エクスペリア so 02l。 Xperia エクスペリア SO

ドコモ・Xperia(エクスペリア)の選び方/2020年4月版

エクスペリア so 02l

ピックアップ• レノボのクリエイター向けデスクトップPC、プロ漫画家の目にはどう映る?• 余ったらどうする?足りなくなったら追加できる?• AMDが映像プロダクション向けPCを展開• 優勝賞金100万円のeスポーツ大会出場選手の裏事情• 人気のデュアル水冷シリーズに第10世代Core最強モデルが登場!• HUAWEI P liteシリーズの最もお手頃なモデルを詳しく紹介!• リフレッシュレート240Hzの液晶ディスプレーも搭載• 開発環境プリインストール済み!! ボリュームゾーンに投入される有力SIMフリースマホ2機種を比較!• このアクセス速度を体験したらもう戻れない• ファーウェイのノートPC「HUAWEI MateBook」シリーズは3モデル!• または私はいかにして心配するのを止めてキーボードが打てるようになったか• フレーバーだけでなく、デバイスそのもののデザインや質感にも徹底的にこだわりぬいた• ノイズキャンセリングもコスパも強力!• これ1台でなんでもこなせるモバイルノート• ゲームも写真も動画も大容量化でストレージは危機的状況• Open NAT機能やゲーミングデバイス優先LANポートなどを搭載!• NVMe SSDでOSやアプリの起動も高速!• 第10世代Coreにタッチパネルも入って約1. 32kg! 1日使えて、価格もお手頃• 週アス読み放題で、独自コンテンツ盛りだくさん.

