調布 市 コロナ。 調布市職員における新型コロナウイルスへの感染

府中市・調布市・狛江市 新型コロナウイルス関連個人事業主支援事業のご案内

調布 市 コロナ

新型コロナウィルス 市民の生命、生活を守るために、地域医療体制をしっかりと支えていきます。 子育て世帯、学生、高齢者世帯等大きな影響を受けた方々への相談・支援体制を強化します。 市内経済を守るために、中小企業、小規模事業者の皆様の不安解消に向けた取り組みを、国政、市政としっかりと連携しながら都政から全力で支援してまいります。 子育て 妊娠期から就学前まで、それぞれのステージにおける切れ目のない支援を拡充します《狛江・調布版ネウボラ》。 家庭生活と仕事との調和(ライフ・ワーク・バランス)を考え、仕事と子育てを両立できる雇用環境の整備を働きかけます。 児童虐待防止へ向けた取り組みを強化します。 すべての子どもが健やかに成長できる社会環境づくりを進めます。 教育 IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)などテクノロジーを活用した社会 Society 5. 0 に向けて、ITC教育の環境整備と質の高い学習内容を提供します。 すべての児童・生徒に、プログラミング的思考を育み、アクティブラーニングにより学びを深化させる取り組みを進めます。 高校・大学生等への学ぶ意欲を大切に、修学支援をバックアップします。 高齢者 住み慣れた地域で尊厳ある自立と支え合いの社会に向けて、多様な生活支援サービスの提供と積極的な社会参加を進めます。 健康管理、社会参加、生涯学習など健康寿命を延ばす為の施策を充実させます。 地域の実情や特性に合った「住まい」「生活支援」「医療」「介護」「予防」をしっかりと提供できる地域包括ケアシステム体制を拡充します。 障がい 障がいをお持ちの方への理解の促進を図り、相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を構築します。 医療的ケアを要する障がい児等、支援のニーズ多様化へ対してきめ細かな対応をします。 また障がい者の生活援助、就労移行・継続・定着に向けた取り組みを通じて、社会で生きる力を高め自立した生活を支えていきます。 防災・防犯 災への備え、頻発する自然災害の脅威に備えた強靭な防災都市をつくります。 医療と介護の連携をより深め災害時には警察・消防学校等の国、都施設を使用可能にします。 犯罪の生じにくい社会環境整備を進め、子ども、女性、高齢者等社会的弱者の安全確保を自治会、商店会、PTA等地域全体で見守る為の防犯への取り組みを積極的に支援します。 地域振興 SDGs未来都市 持続可能な開発目標の考え方を活かした地域産業 商業・工業・建設業・農業・サービス業等 振興への取り組みに力を入れます。 社会資本 インフラ の着実な整備、改修と、魅力あるまちづくりを進めることで地域経済の活性化を図ると共に、若者から高齢者まで幅広い年代の雇用の創出、就労、自立に向けた手厚い支援に取り組みます。 林あきひろは、これまでの議員活動における豊富な地方自治の現場での経験を活かして都政に挑戦いたします。 新型コロナウィルス禍を皆様と共に必ずや乗り越え、穏やかな日々を取り戻すと共に、強く豊かなまちをつくる為に全力で取り組みます。 国政では伊藤達也衆議院議員、市政では狛江市議会「自由民主党・明政クラブ」、調布市議会「自由民主党創政会」との三位一体となった国政・都政・市政のパワフルなネットワークで東京都政を前に進めることを通じて市民生活、市民福祉の向上に努める決意です。 衆議院議員 伊藤達也氏 国政においては、伊藤達也代議士、中川まさはる参議院議員、丸川珠代参議院議員、たけみ敬三参議院議員、朝日健太郎参議院議員の他、自由民主党国会議員と共に、そして市政においては狛江市議会自由民主党・明政クラブの7名、調布市議会自由民主党創政会の7名の市議会議員と共に、日々情報、意見交換を通じてまちの課題を共有し、よりよいまちづくりの為に活動してまいります。 狛江市議会 自由民主党・明政クラブ 敬称略 谷田部一之、三角武久、栗山剛、しの浩司、辻村ともこ、太田久美子、石井功 調布市議会 自由民主党創政会 敬称略 元木勇、大須賀浩裕、伊藤学、渡邊進二郎、鈴木宗貴、狩野明彦、大野祐司 ホームページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。 後援会へのご入会は、FAXまたはメールにてお申込みをお願いします。 FAXでのご入会はこちら FAX : 042-499-6569 メールでのご入会はこちら ボランティア募集 林あきひろ後援会のお手伝いをして頂ける方。 ポスタ-などを掲載する場所をご紹介して頂ける方。 少人数のミニ集会からイベント等での挨拶等をご案内頂ける方。 ご入会を心よりお待ちしております。 個人情報の取り扱いについて 林あきひろ後援会は、個人情報保護法を順守する為に下記の通りガイドラインを設けています。 個人情報の管理 個人情報を正確な状態に保ち、不正アクセスなどを防止するため、維持・管理・安全対策を徹底します。

