対も問題無い、費用や点検内容に納得したら 「では契約を検討したいのですが」と伝えます。 そうすると、次の段階で営業の人やその会社の人が直接浄化槽を確認しにくる展開が多いようでした。 そこでの応対も問題なければ、 「契約」してもいいのではないでしょうか? メンドクサイで適当に業者を決めず、しっかりと業者を選ぶべきです。 「辞める」と伝えなければ勝手に契約が継続する「随意契約」の形態が多いようですが、1年お願いしてみてダメな業者だと思ったら迷いなく変えればいいだけです。 ちなみに私がお願いした業者さんは一番安いところにしました。 理由としては、電話応対や営業さんからの折り返しの電話、来訪時の説明も丁寧でしっかりしており、薬剤の追加費用が無く、ブロワー等の故障時は安くなる方法(インターネットでの購入)も提案しますと言ってくれたからです。 浄化槽を設置することによるデメリット 害虫「チョウバエ」などの虫の発生 浄化槽の設置によって虫の発生は避けられないと感じています。 以前住んでいた地域は下水道が整備されている所でした。 その時にあまり見なかった虫として「チョウバエ」という種類の蠅を多くなりました。 (気になるかたは検索してください) ただし、浄化槽にバポナや浄化槽用の殺虫剤をつるす事により成虫の駆除や、専用のスプレー等により幼虫の成長を抑える事が出来るようです。 なので、これらの薬剤等を使う事でそういった心理的な抵抗を減らしていく事は可能だと思います。 知らないだけで、色々な商品があるもんですね。。。 結果、半分以下になったので参考にどうぞ 関連リンク>> 浄化槽を使うデメリット 拭いて流すタイプのトイレシート(便座シート)は使えない これは想定外です。 便座や床を拭いてそのまま流すタイプの便座シートは使えません。 使えると書いてある商品でも、業者さんに確認した所 推奨はできないという事でした。 理由は浄化槽内で溶けづらく分解されづらいため。 小さくならないと、詰まる原因になったり浄化槽の機能が低下する要因になるようでした。 ちなみに、トイレに使う洗剤などに関しては適量を使う分には特に気にしなくてもいいとも言っていましたね。 但し、 「必要以上には使わないでください」と話していました。 浄化槽の法定点検とは 7条検査と11条検査 実は業者による点検の他に、専門機関による法定検査が定められています。 これには費用がかかるので、追加コストといってもいいかもしれません。 では7条検査とは 浄化槽使用開始後、3か月から5か月の間に受ける検査で、浄化槽の設置工事、保守点検が適正に行われているかどうかを確認するものです。 我が家には引っ越しして一か月くらいの案内の封書が届きました。 建築時の申請で登録されている為、自動的に連絡が来るようです。 こちらは一軒家で10000円かかります。 そして11条検査とは 業者の点検の他に、年1回受ける検査で保守点検や清掃が適正に行われ浄化槽がしっかり機能しているか確認するためのものだそうです。 こちら年1回5000円の費用が掛かります。 まあ 色々調べているとこの7条検査と11条検査、受けていない人も沢山いるとかなんとか・・・ まとめ 業者選びは電話をして対応を確認!!主なデメリットは虫が多くなる可能性があるのと便座シートが使えない事 業者を選ぶ基準や、ちょっと頭にいれておいた方がいいデメリットやコストについてまとめてみました。 始めて「浄化槽」と聞いた時は「バキュームカーで汲み取りのくさいイメージ」があった方もいると思いますが、実際生活をする面では殆ど下水道につなげた生活と変わりません。 (便座シートは推奨されないものの) 下水道が使えても、受益者負担金や下水道料金がかかってしまうので住んでいる市によっては「下水道」の方が高くなる事もあるようです。 虫の発生は嫌ですが、 「適切な管理」と 「適切な薬剤」の使用である程度抑えていく事も可能なようなので、まずはしっかりとした業者の選定をすることをお勧めします。 妥協して適当に選ぶと後でめんどくさくなる事も多いので、始めにしっかり知識をつけて選びましょう!! 次回>>.

