ぎぼ と 娘 の ブルース キャスト ひろき。 義母と娘のブルース(ぎぼむす)の子役で黒田大樹は誰?高校生役は?|PLEASANT ZONE

義母と娘のブルース【ぎぼむす】子役(娘役)と高校生役のみゆきは誰?|PLEASANT ZONE

ぎぼ と 娘 の ブルース キャスト ひろき

義母と娘のブルースの続編 正月スペシャル はいつ放送? 勝てばいいんです。 勝てば官軍ですから。 番組名: 義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル 放送日時: 2020年1月2日 夜9時から 放送局: TBS系列 2020年1月2日にスペシャルドラマとして、放送されます。 スペシャル版では、2018年に放送された「義母と娘のブルース」の1年後を描いたものとなっています。 続編 正月スペシャル のあらすじ 「義母と娘のブルース」の続編 正月スペシャル のあらすじはこのようになっています。 義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。 亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。 亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。 女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。 サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。 ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。 そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。 すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇!さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた!そこへ帰宅するみゆき。 まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。 「これは一体どうしたことでしょう!」 こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。 「本当の幸せとは何か?」血のつながらない母と娘、そんな二人の姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく。 周囲の人間たちも、温かく、優しく家族を支えていく。 そこには、今回も数えきれない笑顔と、ほんの小さな奇跡がある。 このドラマは、一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、そしてその家族を支えた人間たちの愛の物語である。 正月スペシャルの続編では、2018年に放送されたドラマの1年後が描かれています。 亜希子は再就職するために、大阪へ行き、みゆきは離れて生活していたようです。 今回は、赤ん坊が登場するということですが、誰の赤ちゃんなんでしょうか。 気になりますね。 続編 正月スペシャル の出演者 続編 正月スペシャル の出演者は、2018年に放送されたドラマと同じです。 みゆきの母となるためにバリバリ働いてきた会社を辞める。 良一の死んでからはトレイダーで稼ぎながら、みゆきを育てるが、地元のパン屋「麦田ベーカリー」で働くこととなります。 麦田が店を継いでから、売り上げが落ちた「麦田ベーカリー」でしたが、亜希子がさまざまなビジネスプランを立てて、売り上げを回復させる。 麦田は亜希子のことを好きになり、告白するも断られてしまいます。 