コロナいつまで予言。 コロナは予言されていた!いつまで続くのか…日本は5月がピーク?

【新型コロナ収束見込み】スピリチュアルではいつまで?占い師の予言をチェック!|Rioの日々、気になるコト。

コロナいつまで予言

コロナウイルスのやばい予言で話題のインドの少年 今、世界中で話題になっているインドの14歳の少年。 コロナを完全に予測したその少年の名前はアビギャ・アナンド君。 彼は占星術師で地元では神童と呼ばれているとか。 彼が2019年8月22日にYouTubeに投稿した『2019年11月~2020年4月に世界が直面する危機』というタイトルの動画が、米オンライン紙「International Business Times(4月4日付)」にとりあげられたことで世界的に有名になったようです。 彼は自分のYouTubeチャンネルを持っていて、5月の時点でチャンネル登録者数が約87. 5万人。 その動画も690万回再生されています。 アナンド君は過去に現在のコロナの状況をすでに予言しているのです。 今回のコロナウイルスの予言は大爆発する前に言い当てていますし、発生時期も正確に当てています。 コロナ予言の内容は何に基づいて発信しているのか? アマンド君の予言は5000年以上の伝統を持つ古代ヨーガの聖典「ヴェーダ」の教えに基づく占星術のようです。 これは宇宙の天体の運行状況によって未来を予測するもので、古代の聖者たちが深い瞑想状態に入った時に、天(潜在意識)から得られる知識だそうです。 やばい予言の内容 ・2019年11月からウィルスによるパンデミックが発生する ・2020年3月29日から4月2日にかけて状況が悪化していく。 ・さらに世界的に困難な時期となり、経済から航空サービス分野まで世界は様々な困難に直面する ・5月29日以後、徐々に減少していくが、それも2日間しか続かないだろう ・6月の終わりまで世界では何一つ良いことが起こらず、新型コロナウイルスの本格的な収束は7月から。 しかし人類の苦難はそれで終わらない・・・と、彼は今後のコロナウイルスの経過についても予言しているようです。 スポンサーリンク コロナの第二波はいつ来るのか?そのやばい予言とは? 過去のコロナの状況を的確に言い当てているアナンド・アビギャ君は今後の経過についても具体的に次のように予言しています これからの第二波の予測は 2020年12月20日から新種のウィルスが多数出現し、それは驚異のウイルスであり 今夏のコロナをはるかに超えるものであるということです。 そして、それは2021年3月31日まで続く致命的なものになるといいます。 新種のウイルスとはどんなものか? 彼は「2020年12月20日~2021年3月31日までの期間にスーパーバグが現れる」と発言しています。 そのスーパーバグと言うのは、日本語で「超多剤耐性菌」と言われ、あらゆる抗生物質に耐性を持つ菌などのことをいうそうです。 そのウイルスは世界で全方位的に地域とは関係なく多発的に発生し、それもある特定の時間になると、まるで命令を受けた兵士のようにウイルスが爆発するというのです。 新種のウイルスの治療薬は? そのウイルスに対して、いかなる予防措置も効果がなく、当然、治療薬もないということで、そのスーパーバグに対応する薬剤は全くないということになります。 アマンド君は、今起こっている世界のパンデミックは、動物の殺戮(屠殺)と地球環境汚染を行う人間に対する警告だといっています。 ですから、人間が改めない限りこれからも続くとアナンド君は警鐘しています 最後に アナンド・アビギャ君の動画を見て本当に恐ろしくなり、これは絶対、恐怖を煽るフェイク動画なのでは?と疑いたくなりました。 それに、これは単なる予言であって、世界の状況は日々、変化しているので、この予言第二波のウイルスが確実に当たるという確証はどこにもありません。 (そう思いたいですが・・・) どちらにしても、まだ来ぬ未来を案じてばかりで日々過ごすわけにはいきません。 とにかく第二波のこのやばい予言が当たるにしろ当たらないにしろ、危機感と準備はしっかり持っていたほうがいいかもしれません。 その時期が来て、第二波のやばい事が何も起こらなかったということになれば、それはそれで良かったということになります。 夏までにすべてのウイルスがこの世界から消えてなくなりますように願うばかりです。 【アナンド・アビギャ君が2019年8月に投稿した動画です。 ただし英語なので、わかる方はぜひご覧ください。 (他の方が日本語で解説している動画もあるようです)】.

