ドコモ ポケットwifi レンタル。 docomo Wi

ポケットWi

ドコモ ポケットwifi レンタル

docomoの回線を利用したWiFiレンタルサービスについて解説 5G対応・下り速度最大4. 1Gbpsを誇るルーターが発売されるなど、ドコモのモバイルルーターは進化を続けています。 せっかくなら高スペックのルーターをレンタルしたいところですが、WiFiレンタルサービスでドコモの最新機種を借りることはできるのでしょうか。 またソフトバンクやauのルーターと比較して、ドコモのルーターにメリットがあるのかどうかも気になりますよね。 ここでは、WiFiレンタルサービスで取り扱っている主な機種と、ドコモをはじめとする各キャリアのルーター比較について解説しています。 おすすめのWiFiレンタルサービスもまとめているので、ドコモのルーターをレンタルしようとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。 Contents• WiFiレンタルサービスでドコモの機種は借りられる? 現在、ドコモから販売されている最新のモバイルルーターは「Wi-Fi STATION SH-52A」です。 Wi-Fi STATION SH-52Aは5G回線にも対応しており、2020年春から本格的に商用化がはじまった5Gの先駆け端末となっています。 しかし、Wi-Fi STATION SH-52Aはドコモショップでも品切れが起きるなど人気が高く、WiFiレンタルサービスでは取り扱いが無いのが現状。 今後WiFiレンタルサービスでも取り扱いがはじまる可能性もありますが、 2020年6月時点では旧機種のレンタルのみと覚えておきましょう。 ドコモのルーターの特徴と他キャリアとの比較 WiFiレンタルサービスではドコモのルーターだけでなく、ソフトバンクやauから販売されているルーターも多く取り扱っています。 続いて、各キャリアのルーターの特徴を比較しながら、WiFiレンタル時におすすめの端末を紹介していきます。 Wi-Fi STATION(docomo) ドコモが提供しているWi-Fi STATIONは、利用エリアの広さと通信速度の速さが特徴です。 「Wi-Fi STATION HW-01L」は4G回線ながら下り速度最大1288Mbpsとなっており、固定回線にも劣らないスペックを持っています。 Wi-Fi STATION HW-01LはWiFiレンタルサービスで取り扱っているところもあるため、エリアの広さを重視する方におすすめ。 ただし、ドコモのモバイルルーターはスマホのパケット通信と同じ回線を使っていることから、アクセスが集中しやすいというデメリットも。 通信障害のリスクを抑えたい場合は、ポケットWiFiやWiMAXなど2つの回線を利用するモバイルルーターがおすすめです。 ポケットWiFi(Softbank・ワイモバイル) ポケットWiFiはソフトバンクとワイモバイルの回線を利用しており、通信が途切れにくいのが特徴。 またソフトバンクが利用している低周波数帯の電波は障害物に強く、屋内でも安定した通信を行うことができます。 国内のカバー率も高いため、場所を選ばずにインターネット通信が利用できる端末です。 WiFiレンタルが可能なポケットWiFiの機種としておすすめしたいのが「Softbank 601HW」。 Softbank 601HWは大量のデータ通信を可能にする「キャリアアグリゲーション」や1度に運べるデータ量を増やす「256WAM」といった技術が使われています。 これにより、 人の多く集まる場所でも通信が途切れにくく、常に高速通信が楽しめるようになっています。 2つの回線を使い分けることで、屋内外問わず快適にインターネットを利用できるでしょう。 WiMAXの最新機種「W06」はWiFiレンタルサービスでも取り扱っているところが多いですが、人気機種ということもあり品切れのケースも少なくありません。 1つ前の「W05」「WX05」でも十分なスペックがあるため、こちらも取り扱っているWiFiレンタルサービスを選ぶのがおすすめです。 人気機種が選べるおすすめWiFiレンタルサービス ポケットWiFiやWiMAXの人気端末を扱うWiFiレンタルサービスは数多く存在します。 今回は、中でも口コミ評価の高い「縛りなしWiFi」「Mobile Peace」の2つのWiFiレンタルサービスをご紹介。 それぞれの特徴を比較して、自分に合うWiFiレンタルサービスを選んでみてくださいね。 縛りなしWiFi 縛りなしWiFiは定額で利用できるWiFiレンタルサービスです。 最低1ヶ月から月単位での契約となり、契約期間の縛りや解約料金の発生などは一切ありません。 支払いも月額制のため、申し込み時にまとまったお金がなくても利用できるのがメリット。 ドコモのモバイルルーターは取り扱いがありませんが、ポケットWiFiの人気機種「Softbank 601HW」やWiMAX「W06」「W05」などがレンタル可能です。 高スペックの端末を安い料金で長期レンタルしたいという方におすすめのWiFiレンタルサービスとなっています。 Mobile Peace Mobile Peaceは最短1日から好きな期間でルーターを借りられるWiFiレンタルサービスです。 1週間・1ヶ月・3ヵ月…と利用期間が長くなるほど1日あたりのレンタル料金が安くなるのが特徴。 自宅だけでなくホテルや病院への配送も対応しているので、引っ越しや入院などの一時利用におすすめです。 こちらもドコモのモバイルルーターは扱いがなく、ポケットWiFiまたはWiMAXのレンタルとなります。 この他Mobile Peaceでは、海外向けプランや法人向けプランも利用できるなど、幅広いニーズに対応可能なWiFiレンタルサービスです。 上記の速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により、下り最大220Mbpsまたは110Mbpsとなります。 1、7 Mac OS Sierra 10. 12、Mac OS X 10. 11、10. 10、10. 9、10. 8、10. 7、10. 6、10.