みゆきが大学へ進学し、亜希子は、大阪の会社に再就職し、みゆきとは離れ離れとなる。 家族写真を撮ろうと言った翌日に他界してしまう。 亜希子が働きに行った地元のパン屋。 先代が引き継ぎ、売り上げを落としていたところ、亜希子のさまざまなビジネスプランで、売り上げを回復させる。 最終回では大学受験をして、見事、合格。 続編では女子大生となり、「麦田ベーカリー」でバイトをしている。 みゆきとは同級生ですが、子供の頃、病気で1年遅れており、続編ではまだ高校3年生。 みゆきは、「麦田ベーカリー」でバイトをしており、亜希子がみゆきの家を訪れた時、麦田が出てきて、赤ん坊が抱きかかえられているとのこと。 一体、誰の赤ちゃんなんでしょうか? また、テレビの予告では、金屏風の前に立つ麦田、みゆき、亜希子のシーンがありました。 これは一体!? 『 2020年謹賀新年SP』 ちゃん 1 — Quadlancer Quadlancer 麦田とみゆきが結婚!?赤ちゃんは、麦田とみゆきの間に生まれた子なんでしょうか!? 義母と娘のブルース ぎぼむす のネタバレあらすじと感想 突然のクビ コンサルティング会社である、アクセルビジネスパートナーズに入社した亜希子はバリバリ仕事をこなし次々と契約を取っていた。 そんなある日、ボスから呼び出された亜希子は格安スポーツジムを運営するゴルディックグループの再建を任される。 一方みゆきは、女子大生となり相変わらずのマイペースで周囲からの愛されキャラで生活をしていた。 そんなみゆきに、亜希子は大きな仕事を任されたと喜びの報告をするのであった。 亜希子の出した無駄を排除するという再建案のチェックをボスに依頼し、それが承認されプレゼンへと向かっていった。 しかし、人を大切にするゴルディック社の社長の山本勘九郎から厳しい言葉をかけられてしまう。 契約を切られてしまうのを恐れたボスは、亜希子に全ての責任を負わせクビを言い渡すのだった。 突然の赤ん坊 クビの理由もわからぬまま、空を見上げた赤ん坊は、東京方面に向かって飛んでいく鳥の群れを見て、啓示ではないかと東京へと帰っていく。 みゆきの家に着いた亜希子は、裸で赤ん坊をだっこする麦田の姿に驚き、そこに帰って来たみゆきの話も冷静に聞けずに外へと飛び出してしまう。 冷静を取り戻し家に帰った亜希子は、麦田の店の前に捨てられていた赤ん坊だと知らされホッとする。 「あなたの子供です」と書かれたメモを見つけたみゆきは、麦田に心当たりがないかと問い詰める。 心当たりのない麦田だったが、可能性がないわけでもないと語ると、亜希子は心当たりの女性に連絡するよう指示を出す。 そして、顔つきに貫禄のある赤ん坊を「専務」と名付け、しばらくの間亜希子が世話をすることになるのだった。 子育て問題 専務の面倒を見ていた亜希子だったが、言葉の通じない相手をすることの大変さを身に染みて感じていた。 そこに手伝いにきた晴美は、バギーの中に子育て支援センターの紙があることを発見する。 亜希子は手掛かりがあるのではないかと、専務を連れてその子育て支援センターへと向かっていった。 その頃田口に連絡を取った麦田が、専務のことを相談すると、DNA鑑定をしたらどうかとアドバイスを受けるのだった。 子育て支援センターに向かった亜希子は、そこで母親たちの話を聞いていると、子育ての大変さをさらに聞かされるのだった。 そして亜希子は子育て支援にこそ、新しいビジネスがあるのではないかと考え始めるのだった。 ある問題 そんなある日、麦田の店にやって来た良一の元上司の笠原から亜希子のことを聞いたみゆきは、喫茶店に亜希子を呼び出す。 笠原を前にした亜希子は、クビになったことを言い出せなかったのだとみゆきに話していた。 それでも、個人としてゴルディックの再建案が浮かんできたと話す亜希子は、あるプランがあるのだと話していた。 そんな諦めない亜希子の姿を見たみゆきは、安心しさらに応援することを近くのだった。 