次の

調布市の取り組み情報(5/27更新)

調布 市 コロナ

調布市では、新型コロナウイルス感染症による子育て世帯への影響を考慮し、調布の子どもたちの健やかな成長と生活を支援するため、「テイクアウト料理」や「書籍」の購入に使える商品券を発行するとともに、商品券の利用によって、市内事業者の支援にもつなげる事業を開始します。 対象となる事業者からの参加申込みをお待ちしております。 テイクアウト商品を提供、または直営による出前をしている市内飲食店• 調布市商工会の会員もしくは市内商店会に属している店舗• 法人やチェーン展開されている事業者についても上記と同条件とします• 上記の1~3を満たす場合でも、コンビニエンスストア及び大型商業施設(スーパー含む)は対象外とします• デリバリー専門業者を介した出前は対象外とします(直営による出前は対象とします)• 休業中の店舗も参加可とし,店舗再開次第取り扱いを開始することとします• 参加店舗は「調布『我が家のおすすめテイクアウト』」ホームページに掲載します• 大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・テイクアウト後すぐに食べられないもの(例:お茶葉、コーヒー豆、米) ・飲み物(タピオカドリンクやスムージー、コーヒー、ジュースなど) ・自家製豆腐や自家焙煎の豆類 なお、豆腐店で調理した揚げ出し豆腐、肉屋さんの揚げ物などの惣菜、魚屋さんの刺身や焼き魚、煮魚などは対象となりますので、こうした惣菜を店内調理、販売している豆腐店、精肉店、鮮魚店様は参加可能です。 商品券総額:約1億7000万円• 対象者:0歳~中学校3年生及び児童育成手当の対象の高校生• 利用期間:5月末 ~7月31日(金)• 持参がどうしても困難な場合は,産業振興課にご相談ください。 お支払い方法:後日、調布市から貴店の金融機関に振り込みます。 換金受付期間:6月8日(月)~8月31日(月)まで• その他:必ず商品券裏面に貴店の印を捺印してお持ちください。 郵送やFAX等でのお申込は原則、受け付けておりません。 ネット申込がどうしても難しい方はお電話で受け付け後、申込用紙をお送りいたします。 予めご了承ください。 コピペの際はご留意ください。