次の

ドコモ海外パケ放題とWiFiレンタル比較

ドコモ ポケットwifi レンタル

最大300Mbps• 10台• 約120g• 約10時間• IEEE 802. ご利用地域によって最大通信速度は異なります。 また、ベストエフォート方式のため回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下または通信ができなくなる場合があります。 無制限にご利用いただけます。 金額は全て税抜表示です。 別途消費税がかかります。 データ通信料はレンタル料金に含まれます。 レンタル料金は、インターネット接続の有無に関わらず課金されます。 破損、紛失した場合、をご請求します。 7 Mbps、下り 14 Mbps• ベストエフォート方式のため、回線の混雑状況や通信環境などにより、通信速度が低下、または通信できなくなる場合があります。 また、ご利用地域によって通信速度が異なります。 対応エリア 日本国内• 日本国内以外の海外ではご利用いただけません。 サービスエリアの詳細はからご確認ください。 インターフェース USB 2. 同梱品 ACアダプター、microUSBケーブル Wi-Fi(無線LAN)で接続する場合 無線LAN規格 IEEE802. 記載のない機種は動作未確認で、正常動作しないという意味ではありません。 正常動作確認済みの機器でもお客さまの環境において正常動作を補償するものではありません。 5〜10. 動作確認済みの機種でも、ご利用されるPC本体の状態・接続されている周辺機器・アプリケーションなどのご利用環境によっては正常に動作しないことがあります。 USB接続の場合、パソコンにソフトウェアをインストールする必要があります。

