アマダイ 釣り 方。 【タイラバでアマダイを狙って釣る方法】注目の「アマラバ」をオーリーが完全解説!【アマラバ超入門】

アマダイの特徴

アマダイ 釣り 方

アマダイ(甘鯛)釣りの魅力 こうゆう丸では夏季~冬季にかけてアマダイ釣りをやっています。 アマダイはとにかく美味しい魚です。 上品な甘みはまさに高級魚。 マダイはもういい(笑)というご家族に是非アマダイを持って帰ってあげて下さい。 一躍尊敬の的に(笑) 良型になるとなかなか強い引き込みで楽しませてくれますよ 仕掛けも単純で、初心者でもやりやすいです アマダイ(甘鯛)釣りの仕掛け・道具 アマダイ(甘鯛)釣りの竿・リールなど 竿は30~50号位(くわしくは「」をご覧下さい)。 手持ちでまめに誘うことを前提にすると、2~2.5m位のやや短めで7:3調子(理想は6.5:3.5位の調子がいいかと)の竿が底取りや誘いがやりやすいです。 それより先調子だと魚が暴れた時のクッション性が足りなくて若干不安です。 でも長竿でもマダイ竿でも十分使えますよ。 特に波のある日に置き竿で釣るなら、むしろその方がいいです。 リールは手巻きでもやれない事はないですが、水深が深い事も多いですから面倒くさくなって餌のチェックを怠りやすいので、 電動の方がいいです。 狙う水深は60~70mを中心に40~100m位です。 道糸は4号位を150m以上。 片テンビンにオモリは80号。 ビシやコマセカゴは外して下さい。 クッションゴムはいりません。 もしどうしてもクッションゴムをつけたい方はなるべくオマツリを避けるため30cm以下の短いものにするかもしくは天秤の上に装着するようにお願いします。 ライトタックルについて アマダイはタナが深いことが多く、流し方も他の釣りものとちょっと違うこともあって、ライトタックルだとノーマルタックルのお客さんとオマツリしやすい面があります。 ライトタックルの使用は禁止しておりませんが、オマツリをしないように異なる重さのオモリを複数ご用意いただいて道糸の流れ方を調整できるようにしてください。 アマダイ(甘鯛)釣りの仕掛け 仕掛けは下図を参考にして下さい。 潮の流れ具合にもよりますが、重い仕掛けがいいことが多いです。 エダス部分に金属の親子サルカンを使用するか、ガン玉をつけるなどして、重めの仕掛けでスタートした方がいいと思います。 潮が動かない日は軽い仕掛けがいいという考え方もあるんですが、潮が動かない日は少々船で引っ張ったりするので、 結局相対的には潮が流れているような状況になっちゃう事がほとんどなんです。 だから基本的に重めで。 飲み込まれてハリスが傷つく事もあるのでハリスの太さは4号位がいいと思います。 シモリウキを使った仕掛けは潮が流れる日はいいことがあるのですが、 そうでない日は仕掛けが浮き上がっちゃってレンコばっかりという事も。 海の状況に応じて使い分けるようにして下さい。 船長としては基本的にガン玉の入った重めの仕掛けを推奨します。 夜光ビーズやスワロフスキーなどのアクセサリは餌取りを引き寄せる可能性があるので、状況を見てお使いください。 餌取りが多いようなら外した方がいいです。 アマダイ(甘鯛)釣りの餌 エサはオキアミを基本に、ホタルイカ(傘をとって頭と足を使う。 内臓も残す)、イカタンなどお好きなものをお使い下さい。 コマセは使いません。 ホタルイカやイカタンは比較的餌取りに強いです。 でも比重の違いか、オキアミの方がいい事もあり、一概にどれがいいと限定はできません。 アマダイ(甘鯛)の釣り方 ハリを先に海面に落として、次にオモリを落とし、リールのクラッチを切って海底までおろします アマダイ(甘鯛)釣りのタナ アマダイ釣りでは、船長からのタナ指示はありません。 ポイントの水深は参考までにお知らせしますが、 これはタナではありません。 タナは自分で決めてください。 海底についたら、少し巻き上げて底を切ります。 付け餌が海底の30cm位上を漂うようなイメージでタナを調整して下さい。 大体50cm~1m位のタナで当たることが多いです。 でも潮の速さや魚の活性、仕掛けの仕様などによりタナは一定ではありません。 もっと高いタナで当ることもありますし、ほとんど底ベタ位のタナで当る事もあります。 潮の流れが速いようならハリスが浮くのでタナを下げ気味にしましょう。 