風邪 の 時に いい 食べ物。 風邪の時に食べるといい食べ物でスーパーで手軽に買えるものは何?

喉にいい料理・食べ物と悪い食べ物……大根やはちみつの効果など [食と健康] All About

風邪 の 時に いい 食べ物

経歴 株式会社Luce代表/健康検定協会理事長、山野美容芸術短期大学講師、服部栄養専門学校特別講師、日本臨床栄養協会評議員、ダイエット指導士、ヨガ講師、サプリメント・ビタミンアドバイザーなど栄養・美容学の分野で活動をおこなっている。 風邪の流行時期には、マスクや手洗いなどで予防をする方が多くいます。 もちろん、風邪を予防するためには、十分な睡眠とバランスの良い食事が基本です。 食べたものが未来の体を作ります。 日々の食事管理からも風邪予防はしっかりおこなっていきましょう。 今回は特に風邪予防に働きかける食べ物をご紹介いたします。 風邪予防に良い食べ物 にんにく 風邪の予防には、免疫力を高めること、ウイルスや細菌に打ち勝つ体づくりがポイントなんです。 にんにくに含まれている におい成分のアリシンには、免疫力を高める働きがあり風邪予防には有効な食材のひとつですよ。 にんにくの成分は風邪のウイルスから体を守るので、風邪が流行する寒い季節は取り入れていくと予防になります。 また、にんにくは食欲も増進する働きがあるので、疲れ、ストレスなどで食欲が落ちているときに取り入れるといいですね。 生のにんにくは胃腸への刺激が強いので、加熱して食べると刺激が和らぎ、お勧めです。 風邪の症状がひどい場合に無理して食べると刺激が強すぎることもあるので、風邪の予防としてうまく取り入れるようにしましょう。 りんご 風邪をひいたときにりんごを食べる人は多いのではないでしょうか。 りんごには風邪をひいたときに必要な栄養素が豊富に含まれているので、風邪をひいたときには積極的に取りたい食材です。 風邪のときは、発熱や食欲減退によって、脱水になりやすい状態です。 りんごは水分も豊富で、甘味もあるので食べやすいため、風邪のときにはお勧めです。 消化する力も弱っているので、 すりおろして食べると胃腸にも負担をかけず食べられます。 また、りんごには整腸作用がある水溶性の食物繊維も豊富に含まれているので風邪でお腹の調子がすぐれないときでも食べられます。 すりおろすのが大変な場合は、ミキサーなどにかけてジュースにするのも良いですね。 ビタミンCは上記のリンゴでも摂取することができます。 これらのビタミンは抗酸化作用や免疫力を高める働きがあるため、風邪で弱っている粘膜を保護するために役立ちます。 そして、この栄養分が豊富な食材のひとつがにんじんです。 りんごと同じようにすりおろしてジュースやポタージュなどにすれば、食べやすく消化もしやすくなります。 ヨーグルト ヨーグルトは風邪予防にも役立ちます。 ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内環境を整えてくれるためです。 腸内は体内の免疫細胞を作る働きがあるため、腸内環境を整えると免疫力を高めることにつながります。 また、ヨーグルトは喉越しがよくひんやりと食べやすい食材でもあるので、風邪をひいたときの栄養補給としてもおすすめです。 乳酸菌だけでなくたんぱく質も含んでいるので、風邪で食欲がなかったり、喉に痛みがあったりするときなどに取り入れてみましょう。 風邪をひいたときや風邪予防には十分な睡眠と栄養源となる食事が基本です。 今回ご紹介した食材を取り入れて風邪に負けない体を作りが大切です。 風邪をひいてどうしても食欲がないときは、食べられるものを、少量でも口にして栄養源とするといいですね。 【参考文献】 朝日新聞社出版「栄養素図鑑と食べ方テク」中村丁次 監修.

