あと 1 センチ の 恋。 あと1センチの恋 という映画を見てきたのですが、その映画の挿入歌が全て...

あと1センチの恋|動画フルを無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

あと 1 センチ の 恋

『あと1センチの恋』 オリジナル映画サウンドトラック 音楽: ラルフ・ヴェンゲンマイアー 1. Martin Gallop 2. Son of Sam — Elliot Smith 3. Life With Grace — Super700 5. Take Me To A Higher Plane — Kate Nash 6. Tiny Dancer — Elton John 9. Love. Rosie — Ralf Wengenmeyr 10. A Letter From Boston — Ralf Wengenmayr 11. We Keep In Touch, Okay — Ralf Wengenmayr 12. Can I Be Godfather — Ralf Wengenmayr 14. Please, Come Visit, Okay? — Ralf Wengenmayr 15. 18th Birthday — Ralf Wengenmayr 17. To The Dance? — Ralf Wengenmayr 18. Martin Gallop 2. Son of Sam — Elliot Smith 3. Life With Grace — Super700 5. Take Me To A Higher Plane — Kate Nash 6. Tiny Dancer — Elton John 9. Love. Rosie — Ralf Wengenmeyr 10. A Letter From Boston — Ralf Wengenmayr 11. We Keep In Touch, Okay — Ralf Wengenmayr 12. Can I Be Godfather — Ralf Wengenmayr 14. Please, Come Visit, Okay? — Ralf Wengenmayr 15. 18th Birthday — Ralf Wengenmayr 17. To The Dance? — Ralf Wengenmayr 18. Reprise — Ralf Wengenmayr.

次の

映画「あと1センチの恋」がめちゃくちゃ泣けると話題!多くの女子から大人気となった本当の理由とは?

あと 1 センチ の 恋

悪しからず。 評価が良いのと、あらすじに惹かれてチョイス。 星の数は鑑賞後に何が心に残ったかで決めております。 ラブストーリーは非常に好きで、特に気に入った作品は購入して手元にストックしています。 これも仲間入りしてくれるといいなと期待しましたが……。 まず個人的にですが、好感が持てる男性はロージーの父親のみです。 あとはダメ男。 アレックスの一貫性のなさを思えば、一度は父親になろうとしたグレッグのほうがまだマシに見えます(こいつもクズですが)。 ことあるごとに好意や期待を踏みにじられるロージーがあまりにも可哀そう。 弄んでいるようにしか見えないんですね。 しかし、これは映画がロージー視点で描かれるせいかもしれません。 それはそれとしても、いっつも女のあいだをフラフラしてるのは、ただ単に男としてダセエ。 人間的魅力がありません。 ロージー、なぜそんな男にこだわる!? と心の中で叫びました。 ハッピーエンドですか? そうでしょうか? そういうことにしますか? そうですか。 そのまま幸せに生きられればいいけどね! グッバイ、タマタマ! 一生変な夢でも見てろ! 余談ですがグレッグ役のクリスチャン・クックの顔が、G・G・ベルナルっぽくて好きっす。 リリー・コリンズもとても素敵な女優さんだと思います。 映画はダメでも、俳優さんを追いかけたいと思わせてくれてありがとうございました。 星二つです。 笑える軽さは楽しかったけれど心を打つような場面がどこかにありましたっけ? うーーーむ、この高評価 なんだかなぁ ヒロインのロージーがが可愛過ぎて飽きはしませんでしたが、話の内容は超薄です この映画での"すれ違い"は言い訳でしかなく、意思も考えも無く流されているだけ 強い意思があったらタイミングなんて関係ない 特にアレックスは男らしくなく逃げているだけだ 何が「心に大きな傷を負い、心の穴を埋めるために別の子を捜し求める」だよ。。。 相手の反応みて、行動だけでなく心まで変っちゃうって… おまえそんなに自信ない奴なの? 将来モデルになるような女に言い寄られるほどイケてるルックスに世界最高峰のハーバードで医者になれるようなお頭も持ってるのにですか? ありえねぇだろー 結局最後は結ばれて、やっぱり運命だった、と綺麗にまとめたつもりだろうけど、全く美しくありません 愛も金も成功もって出来過ぎでしょう ロージーは12年間いろんな経験はした でも彼女は夢をかなえるような努力をしたようにも見えない 原作はラスト50歳で、小さなペンションとのこと 多分原作はもっと深みのあるいいお話しなんでしょう 期待せずに観たけどすごく良かった。 つまらないと、最後まで観れないけど、これは飽きずに最後まで楽しく観れた。 18才の誕生日のパーティーシーンで2人が顔を寄せ合って、最後にヒロインが酔っ払ってバタッと倒れちゃうシーンとか、海辺のシーンとか面白いし、なおかつこだわって撮られてる感じ。 こういうドラマは平坦なテンポになりがちだけど、伏線も張られてて、観客を飽きさせない工夫もされていたと思う。 主演の女優さんの繊細な表情にも魅せられた。 なんというか目の表情が印象的で、睫毛の一本一本が美しくて目が離せなかった感じ。 あと部屋のインテリアとか可愛くて真似したいくらい。 楽しくて、美しくて、なおかつ優しい気持ちになれる映画ってなかなか無いと思う。 いい作品。

