心臓 から あふれ だ した。 心臓の構造と機能|心臓とはなんだろう(1)

心臓へたっちゃってますけど大丈夫 その1 | 村井さんちの生活 | 連載一覧 | 考える人| シンプルな暮らし、自分の頭で考える力。知の楽しみにあふれたWebマガジン。 | 新潮社

心臓 から あふれ だ した

心臓にある4つの弁。 それぞれ、全身、肺に血液を送る心室の血液逆流を防ぎます 心臓には4つの弁があり、いずれも血液が逆流しないように働いています。 4つの弁は、それぞれ大動脈弁、僧帽弁、肺動脈弁、三尖弁と言います。 全身へ血液を送るポンプである左心室の入り口を守るのが「僧帽弁」、出口を守るのが「大動脈弁」。 肺に血液を送るポンプである右心室の入り口を守るのが「三尖弁」、出口を守るのが「肺動脈弁」です。 (右図) 心臓弁膜症とは 心臓弁膜症とは、いずれかの弁がうまく閉じない(逆流、閉鎖不全症)場合か、うまく開かない、つまり狭くなる(狭窄、きょうさく)場合に起こります。 4つの弁のいずれにも閉鎖不全や狭窄は起こることがありますし、閉鎖不全と狭窄が同時に起こることもあります。 さらに複数の弁が壊れることもよくあります。 大人と子どもでは弁膜症の種類や内容がある程度異なります。 ここでは主に大人の弁膜症を意識して解説します。 安全確保という観点からどの弁が、どの程度壊れているか、そしてその原因は何かということが大切になります。 心臓弁膜症の原因 高齢化社会になって弁膜症は増えています。 弁も歳を取ることがあるのです。 弁膜症の原因はさまざまです。 先天性、つまり生まれた時からの弁膜症は昔も今もありますし、リウマチ性はかつては多数見られましたが現在は減る方向にあります。 梅毒性なども時に見られますが減少しました。 最近は、加齢性 高齢のため組織が弱ること や動脈硬化性 動脈硬化で血管と同様に弁も硬くなること が増え、また心不全にともなう機能性弁膜症、つまり弁そのものは壊れていなくても、左室が弱って拡張し、弁をけん引し閉じなくなるケースが増えました。 また感染性心内膜炎というばい菌による弁膜症は年齢を問わず起こります。 弁膜症によっては原因に特徴があります。 たとえば「僧帽弁狭窄症」はほとんどがリウマチ性であり、「肺動脈弁狭窄症」はほとんどが先天性です。 「僧帽弁閉鎖不全症」は、リウマチ性や心筋梗塞などの虚血性心疾患、あるいは加齢による組織の弱化、マルファン症候群などの結合組織の病気によっても起こります。 また、肺動脈閉鎖不全や三尖弁閉鎖不全は、弁膜自体に病気がなくても他疾患の影響で発生します。 肺動脈弁閉鎖不全症は肺高血圧のとき、三尖弁閉 閉鎖不全症の一例。 僧帽弁閉鎖不全症の場合では左房に強い負担がかかりその影響は肺にもおよびます 左室や右室といったポンプが血液を送り出すときにその血液の一部が逆流するためポンプの手前つまり上流に血液があふれ、圧が高くなります。 そのために症状が出ます。 たとえば「僧帽弁閉鎖不全症」の場合なら、左房の圧が高くなり、肺から血液が戻って来にくくなるため、肺がうっ血し、息切れや重症では呼吸困難が起こります 図。 逆流してきた血液を再度受け入れるため左室が大きくなってしまいます。 心臓では大きいことは悪いことなのです。 