次の

カンタン&すぐ行動!風邪に良い食べ物ベスト4【管理栄養士が推薦】

風邪 の 時に いい 食べ物

喉が痛くて食事が喉を通らない、ということもあると思います。 しかし、食べないと体力が落ちてしまい、喉の痛みは悪化するばかり。 こんなとき、何を食べればいいのでしょうか? 喉が痛いとき、「食べ物が喉を通らない」ような感覚になることがあると思います。 これは単に痛みだけでなく、喉の腫れによって気道や食道が狭く詰まっているような状態になるため。 痛みがひどい場合は、炎症を起こしている喉をなるべく休めることが大切。 喉に刺激を与えるような食べ物は避けるようにしましょう。 香辛料……トウガラシ、わさび、辛子、マスタードなど• 酸味の強いもの……酢、梅干、柑橘類など• 炭酸系飲料• アルコール• 熱すぎるもの、冷たすぎるもの……ラーメン、鍋料理、アイスクリームなど• 味の濃いもの 最後の「味の濃いもの」とはどういうことかと思った人もいるかもしれません。 「味の濃いもの」は味付けに主に食塩を多く含んでいます。 「傷口に塩をすり込む」という言葉がありますが、喉が腫れているところに食塩たっぷりの食べ物が通過しようとすると、腫れている部分に刺激を与え、痛みが生じる恐れがあります。 味の濃いものも避けた方がよいでしょう。 喉にいい料理・食べ物は、刺激の少ない食べ物 カフェインが少なく喉を潤してくれるハーブティーはおすすめ 喉に刺激を与えることがよくないのですから、喉が痛いときは、逆に「喉に刺激を与えないもの」を選んで食べるようにしましょう。 やわらかいもの……プリン、茶碗蒸しなど• ハーブティー……カモミール、ユーカリなど• のど飴 喉に刺激を与えない食べ物の選び方でもっとも簡単なのは、物理的に「やわらかい」ものを選ぶことです。 プリン、茶碗蒸しのようなゲル状の食品や、うどんや粥など柔らかく煮た料理がおすすめです。 さらに、カフェインの少ない飲み物で喉を湿らせたり、のど飴を使って唾液を多く出すことで喉を乾燥から守ることも喉が痛いときの対処法として有効です。 喉の痛みに効果ある民間療法は本当? 大根やはちみつなど また、昔も今も、喉の痛みに悩まされる人は多かったようで、喉の痛みに効果があると考えられてきた「民間療法」的な食材も多くあります。 それぞれの科学的な裏付けも考えながら、上手な活用法を見てみましょう。 焼いて首に巻くとよいといわれ ますが、加熱して美味しくいただいたほうが効果は高いようです。 そのままではかなり刺激が強いので「生姜紅茶」のようにすりつぶして少量を飲み物に溶かします。 大根とはちみつをタッパーなどの密閉容器に入れ、出てきた汁を飲むと効果的といわれています。 大根おろしもよいといわれますが、こちらは少し刺激があるので少量にしましょう。 マヌカハニーなども炎症を抑えるため、効果があるといわれています。 みかんの皮を干したものは「陳皮」として販売されています。 陳皮を生姜や黒砂糖などと一緒に煎じて飲みます。 キンカンは実を皮ごと食べるのが特徴です。 喉の痛みが気になるときには砂糖煮を5~6個食べましょう。 黒砂糖のほうが効果が高いといわれています。 または、キンカンにザラメ糖とはちみつを入れて漬け込むとキンカン飴ができるので、これをスプーン1杯なめても喉の痛み軽減効果が期待できます。 また、ゆで汁に黒砂糖を加えて飲む方法もあります。 黒豆の色素成分である「アントシアニン」に喉の痛みを和らげる効果があるといわれています。 サポニンは灰汁の成分ですので、喉への効果を期待するのであれば、灰汁抜きをしすぎないで調理したほうがよさそうです。 また、痰が出る場合、生のゴボウの根の汁を飲むとよいといわれています。 また、ゴボウの種子をよく煎じて飲むと咳にもよいようです。 生の梨の芯をとり、はちみつを入れて蒸したり、焼いて食べると効果があります。 また梨をすりおろしてジュースにし、はちみつを入れて飲んでもOK。 すりおろした梨を煮詰めても効果があるといわれています。 ほかにも昔から言われている民間療法にはさまざまなものがあります。 体質等にもよるところがありますし、薬ではないので必ずしも効果があるとは言い切れませんが、昔ながらの「おばあちゃんの知恵」は経験則として一定の効果を実感できるものが多いように思います。 機会があれば試してみて、ご自身の体質にあう喉の痛みの軽減法を見つけられるのもよいかもしれません。 喉の痛みが続くときはポリープなどの可能性も…… 声枯れが5日以上続くような場合は早めの受診を 「喉が痛くて声が出にくいだけで、あとは何ともない」からと、病院にかからず民間療法などを試しながら、自然治癒を待っている人もいるかもしれません。 しかし、最初の2~3日程度なら様子見でも問題はないのですが、もし声枯れが5日以上続くようであれば、早急に受診するようにしましょう。 これは私自身の経験で恐縮ですが、喉の痛みが出始めてすぐに受診して薬をもらったものの声枯れしてしまい、3日後くらいに再診すると、薬剤師さんが驚くような強い薬に変更されました。 それでも効果が出ず、さらに再診を受けると「小さいポリープができている」といわれました。 医師によると、ポリープは発生して1週間以内であれば薬で治療ができるそうですが、それを過ぎてしまった場合には、少し大きい病院で切除するしかないのだそうです。 私の場合は、治療できるギリギリのところでポリープが発見されたため、薬で済みましたが、痛みや声枯れを放置して我慢すれば我慢するほどにポリープは大きくなり、切除以外に治療法がなくなってしまうこともあるのです。 病院にかかるのは時間も手数もかかりますが、5日以上喉の痛みが続くようであれば、早めの受診をおすすめします。 【関連記事】•

