メタ フィジカル。 フィジカルが強いとはどういう意味?フィジカルが強いサッカー選手は誰?

ACT(アクセプタンス・コミットメント・セラピー)はフィジカル&メンタルにどのくらい効果があるのか?

メタ フィジカル

フィジカルネットワーク フィジカルインターネットとは、物流施設やトラックなどの物理的な機能を利用して、インターネット上で情報が動くのと同じように、効率的にモノを運ぶ物流を指します。 大量の荷物を小口に分け、それぞれの荷物をその時々で空いている倉庫やトラックを使いながら運ぶイメージとなる。 今の物流の問題は、それぞれの企業が社内に倉庫やトラックを抱えていることです。 こうした施設や設備をもっとオープンにして、あらゆる事業者や利用者がシェアリング(共有)し、コネクト(連携)させることが重要になります。 このオープンシェアリングと連携が、フィジカルインターネット実現のカギになります。 」とはパケット通信を思い出す。 だが、こうしたことは大なり小なり行ってきているはずなので、取り立てて「名前」を付けるというのは、相変わらずの業界だ。 また、効率性という側面では、みなが手をこまねいているわけではない。 今もそういうサービスをしているのかわからないが、数年前にトラック運送をしている会社が、帰りには空になるトラックに荷物を積まそうとして、インターネットで「空」の時間帯と「出発地」「到着地」を公開して、サービス向上を狙っていたことを思い出す。 また近年AIを活用して、タクシーの空き時間の削減に努めていという記事を見たことがある。 いずれも、無駄の発生をなくすための取り組みだ。 かつての飛脚のシステムも「集荷所」があり、集荷所と集荷所を結ぶネットワークだったはずだ。 また前島密が作った郵便システムは日本をくまなくカバーするシステムで、これは網の目のようなものだろう。 ヤマト運輸が始めた宅配システムもハブアンドポークの形態と考えられる。 問題なのは、ネットワークを実際に担う運送業者が固定化されてしまうことと、時間に縛られた運航スケジュールだろう。 どこかでゆがみが出ることは想定されていただろうから、このドキュメントの指摘は間違いではない。 ギグワークスなども新しい形態になるだろう。 高速通信、GPS、いろいろなセンサー、コミュニケーションツールとしての、スマホやスマートウオッチ、スマートグラス、等々。 新しい技術が目白押しだ。 シェアードサービスを有効に使った物流システムが可能になると、今まで大量輸送が前提だったいろいろなことが変わってくるかもしれない。 例えば、現在食材などは市場など大量に展示されているところが前提だろうし、農協やスーパーなどは規格品が前提であり、市場に出るチャンスのないものも多い。 当然、自分の目で見てという楽しみもあるが、ネット販売などのビジネスチャンスも増えてくるだろう。

次の

フィジカルが強いとはどういう意味?フィジカルが強いサッカー選手は誰?

メタ フィジカル

の根本的な成り立ちの理由(世界の根因)や、物や人間のの理由や意味など、感覚を超絶したものについて考える。 対立する用語はである。 他に、やの立場から見て、客観的実在やその認識可能性を認める立場 や、・の立場から見てを用いない形式的な思考方法のこと。 形而上学 metaphysics とは、においては、哲学一分野であり、存在の性質 と宇宙の起源と構造 を含む第1原理を取り扱うものとしている。 形而上学における主題の中でも最も中心的な主題に existence の概念があるが、これは、アリストテレスが、第二哲学である自然哲学を個々の具体的な存在者についての原因を解明するものであるのに対し、第一哲学を存在全般の究極的な原因である普遍的な原理を解明するものであるとしたことに由来する。 そして存在をめぐる四つの意味を検討してから存在の研究は substance の研究であると見なして考察した。 アリストテレスの研究成果は中世のにおけるの議論へと引き継がれることになる。 近代になるとはあらゆる存在を神の存在によって基礎付けてきた中世の哲学を抜本的に見直し、あらゆる存在証明の論拠を神の自明な存在から、思推している人間の精神に置き換えて従来の形而上学を基礎付け直そうとした。 このような近代的な考え方はの的な存在論にも認めることができる。 バークリーは存在することとは知覚されることであるという原理を示し、唯一確かな実体とは自らの知覚だけだと主張する。 の研究は存在が成立する上で不可欠な条件を明確化し、その条件とは自己が存在しなくなるを問いかけながら自己から脱出(脱自)するな存在の在り方をしていることだと論じた。 形而上学では、の他に、、、の概念等が伝統的な主題とされ、やもしくはやのような抽象的な事柄が存在するか、またという存在は複雑に組み立てられた物質的な体系として定義できるかどうか、などが問われてきた。 形而上学の研究には的、的、的、的な関心に基づいた研究もあるにもかかわらず、形而上学は哲学的方法に基づいた研究であり、ややといった科学的方法に基づいた自然諸科学や、特定の聖典や教義に基づいたと区別される。 歴史 [ ] 古代 [ ] 歴史の中で、形而上学的な問題の研究であれば、古代ギリシアに遡ることができる。 と呼ばれる古代ギリシアの哲学者は、万物の根源を神でなく、人によってその内実は異なるにせよ何らかの「」(アルケー)に求めたのであって、哲学はもともと形而上学的なものであったともいえる。 