歯医者 さん あたっ て ます。 拝啓、歯医者さん。顔に当たるおっぱいはタオルだったのですか?

歯がボロボロで歯医者へ行くのが恥ずかしい!先生の本音は?

歯医者 さん あたっ て ます

先生たちの率直な感想とは 1-1 患者さんを診る目はみんな一緒 口の中が虫歯などでボロボロになっていると、歯医者さんに診せるのが恥ずかしいという人は多いです。 特に若い女性の間でそのような抵抗感を抱く人が多いです。 しかし歯医者さんの立場から見てみると、別に口の中が汚いからといって特別な感情を抱くことはないです。 そもそも歯医者というのはそのような口の中の状態の悪い人が多数訪れるところです。 しかも歯医者さんは毎日何十人という人の口の中を診ていきます。 ですから歯がボロボロになっている人を診るのはいつものことなのです。 歯医者に行きたいけれども恥ずかしいからと躊躇しているのであれば、あまり心配をする必要はないでしょう。 1-2 心配する気持ちのほうが強い 口の中がボロボロになっている患者を診ると、歯医者さんはむしろ心配になるといいます。 かなり状態の悪い患者の場合、それだけ疾患を長期間にわたって放置してきたと推測できます。 このため「きちんと最後まで治療を受けてくれるのかな?」とか「歯をきちんと温存できるかな?」といった心配をすることが多いといいます。 1-3 問診で専門家目線からのアドバイス 勇気を振り絞しぼって歯科クリニックに通って治療すると、「もうあのような経験はしたくない」と思う人が多いです。 歯が再びボロボロの状態にならないようにするためには、普段からのデンタルケアが重要になります。 そこで歯科クリニックを選ぶときには、問診の時にアドバイスをしてくれる歯医者を探すと良いでしょう。 いまどのような状態なのか、治療はどうやって行って、どの程度まで回復するのか、その後のケアをどうするのかなどを専門家の視点からいろいろと助言してくれると安心して任せられるでしょう。 1-4 酷ければ酷いほど治したいと思う歯医者さんも 歯科医師の中には、歯や歯茎の状態の悪い患者であればあるほど燃えるという人も意外と多くいます。 もちろん早期治療するに越したことはないですが、ボロボロということはそれだけ治療のやりがいのある歯だとも言えるのです。 ひどい状態から治療を始めてしっかり完治させることができれば、歯医者さんとしても感慨もひとしおでしょう。 「またご飯をおいしく食べられるような状態まで持っていってあげたい」と考える歯医者さんが多いのです。 このように、ひどい口の中の状態で歯医者に行くと恥ずかしいと思う必要はないです。 むしろ放置しても悪化することはあっても改善することはないので、早めに受診しましょう。 どんな歯医者さんにお願いすべきか 2-1 ただ怒るだけの歯医者はNG ボロボロの状態の歯を歯医者さんにて診せるとドクターの中には、「こんなになるまでなんで放っておいたのですか?」のような感じで怒る人もいます。 歯の治療は早期に始めれば簡単にしっかりと治療できるのですが、症状がどんどん進行すると治療の選択肢も狭まります。 その意味で怒る歯医者もいます。 大半の歯医者さんは「何とか治せるところまで治して、おいしくご飯の食べられる状態にしよう」と思うはずです。 2-2 問診時、痛みが伴うかどうかを明確に伝える 歯医者さんでの問診では、いろいろなことを聞かれるはずです。 その中でも、痛みがあるのか、どこにどのような痛みがあるのかについては確実に質問されるでしょう。 この時に正確に伝えるように心がけることです。 痛みの状態を聞くことでどのような病気が考えられるか、治療するときにどのようなところに注意すべきかなどを歯医者は判断するからです。 どのような細かなことでも構わないので、痛みについてはできるだけ詳しく説明するように心がけましょう。 2-3 正しい歯磨きを教えてくれる歯医者を選ぼう デンタルケアの基本は、毎日自分自身で行う歯磨きです。 しかしこの歯磨きですが、正しく行えていない人が多いです。 良い歯医者というのは歯の治療だけでなく、虫歯や歯周病にならないような予防歯科にも力を入れています。 そこで歯の治療を行う一方で正しいブラッシングのやり方を指導してくれるような歯医者さんを見つけましょう。 そうすれば、虫歯や歯周病の再発の確率を下げられます。 歯医者さんに行くときの心得 3-1 途中で治療をやめない 歯医者さんに通う場合に絶対にやってはいけないのが、途中で歯科に行くのを止めてしまうことです。 中には痛みもなくなって、口の中を診てもおかしなところがないからという素人考えで勝手に行くのを止めてしまう人もいます。 しかし一見すると問題なくても、完治していないケースもあります。 医者の指示に従って、「これで最後です」と言われるまでは通いましょう。 もし歯医者さんとの相性が良くなかったとしても治療をやめてしまうのではなくて、他のクリニックに変えるなどしてきちんと治療を完結させることです。 3-2 市販薬に頼らない 歯の痛みを感じるときに歯医者さんに行かずに市販の薬を服用して何とかしようとする人もいます。 鎮痛剤を服用することで、歯の痛みは治まるかもしれません。 しかしこれはあくまでも一時的な効果で、応急処置として使うべきものです。 痛み止め効果だけで、痛みの原因の根本的な解決にはなりません。 ですから市販薬に頼りすぎると、結局症状がどんどん悪化することになりかねません。 しっかり病気を治したければ、歯医者さんでの治療を受けるべきです。 3-3 以前の治療内容をしっかりと伝える もし前に歯医者さんで治療を受けたことがあれば、その内容について説明しておくと良いでしょう。 またとある歯医者さんで治療を受けていたけれども、どうも相性が悪いので途中でクリニックを変えたという場合でもどの程度治療が進んでいるかを知るために以前の治療内容は伝えるべきです。 別に詳しく伝えることはないですが、どこの歯の治療を行ったかくらいは伝えるように心がけましょう。