次の

あと1センチの恋 ネタバレ、感想、あらすじ、考察、動画

あと 1 センチ の 恋

あと1センチの恋のあらすじ 6歳からの幼馴染みの少女ロージーと少年アレックス。 思春期を迎えてもまるで恋人のように仲がいい2人は、まさに 友達以上恋人未満の関係。 楽しい話、恋の話、将来の話。 何でも分かち合った2人は、このまま大親友として一緒の大学へ進学することを夢見ていた。 しかし、高校生となったある日。 ロージーがクラスメイトの人気者と関係を持つ。 そして 妊娠する。 2人の夢だった一緒の大学への進学はなくなり、ロージーはこのまま地元に残り、アレックスは一緒に行くはずだった遠く離れたボストンの大学へ。 親友として再会を誓い、 2人は人生で初めて離れ離れになる。 お互いの 本当の気持ちを伝えられないまま…。 「なかなか上手くいかない」現実的で等身大の恋に共感 「あと1センチの恋」の特徴は、2人のもどかしい関係。 なかなか上手くいかない2人に、見ている自分がついつい背中を押したくなるような気持ちになりました。 でも、映画を観終わって思い返してみると「もしかして今の自分もこんな感じ?」なんて気持ちになってました。 恋人がいる人も、片想いの人も、本当の自分の気持ちを相手に伝えられないまま、大きなチャンスを逃しているのでは…。 日本のありきたりなパターンのラブコメではなく、 もっと現実的で等身大の恋。 それが10代・20代の女子の共感を得たそうです。 TwitterなどのSNSで全国に拡散 「あと1センチの恋」がここまで人気になった背景には、Twitterをはじめとする SNSによる拡散が大きいと言われています。 「感動した」「面白かった」という理由でTwitterに投稿するのはごく普通のことですが、この映画の場合は「一緒に見た人」という事が、ここまで人気になった大きな理由なのかなと感じました。 10代・20代の若い世代が映画館で映画を観る目的としてよくあるのが「好きな芸能人が出演している」「3Dなど映画館の大迫力で観たい」などがあります。 ですが「あと1センチの恋」に関してはこれまでの概念と少し違っていて、映画館というちょっと特別な場所で、大切な恋人や親友と一緒に観るということが一番の目的なのかもしれません。 同じ場所で、同じ時間に、同じ映画を観て、同じ感情を抱く。 「あと1センチの恋」のストーリーも素晴らしいのですが、それ以上に 見終わった時の特別な想いが、若い世代には新鮮だったのかもしれません。

次の