やも、現象の背後にある真因や真実在、「ただ一つの相」を探求した。 しかし、形而上学の学問的な伝統は、直接的には、それらを引き継いだの哲学者の『』に始まる。 上記のごとく、書物の配置に着目した仮の名称「meta physika(自然・後)」が語源なのだが、偶然にも、その書物のテーマは"自然の後ろ"の探求、すなわち自然の背後や基礎を探るものであり、仮の名前が意味的にもぴったりであったため、その名のまま変更されずに定着した。 アリストテレスの著作物の『』では、、と呼ばれ西洋形而上学の伝統的部門と現在みなされている三つの部分に分けられた。 また、いくつかのより小さな部分、おそらくは伝統的な問題、すなわち哲学的語彙集、哲学一般を定義する試みがあり、そして『自然学』からのいくつかの抜粋がそのまま繰り返されている。 存在論はについての研究である。 それは伝統的に「存在 としての qua 存在の学」と定義される。 神学はここではあるいはそして神的なものについての問いの研究を意味する。 普遍学は、全ての他の探求の基礎となるいわゆるアリストテレスのの研究と考えられる。 そのような原理の一つの例は「あるものが、同時にそして同じ点で、存在しかつ存在しないことはありえない」である。 特殊なリンゴは同時に存在し、かつ存在しないことはありえない。 これは、、、、といった問題を含む。 中世 [ ] アリストテレスの形而上学は、その後、中世におけるやなどによる的な研究を経ながら発展してきた。 中世のでは、創造者たるを万物の根源であるとして、神学的なを前提とし、、、などなどの形而上学的問題を取り扱ったのである。 近世 [ ] 近代に入ると、は、スコラ学的な神学的な神の存在証明を否定し、絶対確実で疑いえない精神を、他に依存せず存在する独立したと見、その出発点から、によって神の存在(および誠実さ)を証明するという方法をとった。 はデカルトのを批判したが、やはり神の存在は人間の理性によって証明できるとした(いわゆる宇宙論的証明)。 これらの、に対して、人間自身の理性的な能力を反省するは、神の存在証明はであるとして理性の限界を示し、理論的な学問としての形而上学を否定した。 カントは、その著書『プロレゴメナ』において、それまでの形而上学を「独断論」と呼んで批判し、ヒュームが独断論のまどろみから眼覚めさせたとした。 以後、哲学の中心的なテーマは、認識論へと移っていった。 現代 [ ] 19世紀から20世紀の現代の形而上学の時代になると、近代に解明された理性と経験の対立を踏まえながら、的な研究が発展することになる。 生の哲学を展開した、を発展させたなどは新しい形而上学の方法論によりながら人間の存在をめぐる意識や社会について研究している。 20世紀前半に活躍したはを奉じ、その立場から形而上学を攻撃した。 その代表的論客はに則り、形而上学の命題は経験的にも論理的にも検証ができないがゆえに無意味であると主張した。 彼によれば、経験的に形而上学で出てくる「存在」や「形相」のような語が用いられている命題の正しさを検証できないし、そのような命題は論理的にも検証できない。 彼は分析命題と総合命題の区別に則っており、ここで論理的に検証できるのは分析命題である。 形而上学を定義することの困難の一部は、何世紀も前にの編者に根源的に形而上学的と考えられなかった問題が、次々に形而上学に加えられてきたことにある。 また、何世紀にも渡って形而上学的と考えられていた問題が、概して現在において、、、、、といった、その独特の分離した副次的主題へと追いやられている点にある。 分析的形而上学 [ ] この節のが望まれています。 1970年代以降の、分析哲学の手法を用いて様相、因果性、個体と普遍者、時間と空間、自由意志といった形而上学的主題を扱う哲学を分析的形而上学と称することがある。 もともとの潮流においても、同一性や決定論のように形而上学的主題は扱われていたが、「形而上学」という呼称は独断的という意味あいをもつネガティブなものだった。 この状況が変化した契機には、やメレオロジーなど形式的な体系が成功をおさめたことが挙げられる。 これによって、可能性や必然性といった現実を超えたことがらを扱う様相の形而上学的理論が登場することになった。 可能性や必然性といった様相概念を論じる意義に対しては、形而上学の排斥を掲げたを批判し総合・分析の区別に疑義を呈したも否定的であった。 これは、典型的な分析的形而上学者もであり、クワインの弟子でもあるが、様相実在論で個体とその集合を基礎に据えた存在論を可能世界にまで拡張したことと対照的である。 その他、研究から出発し科学的世界観と普遍者の実在論の調停を目指したや、現象学の薫陶を受けたなど、多様な哲学的背景をもった分析的形而上学者がいるのも特徴的である。 形而下学 [ ] 形而下学は、実体のない原理を研究の対象とする形而上学の反対であって、実体のあるものを対象とする応用科学の学問。 『』繋辞上伝にある「形而上者謂之道 形而下者謂之器」という記述に依拠すると、「」は、世界万物の本質、根源であり、形のないもの。 その形のないものがいざ実体のあるものに変遷した場合、『易経』はその状態を「形而下」とし、その状態にある物質を「器」と呼ぶ。 「道」は「器」の根源であるに対して、「器」は「道」の発展形。 によれば、学問を形而下学 physics と形而上学の二つに分け、前者は原因のうち質料因や作用因を探求するものとして、自然・博物学(自然誌)と形而上学の中間に位置づける。 