次の

2019年6月1日発売 4.5万円のドコモスマホXperia Ace SO

エクスペリア so 02l

2019年5月16日時点では、この Xperia Aceが国内で買えるのはドコモだけとなっています。 ドコモでの販売価格は45,000円(税別)であり、同じく夏モデルとして投入される最高峰モデル Xperia 1 SO-03L の半額以下で買えるXperiaがどんな仕上がりになっているのかさっそく実機を入手して確認したので、スペックと価格のバランス・質感などを考慮して機種変更の候補になるかどうか検討する参考用にレビューをしていきたいと思います。 Xperia Ace SO-02Lはメーカーのフラッグシップモデルではないため、 処理性能的には2~3世代前のハイエンドモデルにもやや劣る仕様になっています。 Xperia Ace SO-02L実機でのAntutuベンチマークスコアは89,324点でした(ver 7. 搭載されているSoC Snapdragon 630は、他社のスマホでいうとZenFone4 カスタマイズモデル 、ZenFone 5Q, Android One X2 ワイモバイル 、 AQUOS sense Plus, mogo g6 Plusなどに採用されたものと同じです。 9万点というスコアは2019年時点のスマホの中では高い方ではなく、3Dゲームを快適に遊ぶにはやや辛い処理速度です。 実際、Antutuベンチマークの3Dアニメーションにも若干のカクつきが見られます(ほとんどのゲームが全く動かないというわけではありません)。 サウンドはハイレゾに対応し、特殊な変換プラグを必要とせず 3. 発売日時点でのOSはAndroid 9に対応しています。 古いXperiaスマホではAndroid 9へ更新できないモデルもありますので、古いコンパクトXperiaでも特に性能面では問題を感じないが電池的・システム的に古さを感じるようになったユーザーの買い替え対象になるでしょう。 Xperia Aceと旧モデルの比較 以下、歴代に発売されてきたドコモのコンパクトXperiaシリーズの仕様比較リストです。 機種名 Xperia Ace Xperia XZ2C Xperia XZ1C Xperia XC Xperia Z5C Xperia A4 Xperia Z3C Xperia A2 Xperia Z1f Xperia A 機種名 Xperia Ace Xperia XZ2C Xperia XZ1C Xperia XC Xperia Z5C Xperia A4 Xperia Z3C Xperia A2 Xperia Z1f Xperia A ドコモ型番 SO-02L SO-05K SO-02K SO-02J SO-02H SO-04G SO-02G SO-04F SO-02F SO-04E 発売日 2019. 01 2018. 06 2017. 17 2016. 02 2015. 13 2015. 18 2014. 12 2014. 19 2013. 19 2013. 17 画面サイズ 5. 0インチ 5. 0インチ 4. 6インチ 4. 6インチ 4. 6インチ 4. 6インチ 4. 6インチ 4. 3インチ 4. 3インチ 4. 3mm 12. 1mm 9. 3mm 9. 5mm 8. 9mm 9. 1mm 8. 6mm 9. 7mm 9. 4mm 10. 5mm 電池容量 2700mAh 2760mAh 2700mAh 2700mAh 2700mAh 2600mAh 2600mAh 2300mAh 2300mAh 2300mAh 利用可能時間 125時時間 120時間 140時間 95時間 85. 6時間 78時間 78. 3時間 70. 3時間 83. 6時間 51. 5Mbps 262. 5Mbps 150Mbps 150Mbps 150Mbps 150Mbps 100Mbps [2019. また、各データ値は「およそ」の数値で個体ごとの誤差を含みます。 本体の厚さは最も厚い部分の数値のみを記載しました。 「LTE速度」は端末が対応する規格上の最大下り速度となり、利用エリア・混雑状況により実際のダウンロード速度とは差が出ます。 Xperia Aceの質感・評価 管理人はこれまでに最近のドコモXperiaシリーズをすべて実際に入手して使っています。 過去のハイスペックモデルやコンパクトモデルと比べて、Xperia Aceがどんなポジションにあるモデルなのか、主観的な評価・感想を続いて書いてみたいと思います。 なお、個人的な好みの問題も含んでしまいますので、必ずしも万人が感じる評価と同じにはならないと思いますが、過去の最新Xperiaスマホを使ってきたユーザーがAceを使うとどう感じるか、という視点の参考にはなるかと思います。 まず、Xperia Aceのサイズ感については前項で旧モデルとのスペックリストの比較でも示した通り、2018年モデルのXperia XZ2 CompactよりもXperia Aceのほうが圧倒的に小さく、「Compact」の名を冠してもおかしくないモデルだと感じました。 (2019年モデル Xperia Ace SO-02L) (2018年モデルの5. 0インチSO-05K) 歴代のCompactモデルは長く「4. 6インチ・HD解像度」の時代が続きましたが、2018年モデルからディスプレイの縦長化デザインが取り入れられ、上下の余白をへらすことで画面の大型化をしつつ、比較的小さな本体サイズを維持しています。 Xperia AceはXperia XZ2 CompactよりもXperia XZ1 Compactなどの旧型と似たサイズ感ながら、大画面化・高精細なディスプレイパネルに変更されていると考えればよいでしょう。 音量ボタンのデザインも変わり、丸い小さなメタルボタンになっています。 過去のXperiaにあったカメラ起動のショートカット物理ボタンはありません。 ディスプレイサイズとしては2019年ドコモ夏モデルスマホの中で最も小さい5. 0インチとなり、縦の長さが他機種より短くなっています。 ディスプレイ部分にはノッチ(凹み)やホールはなく、普通にディスプレイ上にインカメラがありますので最近流行の「ボディ全部がディスプレイ」のようにはなっていないものの、18:9比率にすることで2世代以上前のXperia Compactより大きな画面を搭載することに成功しています。 本体のデザインもXperia XZ2 Compactはやや分厚めでラウンド形状を採用しましたが、Xperia Aceの背面パネルはフラットに戻っています(外周部は滑らかにカーブしています)。 なお、片手で十分操作がしやすいサイズながら大画面となったXperia XZ3から対応している「」もSO-02Lでも使えるようになっています。 カラーラインナップにはパープルがありますが、これはXperia 1や過去のXperia Zにあった濃いパープルとは異なり、淡いラベンダーのようなカラーです。 淵の部分はメタルカラーになっており、おしゃれなデザインです。 Xperia Aceのカメラ性能 Xperia Ace SO-02Lに搭載されたカメラはシングルレンズであり、正直に言って最新のXperia1や他社のスマホカメラに特化した超ハイエンドモデルには機能面でも品質面でも敵いません。 しかし、カメラに特別にこだわりをもつユーザーでなければ、それなりに満足できる程度の仕様に進化しています。 カメラレンズは他社製品のように飛び出しておらず、フラットなデザインです(レンズリングは若干浮き出ている)。 メインカメラは1200万画素センサーとなっており、画素数は少なめですがF値1. 0でした)。 また、インカメラはXperia XZ1 Compactにも採用されていた約120度の超広角レンズカメラを再採用しており、ワイドな自撮りができるようになっています。 インカメラでも美肌モードやボケを表現できるモードがあり、セルフィーを楽しみたいユーザーには良さそうです。 機種変更の場合は旧プランを維持したまま契約することも出来ます。 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 人気の記事• カテゴリー• 192• 163• 132• 132• 1,052• 318• 260• 117• 2 最近の投稿• 2020年6月25日• 2020年6月25日• 2020年6月25日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より• に ちゅん より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の