専務を預かってから2週間ほどが経ち、下山からそろそろ警察に届けるべきだと言われてしまう。 返すことが幸せなのかと反対するみゆきに、亜希子は血の繋がった親の元に返すことが大事なのだと説得するのだった。 それを聞いたみゆきは、家を飛び出すと仕込みをする麦田の元へと向かっていくのであった。 散歩という名の誘拐 麦田に相談したみゆきは、DNA鑑定でズルをしてでも親子関係を証明させるべきだと話す。 難色を示す麦田だったが、これを機に亜希子と結婚出来るかもしれないと話すと、急に乗り気になり実家へと急ぎ帰るのだった。 早朝帰ったみゆきは、専務をこっそり連れ出し、散歩に行ってくると書き置きを残して家を出ていく。 翌朝目を覚ました亜希子は、専務が居ないことに驚き家中を探し回ると、みゆきの残した書き置きを見つける。 散歩という名の誘拐だと、戦闘モードに切り替わった亜希子は、必死にみゆきの行方を探すのだった。 大学でみゆきと専務を見つけた亜希子は、必死でみゆきを追いかけるのであった。 本当の誘拐!? ついにみゆきと専務を捕まえた亜希子だったが、足がもつれてしまいバギーを手離してしまう。 坂を転がっていくバギーを必死に追いかける亜希子とみゆきだったが、そのバギーを1人の男性が受け止める。 お礼を伝えようと近づいていくと、その男性は専務を連れて逃げ出してしまうのであった。 慌てて追いかける亜希子たちだったが、信号で引き離されてしまい、困っていた。 するとその近くにひろきが居ることに気がついたみゆきは、その男性を捕まえるようにひろきに指示を出すのであった。 捨てられた理由 なんとか男性を捕まえたひろきの元に亜希子たちが到着し、みゆきが怒ろうとしたところ、亜希子は専務の本当の父親ではないかと声をかける。 すると男性は、専務が産まれてすぐに母親が亡くなったことや、仕事を辞めたが子育てがうまくいかなかったことを話し始める。 そんなある日、子供の扱いのうまい麦田を見て出来心でお店の前に捨ててしまったのだという。 しかし、離れたとたん子供のことが心配になってしまい、取り戻そうと帰って来たのだと語る。 勝手すぎると怒り出すみゆきだったが、亜希子も子育ての大変さがわかったと慰め、大事なのは環境なのだと語りかける。 そして、これからは亜希子やみゆきたちが助けにいくというプランを提案し、父親は涙ながらに感謝するのだった。 まさかの展開!? 専務の問題が解決した亜希子は、ゴルディックの社長に、新しい再建案を提出し、見事採用されるのであった。 話し合いが何度も行われ、形付いてきた頃、2019年も終わりを迎え、亜希子はみゆきのもとに帰って来たのだった。 新年の挨拶をしに麦田の所へきた亜希子は、そこでゴルディックの件が終わってから再度麦田の店で働くことになるのだった。 初詣をしていた亜希子のスマホに、ゴルディックの社長秘書から突然の呼び足しの連絡が入る。 休み明け大阪に戻った亜希子は、ゴルディックが突然買収にあったのだと報告を受ける。 さらにその新しいオーナーが再建案中止を求めているのだと伝えられ、そのオーナーに会うことになるのだった。 待っていた亜希子の元にやってきたのは、亡き夫良一に瓜二つの男性で良治という名前を聞いた亜希子は、驚きを隠せずにいるのだった。 感想 亜希子とみゆきがまた見れたことがとても嬉しく、面白さも変わらずにあっという間の2時間でした。 それにしても、亜希子の手腕はさすがなもので、本当にバリバリのキャリアウーマンでしたね。 最後の良一そっくりの良治とは一体誰なのか?中途半端な終わりかたに続編や映画化など期待に胸が膨らむスペシャルでした。 続編が気になりますが、動画配信サービス「Paravi パラビ 」では、オリジナルストーリー 「義母と娘の間のフェルマータ」が配信されています。 「佐藤健 編」「竹野内豊 編」「井之脇海 編」の3本立てとなっています。 竹野内豊が演じた良一そっくりの良治が何者か知りたい方は、見るしかないですね!.