次の

林あきひろ

調布 市 コロナ

特別定額給付金について 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が令和2年4月20日に閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、特別定額給付金事業が実施されることになりました。 画像をクリックすると、より大きい画像でご覧いただけます。 申請書の記入方法 144KB jpg 事業の概要 郵送申請の振込開始のお知らせ 郵送申請方式による申請の振込を 6月11日 木曜日 から開始しています。 申請内容に不備があった方には、市から郵送でご連絡いたします。 受付及び給付状況の詳細については次のリンクをご覧ください。 オンライン申請停止のお知らせ 郵送申請の給付事務を慎重かつ円滑に進めるため、 オンライン 申請の受付を下記の期間一時停止しています。 令和2年5月20日 水曜日 午前9時から6月下旬まで 特別定額給付金の申請につきましては、 令和2年5月29日に各世帯主宛に発送している申請書を同封の返信用封筒に入れ、 郵送にてご申請ください。 ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 給付対象者及び受給権者• 給付対象者は、基準日 令和2年4月27日 において、住民基本台帳に記録されている方• 受給権者は、その者の属する世帯の世帯主の方 給付額 給付対象者1人につき10万円 申請及び給付の方法 感染拡大防止の観点から、給付金の申請は次の2通りを基本とし、 給付は原則として、申請者 世帯主 本人名義の銀行口座への振込みにより行います。 郵送申請方式• 調布市から世帯主あてに、世帯主及び構成員情報を印字した申請書と返信用封筒を郵送します。 申請書は令和2年5月29日に、各世帯主宛に発送しています。 同封の通知書の半分が申請書です。 切り離してご使用ください。 口座番号等の必要事項を記入し、裏面に 申請者 世帯主 本人確認書類と 振込先口座が確認できる書類のコピーを貼り付けてください。 申請書を返信用封筒にて 郵送してください。 切手を貼る必要はありません。 注 6月5日から申請受付を開始し、6月11日以降順次、給付を行います。 なお、6月5日以前でも申請書のご返送は可能です。 注 同封している「特別定額給付金の申請方法」をご確認の上、ご申請ください。 注 給付金を受け取りたい方は「辞退」欄に〇印を記入しないようにご注意ください。 注 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、申請書の窓口での受付は行っておりません。 注 返信用封筒に記載されている郵便番号は 通常の郵便番号とは異なりますが 、料金受取人払郵便専用の郵便番号ですので、そのままお使いいただけます。 必要書類• 申請書• 申請者 世帯主 の本人確認書類の写し コピー 運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証、障がい者手帳、年金手帳、在留カード、特別永住者証明書など いずれか1点• 振込先金融機関の口座確認書類の写し コピー 金融機関名、口座番号、口座名義人がわかる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面など いずれか1点 申請期限 令和2年9月7日 月曜日 まで 消印有効 オンライン申請方式 マイナンバーカード所持者が利用可能 注 オンライン申請の受付を 次の期間一時停止しています。 令和2年5月20日 水曜日 午前9時から6月下旬まで 注 オンライン申請に 不備があった方には、 5月下旬以降順次郵送にて手続き方法をご案内しています。 マイナポータルから振込先口座を入力した上で、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請 電子署名により本人確認を実施し、本人確認書類は不要となります。 オンライン申請方式については、5月20日から申請受付を停止しています。 5月27日以降順次、給付を行います。 既に申請いただいた方で申請内容に不備のないものについての給付の時期は以下のとおりです。 5月1日から5月10日までの申請分 5月27日以降順次振込• 5月11日から5月20日までの申請分 6月3日以降順次振込 親族からの暴力等を理由に避難している方への支援 親族からの暴力等を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に、現在お住まいの住所地に住民票を移すことができない方は、 一定の要件を満たしている場合、所定の手続きをしていただくと、次の措置が受けられます。 措置の内容 世帯主でなくとも、同伴者の分も含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。 手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主からの申請があっても世帯主には支給しません。 対象者 次の1から3までのいずれかに該当する方• 基準日以前に発生した配偶者からの暴力を理由とした避難事例で、配偶者からの暴力を理由に避難している者が諸事情により基準日までに住民票を移すことができないもの• 基準日以前に発生した親族からの暴力等を理由とした避難事例で、親族からの暴力等を理由に避難している者が自宅には帰れない事情を抱えているもの• 基準日の翌日以降に発生した親族からの暴力等を理由とした避難事例 一定の要件 次の1から3までのいずれかに該当すること• 配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けている• 婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機関 配偶者暴力相談支援センター、市町村等 の確認書が発行されている• 令和2年4月28日以降に住民票が調布市に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支援措置」の対象となっている 申出の期間 令和2年4月24日 金曜日 から4月30日 木曜日 まで 土曜日・日曜日・祝日除く 注 令和2年5月1日 金曜日 以降も随時提出することができます。 コールセンター連絡先 総務省専用ダイヤル 総務省ではコールセンターを設置し、同省ホームページにて制度の概要やよくある質問が掲載されています。 電話番号 0120-260020 フリーダイヤル 応対時間 午前9時から午後8時 注 お電話がつながりにくい時間帯があります。 つながらない場合は、時間をおいておかけ直しください。 調布市特別定額給付金専用コールセンター 電話番号 042-481-7319 応対時間 午前9時から午後5時まで 土曜日・日曜日・休日を除く 新型コロナウイルス感染拡大に便乗した、「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください 市や国の職員などがATM 銀行・コンビニなどの現金自動支払機 の操作をお願いすることは絶対にありません。 給付のために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。 現時点で、市や国の職員から住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を照会することは、絶対にありません。 少しでも不審な電話や郵便物だと思ったら、消費生活センターや最寄の警察署にご連絡ください。 不審な電話や郵便物にはご注意ください。 なお、市では下記の封筒で申請書をお送りしております。 画像をクリックすると、より大きい画像でご覧いただけます。 特別定額給付金の封筒 58KB jpg 外国人の方へ For foreigners 特別定額給付金に関するお知らせです。

次の