導きの地 珊瑚地帯 レベル上げ。 【MHW】アイスボーン本編クリア後の「導きの地」攻略編【アイスボーン】

MHWI導きの地の地帯レベルについての質問です。

導きの地 珊瑚地帯 レベル上げ

集めておきたい素材一覧 地帯とLv 使い道と素材 荒地Lv2 挑戦の護石Lv4の素材 ディアブロスの「」 荒地Lv6 挑戦の護石Lv3 逆上の護石Lv3の素材 歴戦ディアブロス亜種の「」 荒地Lv7 挑戦の護石Lv4と 匠の護石Lv4の素材 歴戦ナナテスカトリの「」 陸珊瑚Lv7 覚醒の護石Lv3の素材 歴戦キリンの「」 瘴気Lv1 鉄壁の護石Lv4の素材 ラドバルキンの「」 瘴気Lv4 鉄壁の護石Lv5の素材 歴戦ラドバルキンの「」 瘴気Lv6 匠の護石Lv4の素材 歴戦ディノ亜種の「」 瘴気Lv6 逆上の護石Lv4の素材 ティガ亜種の「」 万能素材があると素材集めが楽 万能素材は、他のモンスター素材と交換可能。 多くの素材は一度入手すれば万能素材の交換先としてマカ錬金に並ぶので、非常に便利だ。 しかしこの素材は、イヴェルカーナなどの万能素材で交換入手できる。 一度でも入手すれば交換可能になるので、森林地帯をキープする必要はない。 瘴気素材を集めたら氷雪7を目指す ゲームが進むと、 最終的にレア12武器を使うようになる可能性が高い。 覚醒武器はレア12なので、カスタム枠拡張に歴戦ジンオウガ亜種の素材が必要だ。 瘴気の素材を十分に集めたら、瘴気を下げて氷雪地帯Lv7を目指そう。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 全ての地帯に出現するため、以下の手順をこなすのと並行して狩猟するといい。 素材を入手せずに地帯レベルを上げてしまわないように注意。 特定の地帯限定のモンスター素材を取る それぞれの地帯に、その地帯でのみ出現するモンスターがいる。 ただし危険度3の歴戦個体以外は、1個でも入手しておけば全てマカ錬金で入手できる。 倒す必要は無いので、 ぶっ飛ばしで落とし物から素材を回収しよう。 歴戦クシャルダオラは溶岩で出現し、傷ガルルガの素材も汎用素材でマカ錬金可能。 森林固有のモンスターを一通り倒したら、放置で構わない。 どちらもレア12の回復カスタムに使うので、常にレベル7を維持すること。 手順5:溶岩地帯 【最終キープ】• 【重要】マルチを活用する• 以下では属性カスタム重視でチャート化しているが、回復カスタムや他カスタムが必要な人もいるはず。 レベル管理が難しい場合は、野良や友人との導きマルチで素材を補おう。 加えてレア12のカスタム枠拡張に必須かつ、素材集めに便利な溶岩地帯も上げることが理想。 属性強化と回復カスタムの両立にカスタム枠拡張が必要なので、氷雪Lv7が理想だ。 荒地と瘴気の素材を大量に確保したら、どちらかを下げて氷雪を上げよう。 汎用素材集めにも便利 氷雪地帯には、 歴戦イヴェルカーナと歴戦ネルギガンテが出現する。 この2体の素材はマカ錬金で他のモンスター素材と交換できるため、非常に有用。 大霊脈玉も落とすので、汎用素材集めにも便利な地帯となっている。 属性装備を組むなら避けては通れないので、後述の手順をこなすのと並行して狩猟しよう。 この2種は全ての地帯で出現する。 特定の地帯限定のモンスター素材を取る それぞれの地帯に、その地帯でのみ出現するモンスターがいる。 ただし危険度3の歴戦個体以外は、1個でも入手しておけば全てマカ錬金で入手できる。 倒す必要は無いので、 ぶっ飛ばしで落とし物から素材を回収しよう。 全て他地帯やマカ錬金で入手可能なので、モンスターを一通り倒したら放置しよう。 レア12の回復カスタムに使うので、100個ほど確保しておこう。 さらに、歴戦の素材はレア10の回復カスタムに使用する。 属性カスタムのみならレベル6で構わないが、回復も視野に入れるなら一旦7まで上げて集めると良い。 手順5:氷雪地帯 【最終キープ】.

