ご 迷惑 を おかけ し ます が よろしく お願い し ます。 「ご不便をおかけしますが」は日本語として正しい?使い方と英語表現

こむかい動物病院へようこそ。

ご 迷惑 を おかけ し ます が よろしく お願い し ます

「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。 」は英語で下記のように言えます。 I am sorry for the inconvenience, but I would really appreciate your cooperation. 「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」 ・inconvenience は、「迷惑、不都合、不便」という意味です。 ・appreciate your cooperation は、「協力に感謝します」という意味です。 Thank you for your cooperation. よりも丁寧な表現です。 I am sorry to trouble you, but I would appreciate your support. 「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」 ・直訳すると「あなたにご迷惑をおかけしますが、あなたの支援に感謝いたします」 という意味です。 ・trouble は、動詞で、「手数をかける、迷惑をかける」という意味です。 I apologize for any inconvenience this may cause you. Thank you so much for your understanding. 「このことによって生じるご面倒についてお詫びします。 ご理解のほどよろしくお願いします」 ・apologize for は、sorry for---より丁寧な表現でビジネスの場面で使えます。 ご参考になれば幸いです。

次の

今年もよろしくお願いします

ご 迷惑 を おかけ し ます が よろしく お願い し ます

「ご迷惑おかけしますが」の使い方とビジネスメール例文5選! 「ご迷惑おかけしますが」は相手を不快な思いをさせた時に使う ビジネスメールなどで使われる表現である「ご迷惑おかけしますが」という表現。 何気なくメールややり取りで使うことが多いでしょう。 これは相手に対してお願い事をするときや、なにか「ご面倒」や「お手数」といった不快な思いを感じさせるようなことなどを頼む時に使う表現です。 相手がいつも忙しい相手であったり、時間を割いてもらうような案件が発生したときなどにもこうした表現を使うことが非常に多いです。 場合によって「ご面倒」「お手数」と感じられる事柄が人によって異なるという場合もあり、大した用事でもないのに、こうした表現を使うと場違いな印象を与えるということもあります。 ビジネスメールで使われることの多い「ご迷惑をおかけしますが」 「ご迷惑おかけしますが」という表現は主にビジネスメールで使われやすいです。 また、口頭の打ち合わせなどの場合にもこうした言葉を使うこともあります。 相手の会社の都合や、個人の都合などを加味したうえで、相手に「ご面倒や、お手数をおかけする」と感じた時に使われる表現です。 最近では英語のやり取りをするということもあるでしょう。 ビジネスメールにて英語を使うという人たちにとっては日本語の敬語表現と海外との表現の違いに驚いたという人もいるでしょう。 今回は以下の項目で英語の「ご迷惑おかけしますが」という表現も紹介するので是非今後のビジネスメールで活用してみてください。 以下の項目では、そうしたビジネスの場で使われるビジネスメールでの「ご面倒おかけしますが」の表現について紹介します。 是非参考にして、どのように使われることが多いのかを把握して、ご自身のビジネスメールに活用してみてください。 また、以下のリンクでも敬語の使い方や、メールに役立つような項目があります。 以下のように使うと「ご迷惑をおかけしますが」という表現にしても使えます。 お世話になっております。 先日は資料をお送りいただきありがとうございました。 昨日もこちらからご案内しておりましたが、申込みの締切は明日までとなっております。 お忙しいところ大変ご迷惑おかけしますが、ご対応いただきますよう何卒宜しくお願いいたします。 「ご面倒をおかけしますが」「ご迷惑おかけしますが」という表現にしてしまうと、相手に「それなら依頼するな」という気持ちにさせてしまったりすることも稀にあります。 相手に依頼して、必ず書いてもらう必要のある書類をお願いするという場合には、「お忙しいところ」とクッションを用いて表現を使うのが良いでしょう。 「ご迷惑おかけしますが」という表現を使うときには相手のことを敬うという気持ちが文章の中に現れてきます。 相手にお願いごとをするときには以下のように表現すると伝わりやすいでしょう。 お世話になっております。 先日はお忙しい中おいでいただき、誠にありがとうございました。 7月8日の件について前もって3部ほど資料をこちらに送付していただきますようお願いいたします。 大変ご迷惑おかけしますがよろしくお願いいたします。 上記の表現を「大変お手数かと思いますが」という表現にすることもできます。 しかし、こちらが一方的にお願いして何かをお願いするというときにはお手数をおかけするという表現よりもご面倒、ご迷惑という表現を使うということが非常に多いです。 相手の置かれている状況を理解した上で言葉を選びましょう。 そうした場合には、こうした「ご迷惑おかけしますが」という表現や類語である「お手数」「ご面倒」という表現を使うということが多いです。 以下のようなメールだと対応しやすいでしょう。 お世話になっております。 先日お客様から来年の春の引っ越しに関して変更の連絡がありました。 手続きの関係上、大変ご迷惑おかけしますが、早急に対処いただきますようよろしくお願いいたします。 上記のような内容の場合、お客様の都合によるキャンセルやトラブルなどの内容だとわかるので、「お手数」「ご面倒」という表現でも相手に不快な思いをさせることなく、内容を伝えることができます。 場合によっては、自分の責任であるにもかかわらず、責任転嫁しているような文章とも取れることがあるので気をつけましょう。 