形而上学は形相因や目的因を扱うものとしている。 ベーコンの自然哲学の見地によれば、形相とは物そのもの、あるいは物の性質を構成する基本的要素としての単純性質のことであって、その数は無限にあるようなものではなく、限定されたものである。 いわゆる物理法則のようなものではなく、ましてや「物の魂」とか抽象的な原理というようなものではない。 これは自然科学の領域だけのことではなく、判例やコモンローの中にも隠されており、慎重な観察や体系的探求により発見できるとする。 毛沢東の批判による中国での影響 [ ] 建国以後、に『』 の発表につづき、はの政治体制への不満を噴出させる。 などの路線は、時代と環境の要素を加味できず、マルクス主義の単純コピー(「形而上学」、「」)だと強く批判した。 さらにその直後のにおいて、毛沢東語録の一部として「形而上学」という語彙が「」という意味合いで新聞などで多用された。 その影響により、「形而上学」は今日に至るも中国では一般的には貶す言葉として使用されている。 脚注 [ ]• アリストテレスは形而上学を「第一哲学」と位置づけていた。 それは個別の存在者ではなく、存在するもの全般に対する考察であり、だからこそ形而上学という語は「meta」と「physics」の合成語として成り立っている。 形而上学の「形而上」とは元来、『』繋辞上伝にある「 形而上者謂之道 形而下者謂之器」という記述の用語であったが、明治時代にがmetaphysicsの訳語として使用し広まった。 中国ではもとmetaphysicsの訳語に翻訳家のによる「玄学」を当てることが主流であったが、日本から逆輸入される形で「形而上学」が用いられるようになった。 中国語・日本語の漢字をめぐって 牧田英二(講座日本語教育 早稲田大学語学教育研究所 1-Jul-1971 )を参照。 メタフィジカについてはも参照。 竹田青嗣著『中学生からの哲学「超」入門』ちくまプリマー新書、2009年 pp74-76• 印欧語のmetaには、「〜の背後に」のほかにも「〜を超えた」という意味があり、自然を規定する超越者の学という意味では(語源を表現しきれていないことを除いては)学の内容をよくあらわしている。 「書評:ヴィクトル・クラーフト「ウィーン学団」-科学と形而上学」大垣俊一(関西海洋生物談話会Argonauta7:20-30. 2002)• 「近代産業主義の紀元」黒河内晋(ソシオサイエンスvol. 6 2000-3)PDF-P. 参考文献 [ ]• 「形而上学」 Yahoo! 百科事典• 著、訳『アリストテレス 形而上学 上下』、1959年、• デイヴィド・ルイス、トレントン・メリックス、ピーター・サイモンズ外著『現代形而上学論文集 双書現代哲学2 』、、谷川卓訳、、2006• Armstrong, D. 1978. A Theory of Universals. Cambridge, U. : Cambridge Univ. Press. Ayer, A. 1936. Language, Truth, and Logic. New York: Oxford Univ. Press. エイヤー著、吉田夏彦訳『言語・真理・論理』、1955年• Berkley, G. 1998. Three Dialogues between Hylas and Philonous. Oxford: Oxford Univ. Press. バークリー著、名越悦、名越諭訳『ハイラスとフィロナスとの三つの対話』薩摩書館、2008年• Bradley, F. 1893. Appearance and Reality. London: Swan Sonnenschein. Brentano, P. 1973. Psychology from an Empirical Standpoint, edited by O. Kraus. Translated by A. Rancurello, D. Terrell, and L. McAlister. London: Routledge. Carnap, R. 1928. Der Logische Aufbau der Welt. Leipzig: Felix Meiner Verlag. Carnap, R. 1947. Meaning and Necessity. Chicago: Univ. of Chicago Press. カルナップ著、永井成男訳『意味と必然性 意味論と様相論理学の研究』、1999年• Carnap, R. 1996. The Elimination of Metaphysics through Logical Analysis of Language. in Logical Empiricism at its Peak: Schlick, Carnap, and Neurath, edited by S. Sarkar, 10-33. New York: Garland. Chisholm, R. 1976. Person and Object: A Metaphysical Study. LaSalle: Open Court. Churchland, P. 1981. Eliminative Materialism and the Propositional Attitudes. in Journal of Philosophy 78:67-90. Davidson, D. 1970. Mental