は れ の ひ 事件。 【岐阜・ホームレス殺害事件】どこにも報道されていない「生き証人」の証言《後編》

事件

は れ の ひ 事件

統治行為論はその後、政治判断を丸のみするよう裁判所に求める理屈として国側が使ってきたが、その正当性が問い直されそうだ。 メモの日付は1959年12月5日。 判決言い渡しの11日前にあたる。 B5判8枚。 冒頭に「砂川事件の判決の構成について 足立調査官」と記されており、同事件の担当調査官として重要な役割を担った足立勝義氏がまとめたとみられる。 判決にかかわった河村又介判事の親族宅で、朝日新聞記者が遺品の中から見つけた。 砂川事件では日米安全保障条約が違憲かどうかが争われ、最高裁全体の意見とみなされる多数意見は、判事15人中12人で構成された。 安保条約に合憲違憲の審査はなじまないと「統治行為論」を述べる一方で、日本への米軍駐留は「憲法9条、98条2項および前文の趣旨に適合こそすれ」と事実上合憲の判断を示している。 多数意見に加わらなかった判事のうち2人が「論理の一貫性を欠く」と判決の個別意見で指摘していることは知られていた。 メモはさらに踏み込んでおり、原案段階での多数意見の内訳を分析している。 安保条約を合憲とする田中耕太郎長官らは、合憲違憲の審査はできないとする藤田八郎、入江俊郎裁判官とは本来「相対立する」とし、田中長官らはむしろ、多数意見とは別の理由で「合憲の判断を示すことができる」とした判事らと一致していると指摘した。 そして統治行為論を述べたものは最多でも裁判官15人のうち半数に足りない7人に過ぎないとし、多数意見としてくくられた考えが「果たして多数意見といえるか否か疑問である」「相対立する意見を無理に包容させたものとしか考えられない。 しかも、その包容の対象を誤っている」とした。 そのうえでメモは「応急の措置」として判決の構成を変えることを提案。 砂川事件の最高裁判決の多数意見をめぐっては、「論理がわかりにくい」と憲法学者らから繰り返し指摘されてきた。 メモが生まれた経緯などは不明だが、判決の構成という核心部分について、最高裁内部でも異論があったことがわかる。 最終的な判決をみる限り、メモが受け入れられることはなかった。 同法の前提である米軍駐留について東京地裁は59年3月、憲法9条2項が禁じる戦力にあたり違憲と判断。 全員に無罪を言い渡した。 検察が跳躍上告し、最高裁は「日米安保条約は違憲とは言えない」との結論を裁判官15人の全員一致で出したが、理由付けは12人の「多数意見」と、それとは異なる3人の「意見」に分かれた。 <最高裁調査官> 15人の最高裁裁判官を補佐するために実務経験が豊富なキャリア裁判官があてられる。 民事、行政、刑事の三つに担当が分かれ、約40人いる。 事件が最高裁に送られると、担当の調査官が記録を精査し、争点を整理。 論点について判例や学説にあたって報告書などを作成、最高裁裁判官が判断するための資料として提出する。

