俺 ガイル ss いろは 嫉妬。 いろは「…付けなくても、いいですよ?」 八幡「え…?」【俺ガイルss/アニメss】

#やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 #俺ガイル 一色いろはの嫉妬ムーブ!

俺 ガイル ss いろは 嫉妬

小町「ねぇ、ねぇ、お兄ちゃん!壁ドンって知ってる?」 八幡「壁ドン?あぁ、あれか。 雪ノ下にはから言っといてくれ」 結衣「……ねぇ、ヒッキー。 なんかあたしよりいろはちゃんとのメールの方が多くない?」 八幡「……は?」 結衣「あたしとのメールはすぐ切るのにいろはちゃんとはよくメールするんだ?」 八幡「いや、これはあいつが勝手に……」ジリ 八幡 というかなんで俺は彼女に浮気がバレたみたいな感じになってんの? 結衣「いろはちゃんのことあいつ呼ばわり?ていうか最近ヒッキー、いろはちゃんと仲良くなりすぎじゃない?」 八幡「ぃ、いや、仲良くなんて断じてなっていない。 ただ使いっぱしりをさせられてるだけだ」ジリジリ 結衣「へぇ、でもヒッキー断らないんだ?」 八幡「それはあれだ、俺が原因で生徒会長にさせたんだし。 多少はな……」ジリ 八幡 後は壁、もう逃げられない…… 結衣「最近、ヒッキーいろはちゃんだけじゃなく他の娘とかにもデレデレしすぎじゃない?」 八幡「いや、そ、そんなことないぞ?」ズル ドン! の細い腕が俺の行く手を阻まった。 そして、耳元でが囁いた。 結衣「ヒッキーはあたしだけ見ててよ」 八幡「ゆ、……?」 結衣「ぁ……ご、ごめん!ゆきのんにはあたしから言っとくね!じ、じゃあ生徒会のお仕事頑張って!」 パタパタ 八幡「こ、これが壁ドンか……」 ーーー…… 結衣 あたしの馬鹿馬鹿!ヒッキーに絶対変な奴だって思われた。 雪ノ下先輩となにかあったんですか?」 八幡「なんで雪ノ下が出てくんだよ。 ねぇよ、むしろこれから先もずっと何もないまである」 いろは「へぇ、じゃあ結衣先輩と何かあったんですね?」 八幡「!? ゆ、ともなんもねぇよ……」 いろは「ふーん……結衣先輩となんかあったんですか?」 八幡「だ、だからなんもな……」 いろは「あったんですよね」 八幡「い、一色眼が怖いんだが……」 いろは「気のせいですよ、それともわたしが嫉妬してるとも言うんですか?ごめんなさい、自意識過剰で気持ち悪いです」 八幡「いや、そんなこと言っていないんだが……」 いろは「……でも」 八幡「?」 いろは「……わたし以外の人に先輩がデレデレしてるのは気に入りませんね」 八幡 一色がなんか怖い。 仕事もあらかた終わったし帰ろう…… 八幡「よ、よし。 俺の分の仕事は終わったし、俺帰るわ……」ガタッ いろは「まだ、話は終わってません……よ!」グイッ 一色に思い切り引っ張られたために床に後頭部を強く打った。 八幡「痛て……おい、一色。 ……一色?」 気付けば一色は俺に馬乗りになっていた。 ダンッ 一色の腕が俺の顔を掠めた。 そして、熱の篭った声で俺に囁く。 いろは「先輩がわたし以外にドキドキさせられないように『しるし』付けておきますね」 こうして、俺の首に小さくて赤い『しるし』が付けられた。 今日は色々あって疲れた、おとなしく帰ろう… 陽乃「あれー?比企谷君じゃん。 ひゃっはろー」 八幡 今、一番会いたくない人に会ってしまった……。 やめて、もう八幡のHPは0よ! 八幡「…………っス」 陽乃「あれま、比企谷君。 いつもより疲れてるみたいだね」 八幡「お察しの通り今日は色々あって疲れたんで帰ってもいいですか?」 陽乃「そう言われると帰したくなくなるのが私なんだよねー」 八幡 クソッ、ホントにこの人にだけは会いたくなかった 八幡「いや、今日はホントにアレなんで。 勘弁してください」 陽乃「そこまで拒絶されるといくら私でも悲しくなっちゃうなー」ズイッ 八幡「! そ、それ以上近づかないでもらえますか?今日は軽く女性不信な日なんで」 陽乃「女の子と何かあったのかな?