Events. in Experience and Theory, edited by L. Foster and J. Swanson, 79-101. London: Duckworth. Dennett, D. 1987. The Intentional Stance. Cambridge, MA:MIT Press. Duhem, P. The Aim and Structure of Physical Theory. Translated by P. Wiener. Princeton, N. : Princeton Univ. Press. Feyerabend, P. 1963. Mental Events and the Brain. in Journal of Philosophy 40:295-296. Field, H. 1980. Science without Numbers: A Defence of Nominalism. Oxford: Blackwell. Godel, K. 1995. Some Basic Theorems on the Foundations of Mathematics and Their Philosophical Implication. in Collected Works. vol. 3, edited by S. feferman, et al. , 304-322. Oxford: Oxford Univ. Press. Goodman, N. 1956. A World of Individuals. in The Problem of Universals, edited by I. Bochenski, A. Church, and N. Goodman, 13-32. Notre Dame, IN: Univ. of Notre Dame Press. Goodman, N. 1977. Predicates Without Properties. in Midwest Studies in Philosophy 2:212-213. Hegel, G. 1977. Phenomenology of Spirit. Translated by A. Miller, Oxford: Oxford Univ. Press. ヘーゲル著、金子武蔵訳『精神の現象学』岩波書店、2002年• Jackson, F. 1997. From Metaphysics to Ethics. Oxford: Oxford Univ. Press. Kant, I. 1950. Prolegomena to Any Future Metaphysics. Translated by L. Beck. Indianapolis: Bobbs-Merrill. カント著、篠田英雄訳『プロレゴメナ』岩波書店、2003年• Kim, J. 1993. Supervenience and Mind: Selected Philosophical Essays. New York: Cambridge Univ. Press. Leibniz, G. 1965. Monadology. in Monadology and Other Philosophical Essays. Translated by P. Schrecker and A. Schrecker. New York: Bobbs-Merrill. ライプニッツ著、中村幸四郎監修『ライプニッツ著作集3』、1999年• Lewis, D. 1986. On the Plurality of Worlds. Oxford: Blackwell• Lewis, D. 1991. Parts of Classes. Oxford: Blackwell. Mackie, J. 1977. Ethics: Inventing Right and Wrong. Harmondsworth, N. : Penguin. Maddy, P. 1990. Realism in Mathematics. Oxford: Oxford Univ. Press. Meinong, A. 1960. On the Theory of Objects. in Realism and the Background of Phenomenology, edited by R. Chisholm,76-117. Glencoe, I. : Free Press. Montague, R. 1974. Formal Philosophy: Selected Papers of Richard Montague. New Haven, C. : Yale Univ. Press. Moore, G. 1922. Philosophical Studies. New York: Harcourt, Brace. Oddie, G. 2005. Value, Reality, and Desire. Oxford: Oxford Univ. Press. Parsons, T. 1980. Nonexistent Objects. New Haven, C. : Yale Univ. Press. Plato. 