次の

【楽天市場】わんこの歯医者さん開発! gma.cellairis.com デンタルパウダー(朝用)(※約3カ月分) 3000頭以上の犬の歯石除去(歯石取り)を行ってきた獣医師が開発。:わんこの歯医者さん 通販事業部

歯医者 さん あたっ て ます

イイ歯医者や病院やクリニックを探したいと思って、「歯医者 口コミ」「病院 口コミ」で検索することがあるでしょう。 すでに皆さんは経験されているかと思いますが、、、 「なんやそれ!」 って感じるサイトが多くないですか? 本当に腹立たしいですが、歯医者や病院関係の口コミサイトには、良い口コミの割合が多過ぎます。 歯医者の口コミサイト誕生のワケ あらゆる口コミサイトが登場する昨今、 信頼できる歯医者を探したい 患者からの真実の声が聞きたい 歯医者を探す時、こう思う人が多いと思います。 また最近、こういうこともよく聞きますよね?• すべての健康は、健康な歯から始まる。 そうなんです。 心と身体の健康のためには、何よりもまず、歯を大切にしなきゃダメってこと。 そこで私は考えました。 歯医者の口コミをなんとかせにゃいかん! これから行こうかどうか迷っている病院が、良い先生なのか悪い先生なのか? 良い治療をしてくれるのかどうか? 信用できるのかできないのか? 自分の身体に不安なところがあったり、子供や家族のために調べようとしていたり、とっても大事なことなのに、 こんなサイトでは知りたいことが何も分かりません。 何とかしなくちゃいけない! という憤慨から当サイトは出来上がりました。 本当にイイ口コミだけが集まる歯医者なの? 検索して上位に出てくる「良い口コミばかりのサイト」。 もしかすると、本当にイイ歯医者だけを掲載しているかもしれませんね。 でもそんなサイトを見て、 あやしい。。。。 と考える疑り深い人もいるでしょう。 はい、私は、まさにそんな人です。 あやしいぞ、あやしいぞ、こんなイイことばっかり書いてて、信用できないぞ。 と思い続けていました。 歯医者の口コミサイトを徹底調査しました そして歯医者や病院関係の様々な口コミサイトを調査した結果、分かったのです。 何が分かったのかっていうと、どうして悪い評価が少ないのか? の理由。 そう、世の中のほとんどの口コミサイトは、 歯医者やクリニックがお客様なんです。 そのサイトで歯医者やクリニックの宣伝をして広告収入を得ているということ。 だから歯医者にとって悪い内容は削除している事実。 なんてこった、です。 口コミサイト運営者は、閲覧するユーザーを見ているのではなくて、歯医者や病院側に寄り添っています。 腹立ちません? この話。 私は腹が立ちます。 曲がりなりにも、サイトを作成して、情報発信しているものならば、 真実をユーザーに届ける使命があります。 私はそう思っています。 歯医者の口コミサイトの意義 それをですよ。 悪い評価の多い歯医者のことを、もしかしてその歯医者は今まで何人も何人もの患者を不幸にしてきたのかもしれないじゃないですか。 これからも多くの患者さんを苦しめるかもしれないじゃないですか。 それならば、悪い評価を受けてもしかるべきだと私は考えます。 良い歯医者さんには良い評価を、悪い歯医者には悪い評価を。 悪い評価をされるのが嫌なら、良いサービスを頑張ってほしい。 それを伝えていくことが口コミサイトの意義だと思うのです 歯医者の口コミサイトを自作して分かったこと。 もうね。。。 こうなったら、私こそがやらなくちゃいけない、みたいな、勝手な使命感が生まれてきましてね。 もう自分で口コミサイトを作るしかないな、と決意したのです。 そうして出来上がったのが、このサイトです。 お金を掛けた綺麗なデザインや便利な検索機能などはありませんが、皆様から寄せられた口コミを、どこにも忖度なく掲載することを目的としました。 他の歯医者の口コミサイトと一味違っていませんか? するとどうでしょう。 自分でも驚くほど、皆さんがどしどし口コミを投稿してくれるようになりました。 今までのよそのサイトでは良い評価しかなかった歯医者にも、良くない評価が寄せられています。 