エクセル 計算されない。 Excelで計算してみよう!計算機能の基本 [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセルの数式が反映されない場合の対処法|Office Hack

エクセル 計算されない

エクセルの計算だと、上記のように「105,668」となります。 2」となります。 四捨五入をすると「105,667」となり、先ほどのエクセルでの計算結果「105,668」と計算結果は一致しません。 計算結果が違う原因は「端数処理のタイミングの違い」です。 電卓での計算では、計算の 最後で端数処理をしている• エクセルの計算では、計算 途中で端数処理をしている という違いがあるために、計算結果が変わってきてしまうのです。 一方で、電卓で同じ計算をすると「0. 9999999999」という計算結果になってしまいます。 普通の電卓だと、割り算が「割り切れない」場合には、有限桁で計算を打ち切ってしまい、誤差が生じてしまいます。 3333333・・・」と無限に「3」が続くはずのところを「0. 33333333333」というふうに有限桁で計算を止めてしまいます。 当然、その数値を使って後続の計算をすると、計算結果が正しくなくなってしまいます。 電卓とエクセルの計算を合わせるためには 電卓とエクセルとで計算を合わせるためには、次のことに気をつけましょう。 電卓で計算をする際には、エクセルに入力されている「実際の値」を使う• エクセルと電卓とで端数処理のタイミングを合わせる• 電卓で割り切れない数の計算をしない.

次の

【エクセル】いまさら聞けないエクセル計算の時短テクニックまとめ

エクセル 計算されない

エクセルの計算だと、上記のように「105,668」となります。 2」となります。 四捨五入をすると「105,667」となり、先ほどのエクセルでの計算結果「105,668」と計算結果は一致しません。 計算結果が違う原因は「端数処理のタイミングの違い」です。 電卓での計算では、計算の 最後で端数処理をしている• エクセルの計算では、計算 途中で端数処理をしている という違いがあるために、計算結果が変わってきてしまうのです。 一方で、電卓で同じ計算をすると「0. 9999999999」という計算結果になってしまいます。 普通の電卓だと、割り算が「割り切れない」場合には、有限桁で計算を打ち切ってしまい、誤差が生じてしまいます。 3333333・・・」と無限に「3」が続くはずのところを「0. 33333333333」というふうに有限桁で計算を止めてしまいます。 当然、その数値を使って後続の計算をすると、計算結果が正しくなくなってしまいます。 電卓とエクセルの計算を合わせるためには 電卓とエクセルとで計算を合わせるためには、次のことに気をつけましょう。 電卓で計算をする際には、エクセルに入力されている「実際の値」を使う• エクセルと電卓とで端数処理のタイミングを合わせる• 電卓で割り切れない数の計算をしない.

次の

SUM関数で計算できない:エクセル2010基本講座

エクセル 計算されない

エクセルを使用していて便利な機能といえば再計算機能がそのひとつです。 エクセルの再計算には自動計算と手動計算があり、基本的には自動計算が設定されています。 しかし、時には自動計算されないことがあります。 特に会社などで他の人が使用したあとに使おうとすると、この現象が起こりやすいです。 そこで今回は、自動計算されないときに考えられる要因と対処法を紹介します。 自動計算されない時の要因と対処方法 エクセルで自動計算されないときに考えられる要因としては、エクセルの設定が違う、もしくは数式や関数が違うことが挙げられます。 考えられる原因1.計算方式が「手動」になっている エクセルの設定で「手動計算」が適用されてしまっている場合、自分で「再計算実行」をクリックするか、「F9」キーを押さなければ再計算はされません。 自動計算がされないときには、まず以下の手順で設定が手動計算になっていないかを確認してみましょう。 [数式]タブの「計算方法の設定」をクリックします。 「自動」、「データテーブル以外自動」、「手動」の3つから計算方法が選べるようになっています。 この時「手動」チェックが付いている場合は、手動計算が適用されているため、「自動」をクリックします。 これで自動計算が適用されます。 考えられる原因2.セルの書式設定が「文字列」になっている また、設定が自動計算になっているにも関わらず自動計算されないときには、セルの書式設定が「文字列」になっているかもしれません。 通常、セルの表示形式は「標準」になっており、数値かそれ以外の文字かを自動的に判断して適切な処理を行うことができます。 しかし、セルの表示形式が「文字列」になっていると、数値を入力してもひらがなやカタカナと同じ扱いになります。 その結果、文字は計算することができないので自動計算も適応されないという現象が起こります。 セルの表示形式の変更を行う方法は次の通りです。 「ホーム」タブの「数値」グループにある白いボックス(表示形式)の三角印 プルダウンメニュー をクリックします。 いくつかの項目の中から「標準」もしくは「数値」を選ぶことで設定は完了です。 それ以外に考えられる原因 上記以外に考えられる原因をご紹介します。 まず、数式や関数が違っているときには自動計算がされません。 特に関数を使用するときには「関数の挿入(fxと表示されているボタン)」を使わず、手動で入力するときによく生じる現象です。 バージョンによって「関数の挿入」に含まれている関数と、そうでない関数がありますが、日常的によく使用する関数のほとんどはこのボタンから選択できるので、関数の入力間違いを防ぐためには「関数の挿入」から操作すると良いでしょう。 次に、計算対象の範囲がズレている可能性です。 当然ながらこちらも自動計算が適用されません。 エクセルにはオートフィル機能という、ひとつのセルに入力された数式をそのままコピーできる機能があります。 そのオートフィルを使用した際にこの問題はよく見られます。 たとえば、商品の仕入れ伝票で考えてみましょう。 商品の単価がセルB1に入力されており、仕入れた日付ごとにその個数と金額を求め、最後に合計金額を算出するという表です。 自動計算されるのはsum関数を使用して算出する合計金額のセルC7です。 ここでオートフィルを使い、残りの金額も求めることになりますが、このままオートフィルでコピーをするとエラーが出てしまいます。 オートフィルに限らず、セル番地はコピーするとズレるという特徴があります。 単価が入力されているセル番地に固定して計算しなければ正しい数値は算出されません。 そこで使うのが「絶対参照」です。 セルB1に、絶対参照を表す「$」を付けることで、コピーしてもセル番地を固定することができます。 同時に合計金額も正しい金額が反映されます。 個数や単価を変更したとしても、合計金額が自動計算されます。 特にエクセル初心者は陥りやすい現象なので、注意しましょう。 いかがでしたか? エクセルで自動計算がされないときには、設定や数式・関数が異なっているという単純な問題であることが多いため、自動計算がされなくなっても焦らず原因を追究して対処するようにしましょう。

次の