ハムスター キュッキュッ。 ハムスターが噛む理由(手を噛む・興味で噛む)

ハムスターの生態や飼い方、病気などを元飼育員が解説

ハムスター キュッキュッ

ハムスターが噛む理由(巣箱・ケージ・ケーブルを噛む)• 囓り木や巣箱などを噛む 適切な餌を与えて、ストレスの少ない環境で育てているのなら、巣箱などを囓ることはありません。 氷を囓るのが好きな人と同じように、ストレスが溜まり欲求不満なのか、巣箱が狭い、巣箱が暑いなどの理由があります。 広い巣箱やケージに変えたり、ハムスターをあまりさわらないようにしましょう。 気が弱くて、うまく飼い主と接することができないハムスターの場合は、特に注意が必要です。 囓り木や巣箱などを噛むことで、歯を痛めることがあるので、餌以外は噛ませないようにしましょう。 また、ハムスターの歯は歯ぎしりしただけで簡単に削れるので、囓り木は必要ありません。 ケージを噛む イライラしている 部屋が暑い、お腹が減ったなど、単に欲求不満なので、快適なハムライフを満喫できるように飼育環境、飼育方法を改善しましょう。 餌が欲しい ケージ越しに餌を与えないようにしましょう。 ケージを囓っている時に餌を与えてしまうと、ケージを囓ると餌がもらえると覚えてしまいます。 特にゴールデンハムスターは、すぐに覚えてしまうので注意が必要です。 ハムスターが飼い主を見つけられない時は、ケージを噛まないのでこっそり観察しましょう。 ケージから出たい ケージを壊して外に出よう(脱走)としています。 ケージの出入り口付近や、行きたいところがある方向を囓り、飼い主がいないときに多く噛みます。 そうなると、不正咬合になることもあるので、 毎日決まった時間に必ず散歩させたり、ケージ中を安全で快適にする必要があります。 [ ] ケージなどを噛むと不正咬合になる可能性があります。 しかし毎日、1時間くらいケージを囓っても、切歯への負担が原因で不正咬合にはなりません。 歯の矯正をした人は分かると思いますが、簡単に歯の向きは変わりません。 またハムスターのアゴは前後に、動くようになっているので、金網くらいの物は無理なく噛めます。 それより 歯ぐきに傷ができて歯周病になったり、歯を引っかけてしまい歯が折れることの方が心配です。 事故によって不正咬合になることもありますが、ハムスターが歯の病気や怪我をした場合、もう一度飼育環境や飼育方法をよく考え、改善方法が見つからない場合や、改善方法を実行できない場合は、今後ハムスターを飼うのをやめましょう。 [ ] [ ] も併せて読みましょう。 ケーブルや家具を噛む ハムスターが物を噛む理由は、ハムスターの習性や感覚を理解し、ハムスターの気持ちになれば、案外簡単に原因が分かるものです。 ケーブルの断線があると、ネズミの責任されることが多いですが、本当にネズミが囓ったのなら4本の歯形が付いています。 ハムスターが家具の隙間に入れないように、いろいろと努力をしている飼い主は多いと思いますが、 ハムスターは目ではなく、臭いでも通路の位置を確認できるので、わずかでも空気が流れていれば、そこに道がある分かります。 その道が細ければ細いほど、天敵から狙われにくい安全な通路であることを、まずは理解しましょう。 その通路が細ければ、ハムスターは体に合わせて広げようとします。 その通路に邪魔な物があれば、ハムスターは取り除こうとします。 しかも、ハムスターは勤勉な性格なので、暇さえ見つければ、それを実行しようとします。 また、ストレスが溜まるような飼い方をしていると逃げ道を作るため、その通路に執着する可能性があるので、気をつけてください。 たとえば、ハムスターが無理をすれば通れる幅の隙間に、ケーブルがあるとします。 隙間はハムスターにとっての通路ですから、途中で動けなくなる可能性があると思うと、壁を壊したり家具を壊したりして安全に通れるように、隙間を広げてしまいます。 たとえ、壁や家具など壊れない物だとしても、ハムスターは地中に住む動物なので、壊れると信じ壊そうとします。 そのことで、歯や足をケガをすることもあります。 ケーブルは、ハムスターから見れば、地中のトンネル内に生えている木の根っこで、木の根は放っておくと伸びてくると知っています。 だから、木の根が太くならないうちに、囓って成長を止めようとします。 また、いつもハムスターが通る壁際に大きな段ボール箱を置くと、その段ボール箱に穴を空けようとします。 場合によっては、段ボール箱の下に道を造ろうとして、じゅうたんや畳に穴を開けてしまいます。 噛むことを覚えられてしまったら、大がかりな部屋の模様替えが必要です。 そこの部分だけ変えてしまっても、ハムスターの頭にあるナビゲーションシステムは人間より優秀なので、簡単に忘れてくれません。 これらの回避する方法は簡単です。 家具を壁にピッタリ付けずに、ハムスターが通れる隙間を空けます。 そして、ケーブルは壁や物に沿わさず、電信柱にある電線のように、ハムスターが届かないような高い位置に配線をするか、壁際から延長ケーブルを使って、部屋の広い場所にケーブル類を集めることで回避できます。 広い場所にケーブルを持ってくることで、噛まなくなるのは意外かもしれませんが、ハムスターにとってはケーブルは、興味が無い物ですし、ハムスターは壁づたいに歩くので、近づこうとしません。 家具の隙間にあるケーブルが、トンネルの中に生えてきた木の根っこなら、部屋の真ん中にあるケーブルは、幹のすぐ下にある根っこです。 ハムスターにとっての木は、天敵のいる場所でもあるので、避けて通ろうとするわけです。 動かせない家具は捨てて、キャスター付きのラックや衣装ケースなどに交換しましょう。 キャスター付きの物なら、ハムスターは下をくぐり抜けられ、掃除も楽です。