1953. The Dialogues of Plato. Translated and edited by B. Jowett. Oxford: Clarendon Press. プラトン著、藤沢令夫訳『プラトン 国家 上下』岩波書店、初版1979年• Popper, K. 1963. Conjectures and Refutations: The Growth of Scientific Knowledge. London: Routledge. ポッパー著、石垣壽郎、藤本隆志、森博訳『推測と反駁 科学的知識の発展』法政大学出版局、1980年• Post, J. 1987. The Faces of Existence: An Essay in Nonreductive Metaphysics. Ithaca: Cornell Univ. Press. Priest, G. 2002. Beyond the Limits of Thought. Oxford: Clarendon Press. Prior, A. 1968. Papers on Time and Tense. Oxford: Clarendon Press. Putnam, H. 1981. Reason, Truth and History. Cambridge, U. : Cambridge Univ. Press. Quine, W. 1953. From Logical Point of View. Cambridge, M. : Harvard Univ. Press. クワイン著、訳『論理的観点から 論理と哲学をめぐる九章』、1992年• Rodriguez-Pereyra, G. 2002. Resemblance Nominalism: A Solution to the Problem of Universals. Oxford: Oxford Univ. Press. Ryle, G. 1949. The Concept of Mind. London: Hutchinson's Univ. Library. ライル著、坂本百大、宮下治子、服部裕幸訳『心の概念』、1987年。 Russell, B. 1905. On Denoting. in Mind 14:479-493. Russell, B. 1903. The Principles of Mathematics. Cambridge, U. : Cambridge Univ. Press. ラッセル、ホワイトヘッド著、岡本賢吾、加地大介、戸田山和久訳『プリンキピア・マテマティカ序論』哲学書房、1988年• Russell, B. 1927. The Analysis of Matter. London: Routledge. Schlick, M. 1979. From and Content: An Introduction to Philosophical Thinking. in Moritz Schlick: Philosophical Papers. Vol. 2, edited by H. Mulder and B. van de Velde-Schlick. Translated by P. Heath. Dordrecht: Reidel. Smart, J. 1963. Philosophy and Scientific Realism. Spinoza, B. 1985. Ethics. in The Collected Writings of Spinoza, Vol. Translated by E. Curley. Princeton, N. : Princeton Univ. Press. スピノザ著、畠中尚志訳『エチカ』岩波書店、1975年• Strawson, P. 1959. Individuals, an Essay in Descriptive Metaphysics. London: Methuen. Tichy, P. 1971. An Approach to Intensional Analysis. Nous 5:273-297. Tooley, M. 1987. Causation. Oxford: Oxford Univ. Press. Williams, D. 1953. The Elements of Being. in Reviwe of Metaphysics 7: 3-18; 171-192. Van Cleve, J. 1985. Three Versions of the Bundle Theory. in Philosophical Studies 47:95-107. Wittgenstein, L. 1922. Tractatus Logico-Philosophicus. 著、野矢茂樹訳『論理哲学論考』岩波書店、2003年• Zalta, E. 1983. Abstract Objects: An Introduction to Axiomatic Metaphysics. Dordrecht, Holland: Reibel. 関連項目 [ ]• (ウーシア)• (エイドス)- (エネルゲイア)- エンテレケイア• (ヒュレー)- (デュナミス)• - - - -• 外部リンク [ ]• 『(ニッポニカ)』。。 2020年3月3日閲覧。 (英語) - 「形而上学」の項目。 (英語) - 「形而上学」の項目。

次の

CPS(サイバーフィジカルシステム)とは?IoTとの違いは?