道糸の傾きに敏感になってください。 道糸が横に傾く度合いが高いほどタナは低めが基本です。 同様にウネリが大きいときは手持ちにするかタナを下げ気味にして下さい。 カレイやカナガシラが釣れるようならタナが低すぎるかも。 レンコダイばかりが釣れる時は気持ち高すぎるかも知れません。 また付け餌にゴミがついてくる時もタナが低すぎます。 アタリがないようなら、基本のタナを中心にして、少し上下にずらしてみたりして下さい。 一番下は底トントンから、一番上は底からハリス分上位まで、その範囲内でタナを探ります。 マメに底を取り直しましょう。 仕掛が底からかなり離れてしまったら、釣れる可能性は著しく低くなります。 深い方へと船が流れる時や潮が極端に速い時、潮や波の具合で船長が頻繁に舵を切ったりスクリューを回したりする時は、 知らない内に仕掛が底から相当の距離浮いてしまう事があります。 そういう時間を極力減らして、できるだけタナに付け餌があるようにするために、マメに底を取り直す事が大事なのです。 周りが釣れているのにアタリがない場合は、タナが高すぎるか、仕掛けが軽すぎることが多いです。 本来狙いたい食いダナよりも上に付けエサがある状態です。 周りの人も釣れていないような苦戦の時に逆にタナを上げてみるといい事もたまにあります。 試しに底を3m前後切ってみてください。 アマダイ(甘鯛)釣りの誘い方 上手な人は手持ちで誘いをかけてアタリを引き出しますが、 ここでは初心者の方向けに簡単な誘い方をご紹介しましょう。 それは…とにかく頻繁に底を取り直して下さい!。 なーんだと思われるかも知れませんが、実は底を取り直した直後にアタる事が多いのです。 タナをキープできるだけでなく、誘いにもなるからです。 私は多い時は30秒に1回位底とりしています。 底をとってから、付けエサが上へ逃げていくような動きがいいように思います。 食わせの間も意識してくださいね。 さらに少し工夫を凝らしてみてもいいですよ。 例えば• 底を何度かオモリで小突いてから持ち上げる• 底を取った後、速くタナまで巻く。 またはそーっと巻く• 底を取った後、タナまで巻き上げる間、何度かポーズ(一時停止)を入れる。 例えば30cm刻みでポーズを入れるとか アタリがあったら アマダイのアタリ アマダイは急に大きく引き込むアタリとかはありません。 コツンとかコツコツ程度でアタリは小さいことが多いです。 大物でもそうです。 アタリが小さくても小さい外道だと早とちりしないでとりあえずゆっくり聞き上げてみてください。 ゴンゴン来たら巻き上げます。 アワセはこの『ゆっくり聞き上げ』だけで十分です。 アマダイはアタリが出れば大体乗ってくれることが多いです。 もし当たってゆっくり聞きあげても乗らないという事があまりに頻発するなら、 それはアマダイのアタリではない可能性が高いです。 アマダイの引きと巻き上げ方 巻き上げはをせずに、電動でゆっくりめに巻き上げて下さい。 ドラグも念のためやや緩めに。 アマダイの引きは2、3回連続でゴンゴンと強烈に首振りしたと思ったらしばらく休んでまた強烈に首振り、と休み休みで計3度ほど暴れる感じです。 首振りの時はハリス切れの可能性もあるので無理して抑えようとしないでください。 その点手持ちで巻き上げた方がよりいいと思います。 強い引きがあった時に引きに合わせて竿先を送ってあげられるよう、軽く竿を持ってください。 たまに掛かりどころが悪いとハリ穴が広がってしまう事もあります。 そうなるとハリはただ大きい穴に引っかかってるだけになります。 ハリが外れないようにハリスは絶対に緩めないようにご注意ください。 釣り上げた後の注意 アマダイ(外道も含む)はハリを飲み込んでいる事も多いのですが、そんな時はハリスが傷んでいると思いますので、 ハリを結びなおして下さい。 飲み込んでいなくてもまめにチェックした方がいいです。 たまに大きいのがハリス切れで逃げてしまう事があるからです。 アマダイは意外に血の気が多いので、釣れたら血抜きをした方がいいですよ。 アマダイはエラブタの辺りにカミソリのようになっているところがあり、不用意に頭をつかむと手が切れます。 ご注意ください。 アマダイ釣りの動画 お客さんが釣っているシーンの動画をご覧ください。

次の

アマダイ釣りガイド入門編!道具から釣り方のコツまで徹底解剖!