今までに見ていた従来の口コミサイト・・・。 悪いものを削除して、良いものだけを掲載しているのでしょうね。 歯医者の口コミを参考にする時は注意も必要です 当サイトは、寄せられた口コミを極力そのまま掲載しています。 けれど口コミの中には、個人名を出して攻撃していたり、明らかな誹謗中傷目的の投稿もよくあります。 基本的に当サイトでは、歯医者選びの参考にならない内容のものは掲載しないようにしています。 また、たとえどんなに優秀で患者想いの良い歯医者だったとしても、被害妄想的な考えの患者さんが理不尽に悪い口コミを投稿することもあります。 ネットの口コミを見て判断する際は、一つや二つの口コミを見るのではなく、複数の書き込み内容を見るようにしてください。 実体験をベースにした口コミサイトを作ろう! 私の考える、良い口コミサイトっていうのは… 「良いも悪いも真実の口コミ」がたくさん掲載されていること。 そこが、一番重要だと思うのです。 なぜ私が歯医者の口コミサイトを立ち上げたのか? 当サイトは、女性スタッフの私と男性の管理人が作成・運営をしています。 私が、良い評価も悪い評価も掲載する「真実の口コミサイト」を作ったきっかけ。 それは私も過去に歯科医の口コミに惑わされたことがあるからです。 少々長くなりますが、20代にして健康な前歯4本を失い、妊娠・出産により奥歯4本が虫歯になった私の想いを綴ります。 歯医者の口コミを疑うようになったきっかけ 8年前のある日、事故で健康な歯を4本失い歯科医へ通うようになりました。 最初に受診した病院では「当院で処置できないので紹介状を書きます」と言われ、大学病院に転院。 運悪く夏休みだったこともあり、まじまじと実習生が観察する中、痛みをこらえながら処置を受けました。 まぁ二十歳そこそこだった私にとって、これが苦痛で苦痛で…(笑) とはいえ口腔内の治療も平行しなければならなかったので、仕方のない選択です。 症状が落ち着いた頃、大学病院から他の歯科医へ転院するようすすめられました。 そのとき、私が参考にしたのが歯科医の口コミサイトです。 傷ついた歯・口腔の処置だけでなく、審美回復として差し歯も入れなければならない状態だったので、私が求めていたのは『確かな腕がある歯医者さん』でした。 とにかく痛みをなんとかしたい・・・。 人に見せても不自然じゃない差し歯を入れたい・・・。 当時、まだまだ嫁入り前の私。 もちろん見た目も気になる年齢じゃないですか。 バランスよく治療してくれる歯医者さんを必死で探しました。 通える範囲の歯科医100件ほどの情報を集めた頃です。 私は致命的なことに気が付きました。 「いい口コミはあるけれど、悪い口コミがない」 どうして歯医者の口コミは偏っているの……? 歯科医を選ぶときだけでなく、飲食店、ショッピング、美容室、不動産会社、車の査定……。 生活の中にあるあらゆるサービスを選ぶとき、ネット上の口コミを参考にしますよね。 たしかに口コミって役に立つんです。 実際に体験した先輩たちの経験を伺えるから。 とはいえ、本当にすべての口コミが『実際に体験した先輩たち』の口コミなのでしょうか? 『本物の口コミ』の中には『偽物の口コミ』も紛れているんです。 なぜそう言い切れるかって? 自分で調べたからです(笑) ネット上の口コミは業者やライターが横行しています。 特定のサービスを良く見せようという差し金があったり、 アフィリエイト(サイトやブログに広告を掲載して、報酬を得る仕組み)目的であったりするんです。 信頼できる歯医者の口コミサイトにも紛れている『やらせ業者』の存在 そうそう、私が事故で歯科医にお世話になる際、あれは2011年頃のこと。 ちょうど口コミサイトに疑問を抱いていたときです。 国内最大手の飲食店口コミサイト『食べログ』で やらせ業者の疑惑が浮上しました。 一般利用客の採点システムだったはずなのに・・・ 自分たちの評価をあげたい飲食店側が『やらせ業者』にお金を払い、ランキングシステムを操作していたという疑惑です。 