次の

風邪に効く食べ物、飲み物 早く治したい人は必見です!

風邪 の 時に いい 食べ物

発熱時に大切な栄養素と食品 熱が高いと食事をとることもダルくて嫌になります。 しかし、そんな時こそ大切なのが、 水分、塩分、炭水化物(エネルギー)、そして、ビタミンC なのです。 それでは早速、この条件をクリアした食べ物を見ていきましょう。 ショウガ 風邪といえばショウガ。 今日ショウガを使った商品もたくさんあるくらい、私たちの生活には身近で、風邪に効くことは誰でも知っています。 ショウガの辛み成分には、 ジンゲロール・ショウガオール・ジンゲロンの3つがあります。 ジンゲロールは、殺菌作用の強い成分です。 殺菌作用があるとはいえ、ウイルスを撃退するようなことはできませんが、風邪の悪化を防ぐことは期待されています。 まず、菌が鼻に入れば鼻水がでますし、喉に入れば炎症したり咳がでたりします。 こうした風邪をこじらせる細菌に対しては、ジンゲロールの殺菌効果が作用します。 生の状態で食べるのがよいです。 ショウガオールは、熱を加えることによって、体を内側からポカポカに温めてくれる効果があります。 体が温まるとどんないいことがあるかというと、免疫力が上がるのです。 発熱時、体力も奪われ、免疫力も低下しているので、新陳代謝を上げるためにも積極的に摂りたいです。 ジンゲロールを加熱して変化したのがショウガオールです。 ジンゲロンは、ジンゲロールを加熱した一部が変化した成分です。 これは、脂肪分解や代謝の促進を促す成分なので、ダイエット効果が期待されています。 なので、今回のテーマにはあまり関係ないですが、風邪が回復し、ダイエットをしたい方には是非、覚えていてほしい成分です。 とにかく、ショウガは発熱時でもそうでない時でも、体に良い食品です。 みかん 何と言っても ビタミンCが豊富なうえ、包丁や調理も必要ない優れものです。 また、風邪が流行する冬が旬で、どこでも手軽に手に入ることも嬉しいです。 ビタミンCは、白血球の働きを良くする作用があり、ウイルスの活動を抑制してくれます。 また、水分を多く含んでいるので、喉が渇いた時に食べるのもいいです。 梅干し 梅干しのあのすっぱさは、 クエン酸 からきています。 クエン酸には、疲労回復と殺菌作用があります。 私の小さい時も、母親の作ってくれたおかゆには、必ず梅干しが乗っていたのを思い出します。 そして、不思議とそのすっぱさが、いつもより体にしみるような感じさえありました。 さらに、 塩分も適度に摂れます。 昔の人はよく「風邪には梅干し!」と言っていましたが、間違いではなかったのです。 梅干しは、おばあちゃんの知恵が詰まった小さな救世主だったのです。 ネギ ネギ特有の匂いと辛みは、 アリシンという成分からきています。 アリシンには強力な殺菌効果や血行促進や疲労回復の効果があるので、風邪の治癒にはとても効果的です。 ただ、アリシンは水に溶けやすく熱に弱いので、加熱調理はお勧めできません。 できれば生で食べるのがベストです。 スープの薬味などで食べましょう。 たまご スポンサードリンク 中学校の家庭科の授業で、 「たまご=完全食品」と赤のチョークで先生が黒板に書いたのを覚えています。 たまごには、良質な たんぱく質と ビタミン類が豊富に含まれています。 また、テレビ等で 「塩化リゾチーム」と聞いたことはありませんか?この塩化リゾチームとは、卵の白身の部分に含まれている成分で、菌やウィルスを殺すだけでなく自然免疫力を高める作用があります。 喉も痛くて鼻も詰まっています。 「完全に風邪にやられたな。 