一方的に自分の責任だと感じている場合には「ご迷惑おかけしますが」という表現を使うということが多いです。 以下のような例文を参考にしてビジネスメールに活かしましょう。 お世話になっております。 先日お客様からご連絡を頂いてた阿部と申します。 この度は弊社の起こしたシステム障害によるトラブルということで大変ご迷惑おかけしております。 申し訳ございません。 早急に対応してまいりますので、今しばらく、復旧までお待ち頂ますようよろしくお願いいたします。 誠に申し訳ございません。 相手に謝罪の気持ちを伝えるという場合には「大変」という表現を使うことが多いです。 ご迷惑、ご面倒をおかけするという表現を使うことで相手の気持ちを推し量った表現になるので、相手の怒りなどを更に助長することも少なく、謝罪のメールにはよく使われる表現だと言えるでしょう。 英語の表現も以下で紹介します。 自分の一方的な都合によって相手に迷惑を掛ける、または「ご面倒」「お手数」をかけるという場合にはこうした表現がよく使われます。 是非、ビジネスメールなどで参考にしてみてください。 お疲れ様です。 下北です。 3月中にプレゼンのデータを皆様にお送りする予定でしたが大幅に予定が遅れております。 つきましては、今日中にデータをお送りいたします。 大変ご迷惑おかけしますが、何卒宜しくお願いします。 一方的な謝罪を感じさせるので読み手にも、その人の反省の度合いを感じさせることができます。 また、同時に読んでいる人に対しての配慮という意味でも、内容が伝わりやすくなるので、是非自分がなにかミスをおかしたり、謝罪しなればならないような案件が出てきたという場合には上記のような表現を使うようにしましょう。 「ご迷惑おかけしますが」の類語と使い方例文は? 「大変」「ご迷惑おかけしますが」の類語は「ご面倒」「お手数」 「ご面倒おかけしますが」「お手数おかけしますが」という類語が多く使われます。 「ご不便おかけしますが」という表現もあります。 それぞれ、使う場面によってどのように使うかが異なりますが、殆どが「ご迷惑おかけしますが」という意味合いで使われる類語表現です。 これらに「大変」という言葉をつけることもあります。 「お手を煩わせる」という表現もありますが、これは相手になにか「ご面倒」「お手数」をかけてしまったという時に使う表現で、「ご迷惑おかけしますが」という表現とは少し違います。 似ているニュアンスですが、使う場面によって使い分ける必要のある類語です。 以下の項目でぜひ確認してみましょう。 「ご面倒」「お手数」の使い方と例文 類語の使い方として、「ご面倒」という表現を使う場合には、アンケートやなにか時間のかかることをお願いするという時に使うことが多いです。 また、「お手数」という場合も同様に、なにか手間のかかるようなことをお願いするという場合にはこうした表現を使うということが非常に多いです。 類語の使い方の例文• ・以下のメールに空メールをお送りください。 ご面倒をおかけいたしますが、何卒宜しくお願いします。 ・お手数おかけしますがこちらの電話番号までお問い合わせください。 ・この度の件についてお手を煩わせてしまい、誠に申し訳ございません。 「お手を煩わせる」という表現は、会社側の話が二転三転したり、面倒なことが重なってしまい、想定よりも手間をかけさせてしまったという場合に、謝罪の文章の中で使うことが多い表現です。 謝罪の内容がない状態で「お手を煩わせてしまいますが、よろしくお願いいたします。 」というようには使わないので気をつけましょう。 「ご迷惑おかけしますが」の英語と使い方例文は? 英語の表現は「apologizefor」「appreciate」 英語で「ご迷惑おかけしますが」という表現をしたい場合には「apologize for」「appreciate」 という表現を使うということが多いです。 以下のようにWeを使うこともポイントで自分の謝罪を広い意味で深く伝えたいという場合にはWeと使うことがあるようです。 また、yourという表現も大切です。 これは、「ご~」という表現を英語でする時に使う表現です。 Thank you for your kindness. という表現がありますが、これも同様に「ご親切」という表現をしたい時に使われる言い方です。 口頭でもビジネスメールでも使われる表現です。 英語の表現の例文 以下が英語表現の例文になります。 ビジネスシーンで英語で表現したいということもあるでしょう。 是非、以下の表現を参考にしてください。 表現の仕方にも様々な方法がありますので、自分なりにアレンジしてみると良いでしょう。 英語表現の例• ・Thank you for your cooperation. We apologize for the inconvenience. ・We apologize for the inconvenience. Thank you for your understanding. ・I apologize for any inconvenience this may cause you. 「ご迷惑おかけしますが」の間違った使い方や使う時の注意点は? 「ご迷惑おかけしますが」の間違いやすい表現 「ご迷惑おかけしますが」で間違いやすい表現が「お手を煩わせてしまい」という表現です。 これは先程も類語で説明した通りです。 また、「ご迷惑おかけしますが」という表現の誤りとして今も継続中で不快な思いをさせているという場合には「ご迷惑おかけしておりますが」という表現にしましょう。 クレーム対応ではできる限り「ご迷惑おかけしますが」を使う 類語である「ご面倒」「お手数」に関しても、こちらが一方的に不快な思いをさせているのにもかかわらず、クレーム対応などで「ご面倒をおかけしておりますが」という表現を使ってしまうと、相手の怒りを更に買うことも稀にあります。 クレーム対応などではできる限り、「ご迷惑をおかけしますが」が良いでしょう。 「ご迷惑おかけしますが」を適切に使おう 状況や、相手との関係性、自分がどれだけ相手に不快な思いをさせているかということを踏まえた上で言葉を選びましょう。 お客様との契約など、相手が望んでしている契約などの場合には「ご迷惑」という言葉よりも、「お手数」「ご面倒」という表現を使うことのことのほうが多いです。 是非使い分けられるようにしましょう。