その後、食べログはやらせ業者に法的措置を取りました。 今でもやらせ業者がいないか厳しく取り締まっているそうですが、サイト側と『やらせ業者』が一切関係なかったとしても… サイトに掲載されている特定の企業が『やらせ業者』に依頼するパターンもありますからねぇ……。 私たちが知りたい歯医者の口コミは『良い口コミ』だけじゃない。 要するに私たちの『世界』には、誰かの利益を重視している『偏った口コミ』が存在しているんですよね。 とくにネットなんて、真実の確かめようがないですから。 もちろん『真実の口コミ』を掲載しているサイトもありますよ。 けれど『運営者に都合の良い口コミだけを掲載しているんじゃ……?』と怪しく見えるサイトも多く… 医院からの名誉毀損などのリスクが生じるためか、『真実だけど悪い口コミ』を掲載しなかったり… とくに病院系の口コミサイトとなると、悪い口コミの『病院名』を載せないケースもありますね。 でも……それって……意味なくない!? あなたは成功した経験だけを耳にしたいですか? 「本当に役立つ歯医者さんの口コミサイトって何だろう?」 私は思いました。 本当に役立つ情報の条件は 『実際に体験した人の口コミであること』 『良い口コミも悪い口コミも掲載されること』 だと。 良い口コミってぶっちゃけ『成功体験談』じゃないですか。 でも、私が歯医者さんを利用するとき、何よりも不安なのは・・・ 先生… 失敗しないですよね? という点なんです。 とくに審美歯科の分野になると、高いお金・痛い思いをしてまで『失敗』したくない。 だからこそ、悪い口コミも知りたいんですよね。 医療?ビジネス?悪質な歯医者が存在する事実。 そして、なぜ私が『歯科医の口コミ』にこだわったかというと…… 調べれば調べるほどに分かってきたこと…… それは…… 歯医者業界がメチャクチャだから。 医療といえど、歯や歯茎の状態・生活習慣・歯並び・噛み合わせ…… なんとでも言い訳できるんです。 そして証拠が残らないから『とりあえず抜いて、インプラントを勧めてやれ!』なんて悪質医師もいます。 「なぜこんな治療をしたのか?」と問われても、当時の状態・状況ではこれが適切な判断だったと言えばいいだけ。 とくに自由診療になるインプラント・矯正・ホワイトニングは悪質医師が多いです。 自由診療ですからね? 美容整形も自由診療に当たるから、失敗しても『自由』に診療したから仕方ない・・・ってこと。 すっごく悔しいですよね。 私が目撃した『自由診療』でお金を儲けたい歯医者 たとえば私の場合、差し歯を入れるにあたって大学病院ではブリッジを勧められました。 まだ若く、歯茎もしっかりしているからと。 けれど大学病院は自宅から遠く、定期的に通うことができません。 先生とも口腔外科の診察が不要になったら転院をしようとお話していました。 そのあと口コミサイトで目星をつけた歯科医3件ほどで相談したんです。 そのうち1件の歯科医。 口コミで高評価だった審美歯科医を受診すると・・・ 一層のことインプラントにしちゃいましょう! と提案されました。 この提案自体が悪いというわけではありません。 しかし私は『保険適用がされる治療』を望んでいたわけで……。 しかもインプラントにしなくちゃいけない理由がとくになかったんですよ。 これが何を意味するかお分かりでしょうか? そう、医療というより、ビジネス目線だったということ。 「う~ん、インプラントは……」と渋る私に、しつこくインプラントを勧めてくる商売人魂を感じました。 その後、とりあえずの『歯』を入れてくれる歯科医も見つかりました。 技術力に不満はないものの、 「差し歯・・・ちょっとでかすぎへん?」となったり(笑) 里帰り出産中に虫歯を再発させ、応急処置として地元の歯医者へ駆け込んだり(笑) 子どもの虫歯チェックや怪我でいろんな歯医者に通ったりしました。 10件近くの歯医者に通って、今ではやっと『かかりつけ』と呼べる歯科医が見つかったのです。 どんな悪質歯医者がいるの? そういえば私には歯科医をしている友人がいます。 このサイトを作るにあたり、匿名であることを条件に歯科業界の現状を教えてくれたのです。 