アマダイ 釣り 方

「アマダイってこんなに釣れる魚だっけ?」っていうぐらい、いま相模湾ではアマダイが釣れている。 平塚港「庄治郎丸」のアマダイ船を担当する世古勇次郎船長が「トップがツ抜けしないと釣れた気がしない」と言うぐらいだ。 ちなみに今期最高はなんと27匹!! 取材日のトップは世古船長も釣れた気がする15匹! スソは4匹だった。 ちょっと前までは、アマダイ釣りといえばボウズ当たり前、5匹も釣れれば大漁というイメージだったはずだけど…。 もちろん、良型も多数あがっている。 「50㎝以上って、なぜか初めてやる人に釣れるんですよ」という世古船長の言葉通り、この日もアマダイ初挑戦の釣り人が52㎝を釣り上げたのを筆頭に、40㎝オーバーも数本登場! さらには良型オニカサゴもまじり、クーラーボックスは赤い魚で賑やかだった。 昨年も釣れていたけど、今年はさらにその上をいく釣れっぷり。 いま行かずしていつ行くの? という状況。 マジで行ったほうがいいですよ! タックルは、「庄治郎丸」ではLTを推奨しており、道糸はPE3号以下でオモリは50号だ(道糸はPE4号以上でも乗船は可能だが、オモリはその分重くなり、感度も悪くなる。 メリットはない)。 竿は、この釣りは手持ちでアマダイや外道のアタリを取っていくことが大変重要となるので、2m前後で7対3調子がオススメ。 リールは、水深100m前後を狙うので小型電動が最適だ。 仕掛けは、もし自分で作るなら世古勇次郎船長が教えてくれた太めのハリスの仕掛けをオススメしたい。 サルカンから上が5号で、下と枝スが4号となっている(一般的なアマダイ仕掛けはハリス3号)。 これによりハリスがパーマ(ヨレてチリチリになること)しにくく、デカアマダイがヒットしても安心なのだという。 ちなみに、ハリスが太くなることによる食いへの影響はないそうだ。 ガン玉の付け外しについては、その都度世古船長が潮の流れなどから判断してアナウンスしてくれる。 これなら初心者も悩むことなく安心だ。

次の

掘って釣る?アマダイディギング攻略:攻めの釣り!【キホン解説】

アマダイ 釣り 方

アマダイ釣り方の遷移 関東でのアマダイ釣りの原点としては吹き流し仕掛け、天秤釣法からが始まりだ。 当初は海底から錘を上げ棚を切ってアタリを待つ釣りが主流であったが、その後アマダイは砂煙に反応する事が分かってから、 錘をトントンと底で小突き砂煙を立ててその中に餌を入れ込むトントン釣法(小突き釣法)が流行した。 そして2016年より、ディグアームが開発され ディギング釣法が生まれた。 アマダイどういう魚? ディギング釣法を説明する前にアマダイがどういう魚か紹介しよう。 《アマダイ》 スズキ目スズキ亜目アマダイ科アマダイ属アマダイ 生息域:本州中部以南から南シナ海 水深30~150mに生息する。 釣りシーズン: 9月~3月 *通年狙えるが船宿の釣期は他の釣り物によりこの時期に決まる。 女性でも簡単に釣ることができるアマダイ アマダイは巣穴を作りその周辺を 縄張りを持つ。 自分の縄張りに同種もしくは他種の魚が来ると威嚇して追い払う習性を持っている。 この習性を最大限活かそうという釣り方がディギング釣法だ。 アマダイディギング釣法とは? ディグ(dig)は英語で「掘る」 という意味。 シンカーの後尾にセットされた シャベルフィンで底の砂を掘り進め、興味を持ったアマダイを掛けていく釣りがディギング釣法。 従来の トントン釣法よりも砂ぼこりが上がりやすく、魚の注目を集めやすい。 魚を寄せる効果があるので、本命に近ずくチャンスもアップする。 底を切ってじっと待つ静の釣りに対して、叩いて砂ぼこりをあげて誘いで食わせる(動)攻めの釣りと言えるだろう。

次の