仁王 2 熟練 度。 【仁王2】熟練度の稼ぎ方|スキル上げ方法

【仁王2】効率の良い武器の熟練度稼ぎ。3分で約8000以上も可能!

仁王 2 熟練 度

今回は武器熟練度を効率良く上げる方法をご紹介します。 武器熟練度を効率良く上げる方法 準備すること 1. 2周目の薄明篇のメインミッション「衝天の魔」まで進める 2. 所持品に熟練度を上げたい武器を入れておく やり方 まずは「衝天の魔」でボスの前の社まで進めます。 この時、装備する武器は使い慣れている武器でOKです。 忍術の猫歩きの術と透っ波の術を使用して進めていけば時間を短縮してボス前の社まで行けます。 ただし小六前の常闇と小六戦はスルーすることができないので注意しましょう。 戦は、ひたすら手のアムリタを攻撃します。 アムリタ部分は、どんな武器でもダメージが通りやすいためみるみるうちに熟練度が上がっていきます。 3回目の致命攻撃前まできたら所持品から「腹切りの短刀」を使用して落命します。 ボス前の社から再開したら再びへ。 あとはこの作業を繰り返すだけです。 1回約5分で終わり、5万程度の熟練度を稼ぐことができます。 奥義スキルを覚えるために必要な熟練度は12万(2周目の場合は20万)なので、それぞれの武器種で3回周回するだけで修行ミッションが解放されます。 また、忍術や陰陽術の熟練度も上げたい場合は武器に属性をエンチャントする系のアイテムを使用してを攻撃すれば多少ですが熟練度を稼ぐことができます。 の攻撃は何回かプレイしていれば慣れてきて避けるのは簡単になってくるはずです。 まぁ結局、落命するので雑にプレイしても良いんですけどね。 鎌の熟練度を上げる様子を動画にしたので参考にしてみてください。 は社が近い・HPが高い・ダメージが通りやすい・攻撃が遅いと熟練度上げに最も適したボスです。

次の

【仁王2】レベル上限(カンスト)の仕様|必要アムリタ量

仁王 2 熟練 度

術スキル値上げは一部アイテムでも可能 忍者・陰陽スキルはそれぞれ 『遺髪』という特殊なアイテムを使うとでスキル値を上げられる。 遺髪アイテムは、ミッションで入手することができるが、1度入手したら再度同じミッションで入手はできない。 入手しているかは、ミッション選択画面でR1を押して確認しよう。 半妖スキル値は魂代で上げる 半妖スキル値は熟練度ではなく「常世の残思」を溜めることでスキル値が増加する。 この 常世の残思は「魂代」を入手する 拾って社まで か、魂代供養を行うことで溜めることが可能だ。 常世払い・妖怪化では溜まらないので注意。 熟練度の効率的な稼ぎ方 武器スキル値上げは攻撃するのみ 各武器スキルはひたすら敵にダメージを与えていくのみです。 ただし、 ダメージが高ければ高いほど熟練度も稼げるようになっているため、熟練度を稼ぐ際は、その武器の補正に極振りし、敵を倒していくのがおすすめだ。 例えば忍術の場合、手裏剣よりもクナイでダメージを出した方が効率的ということだ。 忍・呪に極振りすると超効率的 術の威力や術容量が上昇する 「忍」「呪」に極振りすれば、当然術ダメージや術仕度でセットできる術が増える。 「六道輪廻の書」が余っているのであれば、術スキル値上げや熟練度稼ぎのために使うのが良い。 忍術・陰陽に関しては1周でかなり稼ぐことが可能だ。 武器スキルに関しては、通常のミッションを進行させるのが手っ取り早いと感じる。 御前仕合での熟練度稼ぎ方法 「御前仕合」が始まると目の前に「漆黒のサムライ」がいるため、装備した術を連発し、敵のHPがギリギリになるまで攻撃したらダメージをあえて受けて落命しよう。

次の

【仁王2】熟練度の稼ぎ方|スキル上げ方法

仁王 2 熟練 度

術スキル値上げは一部アイテムでも可能 忍者・陰陽スキルはそれぞれ 『遺髪』という特殊なアイテムを使うとでスキル値を上げられる。 遺髪アイテムは、ミッションで入手することができるが、1度入手したら再度同じミッションで入手はできない。 入手しているかは、ミッション選択画面でR1を押して確認しよう。 半妖スキル値は魂代で上げる 半妖スキル値は熟練度ではなく「常世の残思」を溜めることでスキル値が増加する。 この 常世の残思は「魂代」を入手する 拾って社まで か、魂代供養を行うことで溜めることが可能だ。 常世払い・妖怪化では溜まらないので注意。 熟練度の効率的な稼ぎ方 武器スキル値上げは攻撃するのみ 各武器スキルはひたすら敵にダメージを与えていくのみです。 ただし、 ダメージが高ければ高いほど熟練度も稼げるようになっているため、熟練度を稼ぐ際は、その武器の補正に極振りし、敵を倒していくのがおすすめだ。 例えば忍術の場合、手裏剣よりもクナイでダメージを出した方が効率的ということだ。 忍・呪に極振りすると超効率的 術の威力や術容量が上昇する 「忍」「呪」に極振りすれば、当然術ダメージや術仕度でセットできる術が増える。 「六道輪廻の書」が余っているのであれば、術スキル値上げや熟練度稼ぎのために使うのが良い。 忍術・陰陽に関しては1周でかなり稼ぐことが可能だ。 武器スキルに関しては、通常のミッションを進行させるのが手っ取り早いと感じる。 御前仕合での熟練度稼ぎ方法 「御前仕合」が始まると目の前に「漆黒のサムライ」がいるため、装備した術を連発し、敵のHPがギリギリになるまで攻撃したらダメージをあえて受けて落命しよう。

次の