具体的にはガハマちゃんとか、いろはちゃんとか」 八幡「なんでそんな具体的なんですかね……」 陽乃「否定しないってことは当たりかな?んー君に何かしそうな人はその二人しか知らないし、雪乃ちゃんと何かあったなら、……されたなら、ここに居る訳ないし」 八幡「雪ノ下だったら何をされるんだよ……」 陽乃「じゃあ、比企谷君。 それに小遣い前なんで財布には20円しか入ってませんよ」 陽乃「お金なんかいらないよー」 八幡「じゃあ何を……」 ダンッ 陽乃「欲しいのは……比企谷君自身かな?」 今日一日で女子に何回壁ドンをされればいいのだろうか。 八幡「ゆ、雪ノ下さん何を……」 陽乃「今日の君は反抗的な眼じゃなくて怯えた眼をしてて……そそられるんだよね」 流石に三回目ともなると冷静になれる。 これでは見動きが取れない。 陽乃「これで比企谷君の視界には私しか入らないよね?」 そう言って陽乃さんは蠱惑的な笑みを浮かべた。 せめてもの反抗として俺はそっぽを向いた。 今、目を合わせたら何をされるかわかったもんじゃない。 陽乃「へぇ、それで抵抗してるつもり?……あれ、その首にあるのは?」 しまった、こっちは一色にキスマークをつけられた方だった。 すぐに手で付けられた所を隠すが、もう遅い。 陽乃「『こんなもの』で満足しちゃうのは……いろはちゃんかな?子供だなぁ、『こんなもの』付けた所でなんの意味もないのに」 そう言って陽乃さんは俺の顎に手をやり強制的に前を向けさせた。 陽乃「そういえば、比企谷君って耳が弱いんだっけ?……えいっ」カプッ 八幡「!?」 陽乃さんは俺の耳を甘噛みしてきた。 全神経が耳に集まる、耳が熱くなる、頭が真っ白になっていく…… 何秒、何分の間されていたのだろう。 陽乃さんの唇が俺の耳から離れる頃には俺は何も考えられなくなっていた。 こういう日は何も考えず小説でも読もう…… 八幡「しまった、今読んでる小説の続き部室に置いたまんまじゃねぇか……」 八幡 この時間なら二人共帰ってるよな? ーー部室 八幡 あれ?鍵が開いてる…… ガラッ 雪乃「あら、今日は来ないと思っていたのだけれど」 八幡「ゆ、雪ノ下か……。 なんでまだ残ってんだよ」 雪乃「今読んでるのがいい所なのよ、続きが気になる所で辞めたら気持ち悪いでしょう?」 八幡「あぁ、わかるなそれ」 雪乃「それであなたは?」 八幡「小説の続きを部室に置き忘れたの思い出して取りにきたんだよ」 雪乃「私ももう少しで読み終わるしあなたも少し読んで行ったら?紅茶入れるわよ?」 八幡「じゃあ……頼む」 雪乃「はい、どうぞ」コトッ 八幡「あぁ、すまねぇな」 雪乃「どういたしまして」 ペラッ ペラッ 八幡 部室には本のめくる音だけ、この空気悪くないな。 今日一日あったことが夢だったかのように落着く 雪乃「そういえば……」 八幡「……ん?」スズッ 雪乃「さんが比企谷君に『壁ドン』をしてしまった。 と顔を真っ赤にしながら言っていたのだけど。 『壁ドン』とは何かしら?」 八幡 ブハッ 雪乃「ひ、比企谷君?」 八幡「ゴホッゴホッ す、すまん。 か、壁ドン?し、知らねぇな」 雪乃「その反応は明らかに知っている人の反応なのだけれど……」 八幡「し、知らん!わ、悪いが急用を思い出した。 帰る!」 雪乃「待ちなさい」 八幡 帰ろうとする俺の腕を雪ノ下が掴んできた 雪乃「私だけ知らないだなんて不公平ではないかしら?」 八幡「世の中知らない方がいいことだって沢山あるだろ」 雪乃「そうだとしても私は知りたいのよ。 それが私を苦しめるものだとしても」 八幡 そうだ、雪ノ下はこういう人間だった…… 八幡「……」 雪乃「……」 八幡「……はぁ」 雪乃「教える気になったかしら?」 八幡「……こういうのだよ」つ 雪乃「これをあなたがさんにしたと言うのなら通報している所だったのだけれど、あなたがさんにされたというのなら何も言えないわね。 ……あなたが憐れで。 