「どんな悪質歯科医がいるのか」この質問に友人はこう答えたのです。 感染をまったく考えていない• だからこそわかりにくい・・・。 恐ろしい。 もちろん中には技術力がなく、満足のいく治療ができなかったりするケースもあります。 しかし技術が伴っていなければ、すぐに客足は途絶えてしまいますよね。 またスタッフ態度が悪いだとか・・・ 先生との相性が悪いだとかも、先生が変われば改善されるケースがほとんどですから。 当サイトで歯医者の口コミを『上手』に活用する方法 当サイトに寄せられた口コミは、良い口コミも悪い口コミも掲載しています。 さすがに誹謗中傷とも捉えられる口コミは掲載できませんが…… あなたの歯をサポートしてくれる、最高のパートナー(歯科医)を見つける参考になれば、私にとっても嬉しいことです。 とはいえ、口コミはあくまで『誰かの体験談』。 まずは歯医者に通う目的をハッキリさせよう! まずは、あなたがどんな目的で口コミサイトを見ているのかハッキリさせてください。 たとえば• ・虫歯治療をなんとかしたい!• ・定期メンテナンスで通院したい!• ・子供の虫歯を治療したい!• ・矯正やインプラントを検討中 などなど。 一口に歯科医といっても、歯科医に対して求めるものは違うはず。 私、子供が生まれてから思ったのですが、子供向けの歯科医を探すのって一苦労なんですよね。 大人にとって良くても、子供にとっては微妙だったりもするんです。 歯医者さんに何を求めているのか?• その歯医者さんで何をして欲しいのか? あなたが重視すべき点を踏まえながら口コミを閲覧してください。 実体験ベースで歯医者を探そう 何度も言いますが、口コミは、どこまでいっても、参考程度の情報です。 また、被害妄想気味の人、クレーマー体質の人、は世の中に間違いなく存在しています。 本当はすごく優しい先生でも、口コミで悪く書かれていることもあります。 患者さんの目線はどうしても、 歯医者さんは完璧に治療して当たり前。 スタッフは最高の笑顔で応対するもの。 となってしまいがちです。 たった一つの悪い口コミや評価を信じることはやめましょう。 執念深いクレーマーは、同じ医院に対して、名前を変え、文章を変え、悪い口コミを何度も何度も投稿するものです。 その辺り、ちょっと疑いながら口コミサイトを見ることも大切なポイントです。 歯医者のセカンドオピニオンを活用すること 私も基本的には口コミを参考にしてサービスを選んでいますが、 歯科医にしても美容室にしてもアプリにしても、実際に使ってみるまでは分からない部分も多いです。 『実際に満足できなかったら、違うサービスを検討する』、というスタンスも必要です。 現に私もかかりつけの病院を見つけるまで、数々の歯科医に足を運びました。 「なんだか微妙だなぁ」と思ったらセカンドオピニオンを検討してください。 モヤモヤしたまま治療を受けることこそ、『完治』に繋がりません。 歯医者さんは通ってこそナンボですから! この歯医者の情報を共有したい!と思ったら・・・ もしもあなたが歯科医に通って、共有したいと思う情報があれば当サイトに口コミをお寄せください。 良い口コミも悪い口コミも大歓迎! しかし個人を否定したり、誹謗中傷とも捉えられる内容はご遠慮ください。 これは悪い口コミというより個人を攻撃していることになるので。 あくまで歯医者さんとしてどうだったか? という点をご配慮ください。 さいごに・・・ この長文を読んでくださったあなた! まさかここまで読んでいただけるとは思いませんでした。 ありがとうございます。 ここまで読んでいただけたということは、あなたも歯医者さん難民でしょうか? 私と同じように『いい歯医者さんが見つからない』と悩み、デタラメな口コミに惑わされた経験がおありかもしれませんね。 でも安心してください。 当サイトでは『信頼』をモットーに、口コミを掲載していきます。 そしてあなたの体験を口コミで投稿していただけると、あなたと同じような誰かの参考になります。 それでは引き続き、当サイトをお楽しみください。