メタ フィジカル

西山 まず、現在の情報化社会で今、起きていることは、過去に4回しか人類社会が経験していないような大きな変化です。 そして5回目となるポスト情報化社会のSociety5. もちろん、日本だけでなく世界で、グローバルビジネスにおいてもこの大きな変化が起きるでしょう。 現代社会では、IoT、AI、ブロックチェーン、ビッグデータ、センサーなど、時代の変化に合わせてさまざまな動きや重要ワードが出てきていますが、大きな潮流として一番大きな変化は、OT(運用技術)とIT(情報技術)の融合、サイバーとフィジカルがつながる世界が実現し始めていることだと思います。 これまでサイバーとフィジカルをつなぐには、コンピュータに人がデータを入力し、処理結果に基づいてアクションするのにも、人の介在が必要でした。 山本 そうですね、西山局長のおっしゃる通り、これまで別世界だったOTとITが、融合し始めており、モビリティ(交通システム)や自動運転、エネルギーなどをはじめ、社会のさまざまな部分で、サイバーとフィジカルがダイレクトにつながり、ビジネスプロセスも統合され、サービス化が進んでいくことは間違いありません。 社会構造の変革ですね。 Society5. 0で、サイバーとフィジカルが繋がると、 どのようなことが起こるのでしょうか。 西山 これからの時代は、スマートスピーカーのように音声で操作をしたり、眠っている間に人の健康状態を機械が読み取って一人ひとりにとって快適な空調空間を作り出したりする仕組みが当たり前のようになっていくでしょう。 人が判断してデータ入力してからコンピュータで何かを動かす仕組みがない世界。 これが当たり前になってくる訳です。 山本 そうですね、まさにここでAIが活躍することになります。 これまでは人がプログラムを書いて人が入力する1方向の関係性でしたが、認識技術の発展で、コンピュータが人の行動やプロファイルを認識して自動的にフィードバックできるようになりました。 物理学の世界に例えれば、ニュートン力学では3次元の絶対的空間があって、そこにモノが存在すると言う、空間の座標軸が絶対的な世界観でした。 ところがその後、相対性理論や量子力学が出てきて、空間あるいは時間さえもが絶対的ではない、ブラックホールのような巨大な質量の近くでは時空さえも歪んでしまうことがわかってきました。 これは世界をどのように認識するか、と言う観点が革命的に変わった出来事でした。 そして、サイバーとフィジカルがつながると、産業や社会の現実世界にさらに大きな影響を及ぼすことになります。 先程の物理学の世界の例えで言えば、絶対的な空間に代えて、時空を自分がある程度規定するみたいな発想が必要になると思います。 山本 確かにICTの進化で、時間や空間の制約を受けずに世界中の人たちとディスカッションや仕事ができるようになっていますし、これがさらに加速しています。 一方で新たなリスクもあるのが事実で、そのトレードオフをどのように解決するのか、と言うことも重要な課題です。 しかし、サイバー空間では新たな創造的ビジネスモデルが出来ると、その周りの市場までが大きく変わり、それが新たな市場として規定されて、これを前提とした競争になってしまう。 特にデジタル・プラットフォーマーのような大きな存在であればあるほど、これが顕著です。 中立的な競争ではなく、実勢的に彼らが有利になるように時空が歪められると言う競争になっているのです。 つまり、そこでは自社優位につなげるために既存の競争相手を新しい市場の一部に組み込んでしまうような、新たなビジネスモデルの構築、新たな市場のルールを規定する共通化や規格化の流れをつくり出す動きになっています。 これは要するに、既存の市場・競争ルールを上空から眺めて、新たな時空のあり方・モデルをつくりだすような「メタ認識の競争(メタ競争)」になってきている、と言うことなのです。 メタ競争が繰り広げられる市場で優位に立つには、全体を俯瞰した客観的な指針や方式が必要です。 頑張り続ければ勝てると言う時代は終わりました。 