」 八幡「……言うな、解ってるから」 雪乃「あなた仮にも男子なのでしょう?これを女子にされるって……」 八幡「だあぁ!辞めろ!いつもみたいにバッサリ言えよ。 チマチマ心に刺さる暴言はやめてください、お願いします!」 雪乃「あなた暴言を浴びたいだなんてやっぱりマゾヒストなの?」 八幡「違…はぁ、もういい。 と一色に雪ノ下さんになけなしの男とプライドを傷つけられ、そこにおまえにまで精神削られたら引き篭もりになりかねん」 雪乃「なぜそこで一色さんと姉さんが……。!? まさかあなた……」 八幡「やべっ……」 雪乃「あなたの首についてる不自然な虫刺されの後と歯型のついた耳はどうしたのかと聞こうと思っていたけれど。 すべて合点が言ったわ」 八幡 「くっ……」 耳の歯型なんてよく気づいたな これが力か… 八幡「察しの通りだ。 一色にこれを付けられ、雪ノ下さんには耳を甘噛みされた。 俺のなけなしの男のプライドもズタボロだ」 雪乃「……」 八幡「じゃあ……またな」 雪乃「……待ちなさい。 比企谷君」 八幡「なんだ?」 雪乃「私に壁ドンをしなさい」 八幡「何言ってんだ、おまえ」 雪乃「あなたは女子三人に迫られてあなたのゴミみたいなプライドがカスのようなプライドになってしまったと言ったわね?」 八幡「いや、そんなことは一言も言ってない」 雪乃「ならそのクズのようなプライドを取り戻すには女子に迫ればいいのでしょう?なら私のような美少女に壁ドンできたとするならばそれは一生の記念になる。 そうでしょう?」 八幡「おまえよくそんな穴だらけの理論でドヤ顔できるな……」 雪乃「ほら、早くしなさい」 八幡「俺の話を聞けよ」 雪乃「つべこべ言わずに早く」ズイッ 八幡「いや、なんで壁ドンしろと言いつつ俺が壁に追い込まれてんだよ」 そうして雪ノ下は一歩、また一歩と歩みより俺はその分後退した。 八幡「おい、そろそろ質の悪い冗談はよせ」 雪乃「あなたこそいい加減観念したらどう?……なんとも思っていない異性に私がこんなこと言うとでも?」 八幡「は?な、何を言って……」ガッ 後ろは壁、逃げようがない。 今日で何回目のシチュエーションだろう。 雪乃「捕まえたわよ」 そう言うと雪ノ下は俺のネクタイを掴みターンをした。 八幡「うぉっ……」 俺と雪ノ下の位置が入れ変わる。 だが、勢いが付きすぎだ。 このままじゃ雪ノ下に頭突きすることになってしまう。 ダンッ 雪乃「ふふっ、やれば出来るじゃない」 雪ノ下に当たらないようにと俺は壁に手を付いた。 この状況を誰かに見られたら俺が雪ノ下に壁ドンをしているように見えるだろう。 八幡「おい、今のは大分危なかっただろ」 雪乃「あら、あなたなら私に傷を付けるなんて真似は絶対にしないと確信していたもの。 計算の上よ」 俺と雪ノ下の距離はあまりにも近すぎる。 これは精神衛生上よろしくない。 八幡「……はぁ、いい加減ネクタイを離せ」 雪乃「まだよ、よく出来た子には『ご褒美』をあげないと」 八幡「そんなの要らん。 だから、離……」グイッ 雪ノ下にネクタイを引っ張られ俺と雪ノ下は…… ーーチュッ ……口付けを交わした。 雪乃「んっ……」 八幡「ンッ!?」 雪乃「どうだったかしら?私の初めてのキス、最高の『ご褒美』でしょう?」 八幡「お、おおお前!な、なにを……」 ガラガラッ 平塚「おーい、雪ノ下いい加減に鍵を返し……し、失礼した!」 雪乃「そういえばもうとっくに鍵を返す時間だったわね、さ、早く出てちょうだい。 鍵を返しにいけないわ」 八幡「お、おぉ…。 いや、そうじゃなくて」 雪乃「じゃ、鍵を返しに行くから。 ……比企谷君、また明日」ガチャ タッタッタッ 八幡「行っちまった……。 ドンッ! ダンッ!ダンッ!ダンッ!ダンッ! 平塚「比企谷君と雪ノ下め、青春という言葉から一番遠い位置にいる二人だと思っていたのに!私に見せつけおって!結婚したい!結婚したーい!!」ダンッ! ダンッ! やはりこんな壁ドンは間違っている。 終 元スレ 八幡「壁ドン?」.