」という感じです。 せっかくこのタイミングで風邪になってくれたのだから、「ここは、チャンス!」とばかりに聞きだしました。 (ひどい母親ですね・・・笑) 「ねえねえ、食べたいものある?」 すると、「カレー。 」とニヤニヤしながら答えたので、上であげた食品を中心に作ることに決めました。 早朝で、高熱の娘を置いて買い物には行けなかったので、冷蔵庫にあるものだけで作ってみました。 カレー <材料> たまねぎ にんじん パプリカ さつまいも ひき肉 カレーのルー(バーモントの甘口) ショウガ 我が家は、みじん切りのストックがあるので、これをそのまま鍋に入れます。 息子がちょうど、幼稚園の芋ほりでもって帰ったさつまいもをじゃがいもの代わりに使いました。 圧力鍋なので、圧力をかけ終わったらしばらく放置して、ルーを入れます。 ご飯は、いつもは玄米ですが消化に悪いので、白米を柔らかめに炊き、仕上げにみじん切りしたショウガをトッピングして完成です。 スープ <材料> たまご 長ネギ 鶏がらスープの素 塩 お鍋に材料を切って入れるだけの簡単なスープです。 申し訳ない位コツがないので、誰でもできます! 完成しました! カレーに定番のジャガイモをさつまいもに置き換えましたが、実は栄養価的にも さつまいもに含まれるビタミンCは、ジャガイモの1.6倍なので、風邪には有効だということが分かりました。 また、手料理は「真心」というスパイスが加わり、娘も完食してぐっすり寝てくれました。 何と言っても、息子が心を込めて一生懸命に掘ってきてくれた、さつまいもパワーは強かったようです。 発熱時に食べてはいけない食品 脂っこいもの これは、私のかかりつけ医が毎回いう言葉です。 「とにかく、消化機能の方にエネルギーが使われないように、脂っこいものは避けてね。 」 健康な時でさえも、胃もたれするくらいだから、発熱時にあえて食べるなんて言語道断。 揚げ物は避けましょう。 生もの 生ものには、細菌などの微生物が付いている可能性があります。 それが原因で食中毒になってしまったら大変です。 お寿司屋さんに、ガリが常備されているのは上でも紹介したように、ショウガに殺菌作用があるからです。 発熱時に、食中毒になるリスクを負ってまで生ものは食べない方がいいでしょう。 刺激の強いもの 香辛料やスパイスが効いている刺激の強い食べ物は、胃だけでなく、喉も刺激して、咳がとまらなくなったりすることもあります。 お気付きでしょうが、先ほどカレーを食べさせてしまいました・・・。 今のところ、「喉が痛い」と言ったり、咳が出たりはしていません。 カレーにもスパイスは入っているとは思うのですが、バーモントの甘口程度ならそんなに気にすることはないという事でしょうか。 何より、 食べたいものを食べられる分だけ食べるというのが、ストレスがなく回復にはいいのかもしれませんね。 まとめ 発熱時にいい食べ物• ショウガ• みかん• 梅干し• たまご 発熱時に悪い食べ物• 脂っこいもの• 生もの• 刺激の強いもの 発熱時のダルさは本当に憂鬱になりますよね。 もし何を食べたらいいか迷った時は、「たまご粥」か「梅干し粥」が間違いないです。 消化も良く、上で紹介した食品も入っています。 そして何より大切なのが休養です。 いくら食べるものに気を使っていても、ちゃんと休まないと意味がありません。 「滋養と休養」。 この2つが合わさった時、初めて風邪のウイルスに対抗できる準備ができたと言えるでしょう。 これからの季節、ますます風邪の心配が増えますが、みなさんも万が一「風邪かな?」と思った時は、ぜひ試してみてください。

次の