次の

浄化槽の 点検費用と清掃費用は貸主の借主のどちらが負担するか?

浄化槽 清掃

質問です。 来月より弊社で管理することになった、 築30年程の戸建貸家があるのですが、 個別浄化槽設置の物件となっており、 以前貸主が利用していた浄化槽の点検業者へ点検等の見積依頼をしました。 質問の内容ですが、 通常浄化槽の戸建物件を賃貸とする場合、浄化槽の 点検費用と清掃費用は貸主、借主のどちらが負担するのでしょうか? ちなみに、点検費用は年4回で16,416円、 清掃費用も年1回(市の指定業者にて)25,000円と聞きました。 弊社には、浄化槽の物件がない為、どのようにすれば 良いかわからず困っています。 回答 浄化槽の件に関して私の管轄エリアでは良くある話です。 これは、取り決めが大切なので、 貸主及び借主にご理解(契約書や管理委託契約書類に明記)が 必要なのが前提です。 まず、 ・浄化槽の設備的な物(ブロアーや機械的な部分、本体部分) に関しての経年劣化・自然現象による故障(借主が壊した場合以外)は貸主負担。 ・日常使用に関する維持管理(点検・清掃・汲み取り) の管轄は借主負担でおこなっております。 特に、賃貸借契約解約時には借主側で 浄化槽の汲み取りを行うことを念押ししておきます。 借主側に対して重説と賃貸借契約書の特約事項に 「本物件の浄化槽維持管理費は借主負担とし、 賃貸借契約解約時には借主負担で汚泥を汲み取ること」 と記載しております。 事前に金額が判明しているので、 あればその旨図面に明示する方が良いと思いますが、 高い等言われた場合は「その分、下水道料が掛からないので」と、 説明したりしてます。 一応、下水道料金に関しては念のため管轄の水道局に確認して下さい。