次の

ジャンガリアンハムスターの気持ちがわかる行動5つ

ハムスター キュッキュッ

しかし、わたしたちがするのと同じ行動に見えても、実はハムスターにとっては健康を害している兆候という場合もあります。 例えば、そのひとつがしゃっくりです。 今回はハムスターのしゃっくりに注目してどんな危険が潜んでいるのか考えたいと思います。 スポンサーリンク ハムスターがしゃっくり!? そもそもハムスターがしゃっくりをするのか?と驚かれる方もいるかもしれません。 ハムスターも私たちと同じ哺乳類ですので、私たちが日常で行うことはほとんどすべて行っています。 ご存知の通りしゃっくりは横隔膜のけいれんによって引き起こされる現象です。 わたしたちも何かを急いで食べたりした時に急にしゃっくりが始まって止まらなかった経験があることと思います。 ハムスターの場合にも同じ横隔膜のけいれんが原因でしゃっくりをすることがあるのです。 ハムスターのしゃっくりは人間に比べるとかなり感覚が短く、連続して起こります。 しゃっくりの度に「キュッキュッ」というような声を出して、体を小刻みに震わせます。 一見するとただ鳴いているようにも見えるのですが、ハムスターは通常鳴き声を上げる動物ではありませんので、明らかに普通の行動ではないと判断できるでしょう。 ハムスターのしゃっくりには注意が必要? 人間の場合には、しゃっくりを止めるためにいろいろな方法が紹介されたりもしていますが、長く続いてもほとんどの場合数分や長くても数十分経てば気付かないうちに止まっているものです。 しかし、短い場合であってもしゃっくりをしている間は意外に体力を使っていないでしょうか? しゃっくりをするたびに体に負担がかかりますし、年配の方の中には骨が弱っていてしゃっくりのために骨折してしまう場合などもあるようです。 実は体の小さなハムスターの場合、通常のしゃっくりであっても長く続くことによって体力が消耗し、衰弱してしまう場合があります。 ハムスターのしゃっくりを実際にご覧になったことのある方は分かると思いますが、たしかに連続するハムスターのしゃっくりはかなり体力を奪いそうです。 その上当然ながら、ハムスターは息を止めたり、しゃっくりしているハムスターをビックりさせたりなど、自分でしゃっくりを止めることはできません。 しゃっくり自体は正常な体の反応なのですが、一度始まってしまうとハムスターのしゃっくりを止めることはわたしたちにはできないので、できるかぎり予防できるようにしてあげます。 予防方法としてはエサをどんどん一気に与えないようにすることです。 お腹を空かせたハムスターに好物のナッツ類などを次々に与えてしまうとしゃっくりを引き起こしやすくなります。 おやつを与える場合には、一粒ずつ食べたり頬袋に収納したことを確認して与えるようにします。 人間もハムスターも急いで食べるのは健康によくありません。 しかし、通常のしゃっくりのように見えても、他の病気の兆候ということもあり得ます。 通常のしゃっくりと他の病気が関係していることをどのように見分けることができるでしょうか? また、しゃっくりに見える行動にはどんな危険の可能性があるのでしょうか? しゃっくりとその他の危険性を見分ける方法は? では、どのように通常のしゃっくりとその他の危険を見分けることができるでしょうか? しゃっくりのように見える行動の長さと頻度に注目することが大切です。 