また逆流のため本来前向きに送りだす血液の量が減って血圧が落ちたり全身が弱ったりします。 「大動脈弁閉鎖不全症」の場合でしたら、せっかくポンプ この場合左室 が送りだした血液がまた左室へ戻ってくるため、左室が張り、大きくなり、苦しくなりますし、血圧も低くなりさまざまな二次的問題が起こります。 息切れは弁膜症の重要な症状です。 胸痛や失神なども危険信号です 息切れが起こります。 最初は運動するときに息切れが起こったり疲れやすくなる程度ですが、病気が進行すると安静時たとえば横になったり寝るときにも息苦しくなります。 こうしたレベルになると危険な状態です。 直ちに医師、特に心臓専門医にご相談ください。 患者さんもいつしか無理をしない癖がついて、ほとんど運動をしないようになり、そのために症状が隠れて発見が遅れるのです。 大動脈弁閉鎖不全症が進めば胸が痛くなったり失神発作が起こり、こうなると突然死などの危険が近くなります。 これも危険信号で、この病気の場合、突然死の心配があります。 こうした症状があればすみやかに医師に御相談下さい。 肝臓などの内臓もむくみ、肝臓の不全状態 肝うっ血やうっ血性肝硬変 が起これば危険信号です。 いずれの弁膜症でも、心臓が耐えられなくなると、うっ血性心不全を合併し、その症状が出ます。 肺にうっ血をおこすと、息切れや呼吸困難などの症状が現われ、全身のうっ血が進むと、疲れやすさ、下肢のむくみ、夜間頻尿、腹部張満感(肝臓うっ血)がおこります。 体重も急に2~3kgあるいはそれ以上増えます。 風邪をひきやすくなったり、こじらせて長引くこともあります。 ただし不整脈の最中でしか診断はできず、必要なら24時間心電図 ホルター心電図 で記録して調べます これらに加えて、心房細動という不整脈を起こしやすくなります。 脈が不規則になります。 心房細動になりますと左房内に血栓を生じやすく、この血栓がはがれて脳動脈に詰まってしまうと半身不随やろれつが回らなくなり、重症では意識を失い死亡に至ります。 血栓が腎動脈へ詰まると腰痛と血尿が出ますし、腸間膜動脈へ詰まれば腸閉塞とよく似た症状を呈したり、下肢動脈を詰まらせれば足部の壊疽 組織が真っ黒になって死んでいく をおこします。 これらの問題が起こるまでに診察と治療を受け、未然に防ぐようにしましょう。 その他の弁膜症たとえば僧帽弁閉鎖不全症大動脈弁狭窄症、三尖弁閉鎖不全症などでも心房細動を起こすことがあるため注意が必要です。 弁膜症の診断 まず問診つまり患者さんのお話を聞き、心臓の聴診をすれば手がかりがつかめます。 運動時の息切れや運動の限界、そして心雑音があれば、およその診断はつきます。 これでかなり詳細までわかります 心拡大 心臓が大きくなることです、一般に肥大と呼ばれることがありますが正確には拡大や拡張が正しい言葉です は簡単にわかりますし、心電図で弁膜症に付随しがちな不整脈たとえば心房細動 脈が不規則になります などがあれば弁膜症の疑いが濃くなります。 この検査は痛みも苦痛もほとんどなく、副作用もありません。 しかも情報量が多いので極めて有益な検査です。 必要に応じて、心臓カテーテル検査や心血管造影検査を行なって、弁膜症の確認とともに程度の判定まで検討がなされます。 参考サイト: 心臓外科手術情報WEB の.