次の

浄化槽の清掃料金のアパートの場合

浄化槽 清掃

浄化槽って保守点検や法定検査、汲み取り清掃などで何だかんだ維持費がかかりますよね。 なかでも、汲み取り清掃の料金について不安や疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか? ・相場はどれぐらいなのか? ・請求された金額は適正価格なのか? ・何とか安くする方法はあるのか? などなど。 よく分からないまま決して安くはない金額を払い続けている人もいるでしょう。 僕自身も、実際に調べて経験してみるまで同じような疑問を持っていました。 汲み取りをどこに依頼すればよいかも悩んでいましたし、仕組みや料金もよく分かっていませんでした。 で、実際我が家では入居から約一年が経ったところで汲み取り清掃を実施しました。 というわけで今回は浄化槽の汲み取り清掃を実施した話。 汲み取りの手配から当日の作業の流れ、その料金などをご紹介したいと思います。 これを読めば、あなたが浄化槽の汲み取り清掃について抱いている疑問の多くが解消するはずです! それではいきましょう!• 浄化槽はこまめに汲み取りすれば安い? 浄化槽の汲み取り清掃料金は以下の2つで決まります。 市役所のHPなどでも簡単に確認できますし、問い合わせをすれば教えてくれると思いますので気になる方はお住いの市役所に問い合わせてみましょう。 清掃費は業者によって多少バラツキはあると思いますが、大体数千円~1万円程度が相場でしょう。 僕は最初、浄化槽はこまめに汲み取りをすれば安いと思っていました。 清掃費はあまり変わらないかもしれませんが、こまめに汲み取りをすれば中に溜まった汚泥の量が少なくなるので、汲み取り量が少なくなるぶん料金も安くなると考えたからです。 ただ、これは完全に間違いでした!! 浄化槽は汲み取りが ・3ヵ月に1回でも。 ・1年に1回でも。 ・2年に1回でも。 大して金額が変わらないことが分かったのです! この事実を知った時、我が家では既に早すぎる汲み取り清掃を実施しちゃっていました。。。 金額にして3万円! 別にやらなくても良かった作業をやって3万円も余分な出費になったのは切なかったです。 僕はもう手遅れですが、皆さんが同じ過ちを犯してしまわないためにも要点を書き記しておきます。 浄化槽の汲み取り量は毎回同じになる? 汲み取り清掃の料金に大きく影響を与える汚泥の汲み取り量。 実はコレって汲み取りをいつ実施してもほぼ同じになります! というのも、浄化槽は普段タンクいっぱいに清水 きれいな水 が入っている状態です。 そこにトイレの排出物やキッチンで出た生ゴミのカスなどの固形物が流れ込んで汚泥として溜まっていき、溢れた水が排出されていく仕組みになっています。 そして汲み取りの時は底に溜まった汚泥だけを吸い出すのではなく、汚かろうがキレイだろうがタンクの中身を丸ごと全部吸い出すんです。 なので基本的には、 汲み取り量=タンク容量 と考えて問題ありません。 実際は、タンクの中身を抜き取った後にきれいな水で洗い流して清掃する分も汲み取り量に足されるので、汚れ具合によっては若干の増減はありますが、量的には微々たるものです。 この 「汚かろうがキレイだろうがタンクの中身を丸ごと全部吸い出す」という事を知らなかったがために僕は勘違いをし、別にやらなくてもいい汲み取り清掃をやって3万円もムダにしてしまいました。 浄化槽の仕組みについて事前にチョット勉強してれば防げたミスでした。 くやしーーー!!! 汲み取りのサイクルはどうすればいい? じゃあ浄化槽の汲み取り清掃って、どのタイミングでやったら宜しいのでしょう?? 当然でてくる疑問だと思います。 そんなマダムに朗報ですYO!! 心配ありません! 浄化槽汲み取りのタイミングは、あなたが意識していなくても時期が来れば教えてもらえます!! というもの、 浄化槽を設置している方は専門のメンテナンス業者と保守点検契約を結んでいると思います。 業者は年に3回あなたの家の浄化槽が正常に動いているかを確認し、その時に汲み取りが必要かどうかもチェックしてくれるんです!! なんなら、あなたに代わって汲み取り清掃の手配までやってくれちゃいます! OhYeah!! なんて素敵なんでしょう! つまり保守点検契約さえ結んでいれば、あなたは何もしなくてOKなんです! ぶっちゃけ、浄化槽の維持管理なんて興味のない人がほとんどだと思います。 トラブルなくキチンと動いてさえくれれば良いですよね? 毎日快適に過ごせれば細かい話はどーでも良いんス! 僕もそう! 1年365日の中で、浄化槽のことを考える日はゼロでもいいと思っているぐらいw そういう意味でも餅は餅屋! 点検や維持管理は保守点検契約を結んで業者さんにお願いしちゃうのがベストです! ちなみに保守点検は法律で決められた義務でもありますので、もし保守点検契約を結んでいないという人がいましたら、さすがにノーメンテでは大変な事になるかもしれませんのでソッコーで契約することをオススメしますYO!! 浄化槽の汲み取り清掃は指定された業者でないとできない? 浄化槽の汲み取り清掃は各市町村で許可を受けた業者が行うようになっています。 