次の

義母と娘のブルース

ぎぼ と 娘 の ブルース キャスト ひろき

もくじ• 【義母と娘のブルース】高校生のひろきとみゆきの胸キュンスカッと! ドラマ「義母と娘のブルース」の原作は、桜沢鈴さんの4コマ漫画が原作です。 必ずオチのある4コマ目で、会社あるある、親子あるある、笑えます。 でも、実はかなり切ない家族ドラマです。 笑った後に号泣します! 主人公の岩木亜希子(綾瀬はるか)は、大手金属会社のバリバリのキャリアウーマン部長で、祖母に育てられて、自立するために勉強と仕事しかしてこなかった32歳(綾瀬はるかは33歳)です。 突然、シングルファーザーの宮本良一(竹野内豊)と結婚して、みゆき(8歳)のママになります。 みゆきと初対面の日、子供の接し方がわからない亜希子は、みゆきに名刺を渡す。 「なんかヤダこの人」と言われても、部長はめげない!更に「クレームは成長へのカギ、不満な点を教えてほしい」と迫ります。 子供の心は、取引先よりも難しいと実感した亜希子・・・。 ある日、みゆきが男の子にいじめられているのを見て、みゆきと一緒にまずは、公園の陰で敵のリサーチ! 敵のひろきに、何でいじめるのか聞く(交渉する)ようにみゆきに言って、ひろきにからかわれるのが嫌なことを伝えると、ひろきも悪気はなかったと、2人は和解します。 そんな何事にも一生懸命な亜希子に、みゆきもだんだん心を開いてきます。 それからの亜希子とみゆきのあらすじは、にあります。 スポンサーリンク ひろきと絶交!空気の読めないみゆき 初対面の亜希子にも「なんかヤダこの人」と言えてしまうみゆきは、学校でも、女子とは遊ばずに男子とドッジボール、小3にもなると、女の子のグループも出来て、男の子を意識したり敏感になります。 ひろきのことが好きな子がいるのに、みゆきはひろきと仲良くしていたことで、いろいろ聞かれます。 そのことから、ひろきに「キモい」と言ってしまいます。 それから、ひろきは父親の転勤で引っ越していなくなってしまいました。 しかし、ビジネス用語にまみれた義母・亜希子の影響を受けて変な子に育ってます。 男子に告白されても「検討いたします」付き合えない男子には「内定取り消し」穏便に断るために、亜希子が教えた返事です! そんな時、通学の電車でひろきと再会します。 ひろきに好きだったと言われて、みゆきは動揺「ごめんなさい」と走って逃げてしまいます。 良一のお葬式の日、気丈に振舞っていた亜希子とみゆきですが、実は、かなり動揺していた亜希子・・・それを見抜いたひろきに 「みゆきを守るのは義母さんしかいない」と言われて、気づきます。 自分より、動揺しているのはみゆきだということに! みゆきは、亜希子は義母だし、これからは、ひとりで生きていかなければならないと言います。 亜希子は「みゆきも良一さんも愛してる、これからも家族よ」とみゆきを抱きしめて、2人に遠慮がなくなり、本当の家族になりました。 そのことを、ひろきが気づかせてくれたことを話すと、みゆきに勇気が湧きました。 話しかけるとひろきも同じ気持ちだったことが伝わって、明るく意気投合! 2人は、付き合うことになって、亜希子は、少し寂しくなって、子離れするのは自分だと思うのでした。 スポンサーリンク 章店長の恋も応援する! 空気を読んで、人の気持ちがわかるひろきは、亜希子がパートしているパン屋の店長・麦田章が、亜希子のことが好きだと気づきます。 麦田を応援するために、亜希子が好きな食べ物をリサーチ! 亜希子が好きな食べ物でパンを作って、喜ばせようとしますが、酒盗にスルメ・・・パンに合わない素材ばかり・・・! 倒産寸前の店を立て直したら、亜希子に告白すると頑張りました。 亜希子のアドバイスで、パン屋は人気店に! 亜希子に告白しますが、良一への愛を感じて、店長はあきらめます。 みゆきとひろきに「おまえらと家族になりたかった」・・・切ない! 麦田にプレゼントされた服を着て、経営コンサルタントの会社を立ち上げて、社長になる亜希子でした。 ほんのり、麦田への気持ちを匂わせながら・・・。 アラ環になった亜希子とみゆきの約30年後! 経営コンサルタントの会社を経営して、ド派手な社長になっている亜希子! 社長として輝くようにアドバイスした麦田店長の言う通りにしていた! ひろきとみゆきは、結婚して2児のパパとママになって、ひろきの姑と暮らしていてヘトヘトです。 ひろきの母は実は・・・ 井之脇海に「好青年」「可愛い」の声続出…「義母と娘のブルース」第7話 — シネマカフェcinemacafe. 実は、そのボスママがひろきの母だったなんて、壮大なオチが待っていました。 アラ環になって、丸くなった亜希子とひろきの母は、親子6人で住むことになります。 最後まで、家族のハートフルなコメディでした。 義母と娘のブルースのドラマやお正月スぺシャル・パラビ独占のアナザーストーリーが無料で見られる方法あります。

次の

『義母と娘のブルース』2020年 謹賀新年スペシャル|キャスト、あらすじ、見どころ、放送日を紹介!