今後は、グローバルで客観的な視点でのメタ認識に立ったアーキテクチャを確立していくことが日本の産業には必要なのです。 このアーキテクチャが確立できないと、グローバルでの新たな市場や経済活動では勝つことが出来ない、と言うことを認識しなければなりません。 山本 おっしゃる通りです。 その新たな市場、新たな経済活動で重要になってくるのがデータです。 データを集めてみたら結果として世界中にインパクトがある革命が起きてしまった、データの集積が人々・経済価値を引き寄せるといった、あたかも重たい星の重力で空間が歪むようなことがサイバー空間で起きています。 決定的に重要なのはデータです。 データには「ヒト」「モノ」「マスター(システム)」と言う3種類がありますが、物や人に対して適切なフィードバックを行うためには、エンジニアリングデータや保守履歴データといったノウハウがあるマスターデータが重要です。 このマスターデータをもとにどのようなアクションが一番妥当なのかを導き出すことや、産業に新たな付加価値を創出するための「」と言う考え方が大切です。 そして、これらを実現する観点では、日本にアドバンテージがあると言えます。 Connected Industriesの次なる打ち手、 アーキテクチャの重要性についてお聞かせください。 西山 新しい世界では、中立的な競争が少なくなっていくので、競争するためにメタ認識が必要です。 これまで、日本の産業はここがうまくなかった。 しかしもう逃げ場はないですし、前提が変わってしまったのですから、対応していくしかありません。 メタ認識をするための手法として、アーキテクチャがあります。 山本 もともとアーキテクチャは建築から来ている言葉で、これが重要なのは、共通言語としての役割があると考えられます。 サイバーフィジカルの世界は1社で作り上げることはできません。 自社が何をやり、パートナーがどこを担当し、どのブロックをソリューションプロバイダに任せるのかといった、共通の枠組みScope of worksがないと上手く実現できません。 東芝グループは、2018年11月に公表した全社変革計画「東芝Nextプラン」の中で、技術戦略の核をCPS(Cyber-Physical Systems)と位置付けることを発表しました。 140年超にわたり製造分野で培ってきたフィジカル技術と、産業分野のデジタル化で培ったIoTやAIなどのサイバー技術とを融合させることで、お客さまや社会のデジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)を推進しようとするものです。 この戦略を実現すべく「東芝IoTリファレンスアーキテクチャ(Toshiba IoT Reference Architecture)」を策定しました。 CPSやアーキテクチャは目的を達成するための手段です。 まず「何を実現したいのか」が大事なので、アーキテクチャが実現しようとしている目的を明確化することから始めました。 そこで参考にしたのが、NISTのCPSフレームワークです。 日本では、人に関わる仕組みが重要だと考えており、その考え方に合致していたのです。 このような考え方は、各方面から非常に注目を集めています。 私は、東芝IoTリファレンスアーキテクチャを世界標準に反映したいと考えています。 東芝や日本が世界で戦う時の強みはフィジカル技術にあります。 これをアーキテクチャに組み込んで世界にオープンにすることで、CPSで日本がリーダーシップをとりたいと思っています。 そしてどこで協調してどこで競争するかっていうことを、きちんと見える化するためにもアーキテクチャが必要だと思います。 西山 新たな社会の実現に向けた山本さんのお話には私も共鳴します。 現在、IoTやCPSにおける日本の地位はむしろ低いのが実情です。 日本がこの分野でグローバルな視点での理念を掲げながらリーダーシップが発揮できるよう、官民が力を合わせて協力し、しっかりアピールしていきたいと思っています。 