ほとんどの地域で地元の業者が許可を受けているはずなので、大抵はあなたの家の近所にある業者に汲み取りをお願いする事になります。 許可を受けている業者は各市町村のHPなどでも確認できますし、分からなければ市役所に問い合わせれば教えてもらえます。 ちなみに、保守点検は都道府県の許可なので県内全域の業者から選ぶことができます。 多くの場合、家を建てる時にハウスメーカーが手配した浄化槽設置業者がそのまま保守点検を行うケースが多いですが、自分で探してきた業者に変更する事も可能です。 保守点検費用については業者によって金額がまちまちなので、より安い業者を探してみるのも良いかと思います。 逆に、汲み取り清掃については正直ほとんど選択肢が無いでしょう。 多くの地域で1社独占。 多くても2~3社ぐらいだと思います。 その分価格破壊やぼったくりが起きないように市町村で汲み取り費用の単価が決められている、という訳です。 汲み取り清掃当日の作業の流れ 保守点検契約を結んでいれば汲み取りの手配も点検業者がやってくれますが、今回僕は調子にのって個人で手配を行いました。 というのも、僕の住んでいる地域では浄化槽の維持管理に毎年補助金が出ます。 補助金をもらうためには申請前に汲み取り清掃をやっておく必要があるんですが、その年はなぜか保守点検業者から何もアクションが無かったんです。 なので補助金をもらうために率先して動いて依頼した、という感じでした。 (補助金の受給に関してはこの行動が完全に裏目に出ましたが・・・) で、肝心の手配といっても自分の住んでいる地域で許可を受けている業者を調べて電話するだけ。 事務所に行って契約書を交わしたりする必要はありませんでした。 作業当日は専用のバキュームカーと作業員の方が1名で来られました。 玄関口で挨拶をし、水道を使用させてほしい旨の説明があり、 「終わりましたら声をかけますので家の中で待っていて下さいね。 」 という感じで作業の立ち会いは不要でした。 清掃といっても、ブラシなんかで直接ゴシゴシやる訳ではないようですね。 清掃は水をかけるだけ。。。 思っていたより簡易的な感じです。 ちなみにかかった時間は1時間程度。 最後に水を満タン入れるのに水道を出しっぱなしにして20分ぐらい放置していました。 汲み取り清掃の料金は? 我が家の場合29,592円でした。 ちなみに浄化槽はハウステックのKTGー5(5人槽)。 請求された金額が適正価格かどうかについては、請求書に書かれている汲み取り量にお住いの地域の単価をかけて、それに清掃費の数千円~1万円を足した額と同じぐらいかどうかで判断できます。 個人的にはあんな簡単な清掃で数千円も取られるのは少し違和感を覚えますが、この清掃費は業者によっても多少違ってくると思います。 選択肢が無いのでもっと安い他の業者を選べないのがツライところです。 さすがにいないとは思いますが、 ・タンク容量をはるかに超える汲み取り量が記載されていたり ・清掃費がものすごく高かったり ・よく分からない手数料なんかが取られていたら確認してみても良いかもしれませんね。 とはいえ、基本的には市町村の許可を受けたうえで決められた単価に沿ってやっているはずなので、法外にぼったくられるという事もないんじゃないかと思います。 それでも高いんですけどね・・・ 笑 補助金が出る市町村もある 浄化槽の維持管理を怠ると大変なことになります。 ・悪臭を放つようになって自分に家だけでなく近所の人にも迷惑をかけてしまったり ・汚い排水を垂れ流して地域環境を悪化させたり ・本体が壊れて高額の修理費用がかかったり ・最悪は処罰される可能性だってありえます そうならないように適切な維持管理を行うことが法律でも義務付けられていますので、 きちんとメンテナンスして正しく使っていきたいところです! 浄化槽の維持管理には3種類あり、全て合わせると実に5万円ぐらいの費用が毎年かかります。 ・保守点検 15000円程度 ・法定検査 5000円程度 ・汲み取り清掃 30000円程度 設置に関しては補助金が出る地域が多いですが、中には毎年の維持管理に補助金が出るところもあります。 これはお住いの地域の市役所などで聞けば一発で分かるのでぜひ問い合わせてみましょう! まとめ 今回は浄化槽の汲み取り清掃を実施した話についてご紹介してきました。 最後に要点をまとめておきますね。 そのため、基本的にはより安い業者を選んだり値切ったりするといったことが不可能です。 結構高い金額がかかるため、なんとかより安くしたいと思うのが多くの人の心境だと思いますが、残念ながらその術はありません。 とはいえ、地域ごとに単価が決められているので法外な料金を請求される事も少ないとも言えます。 また、保守点検については色々な業者から一番安いところを選ぶ事も出来ます。 お住いの地域によっては浄化槽の維持管理に補助金が出る場合もありますので、うまく活用していって頂ければと思います。 浄化槽維持管理の補助金については、間違いやすいポイントをこちらにまとめていますので参考にしてみて下さい。 家づくりの時ってついつい家ばかりに目が行きがちですが、浄化槽の維持管理費用も安くはありませんので事前に市町村に電話で問い合わせるなどしておくと安心でしょう!.

次の