ぎぼ と 娘 の ブルース キャスト ひろき

義母と娘のブルースの続編 正月スペシャル はいつ放送? 勝てばいいんです。 勝てば官軍ですから。 番組名: 義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル 放送日時: 2020年1月2日 夜9時から 放送局: TBS系列 2020年1月2日にスペシャルドラマとして、放送されます。 スペシャル版では、2018年に放送された「義母と娘のブルース」の1年後を描いたものとなっています。 続編 正月スペシャル のあらすじ 「義母と娘のブルース」の続編 正月スペシャル のあらすじはこのようになっています。 義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。 亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。 亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。 女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。 サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。 ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。 そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。 すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇!さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた!そこへ帰宅するみゆき。 まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!? 「ち、違うんです宮本さん!!」「違うの、お母さん!!」このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。 「これは一体どうしたことでしょう!」 こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。 「本当の幸せとは何か?」血のつながらない母と娘、そんな二人の姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく。 周囲の人間たちも、温かく、優しく家族を支えていく。 そこには、今回も数えきれない笑顔と、ほんの小さな奇跡がある。 このドラマは、一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、そしてその家族を支えた人間たちの愛の物語である。 正月スペシャルの続編では、2018年に放送されたドラマの1年後が描かれています。 亜希子は再就職するために、大阪へ行き、みゆきは離れて生活していたようです。 今回は、赤ん坊が登場するということですが、誰の赤ちゃんなんでしょうか。 気になりますね。 続編 正月スペシャル の出演者 続編 正月スペシャル の出演者は、2018年に放送されたドラマと同じです。 みゆきの母となるためにバリバリ働いてきた会社を辞める。 良一の死んでからはトレイダーで稼ぎながら、みゆきを育てるが、地元のパン屋「麦田ベーカリー」で働くこととなります。 麦田が店を継いでから、売り上げが落ちた「麦田ベーカリー」でしたが、亜希子がさまざまなビジネスプランを立てて、売り上げを回復させる。 麦田は亜希子のことを好きになり、告白するも断られてしまいます。 みゆきが大学へ進学し、亜希子は、大阪の会社に再就職し、みゆきとは離れ離れとなる。 家族写真を撮ろうと言った翌日に他界してしまう。 亜希子が働きに行った地元のパン屋。 先代が引き継ぎ、売り上げを落としていたところ、亜希子のさまざまなビジネスプランで、売り上げを回復させる。 最終回では大学受験をして、見事、合格。 続編では女子大生となり、「麦田ベーカリー」でバイトをしている。 みゆきとは同級生ですが、子供の頃、病気で1年遅れており、続編ではまだ高校3年生。 みゆきは、「麦田ベーカリー」でバイトをしており、亜希子がみゆきの家を訪れた時、麦田が出てきて、赤ん坊が抱きかかえられているとのこと。 一体、誰の赤ちゃんなんでしょうか? また、テレビの予告では、金屏風の前に立つ麦田、みゆき、亜希子のシーンがありました。 これは一体!? 『 2020年謹賀新年SP』 ちゃん 1 — Quadlancer Quadlancer 麦田とみゆきが結婚!?赤ちゃんは、麦田とみゆきの間に生まれた子なんでしょうか!? 義母と娘のブルース ぎぼむす のネタバレあらすじと感想 突然のクビ コンサルティング会社である、アクセルビジネスパートナーズに入社した亜希子はバリバリ仕事をこなし次々と契約を取っていた。 そんなある日、ボスから呼び出された亜希子は格安スポーツジムを運営するゴルディックグループの再建を任される。 一方みゆきは、女子大生となり相変わらずのマイペースで周囲からの愛されキャラで生活をしていた。 そんなみゆきに、亜希子は大きな仕事を任されたと喜びの報告をするのであった。 亜希子の出した無駄を排除するという再建案のチェックをボスに依頼し、それが承認されプレゼンへと向かっていった。 しかし、人を大切にするゴルディック社の社長の山本勘九郎から厳しい言葉をかけられてしまう。 契約を切られてしまうのを恐れたボスは、亜希子に全ての責任を負わせクビを言い渡すのだった。 