東芝さんの取り組み、東芝IoTリファレンスアーキテクチャとこれに伴うサービス事業の展開、そして多くの国内事業者の方々に大変期待しています。 グローバルではNISTやIICなどのフレームワークが出てきていますが、これに対する政府としての取り組みや、IT人材の育成などについてはいかがでしょうか。 西山 この分野で一例をあげると、アーキテクチャ設計の官民体制としてNISTplusと言う構想を立ち上げ、その分野に詳しい人材を集めてアーキテクチャづくりを進めていきます。 個社のためではなく、全体を描けるアーキテクチャを、分野を超えて、どのように使うかの観点で、つくり出したいと思っています。 産業と市場構造を規定するアーキテクチャは本当に重要で、これを理解して活用しないと競争では優位に立てません。 今後は、アーキテクチャづくりを政府としてアシストするような仕組みを、各省の共通アセットとして作っていきたいと考えています。 また、2019年1月23日のダボス会議で安倍総理がスピーチし、そのなかで"Data Free Flow with Trust"と言うキーワードが語られています。 DFFTでは、機微なデータは慎重に扱いながら、信頼をもとに有益な情報を行き来させる枠組みを、日本からの呼びかけでつくっていきたいと思っています。 世界の中心でアーキテクチャを叫ぶことで、他国とも共鳴しながら規制改革を進め、国内でも官学民が連携しながら進めていきたいと考えています。 山本 DFFT、官学民の連携やオープンイノベーション、規制改革など、これからますます重要になりますね。 西山 今後に向けて、規制改革、コーポレートガバナンスのあり方、デジタルプラットフォーマへの規制、人材育成などを、政府として積極的に進めていきたいと思っています。 今後の取り組みも含め、読者の皆さまに一言ずつ、お願いします。 西山 改めて世界の市場環境や産業がメタ競争になっていることに気づき、やり方を間違えると大きく遅れをとることにもなりかねないと言うことをご理解いただきたいと思います。 これについては経済産業省としても相当な覚悟で取り組むべきと考えています。 また、アーキテクチャを理解し、競争領域と協調領域をうまく切り分けるといったことをアーキテクチャに基づいた議論で展開していく必要があります。 日本はいままさに正念場を迎えており、日本全体でどう立ち向かっていくべきなのか、政府としてしっかりと日本が進むべき方向性を見据え、政策を実行し、さまざまな形で皆さまの支援を続けて参ります。 山本 日本は人口が減っていくなかでも、GDPを増やして国際競争力を高めていくために、日本が持っているノウハウを次の世代に伝承することが重要だと思います。 もちろんAIをはじめとしたテクノロジーを駆使することも大切ですが、人の五感や匠の技と言うのをきちんと受け継ぐような仕組みも重要ですね。 そして私は、東芝が変革と成長を果たして、世界の中で日本の存在感を(GDPを含め)高めていくことに全力を尽くしたい。 東芝は、成長領域に1. 7兆円の投資を集中し、昨秋に策定した中期経営計画「東芝Nextプラン」を実現することにしています。 経営理念の「人と、地球の、明日のために。 」を胸に、新しい未来を始動させ、その未来を引っ張っていく気概を持って事業を展開します。 そして日本経済の一翼を担い、産業の発展とより良い社会を実現させていきたいと思います。 (写真左) 山本宏 (Hiroshi Yamamoto) 株式会社東芝 コーポレートデジタイゼーションCTO(Chief Technology Officer) 昭和57年 国内電機メーカー入社、組み込み系ファームウェア開発を担当、昭和63年、日本アイ・ビー・エム株式会社入社。 平成5年 システムエンジニアリング部門にて、分散オブジェクト・分散コンピューティングのエンタープライズシステムへの展開を担当。 平成25年 IBMコーポレーションより「グローバル・エレクトロニクス・インダストリーCTO」に任命。 平成30年年7月より現職。 記事内の数値データ、組織名、役職などは取材時のものです。

次の