通常のしゃっくりも長く続くなら衰弱の危険があることは考えましたが、ハムスターの場合も人間と同じく普通は数分から数十分でしゃっくりは収まります。 しゃっくりのような行動はどのくらいの長さ続いているでしょうか? もし数十分経っても収まらず、数日間にわたってしゃっくりのような行動が見られるならば、他の危険性が関係しているかもしれません。 また、頻度も観察が必要です。 食事中や食後などにしゃっくりが起こることが多いですが、それ以外のときにも類似行動が見られるでしょうか? また、同じ日に数回しゃっくりのような行動が見られたり、数日の間に頻繁に見られるなら通常のしゃっくりではないかもしれません。 スポンサーリンク 通常のしゃっくりではない場合の危険性 では、ハムスターのしゃっくりのような行動が通常のしゃっくりではない場合、どんな危険性が考えられるのでしょうか? アレルギー反応の可能性 何らかの原因でハムスターがアレルギー反応を起こし、しゃっくりに似た行動をしている可能性が考えられます。 アレルギー反応を起こしている場合には、恐らく他にも症状が併発しているはずです。 たとえば、いつも以上に体を掻いていたり、肌が荒れたりしていないでしょうか? ハムスターは生活環境が変わるとアレルギー反応を起こしてしまう場合が少なくありません。 しゃっくりのような行動が見られるようになる前に床材を新しいものに替えたり、エサを異なるものに切り替えたりはしていないでしょうか? 複数の反応が見られる場合には、飼育環境の変化を見直してアレルギーの原因となりそうなものを取り除くことをお勧めします。 呼吸器系疾患の可能性 ハムスターのしゃっくりは単に荒い息をしていたり、連続してくしゃみをしているようにも見えることがあります。 それが実際に荒い息やくしゃみである場合、呼吸器系の病気を発症しているかもしれません。 呼吸器系疾患では肺炎や肺水腫などの病気が考えられ、いずれの場合にも衰弱して食欲がなくなるなどの症状が合わせて見られます。 しかし、ハムスターの場合そのような症状が現れるのも状態がかなり悪くなってからのことが多いため、やはり長さと頻度に注意が必要です。 特に肺炎は購入直後や季節の変わり目、気温の変化などによって引き起こされる場合が多いため、温度管理に注意してください。 心臓疾患の可能性 ハムスターが高齢になると心臓疾患のために呼吸が早くなり、連続するしゃっくりのように見えることがあります。 心臓に問題を抱えている場合には、ゲージの隅で少し苦しそうにしたリ、行動が全体的に鈍くなりコテンと転んだりすることが多くなります。 しゃっくりのような声に伴って体がけいれんしてしまうこともあるため、そのような症状が見られた場合にはすぐに動物病院で診察を受けることをお勧めします。 まとめ わたしたち人間の場合には少し苦しいくらいで済んでしまうことの多いしゃっくりですが、ハムスターの場合にはたかがしゃっくり、されどしゃっくりです。 命にかかわる大きな病気が関係している可能性も否定できませんので、しゃっくりの長さと頻度によく注目し、行動観察を続けてください。 しばらく様子を見ても頻繁にしゃっくりが起きていたり、長く続く場合には動物病院での診察を検討してください。 野生で生活しているハムスターは本来、なるべく声を出さないようにして生活している動物です。 そのような状態が続く場合には何か体調の変化が生じていると考え、早めに対処してください。 スポンサーリンク - , , , , , , , , , , ,.