突然の赤ん坊 クビの理由もわからぬまま、空を見上げた赤ん坊は、東京方面に向かって飛んでいく鳥の群れを見て、啓示ではないかと東京へと帰っていく。 みゆきの家に着いた亜希子は、裸で赤ん坊をだっこする麦田の姿に驚き、そこに帰って来たみゆきの話も冷静に聞けずに外へと飛び出してしまう。 冷静を取り戻し家に帰った亜希子は、麦田の店の前に捨てられていた赤ん坊だと知らされホッとする。 「あなたの子供です」と書かれたメモを見つけたみゆきは、麦田に心当たりがないかと問い詰める。 心当たりのない麦田だったが、可能性がないわけでもないと語ると、亜希子は心当たりの女性に連絡するよう指示を出す。 そして、顔つきに貫禄のある赤ん坊を「専務」と名付け、しばらくの間亜希子が世話をすることになるのだった。 子育て問題 専務の面倒を見ていた亜希子だったが、言葉の通じない相手をすることの大変さを身に染みて感じていた。 そこに手伝いにきた晴美は、バギーの中に子育て支援センターの紙があることを発見する。 亜希子は手掛かりがあるのではないかと、専務を連れてその子育て支援センターへと向かっていった。 その頃田口に連絡を取った麦田が、専務のことを相談すると、DNA鑑定をしたらどうかとアドバイスを受けるのだった。 子育て支援センターに向かった亜希子は、そこで母親たちの話を聞いていると、子育ての大変さをさらに聞かされるのだった。 そして亜希子は子育て支援にこそ、新しいビジネスがあるのではないかと考え始めるのだった。 ある問題 そんなある日、麦田の店にやって来た良一の元上司の笠原から亜希子のことを聞いたみゆきは、喫茶店に亜希子を呼び出す。 笠原を前にした亜希子は、クビになったことを言い出せなかったのだとみゆきに話していた。 それでも、個人としてゴルディックの再建案が浮かんできたと話す亜希子は、あるプランがあるのだと話していた。 そんな諦めない亜希子の姿を見たみゆきは、安心しさらに応援することを近くのだった。 専務を預かってから2週間ほどが経ち、下山からそろそろ警察に届けるべきだと言われてしまう。 返すことが幸せなのかと反対するみゆきに、亜希子は血の繋がった親の元に返すことが大事なのだと説得するのだった。 それを聞いたみゆきは、家を飛び出すと仕込みをする麦田の元へと向かっていくのであった。 散歩という名の誘拐 麦田に相談したみゆきは、DNA鑑定でズルをしてでも親子関係を証明させるべきだと話す。 難色を示す麦田だったが、これを機に亜希子と結婚出来るかもしれないと話すと、急に乗り気になり実家へと急ぎ帰るのだった。 早朝帰ったみゆきは、専務をこっそり連れ出し、散歩に行ってくると書き置きを残して家を出ていく。 翌朝目を覚ました亜希子は、専務が居ないことに驚き家中を探し回ると、みゆきの残した書き置きを見つける。 散歩という名の誘拐だと、戦闘モードに切り替わった亜希子は、必死にみゆきの行方を探すのだった。 大学でみゆきと専務を見つけた亜希子は、必死でみゆきを追いかけるのであった。 本当の誘拐!? ついにみゆきと専務を捕まえた亜希子だったが、足がもつれてしまいバギーを手離してしまう。 坂を転がっていくバギーを必死に追いかける亜希子とみゆきだったが、そのバギーを1人の男性が受け止める。 お礼を伝えようと近づいていくと、その男性は専務を連れて逃げ出してしまうのであった。 慌てて追いかける亜希子たちだったが、信号で引き離されてしまい、困っていた。 するとその近くにひろきが居ることに気がついたみゆきは、その男性を捕まえるようにひろきに指示を出すのであった。 捨てられた理由 なんとか男性を捕まえたひろきの元に亜希子たちが到着し、みゆきが怒ろうとしたところ、亜希子は専務の本当の父親ではないかと声をかける。 すると男性は、専務が産まれてすぐに母親が亡くなったことや、仕事を辞めたが子育てがうまくいかなかったことを話し始める。 そんなある日、子供の扱いのうまい麦田を見て出来心でお店の前に捨ててしまったのだという。 しかし、離れたとたん子供のことが心配になってしまい、取り戻そうと帰って来たのだと語る。 勝手すぎると怒り出すみゆきだったが、亜希子も子育ての大変さがわかったと慰め、大事なのは環境なのだと語りかける。 そして、これからは亜希子やみゆきたちが助けにいくというプランを提案し、父親は涙ながらに感謝するのだった。 まさかの展開!? 専務の問題が解決した亜希子は、ゴルディックの社長に、新しい再建案を提出し、見事採用されるのであった。 話し合いが何度も行われ、形付いてきた頃、2019年も終わりを迎え、亜希子はみゆきのもとに帰って来たのだった。 新年の挨拶をしに麦田の所へきた亜希子は、そこでゴルディックの件が終わってから再度麦田の店で働くことになるのだった。 初詣をしていた亜希子のスマホに、ゴルディックの社長秘書から突然の呼び足しの連絡が入る。 休み明け大阪に戻った亜希子は、ゴルディックが突然買収にあったのだと報告を受ける。 さらにその新しいオーナーが再建案中止を求めているのだと伝えられ、そのオーナーに会うことになるのだった。 待っていた亜希子の元にやってきたのは、亡き夫良一に瓜二つの男性で良治という名前を聞いた亜希子は、驚きを隠せずにいるのだった。 感想 亜希子とみゆきがまた見れたことがとても嬉しく、面白さも変わらずにあっという間の2時間でした。 それにしても、亜希子の手腕はさすがなもので、本当にバリバリのキャリアウーマンでしたね。 最後の良一そっくりの良治とは一体誰なのか?中途半端な終わりかたに続編や映画化など期待に胸が膨らむスペシャルでした。 続編が気になりますが、動画配信サービス「Paravi パラビ 」では、オリジナルストーリー 「義母と娘の間のフェルマータ」が配信されています。 「佐藤健 編」「竹野内豊 編」「井之脇海 編」の3本立てとなっています。 竹野内豊が演じた良一そっくりの良治が何者か知りたい方は、見るしかないですね!.

次の