次の

今年もよろしくお願いします

ご 迷惑 を おかけ し ます が よろしく お願い し ます

「ご迷惑を〜」の使い方とビジネスメールでの例文 依頼・お願いをするときは「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」 相手に何かを依頼するときに「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」などと言います。 しかし、この言い回しは失礼に当たってしまう場合があります。 「ご迷惑」は相手に不利益を生じさせてしまった場合に使うのが正しいとされています。 「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」は「不利益を生じさせてしまいますが、よろしくお願いします」という意味になってしまいます。 この言い回しは、 相手に不利益が生じることが分かった上でお願いしていることになり、場合によっては失礼になってしまいます。 このようなことから「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」は、あまり使わない方が良いとされています。 例文 ・何かと不慣れでご迷惑をおかけするかと思いますが、よろしくお願いいたします。 ・私事でご迷惑をおかけいたしますが、しばらくの間ウェブサイトの方を閉鎖します。 ご了承の程お願い申し上げます。 ・ご迷惑でなければ、何卒ご出席くださいますようお願いいたします。 ・ご迷惑をおかけするかとは思いますが、ご理解の程よろしくお願いします。 謝罪・お詫びするときは「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」 「ご迷惑をおかけしました」単体でも謝罪の意味になるが、深い謝罪の意を表明するためにはお詫びの言葉を付け足す必要がある。 「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」「ご迷惑をおかけしてすみません」といったように使います。 相手に不快感を与えたり、不利益を生じさせてしまった場合に「ご迷惑〜」を使って謝罪するのが適切になります。 例文 ・この度はご迷惑をおかけしました。 誠に申し訳ありませんでした。 ・お忙しい中無理なお願いをして、ご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございませんでした。 ・本日は大雪の影響により電車が遅れまして、ご迷惑をおかけしております。 大変申し訳ありません。 ・この度は当方の手違いから、多大なご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。 前置きの言葉で「迷惑をおかけするとは思いますがよろしくお願いします」などを使う 「ご迷惑」は依頼やお詫びの際に使われることが多いイメージですが、前置きの言葉としても使います。 「迷惑をおかけするとは思いますが〜」「ご迷惑だとは存じますが〜」といったように使いますが、使い方次第では相手に失礼に当たってしまう可能性があります。 「ご迷惑」を前置きの言葉として使う場合は、相手に失礼な印象にならないように、上手く使う必要があります。 ご迷惑をおかけすることと存じますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。 ・ご迷惑だとは存じますが、明日お伺いしてもよろしいでしょうか。 ・大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、私の方までご提出の方をよろしくお願いいたします。 ・ご迷惑をおかけしたと思いますが、何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします。 ・ご迷惑であることは重々承知ですが、ご連絡お待ちしております。 現在、迷惑をかけているときは「ご迷惑をおかけしております」 年賀状では「昨年はご迷惑おかけしました」などと前年のお詫びをする 年賀状でも「ご迷惑」は用いられています。 主に、上司や取引先などに対して「昨年はご迷惑をおかけしました。 今年は少しでもお力になれるよう精進します」などと、今年の意気込みと共に使います。 実際に迷惑をかけた事実がなかったとしても、指導をしてもらったりお世話になった相手に対しても使います。 また、今年もお世話になりますといった意味で「今年もご迷惑をおかけすることもあると思いますが」などと使います。 その他に、ビジネスシーン以外でも実際に迷惑をかけた事実のある相手にも、すでに謝罪をし和解をしていたとしても年賀状では再度「昨年はご迷惑をおかけしました」と伝え誠意を表すことができます。 年賀状で使う「ご迷惑」の例文 ・昨年はご迷惑をおかけいたしました。 本年はお力になれるよう日々精進してまいりますので。 ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 ・昨年同様ご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、 本年もご指導のほど、何卒、よろしくお願い申し上げます ・旧年中は大変お世話になりました。 未熟ゆえご迷惑をおかけすることもあろうかと思いますが、本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 ・昨年は何かとお世話になりました。 今年はご迷惑をおかけしないように頑張りますので、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。 ・旧年中は公私にわたって大変お世話になりました。 今年もいろいろとご迷惑をおかけするとは思いますが 何卒よろしくお願いします。 ・昨年は多大な迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ございませんでした。 今年は同じミスをしないよう、自らを戒め、誠心誠意を尽くしていく所存ですので何卒よろしくお願い申し上げます。 類語「お手数」「ご不便」「ご面倒」「ご心配」との違い 「お手数」は「その物事または他人のために特に力を尽くすこと」 「手数」は、 ・それに施すべき手段の数 ・その物事または他人のために特に力を尽くすこと を意味しています。 この場合の「手数」は、「ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 「ご迷惑」は「不利益を感じたり、不快感を感じること」を意味して、「お手数」は「物事に対して尽力すること」を意味しています。 「ご不便」は「相手にとって都合が悪いこと」 「不便」は「便利でないこと」「不都合であること」を意味します。 「ご不便」といった場合は、相手にとって都合が悪いこと、不便なことを表しています。 「ご不便をおかけいたしますが〜」という形で、自分のせいで相手にとって支障をきたしてしまったり、具合の良く際に、そのことについて詫びる気持ちで使います。 「ご迷惑」は「不利益を感じたり、不快感を感じること」を意味していて、「ご不便」は「不都合であること、支障をきたすこと」を意味しています。 「ご面倒」は「相手に対して面倒なこと」 「面倒」は「手間がかかったり、解決が容易でないためわずらわしいこと」を意味しています。 「ご面倒」と言った場合は、自分が面倒な思いをするというよりも、相手に対して面倒なこと、といった意味になります。 「ご面倒をおかけして〜」といった形で、自分のせいで相手に時間をかけてしまったり、手間をかけさせてしまった際に、そのことについて詫びる気持ちで使用します。 「ご面倒」は目上の人に対して使うことのできる表現です。 「ご迷惑」は「不利益を生じさせたり、不快感を与えてしまうこと」を意味していて、「ご面倒」は「手間をかけさせたり、わずらわしいこと」を意味します。 「ご心配」は「相手から自分への配慮・思いやりに対して、感謝の気持ちを表した返答」 「心配」は、「心を配って世話をすること・心にかけて思いわずらうこと」という意味です。 「ご心配」は、相手から自分への配慮・思いやりに対して、感謝の気持ちを表した返答に使うことが多い言葉です。 また「ご心配」は、相手に迷惑をかけてしまったときにも使えます。 ただ、「ご心配」は少々軽い印象を与えてしまう言葉でもあるので、目上の相手に使うにはあまり好ましくない言葉です。 「ご心配」は実際には被害を与えていないときに使い、「ご迷惑」は実際に被害を与えてしまったときに使います。 「ご迷惑を〜」以外の謝罪の表現 お詫び申し上げます 「お詫び」は、「謝ること」「謝罪すること」を意味しています。 「お詫び申し上げます」の「申し上げる」は、「言う」の謙譲語ではありません。 「お〜申し上げる」は「お待ち申し上げます」や「お願い申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 「お詫び申し上げます」は、謝罪するときに述べる表現、公の場で謝罪の意を示す場合に用います。 「お詫び申し上げます」は日常会話ではほとんど使いませんが、ビジネスシーンでは頻繁に使われます。 取引先の相手や顧客といった社外の人だけではなく、上司や先輩といった社内の人に対しても使うことができます。 また、「お詫び申し上げます」の前に 「心から」「心より」「謹んで」をつけることによって、より丁寧な表現となります。 弁解の余地もありません 「弁解の余地もありません」は「全く言い訳できない」ということを意味します。 「弁解の余地はありません」は、「いくら言葉を尽くして謝っても、うまく不利な状況を回避することができないような様子」を表しています。 例えば、「仕事中に居眠りしているところは、多くの人に目撃されていてもはや弁解の余地はありません」といったように使います。

次の