次の

ハムスターが噛む理由(手を噛む・興味で噛む)

ハムスター キュッキュッ

が主な理由です。 前者の場合はチクッとする程度の甘噛みをします。 お腹がすいている、もしくは食べたいもの(必要な栄養)が与えられていないときなので、餌の量・質ともに見直しましょう。 画像引用元: 後者の場合は人に対する恐怖心と防衛本能からくる行動のため、手に歯型が残ったり、血が出たりするほど噛みます。 噛まれてしまったら、ジャンガリアンハムスターを振り払ったり、叱ったりするのではなく、彼らが自ら離れることを待ちます。 なかなか離してくれないときはそっとお腹をつついてあげてください。 お腹を触れられることを彼らは嫌いますので、つつくことで噛んではいけないことを理解させてあげるのです。 また、巣箱やケージなど餌以外のものを噛んでいるのは、ストレスを発散させるための行動です。 この行動を見かけたら、何をストレスに感じているのか観察して、対策をしてあげましょう。 (ケージが狭い、トイレが汚いなど) ジャンガリアンハムスターが背を向ける理由 人に慣れていないジャンガリアンハムスターはよく背を向けます。 餌を食べる時に背を向けるのは、人に餌を盗られると思っているので、飼い主とジャンガリアンハムスターとの信頼関係が薄いといえます。 画像引用元: 毎日適切な量の餌を与え、適度な距離感を保って、安心させてあげると背を向けなくなります。 また、手に乗せているとすぐに背を向けることがありますが、これは、捕食されてしまう恐怖心から、目を合わせられないのです。 この場合、飼い主に慣れてから手乗りをさせないと人を拒絶するようになってしまいます。 ジャンガリアンハムスターが鳴く理由とは ジャンガリアンハムスターは、鳴かない動物と言っていいほど普段は鳴きませんが、突然「キュッキュッ」や「キーキー」と小さく鳴くことがあります。 ある日突然鳴くようになって、治らない場合は呼吸器の異常の可能性が高いです。 それ以外で鳴いているときは、かなり強いストレスがかかっているときです。 飼い主に「なんとかしてくれ!」と訴えているので、早急に原因を見つけて改善してあげましょう。 画像引用元: ジャンガリアンハムスターが毛づくろいをする原因 ジャンガリアンハムスターはきれい好きな生き物なので、毛づくろいを頻繁に行っています。 基本的には巣箱の中で行うものですが、人前で顔を洗うような毛づくろいをすることがあります。 巣箱の中と同様にリラックスしている場合もありますが、飼い主の前でこの行動を頻繁にするのはストレスを感じているからです。 画像引用元: 毛づくろいは身なりを清潔にするためでもありますが、自分の匂いを体につけることで安心したり、縄張りを確認したりするものでもあります。 それを頻繁に飼い主の前でしているということは、飼い主に安心できていないということなので、よく見かけてしまうようであれば、少し距離を置いてあげると良いです。 ジャンガリアンハムスターが仰向けに寝る理由 ジャンガリアンハムスターは捕食される側の生き物なので、いつでも逃げられるようにうずくまって眠ることが多いです。 しかし、たまにお腹を出して(仰向けで)眠っていることがあります。 気温が高い日にこの姿を見かけたら、暑くて困っているので温度を下げると良いです。 画像引用元: 温度管理ができている中でこの姿を見かけたら、ジャンガリアンハムスターが安心しきっている証拠なので、とても良い状態といえます。 しかしいつも仰向けで眠っているのであれば、お腹に病気や怪我があって、痛みでうつ伏せになれない可能性がありますので、こまめに観察をしましょう。 必要であれば健康チェックをしたり、病院へ連れて行ってあげてください。

次の