次の

『俺ガイル』一色いろはがヒロインのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺 ガイル ss いろは 嫉妬

好きな後輩キャラクターNo2が一色いろはの凡夫です。 ちなみに1位はアマガミの七咲逢です。 この記事では俺ガイルの一色いろはがヒロインになっているおすすめのSS・二次小説作品を紹介していきます。 凡夫は孤独な一人っ子なので甘やかしてくれそうな姉キャラに心惹かれていたはずなのに、このツートップのせいで後輩属性・妹属性が弱点になりました。 ・・・・・・なんかもう弱点じゃない属性がない気がします。 凡夫のメンタルスペックはドラクエのスライム並です。 この状態を萌え豚と呼ぶのかもしれません。 罵りたまえ、ゆかな声で! そろそろ色んな声優さんに罵倒されるCDがディスク4枚組くらいで発売されてもいいと思います。 頑張れランティス。 まじ頑張れ! 無理なら無理でいろはの無理ですOVAとか出せばいいと思うよ。 最初は本気で無理です!と言っているのに最後の方は、まだちょっと無理ですとだんだん攻略されているのがもうたまらないわけです。 なんでこんなにかわいいキャラクターが多いんだろ俺ガイル。 ・・・・・・でも一番見た目でかわいいのは戸塚で性格がかわいいのは八幡なのはどうなんだろう? 病気でした。 そりゃあこの動画をながしながら記事を書いているんだからそうなるよな。 脳内から何かが出ている気がします。 関連記事をまとめておいたので良かったら一緒に読んでください。 ・・・・・・あれ? 多くね? なんかすんごい増えてる。 タグ俺ガイルを作ったのでそちらもどうぞ。 Contents• いろはSS・二次小説おすすめランキング• 最近友達の一色いろはがあざとくない件について 総武高校一年生で生徒会長・一色いろはがあざとさを忘れている? いろはの心情の変化を友達視点から見た日常の1ページ。 いろはの友達視点から八幡といろはの関係を語る少し変わり種な作品です。 原作やアニメより身近にいろはを見られるので、破壊力がインファイトの一歩並です。 ボディブローで腹が吹っ飛ぶレベルです。 なんでこんなにかわいいんだろうね。 そして切ない。 いろはにとって奉仕部の先輩は皆好きなんだろうけど、コンプレックスを抱く相手でもあるんだろうな。 あの3人で完成しているから近づきたいのに立ち入れないとか泣くぞおい。 いろは生徒会長で奉仕部メンバーが生徒会入りしたルートも読んでみたいな。 誰か書いてくれないだろうか。 いろは「家族旅行?」 八幡といろはが結婚して、さらにだいぶ後のお話です。 注意なのはオリキャラで子供たちが出てきます。 八幡といろはが結婚した後のお話です。 八幡は39歳、いろはは38歳で高校生の娘が二人と生まれたばかりの長男が一人の五人家族。 長女は八幡に、次女はいろはに似ています。 遺伝子仕事しすぎというレベルです。 特に長女がいいな。 ・・・・・・八幡のTSもの、ありかもしれない。 問題は八幡を女性化するとヴィジュアルがこれしか思いつかないということだな。 続編もあります。。 八幡と同じ捻デレな長女の破壊力がすごかった。 やはり一色いろはの青春ラブコメは終わらない。 一色いろは24歳 大学を卒業し、社会人になったいろは。 彼女もすっかり、社畜として染まってきていた。 それでも彼女の青春ラブコメはまだ終わっていない。 俺ガイル社会人編です。 八幡が商社に勤めているとか本当にハイスペックだなおまえ。 もうすっかり大人の女性と言っていい年齢になったはずなのに、八幡の一挙手一投足に振り回され我を失ういろはがかわいすぎてやばいです。 いろは「…あれ?もしかして比企谷せんぱいですか?」完結 短編• こちらは大学生編です。 ですが結婚ルートまで完備されています。 いろはすルートの真髄が見られるSSです。 ・・・・・・やっぱり高校生の時だと奉仕部が強すぎていろははやっぱ厳しいよな。 ダークホースポジションではあるけれど本命ゆきのん対抗がはまさんは強い。 ・・・・・・戸塚はたぶん銀と金に出てくる偽装馬。 八幡「最近いろはが好き過ぎてヤバい」いろは「へぇ」短編• さくっと可愛い短編SSです。 いろは「…ほんと、せんぱいってカッコ良くないですねー」 八幡 「悪かったな。 葉山みたいな先輩じゃなくて」 いろは「でも、わたしはせんぱいがいいです」 八幡 「…勝手に言ってろ」 なんだこれ。 剛速球かよ。 まっすぐいって萌え死にました。 満足です。 やはり俺の幼馴染と後輩がいる日常は退屈しない 幼なじみがあーしさんで後輩がいろはすというドリームタッグなSSです。 いろは「全力で先輩を攻略する」八幡「やめてくれ」 ガハマさんSSで紹介したの作者が書いたいろはSSです。 この人の書いたSSは全部オススメです。 俺ガイル関連記事•

