お手数 よろしく。 「お手数をおかけしますが」を徹底解説!類語もチェック

英語で「よろしくお願いします」|6つの場面で使い分ける!

お手数 よろしく

I am sorry to cause you inconvenience, but I am looking forward to your reply. (お手数をお掛けしますが、ご返信お待ちしております。 We apologize for the inconvenience this will cause you, but we ask for your kind cooperation. (皆様にはお手数をおかけいたしますがよろしくお願いします)• I am terribly sorry to inconvenience you, but I appreciate your correspondence. (お手数おかけし申し訳ないが、ご対応をよろしくお願いします。 Sorry for troubling you, but could you check the details, please? (ご多忙のところお手数をお掛け致しますが、急ぎ確認をお願いします。 I am sorry to trouble you, but could you tell me one more time? (お手数をおかけしますが、もう一度教えてくれませんか。 I am sorry to trouble you, but I would really appreciate it if you could confirm. (お手数をお掛けいたしますが、御確認の程宜しくお願いいたします。

次の

「お手数」の英語!ビジネスで使える丁寧に依頼したい時の表現16選!

お手数 よろしく

英訳1:troubleは動詞で、「迷惑をかける」という意味なので、「面倒をおかけしてすみません」と先に謝るパターンです。 Could I ask you to... は、「~していただけますでしょうか?」という丁寧な依頼の言い回しです。 英訳2:a big askは、「相手に負担をかけたり、無理をさせてしまう依頼」を表します。 英訳3:「ご面倒をおかけしてすみません」という一言です。 その他の表現: - I know it will take some time, and I appreciate you doing it. 「ちょっと時間がかかってしまうと思います。 やっていただくことを感謝します」 - I hope it's not too much trouble. I appreciate your efforts. Thank you for your cooperation. e-mailやメッセージで最後に使えるフレーズです。 どちらかというと丁寧な言い方でビジネスライクです。 I understand this is a big ask. Thank you so much for doing this. こちらはややインフォーマルでカジュアルな感じです。 会話で言うと良いですね。 例えば、レポートと早めに終わらせてくれた同僚に: I understand it's a big ask. Thanks so much for doing this. You're a champion! ご参考になれば幸いです。

次の

英語で「よろしくお願いします」ビジネスで使える挨拶フレーズ9選|Kredo Blog

お手数 よろしく

お取り計らいくださり、ありがとうございます• お取り計らいいただき、 これらの「お取り計らい」は、相手が 「物事が上手く進むように対処してくれた」ことに対する「配慮」や「気遣い」という意味合いです。 「お取り計らいくださる」と「お取り計らいいただく」は、どちらも相手に敬意を示した敬語表現ですが、以下の違いがあります。 くださる いただく 敬語 「与える、くれる」の尊敬語 「もらう」の謙譲語 主語 相手 自分 「くださる」は、相手が自分に何かをしてくれた時に使う尊敬語です。 一方「いただく」は、自分が主語になって相手から何かをもらった時に使うです。 感謝を述べる場合には、どちらを使ったからと言って失礼になることはありません。 しかし、相手が進んで行ってくれた厚意などには「お取り計らいくださり」と、尊敬語の「くださる」を使うと良いでしょう。 感謝を伝える場面での「お取り計らい」の使い方を、以下の例文で確認してみましょう。 お手数をおかけしますが、 お取り計らいのほどよろしくお願い致します。 恐れ入りますが、 お取り計らいくださいますよう、何卒お願い申し上げます。 恐縮ではございますが、 お取り計らい賜りますよう、お願い致します。 2-3.目上の人への使い方 「お取り計らい」は、感謝を伝える時には相手の「行動に対する配慮や気遣い」の意味で使います。 そのため目上の人にも、失礼なく使うことができます。 一方、依頼する場面では指図した印象を与えてしまうことがあるので、注意が必要です。 本来は、目上の人に対して依頼をする場面においても「お取り計らい」という言葉は正しい使い方です。 しかし、「上手く事を運んでください」のように指図したような印象を受ける人もいるので、使わない方が良い場合もあります。 目上の人に依頼をしたい場合には、 「協力」「何卒」などを使って以下の例文のように言い変えると良いでしょう。 お気遣い(おきづかい)• お心遣い(おこころづかい)• ご配慮(ごはいりょ)• ご高配(ごこうはい) それでは、それぞれの類語について以下で詳しく確認してみましょう。 3-1.お気遣い(おきづかい) 「」は、 「相手が配慮してくれる心、考慮してくれる気持ち」を指します。 「お取り計らい」と「お気遣い」には、以下のような違いがあります。 お取り計らい お気遣い 意味 事が上手く運ぶよう対処すること 相手が配慮してくれる気持ち 使う場面 感謝や依頼 基本的に感謝のみ 「お取り計らい」は、依頼をする時にも使える表現です。 一方「お気遣い」は「相手の気持ちや心」を指す言葉です。 「お気遣いよろしくお願いします」と言う場合は「配慮してくださいね」という意味になります。 ビジネスシーンで相手に直接依頼する場面では、失礼な表現になるため使いません。 ただし公共で不特定多数の人に禁煙を呼び掛けたりする際には、「お気遣いのほど、よろしくお願い申し上げます」というフレーズで使われます。 では「お気遣い」を使った例文を、以下で見てみましょう。 お気遣いくださいまして、ありがとうございます。 お蔭様で、体調も良くなりました。 結婚式の際には、 お心遣いをいただきまして、誠にありがとうございました。 3-3.ご配慮(ごはいりょ) 「ご」は、 「気配り、心を配ること」という意味です。 「ご配慮」も「お気遣い」と同様、相手の気持ちや心を指す言葉ですが、以下のような違いがあります。 お取り計らい お気遣い ご配慮 意味 事が上手く運ぶよう対処する 相手が配慮してくれる気持ち 気配り、心を配ること 焦点 相手のことを思いやる気持ち 相手のことを心配する気持ち 相手のことを想いやる気持ち 「お気遣い」は「ご配慮」に比べると、「心配」する気持ちが大きくなり、以下の例文のように使い分けます。 入院をしていたさいには、 お気遣いいただき嬉しかったです。 夜中の騒音は ご配慮いただきますよう、よろしくお願い致します。 3-4.ご高配(ごこうはい) 「」には 「気配り、気遣い」という意味があり、ビジネスなどで使われるフォーマルな言葉です。 「ご配慮」と同じ意味として使いますが、以下のような違いがあります。 取り計らい 配慮 高配 対象 相手の気配り、対処に対して 相手や自分の気配りに対して 相手の気配りに対して 「配慮」は相手からの厚意に使う他、「配慮が足りず、でした」のように自分の気配りに対しても使います。 一方「高配」は、相手の気配りに対してのみ使う言葉です。 では以下の例文で、「配慮」と「高配」の使い方を見てみましょう。 That was very thoughtful. Thank you so much. (素晴らしい 取り計らいだったよ。 ありがとう。 I appreciate your kindness. ( お取り計らいに感謝します。 ) まとめ 「お取り計らい」は、 「事が上手く運ぶよう対処すること、適切に取り扱うこと」という意味です。 ビジネスシーンでは、感謝を伝えたり依頼をしたい場面で用いられます。 目上の人に感謝を伝える時に、「お取り計らい」を使うのはOKです。 しかし、何かを依頼したい場面で「お取り計らい」が使いにくい場合には、「ご協力お願いします」や「何卒よろしくお願い申し上げます」などに言い換えて使いましょう。

次の