次の

心臓|からだとくすりのはなし|中外製薬

心臓 から あふれ だ した

心臓と心拍数 しんぱくすう 心臓はふつう、1分間に70回程度、規則正しく血液を送り出しています。 この1分間の拍動数(はくどうすう)を 心拍数(しんぱくすう)といいます。 心拍数は運動をしたとき、食事のあと、熱があるときなどに増えます。 心拍数は子どもの方が多く、大人になるにつれて少なくなります。 それでは、血液の 流れをみようかの。 心臓から血液を送り出す血管が動脈で、 心臓に血液をもどす血管が静脈ね。 Q : 血液ってどんなはたらきをしているの? 血液はからだ中に栄養などを運んでいるんじゃ。 主に3種類の血球と血漿 けっしょう からできているぞ。 血液は血球と血漿でできているとは知らなかったわ〜! 血液の役割 血液はからだのすみずみまで酸素や栄養を送り、二酸化炭素やいらない物質を回収するはたらきをしています。 【1】酸素と二酸化炭素を運ぶ役は:赤血球と血漿(けっしょう) 【2】栄養、、いらないものを運ぶ役は:血漿 【3】からだのなかに入ってきた細菌などとたたかう役〈免疫(めんえき)〉は:白血球 【4】けがをして出血した時などに血を止める役は:血小板〈一次止血(しけつ)〉と血漿〈二次止血〉 Q : 血液型っていくつあるの? 主にA、B、O、ABの 4種類に分かれているんじゃ。 出典:子供の科学 2009年1月号 誠文堂新光社 日本人では私と同じA型の人がいちばん多いのね〜 しかもこの図では、A型が1位なのは、日本だけね!不思議ね〜。 「鉄欠乏性貧血 てつけつぼうせいひんけつ」とは 【どんな病気?】 何らかの原因でからだのなかの鉄分が不足すると、体内に酸素を運ぶ役割の赤血球にふくまれるヘモグロビンが減り、貧血が起こりやすくなります。 【主な症状(しょうじょう)は? 】 立ちくらみがする、顔色が悪い、動悸(どうき)・息切れが起こる、皮膚(ひふ)が蒼白(そうはく)〈青白〉になる、爪(つめ)がわれやすくなるなどの症状が出ます。 【原因は? 】 食事からの鉄分の摂取(せっしゅ)不足や、消化吸収機能の低下、妊娠(にんしん)による鉄分不足、女性の生理による出血過多(かた)などが挙げられますが、過度な偏食(へんしょく)やダイエットもその原因に挙げられています。 【治療(ちりょう)するには? 】 貧血がひどい場合や食事療法(りょうほう)で改善がみられない場合は、鉄剤(てつざい)を投与(とうよ)します。 体内の鉄分の割合が正常になるまでには、3〜4ヵ月はかかるケースが多いです。