次の

『俺ガイル』雪ノ下陽乃がヒロインのおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺 ガイル ss いろは 嫉妬

特におすすめの名作 これはいいいろはす。 大学でいろはに再会してからの短編3連作です。 こうした作品が読めるのはSSならではですね。 さりげない心理描写も上手で、かなりのSS巧者とお見受けしました。 主人公がヒロインに看病されるという、SSではよくあるシチュエーションですが、このいろはすはかなりポイント高いです。 WEB小説投稿サイトからは、こちらの作品をチョイス。 ストーカー被害に遭い、奉仕部へと駆け込むいろは。 解決のため八幡が偽装彼氏となるが・・・というお話。 際どい表現があるのでご留意を。 奉仕部がある以上、納得感のある形でいろはと距離を縮めるには相当な描写の積み重ねが必要で、本作はそれを高いレベルでクリアしており、 いろはモノとしては最高峰でしょう。 一色いろは・八色好きにおすすめの作品 いろはが可愛く描かれています。 ちょっと3点リーダが多いのが気になってしまいました。 かなり甘めな、いろはすSS。 いろは好きにはおすすめです。 地の文ありのいろは一人称作品。 長めですが、レベル高いです。 いろはのあざと可愛さが、嫌味なく発揮されている良作です。 地の文ありのいろは一人称作品。 いろはを一人称で魅力的に書くのは相当難しいと思うのですが、この作品は読みやすいし良作です。 八幡がいろはの催眠術にまんまとかかってしまうというお話。 こちらもお笑いコンビ「アンジャッシュ」のようなすれ違い系のコメディです。 周りの女性陣がいろはのマネをし始めて・・・というお話。 あっさりとしていますが、地味にラストシーンがお気に入りです。 いろはモノとしても非常に優秀ですが、雪乃もかなり魅力的に描かれており、雪乃好きにもおすすめしたい作品です。 いろはとのある日の放課後が丁寧に描かれます。 とってもいろはがいい子です。 割とアグレッシブよりのいろはです。 コンビニで偶然出会った八幡といろはの、ほんのり甘酸っぱいショートストーリー。 いろはの手伝いをする八幡という構図としてはよくある作品ですが本作はほぼひたすら2人の会話でテンポよく進んでいくので、いろは好きにはかなりおすすめです。 本作はある仕掛けが施されています。 気づきますか? お泊りというSSでは割と見られるネタですが、学校では奉仕部がある以上、いろはと距離を詰めるためには最も有効なのは間違いありません。 本作はほどよい甘さなのが好印象です。 大学生になった二人の甘い系の作品です。 一人暮らしの八幡に押しかけるいろはすはもはや形式美とも言えますね。 こちらも甘い感じの作品です。 長めですが、所々シリアスなシーンもあり、メリハリがついていて一気に読めます。 両親と3人で旅行にいくので、残される八幡をいろはに託す小町・・・シチュエーションだけでいろは好きは歓喜ですね。 話の流れはタイトルの通り。 後半はかなりの激甘です。 描写に好き嫌いがあるかもなので、ご留意ください。 タイトルがなかなか秀逸です。 展開的には、いろはものの王道をいく感じです。 沈黙の長さを3点リーダで表現しているのですが、あまりにも多いのがちょっと気になりましたが、作品自体のレベルは高いです。 連載作品ですが、筆致はライトで読みやすいです。 ただ所々、暴力的な表現があるので、苦手な方はご注意ください。 「俺妹」のごとく受験のために急遽一人暮らしをすることになった八幡の世話をいろはがすることにななり・・・という展開自体に目新しさはないものの、圧倒的いろはす力が味わえる良作です。 台詞回しが上手で違和感なく読み進めることができます。 続編もあり、かなりの文量なので、少しずつ読み進めることをおすすめします。 続編: 大学生になったいろはがとあるトラブルをきっかけに八幡の家に押しかけるというSSのテンプレ的展開ですが、読ませる力のある作品です。 いろはが警察官になっているというなかなか類を見ない設定です。 タイトルが秀逸。 セリフ回しも違和感なく、文章力・構成力もある作品です。 未完であることだけが非常に惜しいのですが、それでもここに紹介したいレベルの高い作品です。 SSでは八幡お兄ちゃんスキル発動しすぎなところはありますが、こちらは照れるいろはが可愛く魅力的に描かれています。 下記マンガを読んでおくとさらに楽しめます。 関連作品: 社会人になった甘々な八色。 この方の作品は、いずれも文章力・構成力がかなりレベルが高いのでとてもおすすめです。

次の