次の

新型コロナウイルスはいつまで続く?スピリチュアル超能力者が10年後にまた流行るなど予言まとめ

コロナいつまで予言

やりすぎ都市伝説でコロナウイルスの裏側を暴露? 4月29日に放送された「やりすぎ都市伝説」でコロナウイルスの影で何が行われていたのかという特集をしていました。 世界中で大流行している、コロナウイルスはどこから来たのか?いまだに解明されていない事実ですが、数年前にビル・ゲイツがTEDという番組で公演していた内容が、まさにコロナウイルスに対する警告をしているような内容でした。 やりすぎ都市伝説で関暁夫さんの特集も組まれていましたが、コロナの終息をテレビではカットされていましたが、あの部分がすごく気になりますよね。 やりすぎ都市伝説ってリアルな話なのかどうかは不明ですが、かなり情報が詰まっている内容ですから、すごく引き込まれますよね。 この記事では、やりすぎ都市伝説で放送された、ビル・ゲイツのコロナの予言や、イルミナティーカードが意味する予言は本当なのかについて検証していきたいと思います。 この話が本当ならば、コロナウイルスはアセンションを意味しているのか?それとも単なる感染病で済まされる話なのか、今最も注目される話題ですね。 それでは御覧ください。 コロナウイルスを警告していたビル・ゲイツの内容! 4月29日に放送された、「やりすぎ都市伝説」で放送された内容は特に誰もが注目する内容でした。 世界中で猛威を奮っているコロナウイルス関連の内容から、世界を牛耳る一族の話まで普通では想像できないような内容が放送されていました。 その中でも特に印象深かったのは、数年前にビル・ゲイツが公演で話していた「コロナウイルスの予言?」についてです。 内容は、これまで人類が驚異と思っていた核がウイルスというものに変わっていくと話していました。 世界的に蔓延した「エボラ」や「スペイン風邪」などの情報を元に世界の医療は対応していく必要があるという警笛を鳴らしている内容でした。 実際コロナウイルスを予言していたというようなタイトルでは無いので、コロナウイルスを予言しているとはいい切れませんが、あまりにも現在起こっている出来事が、ビルゲイツが公演で話していた内容と酷似しているので、番組内では予言されているという表現がされていました。 この話が本当ならば、コロナウイルスが起こるべくして起こったと思う方も多いかもしれませんが、やりすぎ都市伝説はあくまでもフィクションと言う内容に留められていますから、あくまでも想像上のことなのかもしれません。 だとしてもあまりにもできすぎた話だと思いませんか? 関暁夫コロナの終息はいつ頃終わる? やりすぎ都市伝説の名物企画といえば「関暁夫」さんの都市伝説ですよね。 最近ではあまりにも癖が強い語り口調で内容が全く入ってこないという意見もあるようですが、取材を重ねている裏付けのある内容は引き込まれるものがありますよね。 番組内ではコロナウイルスの話題も語られていましたが、コロナウイルスの終息はいつになるのか、大事な部分がカットされていました。 関さんが伝えたい内容は放送コードギリギリの内容だったために、番組内ではカットされていましたが、「〇〇まで終わらないから」という〇〇の部分はかなり気になるところですよね。 アメリカのハーバード大学のまとめによると2022年まで一定距離を取る生活は続けなければいけないような研究発表もされているほど、相当厄介なウイルスだと感じました。 このコロナウイルスはいつになったら終息するのかは誰も想像できないような気がします。 スポンサーリンク イルミナティーカードは予言を当てている?こじつけか? かなり前から話題になっていることがあります。 イルミナティーカードという謎のカードが未来予想で的中しているという話があります。 本当かどうかわかりませんが、かなりこじつけのような印象を受けるのですが、正直予言をしているのならそれを予防するように警告してくれたらいいのにと思う反面。 こんな予言みたいなことは誰も信じないでしょうと思う気持ちもあります。 ただ、東日本大震災や、911なども予言している内容を見ると的中率は高いように思います。 — ナースマンJinVlog Downy999 コロナウイルスはどこから来て、いつ終わるのか? ここ数年でよく耳にするのは「感染源がわからないウイルス」の存在ですよね。 現在広まっているコロナウイルスも感染源はいまだに特定されていないし、中国武漢からでたとは世間的には言われていますが、誰も特定できる人はいません。 ここまで来たら関暁夫が言うところの人類を操作されているような考えになりそうですよね。 それにしてもあまりにも危機感を煽るような内容なので、この番組を見た方は本当にそんなことが世界の裏では行われているのかなと思う方も多いと思います。 信じるか信じないかはあなた次第と言う通り、この番組はフィクションという言葉では片付けられないように思いますね。 事実だとしても私達に出来ることは無いように思いますけどね。 関連記事 やりすぎ都市伝説の内容の補足とまとめ! この記事でお伝えした内容は「やりすぎ都市伝説」で語られたイルミナティーカードの内容やビルゲイツのコロナの予言?内容や、関暁夫のコロナ終息のカット部分はどういう意味なのかについてまとめていきました。 コロナウイルスが流行している中での都市伝説の内容はかなり攻めた内容だと思います。 番組の内容はあくまでもフィクションと言う位置づけで語られているので、信じるか信じないかはあなた次第となりますが、他人事ではない内容にかなり動揺が隠せません。