次の

平成に起きた未成年による凄惨な殺人事件、死刑執行された事件も

は れ の ひ 事件

少年誘拐殺人ホルマリン漬事件 少年誘拐殺人ホルマリン漬事件 【事件概要】 1957年4月2日、東京・中野区の中学1年の少年(12歳)が銭湯に行ったまま行方がわからなくなり、2日後に身代金を要求する脅迫状が届けられた。 4月9日、少年と銭湯で知り合った男(当時26歳)が殺害し、バラバラにしていたことが発覚した。 2日夜、区立中学1年生の息子A君(12歳)が「風呂に行く」と出たまま帰っていなかった。 主婦がすぐに警察に届けなかったのには訳があった。 すでに離婚していたとは言え、A君の父親が当時有名だったプロレスラーであり、「アメリカでプロレスを学ぶ」と言って行方不明となっていたからである。 まもなく失踪届が出され、失踪宣告の期限が過ぎたため自動的に離婚が成立した。 そんなことがあり、主婦は警察沙汰になればスキャンダルになるということを恐れていたのである。 主婦は夫が出て行った後、板橋で旅館を経営していたが失敗しており、家を売却して3月下旬に中野に引っ越してきたばかりだった。 脅迫状を見た母親はすぐに野方警察署に届け、犯人の指示通りに埼玉県の鶴ヶ島駅まで出向くことにした。 もちろん近辺に刑事が張り込んでいたのだが、犯人は現れなかった。 2通目の脅迫状も届くことはなく、捜査は行き詰まりを見せた。 A君と銭湯で一緒になった同級生は事件の数日前に、彼が30歳くらいの丸顔の男に背中を流してもらっていたのを目撃していた。 A君は後で同級生に「さっき僕の背中を流してくれたあの人に、僕は殺されるかもしれない」と笑いながら話していたこという。 この直後にA君の行方がわからなくなっただけにきわめて重大な証言であったが、男の特定はできなかった。 【発覚】 4月9日、中野署に南多摩郡(現・多摩市)の都立桜ヶ丘保養院の精神科医から電話が入った。 中野区に住む患者の自宅に、バラバラの少年の遺体があったという言うのである。 中野区桜山町(現・東中野3丁目付近)に住む日本棋院七段名人の長男・林邦太郎(当時26歳)は精神を病み、桜ヶ丘保養院に5年入院していたが、自宅で療養していた。 ところが4月4日ごろから再び精神状態が不安定となり、6日から再入院した。 診断の最中、林は異常な言動を繰り返したため、不審に思った医師はこの日林宅を訪問。 家族とともに林の四畳半の部屋に入ると、室内に血痕が散らばっていた。 畳をあげて床下を調べてみると、大型の金魚蜂と熱帯魚用の水槽が2つずつあり、金魚蜂には頭部と両足、水槽には胴体と両腕が収められていた。 さらに蓋をパテで密封し、ホルマリン漬にしてあった。 医師はこれを見て警察に通報したのだった。 警察が林宅に急行したところ、バラバラ死体はもちろん本物で、A君のものであることわかり、林は逮捕された。 【理想の少年】 林は明治大学商学部を卒業し、しばらく中野区立図書館でカード整理のアルバイトをしていた。 働きぶりは真面目だが、通りすがりの男の子らをいきなり抱きしめたり、家に連れ込んで暴行を加え、泣く様子を眺めて楽しむなど、近所の人からは変質者と思われていた。 猫に対しても同様の愛情を持っており、多いときで20匹、事件直前は12匹の猫を飼っていた。 だがその12匹を皆殺しにし、バラバラにして、半分ほどは食べてしまった。 そして刃物類にも興味を持っており、小刀、短刀、包丁、剃刀などを収集していたりもした。 4月1日、林はノートの最初のページに次のようなことを書いた。 ついに捜し求めていた理想の少年を見つけた。 住所・氏名を聞いた。 必ず連れ出そう。 同級生に「殺されるかもしれない」と言ったことからA君は銭湯で会った林に脅威を感じていた。 だがなぜか男と「明日会おう」という約束を交わしてしまい、彼の家までついていってしまった。 少年を家に連れ込むと、林は両親に「銭湯に行け」と家から追い出した。 A君の服を脱がせて裸にしようとしたが、嫌がったため、殴った。 A君は鼻血を出して倒れたが、起き出したところを玄関に叩きつけて殺害した。 遺体は2日がかりでバラバラにした。 この頃のことをノートには次のように書いていた。 4月3日、ちょっとイタズラしたくなった昼過ぎ、こどもが欲しければ15万持って鶴ヶ島駅へ来いと書いたはがきをポストに入れた。 それから渋谷に行き熱帯魚を撃っている店でガラス容器を4つ買った。 今夜も徹夜で死体の処理をしたが、父や母は気づかなかった。 そしてA君の様子について書いた大学ノートの最後のページにはこう記されていた。 金魚蜂に入ったあの子は、見ても見ても飽きるということがない。 ホルマリン漬けになったあの子は生きているときより、いっそうかわいい。 親父たちがいるから、もったいないけど昼間は床下に隠す。 でも隠す前には必ずサヨナラを言うんだ。 でも、別れの旅に、つらい・・・ 林は精神鑑定を受けたが、「責任能力は認められる」とされ、58年7月16日に懲役10年の判決を受けた。 その2年後に週刊誌に「模範囚として過ごしている」と消息が報じられたという。

次の

平成に起きた未成年による凄惨な殺人事件、死刑執行された事件も

は れ の ひ 事件

統治行為論はその後、政治判断を丸のみするよう裁判所に求める理屈として国側が使ってきたが、その正当性が問い直されそうだ。 メモの日付は1959年12月5日。 判決言い渡しの11日前にあたる。 B5判8枚。 冒頭に「砂川事件の判決の構成について 足立調査官」と記されており、同事件の担当調査官として重要な役割を担った足立勝義氏がまとめたとみられる。 判決にかかわった河村又介判事の親族宅で、朝日新聞記者が遺品の中から見つけた。 砂川事件では日米安全保障条約が違憲かどうかが争われ、最高裁全体の意見とみなされる多数意見は、判事15人中12人で構成された。 安保条約に合憲違憲の審査はなじまないと「統治行為論」を述べる一方で、日本への米軍駐留は「憲法9条、98条2項および前文の趣旨に適合こそすれ」と事実上合憲の判断を示している。 多数意見に加わらなかった判事のうち2人が「論理の一貫性を欠く」と判決の個別意見で指摘していることは知られていた。 メモはさらに踏み込んでおり、原案段階での多数意見の内訳を分析している。 安保条約を合憲とする田中耕太郎長官らは、合憲違憲の審査はできないとする藤田八郎、入江俊郎裁判官とは本来「相対立する」とし、田中長官らはむしろ、多数意見とは別の理由で「合憲の判断を示すことができる」とした判事らと一致していると指摘した。 そして統治行為論を述べたものは最多でも裁判官15人のうち半数に足りない7人に過ぎないとし、多数意見としてくくられた考えが「果たして多数意見といえるか否か疑問である」「相対立する意見を無理に包容させたものとしか考えられない。 しかも、その包容の対象を誤っている」とした。 そのうえでメモは「応急の措置」として判決の構成を変えることを提案。 砂川事件の最高裁判決の多数意見をめぐっては、「論理がわかりにくい」と憲法学者らから繰り返し指摘されてきた。 メモが生まれた経緯などは不明だが、判決の構成という核心部分について、最高裁内部でも異論があったことがわかる。 最終的な判決をみる限り、メモが受け入れられることはなかった。 同法の前提である米軍駐留について東京地裁は59年3月、憲法9条2項が禁じる戦力にあたり違憲と判断。 全員に無罪を言い渡した。 検察が跳躍上告し、最高裁は「日米安保条約は違憲とは言えない」との結論を裁判官15人の全員一致で出したが、理由付けは12人の「多数意見」と、それとは異なる3人の「意見」に分かれた。 <最高裁調査官> 15人の最高裁裁判官を補佐するために実務経験が豊富なキャリア裁判官があてられる。 民事、行政、刑事の三つに担当が分かれ、約40人いる。 事件が最高裁に送られると、担当の調査官が記録を精査し、争点を整理。 論点について判例や学説にあたって報告書などを作成、最高裁裁判官が判断するための資料として提出する。

次の