次の

刺さったトゲ 心臓まで行く? : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

心臓 から あふれ だ した

が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 初回の今回は、 心臓の構造と機能について解説します。 がマヨネーズに似ているってどういうこと?? 田中循環器内科クリニック院長 〈目次〉• - 心臓の仕組み 収縮と拡張 冒頭から恐縮ですが、市販のマヨネーズ知っていますよね。 手で絞ると中のマヨネーズが出てくるアレです。 大まかに例えれば、心臓に似ています。 というマヨネーズを絞り出しているのが心臓なのです。 ただし、心臓の場合は血管というチューブを通して血液を送り出し、また吸い込んで送り出すという作業を繰り返しています。 マヨネーズの容器の出口とお尻にチューブを付けて、絞り出した分をお尻のほうから吸い込んで、繰り返し絞り出しているのです。 心臓という容器はの袋でできていて、筋肉が縮むと袋の容積が小さくなって血液を絞り出す。 筋肉がダラっとリラックスすると袋の容積が大きくなって血液を吸い込むという仕組みになっています。 心臓の筋肉ですから 心筋といいます。 この心筋が縮んで血液を絞り出すことを 収縮、緩んで袋を大きくして血液を吸い込むことを 拡張といいます()。 図1収縮と拡張とは 出ていった血液は、また心臓に戻ってきます。 市内をグルグル回っているバスを循環バスといいますよね。 血液も体内を巡って戻ってくるので 循環といいます()。 図2血液の循環は市内の循環バスと同じ 収縮・拡張を繰り返して血液を身体に循環させているのが心臓です。 血液を循環させるポンプに例えられています。 まとめ• 心臓は、収縮・拡張を繰り返して身体に血液を循環させている 肺循環と大循環 さて、心臓という心筋の袋は、実は4つの部屋に分かれています。 この事実は有名ですが、その理由はなかなか世の中では知られていませんので、この機会に特別に教えましょう。 まず、紙になるべく大きくハートマークを書いてみましょう。 これが心臓です。 次に真ん中に縦に実線を入れてください。 どうです、これで左右2つの部屋に分かれましたね。 この縦の線は、中央で左右を隔てているので、 中隔といいます()。 図3右心系と左心系 では、左右の部屋の上と下にチューブを書き足してください。 計4本のチューブが手足のように四方に出っ張りましたね。 このチューブは血管です。 この右側の部屋(向かって左側)が 右心系といって、全身から血液を吸い込んで、肺に送り出すポンプ系で、上の吸い込む血管が 大静脈、送り出す血管が 肺動脈です。 ちなみに心臓に入ってくる(吸い込む)血管を 静脈、心臓から出ていく(送り出す)血管を 動脈といいます。 もう片方の左側(向かって右側)の部屋を 左心系といい、肺から血液を吸い込んで、全身臓器に送り出すポンプ系です。 肺から心臓に入るので、上の血管は 肺静脈、左心系から全身に出ていく血管を 大動脈といいます。 図4肺循環と大循環(体循環) のように右心系と左心系を分けてみると理解しやすいですね。 肺から肺を巡って心臓に入る血液の流れを 肺循環といい、右心系がポンプとなっています。 大動脈から全身臓器を通って大静脈から右心系に戻る循環を 大循環(体循環)で、左心系がポンプの役割を担います。 つまり心臓は2つのポンプが合体してできていて、1回の収縮で肺と全身臓器に同時に血液を送り、拡張時に肺と全身から血液を受け取る仕組みになっています。 まとめ• 右側は右心系で肺循環を、左側は左心系で大循環をそれぞれ受け持つポンプ 心房と心室 これで、左右2つの部屋に分かれている理由はわかりましたね。 実は心臓は上下にも分けられるのです。 先ほどのハートのなかに、横にギザギザ線を入れてみましょう。 これで上下に分けられたでしょう。 上の部屋が 心房、下の部屋が 心室です()。 図5心房と心室 実際に肺と全身に血液を送り出す筋肉ポンプの働きは下の部屋、心室が受け持っています。 心房は心室に送る血液を、全身あるいは肺から受け取って一時ためた後、拡張した心室に十分に送り込んで心室のポンプ機能を補助する役目です。 手術室に入る前の患者さんが待機している前室のようなものです。 手術が終わるとすぐに待機の患者さんが入り、また手術中に次の患者さんの準備をするのが前室です。 補助ポンプともいえる存在の心房は、心室が拡張して容積を大きくしているときに収縮して、心室に血液を送り出し、心室が収縮しているときは、心房は拡張して、肺あるいは全身から血液を吸い込んでいます。 