次の

【新型コロナ収束見込み】スピリチュアルではいつまで?占い師の予言をチェック!|Rioの日々、気になるコト。

コロナいつまで予言

毎日のようにテレビやネット上で報道されるコロナウイルスの情報に、私たちは日々精神的なストレスが溜まっている状況です。 コロナウイルスがいつまで続くのかという疑問や不安に対して、専門家の間ではどのような予想が立っているのか調べてみました。 なかなか長い戦いになると予想されますが、今の状況があと1年たっても終息しないとなると気が滅入りますね。 なぜ1年で収束が不可能なのか、専門家の具体的な意見を調査しました。 専門家の予想は? 新型コロナの収束は10年仕事という、東大の前田先生のポスト。 とても気の長い話で、社会を根本から変えてしまうのかもしれない。 — Kenji Shiraishi Knjshiraishi 昭和大学病院の日本感染症学会感染症専門医である二木芳人客員教授は、ここまで感染が拡大すると1年では国内だけでも収束するのは難しいと述べています。 一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るかもしれないが、感染の波がやって来ることが予想されるとのことです。 また、病院においては感染経路の追えない患者が増え、受け入れ能力が逼迫していることが問題点となっています。 緊急事態宣言が出た今でも、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いています。 在宅勤務ができない状況の方も多いとは思いますが、より強いメッセージを発信して外出自粛をする必要があると指摘されています。 jiji. ピークもくそもないだろ。 仕事も時間の問題。 対岸の火事じゃない。 ワクチンできるまで時間要するし、ワクチンできても手に渡るまでどんくらいかかるか。 家族との時間を大切に。 押し寄せるウイルスから感染遅らせるには 行動を制御するしかない。 — メフィスト asakurachan24 ツイッターでは、以下のような意見が集まっています。 日本のコロナウイルスいつまで続く?終息条件も調査! 専門家警告【新型コロナ終息2年】自分の身は自分で守るしかない〝醜聞まみれ〟安倍政権はもはや神頼み 「すでに感染者数千人、終息に2年」は大げさなのか 手洗いで防げるのか。 防護服でも感染の衝撃 恐慌直前の日本経済、消費税軽減が当たり前(日刊ゲンダイ) — KK Trapelus 徐々に不安や恐怖心が大きくなっている中、コロナウイルスが終息したとみなされるには、どのような条件が必要なのでしょうか。 具体的な終息条件を詳しく調べていきましょう。 また、私たちが終息に向けて行うべき対策についてもまとめてみました。 終息条件は? (3)道内の患者の発生については、安定傾向にはありますが、終息に向かっているとまでは言い切れず、依然として油断できない状況。 また、新型コロナウイルス感染症が世界的広がりを見せ、WHOもパンデミック(世界的な大流行)とみなせると表明した現在、早期に終息するかは見通せない状況です(続) — 鈴木直道(北海道知事) suzukinaomichi 今回の新型コロナウイルスの終息条件について、今の所決定された条件提示はされていません。 しかし過去、2003年に流行したSARSと2015年に流行したMERSについては、それぞれ 潜伏期間の2倍の期間が経過してもウイルス患者が出なかった場合は終息とされました。 japan-who. この潜伏期間を前提としてSARSやMERSと同じ基準だと考えれば、28日間新たな患者が出ないことが終息宣言の条件になるのだとニッセイ基礎研究所の主席研究員の篠原拓也氏は指摘しています。 news-postseven. 省略・・・再び感染者の増加が来るだろう」昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 新型コロナウイルスの社会的影響は長期戦ですね。 — アウトドアサークル福島 tpf3chVBhQO5zSf 今後必要な対策についても、ニッセイ基礎研究所の主席研究員の篠原拓也氏はこのように指摘しています。 政府や自治体においては引き続き、さまざまな拡大防止策を進めていく必要がある。 一般市民の側でも、一人ひとりが手洗いなどの対策を取る、集団感染を避けるなどの行動を積み重ねて、小康状態や終息につなげる努力をしていく必要がある。 news-postseven. 日本のコロナウイルスいつまで続くか専門家の予想は?終息条件も調査! 瀬戸際の2週間が経過したが依然として感染の終息が見込めないコロナウィルス問題。 今日、専門家会議が開かれ、現状の状態が先ほどテレビで報道されていました。 今後も瀬戸際の対策を継続していくことになることのようです。 国民全体で終息目指して努力することが必要と改めて実感しています。 — 大泉 かずお 川越市議会議員) mizuyokazuo 日本の新型コロナウイルスがいつまで続くか、専門家の予想はとても厳しいものでしたね。 終息条件についても今後詳しい情報が上がってくると思いますが、これ以上日本で新型コロナウイルスの感染を拡大させないためにも、私たち一人一人が今できることを意識して行動することが大切です。 日々新しい情報が出てくるたびにいつまで続くかという不安は募るばかりです。 様々な情報が出回っている中でも、正しい専門家の予想や意見と終息条件を参考にしながら、間違った情報に振り回されないように生活していきましょう。

次の