政治 ネタ。 THE MANZAIウーマン村本が凄かったのはタブーの政治ネタだけじゃない、漫才全体で「平等とは何か」を訴え!|LITERA/リテラ

一目置かれる“教養・うんちく”政治・社会ネタ6

政治 ネタ

ウーマンラッシュアワーが出演した12月9日放送『THE MANZAI2018』(フジテレビ) ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、またやってくれた。 昨晩放送された『THE MANZAI』(フジテレビ)のことだ。 村本の話題については本サイトでも何度も取り上げてきたが、自身のTwitterをはじめ、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)『AbemaPrime』(AbemaTV)などで政権への批判をおこなってはネトウヨや右派論客から一斉攻撃を受け、しかし、それでも屈することなく発言しつづけている芸人だ。 しかし、今年は昨年のネタよりも一段ハイレベルなものへと進化させており、ただ一言、すごかった。 すでにさまざまなメディアで話題となっているが、あらためて、ウーマンラッシュアワーの漫才を紹介しよう。 村本はまずいきなり、「最近ねえ、芸人がですねえ、けっこう政治とか、社会問題とかね、けっこう発言する芸人が多い」「たいして勉強もしない芸人がね、社会問題とか政治について語るやんか」と日頃自らに向けられる批判を自虐のように切り出し、「社会問題とか政治について語る芸人のこと、どう思う?」と相方の中川パラダイスに問いかける。 中川「いや、そうなんですよ。 芸人は社会問題なんて、一切触れなくていいんですよ! ほっといたらいいんですよ!」 すると、村本は「でも僕はね、社会で起きてる問題を無視したくはないなって思うんですよ」「今世界中ではいろんな問題があって、たくさんの人たちが涙を流しています。 僕はお笑い芸人という立場で、誰も邪魔できない漫才で、そういう問題に触れていけたらなって、僕は思うんです」と宣言。 「社会問題なんてほっとけばいいと言いました。 関係ないと言いました。 真っ先に、目先の笑い、目先の好感度、目先の金のためならば、平気で立場の弱い人たちを無視できる最低な芸人」と自分への批判の反論、さらには空気ばかり読んでいる多くの芸人たちを皮肉るような切り返しをみせ、漫才の中に「社会問題」をどんどん打ち込んでいったのだ。 「子どもをいっぱいつくることでしょうか。 いっぱい働いて経済を回すことでしょうか。 僕は違うと思う。 お互いがお互いの居場所を生産し合う。 居場所をつくることだと僕は思うんですね」 村本は「この社会は本当に不寛容」だと言い、ここから超高速のマシンガントークがはじまる。 「たとえばLGBTの人たちが、自分たちがゲイだとかレズだとか言うときにカミングアウトという言葉を使うんですね。 そしてまた辺野古というところに新しくつくられようとしている。 そして石垣島のほうにもですね、自衛隊の基地がつくられようとしている。 沖縄の海って誰のもんですか? 日本のものなのか、アメリカのものなのか。 僕は違うと思う。 沖縄県民のものなんですよ。 だからこそ、いまこそ沖縄県民の怒りの声に耳を傾けるべきだと僕は思うんですね」 「シリアのジャーナリストの安田さんという方が英雄だとか自己責任だとか言われてますけど、いまこそシリアの悲惨な状況に僕は目を傾けるべきだと僕は思うんですよ」 「BTSが、原爆のTシャツを着てて、いろいろありましたけど、被爆者の気持ちを考えろって言うんであれば、いまこそ被爆者の方々の声に耳を傾けるべきだと僕は思う」 「『日本は平和だから、そんな社会的なこと言わなくていい』って言う人がたまにいる。 僕は平和じゃないと思う。 平和なところしか見ない人ばっかりの話で、平和じゃないとこたくさんある。 ニュースになってないだけで、被災地はまだまだ大変で、朝鮮学校の生徒さんは無償化を求めて一生懸命、寒いときにビラ配りとかやってるわけ 「電気を当たり前に使うけども、原発の危険性については考えず、原発の危険性について考えるけど、原発がなくなった後の地域の経済については考えない」 「水道が民営化になる。 政治家は簡単に通す。 でも国民はそれに対して無関心。 みんな見たくないものを見たくないだけで、本当に見るべきものがたくさん僕はあると思うんですね」.

次の

THE MANZAIウーマン村本が凄かったのはタブーの政治ネタだけじゃない、漫才全体で「平等とは何か」を訴え!|LITERA/リテラ

政治 ネタ

私はときに怒って話をすることがあります。 そうするとリスナーが「何か大事なことを言っているのかな」と、こちらに注意を向け、内容が記憶に残りやすいからです。 ちなみにこのテクニックは昔、放送作家に教わりました。 ラジオで話をすることに不安はありません。 なぜなら、普段から取材をしているから。 直接、政治家に取材をし、自分で得た情報や感じとったことだから不安なく話せるのだと思います。 一方で政治ジャーナリストは政治家に対してモノを言うのも仕事です。 「世の中ではこういう反応になっていますよ」と伝えるのは私たちの仕事であり、それができる立場にいなければなりません。 政治家がよいことをやっていれば「評判いいですよ」と言えばいい。 そうしたディスカッションができるようになってはじめて、相手の本音もわかるようになってきます。 選挙、マイナンバー…… 「教養・うんちく」政治・社会ネタ6 【1】びっくり!ドイツには「高校生の政治家」がいる 今年の6月から選挙権年齢が満18歳以上に引き下げられます。 この法改正は高齢化で高齢者に有利な施策が支持されやすくなり、税金を負担する若い人の声が政治に反映されなくなる恐れから、全党一致で決定しました。 一方、選挙に立候補できる年齢は従来通り、参院選や知事選なら30歳以上。 米国は25歳、フランスは23歳、ドイツは18歳です。 日本も引き下げられる日は近い? 【2】一度限りの取引先にもマイナンバーは必要か? 今年から社会保障や税の行政手続きでマイナンバーの利用がスタートしました。 重要な個人情報ですが、社内研修の謝礼などで支払調書を提出する講師など、一度限りの取引先においても、マイナンバーが必要になります。 私のようにさまざまな会社と取引を行っている個人は「マイナンバーカードのコピーを添付してください」とたくさん要求されることになり、企業には厳重な管理が求められます。

次の

政治厨とは (セイジチュウとは) [単語記事]

政治 ネタ

南 英世の 政治・経済学講義ノート 2020年度 政治・経済 年間授業計画 以下の講義内容は、本年度、大阪府立天王寺高等学校 で予定している授業内容です。 なお、 本ノートの著作権は南英世にありますので、引用する場合は、必ず出典を明記してくださるようお願い致します。 したがって、 憲法を守らなければならないのは国民ではなく,国家権力である .それが「法の支配」の意味である。 しかし、いずれも完全ではない。 宇宙から見た地球には国境はない。 人間はなぜ争うのか。 地球から戦争をなくすることはできないのであろうか。 世界恐慌をきっかけに、政府の役割が大きくなったが、その結果、日本は巨額の財政赤字を抱えることとなった。 その反省から現在、規制緩和・ 競争促進政策がすすめられているが、これはスミスの「自由放任政策」の焼き直しである。 国家は民間の経済活動にどこまでかかわるべきか。 その理論的根拠となっているのがリカードの比較生産費説である。 自由貿易と保護貿易の対立について、自分の意見をしっかり主張できるように理論武装をしよう。

次の