次の

騙されるな!docomoのポケットWiFiをおすすめしない全理由

ドコモ ポケットwifi レンタル

近年、ポケットWi-Fiを端末を購入して月額料金を払うのではなく、端末をレンタルして使用するという人が増えています。 端末代金がかかりませんし、 契約期間の縛りがないケースが多いので解約料金もかかりません。 さらに、最近では LTE使い放題なるサービスを提供するレンタル会社が増えてきています。 いずれにせよポケットWi-Fiレンタルの需要は確実に伸びており、それに伴ってレンタルサービスを提供する会社も増えています。 とはいえレンタルサービスを提供する会社が多いせいで、 正直どこがお得なのかが分からないという人もいるでしょう。 そこで当サイトがポケットWi-Fiのレンタル会社を比較して紹介したいと思います。 是非参考にしてください。 海外でレンタルポケットWi-Fiを利用したい人はの記事を参考にしてください。 1日単位でレンタル可能で、当日15時までに申し込みをすれば 最短当日に発送されます。 すぐにネット回線が必要な方は是非ご利用ください! 目次• レンタルWiFiのメリット レンタルWiFiのメリットは何と言っても「契約期間の縛りがない」「違約金がない」という点です。 スマホ、光回線、ケーブルテレビ、ポケットWi-Fi 購入タイプ など、あらゆるインターネット回線で必ずと言っていいほど2年以上の契約期間が設定されており、期間中に解約をすると1万円を超える違約金が発生します。 しかし、例えば単身赴任の期間中だけ一時的にポケットWi-Fiを使いたいという人や、日本に一時帰国している数日間だけポケットWi-Fiを使いたいという人にとって契約期間が設定されているのは都合が悪いです。 そういう人たちにとって契約期間の縛りがないレンタルWiFiは非常に大きなメリットであると言えるでしょう。 レンタルWiFiのデメリット 当たり前の話ですが、レンタルWiFiはあくまでも一時的に借りるだけなので端末は最終的に返却しなければなりません。 もしレンタル中に端末を紛失したり故障させたりすると2万円近くの弁済金を支払う必要があります。 そのための補償オプションというのを各社用意しているはずなので不安な人はオプション利用を検討しましょう。 レンタル会社のプラン 無制限プラン 最近では「 LTE使い放題」なるサービスを提供するレンタル会社が増えてきています。 ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアは基本的に一部のヘビーユーザーによって帯域が圧迫されるのを嫌がるので月間7GB制限を儲けております。 そしてキャリアはヘビーユーザーが嫌いなのでもちろんLTE使い放題プランなんてものを提供している会社はありません。 しかし上記の通りポケットWi-Fiのレンタル会社ではLTE回線の使い放題サービスを提供する会社が増えています。 レンタル会社はそもそもキャリアの回線 ほとんどがソフトバンク回線 を使ってポケットWi-Fiのレンタルサービスを提供しているのですが、なぜLTE使い放題プランをキャリアには提供出来ないのにレンタル会社には提供できるのか。 そこはかとない疑問が残りますが、いずれにしてもレンタル会社ならLTE使い放題プランが契約出来るのは間違いないので使える手は使いましょう。 日数別プランは例えば海外に住んでいる人が日本に 一時帰国したり、あるいは 海外の友人が日本に遊びに来たりした場合にオススメのプランです。 しかし一方で日数別プランは往々にして 1ヵ月以上使うと容量別プランよりも割高になってしまうケースが多いので、日数別プランはあくまでも短期で利用する場合にのみ利用を検討しましょう。 無制限プランを選びたい人があえてFUJI WiFiやNOZOMI WiFiを選ぶメリットはないので、 FUJI WiFiを選ぶ場合は 10GB~50GBプランを、 NOZOMI WiFiを選ぶ場合は 1週間プランや2週間プランを選びましょう。 もし 1ヵ月も使わないという人たちはWiFi東京レンタルショップ、WiFiレンタルどっとこむ、グローバルモバイルの 1日プランがおすすめです。 SAKURA WiFiは非常にコスパが高くてオススメなんですが、 初期費用が他社に比べて割高です。 STAR WiFiはSAKURA WiFiよりも事務手数料が1,000円安いですが、やはり他社に比べると割高感は否めません。 2ヵ月以上使うという人ならSAKURA WiFiやSTAR WiFiがオススメですが、1ヵ月で解約をするならFUJI WiFiの方がお得です。 注意点 SAKURA WiFiやSTAR WiFi、FUJIWiFiなどで「無制限」プランが提供されていますが、どれだけ使っても完全に制限がかからないかというとそういうわけではありません。 明確に何GBまでという制限はありませんが、通信会社の判断によって「 異常な通信利用量のヘビーユーザーである」とみなされた場合には制限が発生する場合があります。 まとめ 以上が当サイトのおすすめするレンタルWiFiです。 内容をまとめると.

次の