Xperia Ace(エクスペリアエース)SO

エクスペリア so 02l

8GHz 音声通信方式 : : : データ通信方式 : : : ・ : 無線LAN IEEE 802. 0 放送受信機能 非対応 外部接続 3. (第2期)のひとつ。 概要 [ ] 本機種はのNTTドコモ向けのローカライズモデルで、Xperiaシリーズでは以来のモデルとなる。 2019年夏の新商品の1つとして発売され、発表された中では最も一番小さい端末でもある。 コンセプトは若年層をターゲットにし、カメラ機能や使いやすさ・コストパフォーマンスに追及する事をアピールしている。 デザインはスタンダードでフラットな従来路線を継承。 18:9比率のを搭載しつつ厳選された素材を採用としながらも幅が67㎜に抑えられており、片手でも操作しやすく設計している。 また電源キーには指紋認証センサーが内蔵されている。 カメラでは同時期発売のではトリプルレンズカメラを搭載しているが、本機種では従来通りのシングルカメラとなっている。 Xperiaのコンパクトシリーズとしては初の光学式と電子式を組み合わせたハイブリッドに対応した。 インカメラは画角約120度超広角レンズを採用し、広い範囲でも自撮りをする事が可能である。 また本機種では日本国内で発売されたXperiaの中でXZ1シリーズ以来となる搭載モデルである。 ボディカラーにはパープル 、ホワイト、ブラックの3色を展開する。 但しXperiaシリーズとしては珍しくカメラのシャッターキーが備わっておらず 、赤外線やおくだけ充電・放送受信機能も非対応 である。 キャッチコピーは「 あなたのキモチにFITする。 」、「 すきなこと、すきなだけ。 「楽しい」が生まれる上質コンパクト。 なお、NTTドコモにおいては過去2013年5月に同じ読み方のが発売されている。 その名残りとも言えるの後継機種としての見方も兼ねている。 また当初は「docomo with 」の適用機種の予定ではあったが料金プランの見直しに伴い、採用を見送られていた [ ]。 この節のが望まれています。 歴史 [ ]• 2019年 - NTTドコモ、およびより公式発表ならびに事前予約受付開始。 2019年 - 発売開始。 ソフトウェアアップデート [ ] 2019年7月1日のアップデート• インカメラでの撮影時、稀に画面のちらつきが発生する不具合を修正。 動画撮影時にフォトライトが点灯したままになる不具合を修正。 セキュリティパッチレベルが2019年6月に更新される。 ビルド番号が 53. 293から 53. 50になる。 2019年8月19日のアップデート• 軽度の不具合を修正ならびに品質改善を実施。 セキュリティパッチレベルが2019年8月に更新される。 ビルド番号が 53. 293、 53. 50のどちらかが 53. 85になる。 2019年10月29日のアップデート• 軽度の不具合を修正ならびに品質改善を実施。 セキュリティパッチレベルが2019年10月に更新される。 2019年12月10日のアップデート• 軽度の不具合を修正ならびに品質改善を実施。 セキュリティパッチレベルが2019年12月に更新される。 - 2019年5月16日• なお同時期発売モデルであるには3. 5㎜イヤホンジャックは搭載されていない• のパープルと比較すると本機種は薄めと言うよりのLavenderに近い感じの色である。 純粋にシャッターキーがない国内向けXperiaシリーズは以来であり、後に発表したも同様である。 過去のコンパクトモデルの国内向けに限り搭載されていたワンセグ機能さえも本機では非対応となっている。 Xperia Aも本機種同様NTTドコモ向けの日本国内ローカライズモデルであり、グローバルモデルではとして発売された。 端末は定価で購入する代わりに、毎月1500円の料金割引が永続に適用されるサービスの事。 2019年5月末をもって申し込み終了しており、発売が6月であることから対象機種外となっている。 受信時:14. 76Mbps• - SIMフリーモデル• - NTTドコモにおいて同時期に発売される。 - NTTドコモにおいて2013年5月に発売された エクスペリア エース。 - 事実上の先代機種。 ただし約4年の空白期間あり。 - 本機と同じ18:9のディスプレイを搭載した小型モデルではあるが性能はハイエンド寄りとなっている。 なお後継機種はであるためこの機種を先代モデルにしているのは間違いである。 外部リンク [ ]• この項目は、・に関連した です。 などしてくださる。 Z L 5• Xperia Tablet Z タ 話L 5• HATSUNE MIKU SO-04E L 5• 以前の端末• 記号凡例• 通信: 2. 4 は2. 4GHz IEEE802. 5 は5GHz IEEE802. 11a と2. 4GHzの両対応である以外は2. 4GHz IEEE802. f はWi-Fi通信非対応• 機種種別 携帯電話非対応欄以外 : 無印 - ・、タ - 、フ - 携帯電話 、写 - 、セ - セットトップボックス、ス - スティック型セットトップボックス• 高速通信種別: L - 通信対応、CA - のうち、通信対応、X - 通信対応、W2 - 通信対応、XCA - 方式の通信対応、W2C - 方式の通信対応• その他: 通 - データ通信および通話非対応、 話 - 通話非対応、話 - 通話対応 タブレットのみ 、ヴ - 対応.

次の