つまり、心房と心室は逆モーションで動いて、2段ロケットのように血液の出し入れを行っているのです()。 図6ポンプの働き さて、もう一度ハートの絵を見ましょう。 4つの部屋に分かれていますね。 右上の部屋は右心系の心房ですから、 右心房といい、全身から大静脈に集められた血液を受け取って 右心室に送り出し、その右心室は、肺動脈で肺に血液を送る、肺循環のメインポンプです。 同じように左には、肺からの血液を肺静脈から心臓に吸い込む 左心房、さらに、大動脈から全身に血液を送るメインポンプの 左心室があります()。 図7心臓の4つの部屋 これで心臓は4つの部屋に分かれましたね。 まとめ• 心臓は、左右上下の4部屋に分かれている• 左心系は、肺から血液を吸い込んで全身に送り出す大循環を担う。 右心系は全身から血液を吸い込んで、肺に送り出す肺循環を受け持つ。 上は心房で血液を受けて心室に送り出す補助ポンプ、下は心室で、血液を心房から十分受け取った後に収縮して、肺循環・大循環に送り出すメインポンプである 動脈弁と房室弁 さてここで、マヨネーズの容器を思い出してください。 たしか絞り出す出口と、補充する入口にチューブを付けましたね。 容器から絞り出すときに、補充口に逆流したり、容器が広がって吸い込むときに、せっかく出したマヨネーズが戻ったりしてはうまくありませんよね。 心臓のメインポンプの心室でも、せっかく心房から送り込まれた血液を収縮時に心房側へ逆流させたり、また、拡張の際にせっかく肺・全身に送り出した血液が戻ってくると、ポンプとしては効率が悪いですね。 送り出した血液が再び戻ってしまうことを 逆流といいますが、この逆流を防ぎ、血液の流れを一方向に保つために、心室の入口と出口には逆流防止弁が付いています。 心室の出口にあって、送り出した血液が心室に逆流するのを防いでいるのが 動脈弁で、右心系では肺動脈から右心室への逆流を防いでいるのが 肺動脈弁です。 左心系では、大動脈からの左心室への逆流を防ぐ 大動脈弁が付いていて、それぞれ、心室の収縮時に動脈側にめくれて開放し、収縮が終わって動脈側の圧力が心室よりも高くなると、めくれた弁が閉じて逆流を防止します。 同様に心房と心室の間、つまり心室の入口にも 房室弁という逆流防止弁があります。 これは心室が拡張しているときは血液を吸い込むために弁が開き、収縮時は心室内の圧が高まって、弁が閉じて心房への逆流を防いでいます。 右心系は、3枚の弁からなる三尖弁、左心系は2枚の弁で僧侶の帽子のように見える 僧帽弁です。 心臓には心室の出入り口に1つずつ弁があり、右左で計4つの弁があります()。 図8心臓にある弁と中隔 ではまた、ハートマークに戻りましょう。 縦線は中隔でしたね。 心房を左右に分ける中隔を心房中隔、心室を左右に分ける中隔を心室中隔といいます。 横のギザギザ線は、そう房室弁ですね。 右心系のギザ線は三尖弁、左心系のギザ線は僧帽弁です。 横をギザ線、縦を実線で書いた理由は、縦は中隔ですから血液の交通はないので実線、横は上から下つまり心房から心室へ血液が流入しますので、ギザ線にしました。 ついでですから、心室の出口、肺動脈・大動脈の根元にも、ギザ線で肺動脈弁、大動脈弁を書いておきましょう。 まとめ• メインポンプの心室には、血液の逆流を防ぎ、血流の方向を一方向にするために逆流防止弁が付いている• 心房への逆流を防ぐために房室弁(右心室は三尖弁、左心室は僧帽弁)が、送り出した血液が心室に逆流しないように動脈弁(右心系は肺動脈弁、左心系は大動脈弁)が付いている 心臓の解剖 さて、心臓の仕組みが理解できたところで、リアル解剖イラストで勉強しましょう()。 図9心臓の位置と概観 左手でコブシをつくって胸に、小指側が左下に向くようにおいてみましょう。 これが左心室です。 ドングリの実のような形で、小指側が尖っているので 心尖部、親指側のドングリの帽子にあたる部分で 心基部といいます。 次に右手でゴルフボールを握るような形をつくり、左コブシの上にかぶせますとこれが右心室です。 中は三日月型の部屋になっています。 左右と名前は付いていますが、実際は右心室が身体の前右側、左心室が後左側に位置します。 これが、理解できると右心室から肺に向かう肺動脈が、前方右側を上に向かい、大動脈が左心室から肺動脈の後方左を上に向かうのがわかります。 今度は両手でゴルフボールを優しく握るようにしてみてください。 右前に右手、左後に左手をもってきて先ほどの心室に乗せると、これが左右の心房です。 右心房に入る大静脈は、実は2本で上半身の血液は上大静脈に集まり上から、心臓より下の血液は下大静脈に集まって、右心房の下側に入ってきます。 