次の

【2020年版】浜松市の歯医者さん10院おすすめポイント紹介|歯の教科書

歯医者 さん あたっ て ます

ご利用条件• 公益社団法人日本歯科医師会は、本ウェブサイト及び音楽、動画等を含む情報(以下、「コンテンツ」と表記)を無料でご提供いたします。 公益社団法人日本歯科医師会は、本ウェブサイトを違法な目的で利用することを禁止します。 公益社団法人日本歯科医師会は、本ウェブサイトを管理するために最善の努力を尽くしますが、コンテンツに起因して万一損害等が発生した場合においても、一切免責されるものとします。 また、本ウェブサイト上のコンテンツには誤りがないこと、ご利用の目的に適合したものであること等、一切保証することはできません。 本ウェブサイト上の情報は、予告なしに変更または提供を中止する場合があります。 サーバの保守、火災や停電その他の自然災害、第三者の妨害行為等による不可抗力によって、本ウェブサイトからの情報提供を一時的に停止する場合があります。 このウェブサイト上で使用される会社名、製品名は、各社の商号、登録商標または商標です。 著作権について• 本ウェブサイトに掲載されている全てのコンテンツ(文字、写真、動画、イラスト等)の著作権は、公益社団法人日本歯科医師会に帰属します。 著作権法第30条の私的利用の範囲を超えて利用することはできません。 また、全てのコンテンツについて、無断で第三者への配布、他のホームページや印刷物等に転載することを禁止いたします。 リンクについて• 本ウェブサイトのトップページに限り、リンクはフリーです。 なお、営利を目的とした場合や、公益社団法人日本歯科医師会の公益性を損うおそれがあるもの、公序良俗に反するもの等につきましては、リンクをお断りいたします。 このウェブサイトからリンクされている第三者のウェブサイト(リンク先サイトという)の内容は、それぞれの組織の責任で管理されているものです。 公益社団法人日本歯科医師会はリンク先サイトの内容について、また、それらをご利用になったことにより生じたいかなる損害についても責任を負いません。

次の