次の

【MHWアイスボーン】地帯レベルはどこから上げる?導きの地をチャート化して解説!【モンハンワールド】

導きの地 珊瑚地帯 レベル上げ

恐らくは地帯レベル合計値の上限を上げたいということでしょうか。 上限が足りていて、4か所7にできる状態なら荒れ地で狩猟をしましょう。 そうでないなら、地帯レベルの上限を上昇させましょう。 何か特別な手段というのはありません。 導きの地で大型モンスターをただひたすら狩猟するだけです。 導きの地の上限はモンスターを狩猟するとほんのわずかに上昇します。 モンスターの種類や歴戦かどうかは関係ありませんが、地帯レベルは大きく関係してきます。 例えば、地帯レベル1の場所に出現したバフバロを狩猟するより、地帯レベル7の場所に出現したバフバロを狩猟する方が上限値の上昇は大きくなります。 地帯レベル7の場所(どこでもいい)に出現するモンスターを狩猟し続けてください。 色々な場所に出現するモンスターでも、マップでレベル7の場所に出現していれば大丈夫です。 ある程度狩猟を進めると上限が4地帯7にするまで上げることが可能となるので固定を解除してレベルを上げましょう。 地帯レベルは固定したままで大丈夫です。 解除しておくと変に上がりすぎたりどこか下がったりして面倒なので固定しておくことをお勧めします。 また、ゲスト参加で誰かの導きの地で狩猟をしても自分の上限値を上げることは可能です。 ただし、自分が氷雪7でもゲストが氷雪1の場合は氷雪1分の上限しか上がらないことは注意してください。

次の

【MHWアイスボーン】地帯レベルはどこから上げる?導きの地をチャート化して解説!【モンハンワールド】

導きの地 珊瑚地帯 レベル上げ

【導きの地】攻略チャート まずは森林地帯の地帯レベルをLv3まで上げる 【導きの地】の攻略方法は色々とあるのだけど、まずおすすめなのが 森林地帯の地帯レベルをLv3まで上げ ジンオウガと イャンガルルガを出現させ捕獲すること。 捕獲することで両者の「フリークエスト」と「調査クエスト」のフラグが建ち、クエストが出現するかはランダムではあるが今後は何度でも戦えるようになる。 MR50以上で地帯レベルの上限が5まで解放、MR70以上で地帯レベルが6まで解放され、以下のモンスターが【導きの地】に出現するようになる。 必ずしも最速でMR70以上を目指す必要はないが、 【 導きの地】で遊ぶなら最低でもマスターランクは50以上はいってたほうが素材集めも捗るし、何より色々なモンスターと戦えて楽しい。 地帯レベルを上げるならおすすめは「瘴気の谷」フィールドから 【導きの地】のおすすめな攻略方法としては、 【瘴気の谷】フィールドの地帯レベルを6に上げると出現する「 ティガレックス亜種」を狩って防具を生産すること。 ティガレックス亜種の素材から生産できる「 EXレックスロアシリーズ」はスキルが優秀で、本編クリア後に生産できる防具のなかでは強い部類に入る。 特にEXレックスロアのシリーズスキルである 【轟竜の真髄】は満足感スキルLv 3を発動させると「 秘薬」をがぶ飲みできるので、回復によるタイムロスを最小限に抑えることができて快適。 またEXレックスロアのレア度は11なので 歴戦個体から入手できる「霊脈玉」でカスタム強化しやすく、合計防御力を900前後まで上げれば今後マスターランクの歴戦古龍と戦う時にも役立つのでおすすめ。 ティガレックス亜種が強すぎて全然素材が集まらないという人も無理して全部を作る必要はなく、2部位だけでも十分終盤戦まで戦えるくらい強いです。 カスタム強化素材を集める アイスボーンのマスター武器にも「 攻撃力強化」や「 回復能力付与」といったカスタム強化を施すことが可能で、ティガレックス亜種の装備がある程度揃ったら、次は 武器のカスタム強化素材の収集に掛かります。 この4つの素材を集めるためには 歴戦オドガロンと 通常ラドバルキンを狩れば入手できる。 という感じ。 カスタム強化の素材集めで人気なのが「 会心率強化」と「 回復能力付与」の素材。 それぞれ武器のレアリティに応じた素材の収集が必要になる。 素材はモンスターの部位破壊や壁ドンをするとドロップし、1回の狩猟で平均7~9個くらいのカスタム強化素材が手に入る。 更にスキルの「地質学 Lv1」を付けていくとドロップアイテムが2個拾える(今後のアップデートで修正されるかも)ので効率がいい。 マスターランクの武器に回復カスタムが付与できると本当に狩りがしやすくなるので、 【導きの地】を攻略するなら「 回復能力付与」を目指しましょう。 これは必ずしも必須な要素ではないが、装飾品の強化をするとスキルの選択肢が広がり、狩猟がしやすくなるので余裕があればおすすめ。

次の