また左心房に入ってくる肺静脈は、上下左右の4本が左心房の背中側に入ります()。 図10心臓の解剖 例えてみれば、肺循環・大循環という2つの循環バスが、心臓というターミナルから同時発着していて、肺路線を回ってきたら、次の運行は大路線を回るというスケジュールを繰り返しています。 乗客は、栄養素、水分、老廃物などいろいろですが、重要な乗客は 酸素と 二酸化炭素です。 肺という停留所でを補給し二酸化炭素を捨てていきます。 これはによる ガス交換です。 そして全身の組織、たとえばや心臓自身、筋肉やなどでは酸素を消費して二酸化炭素を血液中に捨てます()。 酸素濃度の高い血液は赤く、 動脈血といい、酸素が少ない血液は黒っぽい色で 静脈血といいます。 図11肺循環と体循環の役割 肺を通って酸素を補給したは、4本の肺静脈から左心房に入り、左心室から大動脈に至り、多くの枝を出して 毛細血管となって全身各組織に動脈血を供給します。 各組織で酸素を使って二酸化炭素を出しますと、これは静脈血になって、上下大静脈に集約して右心房に入り右心室から肺動脈を通って肺に送られます。 肺循環バスは肺までは 肺動脈で静脈血を送り、肺から左心房まで 肺静脈で動脈血が流れます。 大循環バスは大動脈で動脈血を、大静脈で静脈血を運ぶというわけです。 まとめ• 右心系は右前方、左心系は左後方に位置している• 右心房には上下から2本の大静脈、左心房には左右上下4本の肺静脈が入ってくる• 肺から出た血液は酸素が豊富で動脈血、全身の組織を通った血液は酸素が少ない静脈血である 心機能 心拍出量 機能とは、目的のために果たすべき役割のことです。 身体が必要な血液量を、心臓が循環させられない状態が、心機能不全つまりは 心不全ということになります。 心臓は血液を循環させるポンプであることは理解していただいていると思いますが、同じ1Lの量を、1秒間で送り出すポンプと10秒間で送り出すポンプではどちらが優れているでしょうか。 もちろん1秒間で送り出すポンプのほうが機能的には優秀ですよね。 1秒あたりになおすと、1L対0. 1Lですから、明らかですね。 心臓が、一定時間に循環させる血液量がすなわち心臓の循環能力といえます。 心拍出量が少ない状態は、ポンプ能力が低い状態でといいます。 心室は収縮によって血液を送り出します。 心室が収縮して血液を送り出すことを 拍出といい、1回の収縮で送り出す血液量を 1回拍出量〔stroke volume:SV(LまたはmL)〕といいます。 右心系から拍出された血液は左心系に入って、左心系から全身に拍出されますので、 右心室の1回拍出量=左心室の1回拍出量です。 循環バスで例えると、1回拍出量はバスの大きさで、何人乗りバスかということ、心拍数は発車頻度で、1分間に何台ターミナルから発車するかということです。 大型バスが、短い時間で何台も発着すれば、それだけ多くの人を運べますし。 バス拍出量すなわち運搬能力は高いといえます。 逆に小さいバスが、たまにしか運行しないとなれば、その運搬能力は低いということですね。 まとめ• 心機能は1分間あたりの血液の循環量、心拍出量を指標にする• 収縮能、 前負荷、 後負荷です。 収縮能とは、心室が容積を小さくする能力のことです。 心室筋がしっかり力を出して血液を送り出さないと始まりません。 前負荷とは心室の入口の圧力で、小さすぎればカラ打ちになってしまいます。 後負荷とは心室の出口の圧力で、大きすぎると血液を出しにくくなります。 マヨネーズ模型を思い出してもらいますと、供給チューブが前負荷、収縮能は絞り出す握力、出口チューブの圧が後負荷です()。 図131回拍出量をチューブに例えると いくら絞る力が強くても、供給がなければカラ打ちになりますし、後負荷(抵抗)が大きすぎれば同じ握力でも出す量が減りますね。 マヨネーズ1回拍出量は、チューブの供給圧(前負荷)、絞り力(収縮能)、チューブの出口圧(後負荷)の3つの因子で決まります。 心臓全体を1つのポンプと考えれば、前負荷は大静脈圧、後負荷は大動脈圧()になります。 右心系、左心系の2つのポンプに分けて考えると、右心系の前負荷は心室拡張時の 右心房圧で、収縮能は右心室の 心筋収縮力で、後負荷は 肺動脈圧になります。 左心系では、前負荷が 左心房圧、後負荷は 大動脈圧です()。 図14前負荷と後負荷 さて、心機能の善し悪しを表す指標は、心拍出量で、1回拍出量と心拍数の積でしたね。 さらに1回拍出量は、前負荷、収縮能、後負荷の3つの因子で決まることもわかりました。 つまりは、心拍出量を決めるのは、心拍数、前負荷、収縮能、後負荷の4つの因子なのです。

次の