きゅうり みじん切り 切り方。 野菜の切り方

包丁の使い方・素材の切り方【調理の基本】 [毎日のお助けレシピ] All About

きゅうり みじん切り 切り方

知っておきたい料理の基本と基礎知識。 今回紹介しますのは、「包丁の使い方」「素材の基本の切り方」「野菜の飾り切り」をご紹介します。 <目次>• 包丁を使うときの姿勢 家庭の主婦がそこまで覚えなくとも、と思われるかもしれませんが、これは慣れれば出きるとかじゃなくて、 最初から心積もりがないとできない事なので、是非、これを機会に、習得していただきたいと思います。 まな板に向かうときは、身体を調理台から10㎝くらいはなし、右足をこころもち後ろにひいた姿勢をとり 、腰を少しひいて力をいれ、上体を安定させる。 両腕は、肩の力を抜き、自然に前に出して切る作業をする。 その時、まな板の上の左手は、 切られるものが動かないように、手の平と指を丸めて材料を押さえ、中指の関節に包丁の腹を当てる。 左手をずらしながら、切り幅を調節し、切り進める。 左手首はなるべく下げて、まな板につけるようにすると安定する。 目は常に切る材料を見つめる。 調理台によりかからない。 包丁の持ち方 1. 軽く握りこむ 一般的な持ち方で、親指、人さし指、中指で、包丁の柄の付け根部分をしっかり持つ。 切る時はスーッと向こうへ押すようにする。 強く握りこむ 硬い素材を切るときの持ち方。 柄のやや後方を持ち、手の平全体に力を入れて握りしめ、 目標を定めて打ち下ろす。 魚のアラなどを切る時の握り方。 人さし指をかける 包丁の刃の背に人さし指を添える持ち方で、刃先の方向が定まり固定される。 刺身のそぎ切り、食パン、肉を大きく薄く切りたいとき、やわらかいもやすべりやすいものを切るのに、手前にひきかげんに使う。 包丁の動かし方 一般的に、魚や肉は引き切りといい、包丁を手前に引いて切り、野菜は向こう側に押すようにして切る。 皮を剥くときは、右手を動かすのではなく、左手で材料を右に回し、剥けた皮を右手の親指で、右へと送り出すようにする。 切り方の要領 材料は充分洗ってから切ること。 繊維<すじ>にそって切ると形はくずれないが、食べるとかたい。 反対に繊維にさからって切ったものはくずれやすいが、柔らかになる。 また、野菜をシャキッとさせたいなら、繊維に直角に、しんなりさせたいときは平行に切る。 このように、料理に合わせた切り方を考えなければならない。 野菜の基本の切り方 1. 輪切り.

次の

きゅうりのみじん切り!方法は?

きゅうり みじん切り 切り方

きゅうりを水で洗ってからまな板に塩を振って板ずりをする• 熱湯に入れて10秒から1分ほど茹でる• きゅうりに塩水を入れて15分ほど待つ• 水気を手で搾り取る 下処理をする事できゅうり自体の色も鮮やかに、味を入りやすくする効果があります。 簡単にできるので、きゅうり料理をする時には下処理を行いましょう。 スポンサードリンク きゅうりの基本的な切り方 ここではきゅうりの基本的な切り方を紹介します。 きゅうり料理に普段使用する切り方を紹介しているのでチェックしてみてください。 千切り きゅうりの基本的な切り方として千切りが挙げられます。 千切りは薄切りしたきゅうりを3〜5ミリほど細かくした状態で、太めなのできゅうりのシャキッとした食感を楽しめます。 冷やし中華をイメージすれば分かりやすいと思います。 きゅうりのヘタを切り落として斜めに包丁を入れる• 斜めに切ったきゅうりをズラしながら3〜5ミリ程の幅で切る 丁寧にズラして並べることで、ムラがなく綺麗に揃える事が出来ます。 乱切り 乱切りは同じ方向から切るのではなく、食材を回しながら切る方法です。 乱切りできゅうりを切る事で、粒が大きな食べ応えを楽しめます。 包丁を斜目にして端から切り落とす• 包丁の角度をキープしつつ食材を回しながら切る 薄切り きゅうりの薄切りはサラダなどによく使われる切り方です。 名前の通り薄く切ることで、見た目も鮮やかに見せることができます。 きゅうりの下手を切り落とす• 縦半分に切って切り口を下にする• 端から1〜2ミリほどの薄さで切る みじん切り みじん切りは、 とにかく細かくする切り方で食感を残すよりも風味を楽しめる特徴があります。 サラダやきゅうりをソースを作る時に用いられます。 ヘタを取ってある程度の大きさに切る• 包丁の後ろの部分を使って細かく刻む 斜め切り きゅうりの斜め切りは、サラダやサンドイッチに利用される切り方です。 薄く切るのがポイントですが、全体的にボリューミーに見せることが出来ます。 きゅうりのよく見る切り方の一つと言えるでしょう。 きゅうりのヘタを切り落とす• 包丁を斜めに当てて同じ幅で切る スポンサードリンク きゅうりの飾り切りまとめ ここではきゅうりの飾り切りについて紹介します。 より美しく見せる切り方なので参考にすると良いでしょう。 星形 星形は見た目も可愛く小さいお子様が喜ぶ切り方です。 星の形をしているので、 難しそうに見えますが比較的簡単に作ることが出来ます。 きゅうりを三等分に切り分ける• 包丁で星を描く様に薄く切り込みを入れる• 縦に切り込みを入れながら星の形を作る くるくる く るくるは、立体感のある飾り切りで料理を美味しく演出します。 きゅうりを薄くスライスします• 端からゆっくり巻いて形を作る 薄めにスライスする事で、美しく見せることが出来ます。 包丁でスライスが難しい場合は、ピューラーを使うとスムーズに切ることが出来ます。 松 和食や中華料理のあしらいとしてよく使われるきゅうりの飾り切りの松。 大皿料理にアクセントとして添えてある事も多く、 見た目が豪華な仕上がりが特徴的です。 きゅうりを10センチほどにカットして両端は八の字型に揃える• 1ミリの幅で縦に切り込みを入れる• きゅうりを横向きにして包丁を寝かせて薄く削ぐ様に包丁を入れる• 繰り返し切り込みを入れて完成 難易度は高いですが、 料理を豪華に見せることが出来るので、パーティーなどにおすすめです。 スポンサードリンク まとめ きゅうりの下処理や様々な切り方について解説していきました。 きゅうりは料理によって様々な切り方があり、覚えておくと見た目も美しく食事をより楽しく演出します。 難しそうにみえる切り方もありますが、練習すれば出来るのでチャレンジしてみてください。 見た目の楽しいきゅうりの切り方で、美味しく食べましょう。 スポンサードリンク.

次の

きゅうりの切り方

きゅうり みじん切り 切り方

板ずりをしなくても輪切りはできますが、酢の物など調味液に少し浸けておく際には、行っておいた方が、味が染み込みやすくなります。 きゅうりの栄養と効能 胡瓜は95%以上が水分でできています。 しかし、水ばっかりではありません。 ビタミンやミネラルもバランスよく含まれており、カロテンやカリウム、ビタミンCが含まれています。 カロテンは抗酸化作用があり、カリウムは血圧を下げたり利尿効果も発揮します。 また、きゅうりには身体を冷やす効果があるとされています。 そのため、夏場の暑い時期には、積極的にいただきたい食材のひとつですね。 しかし冷え性の人や胃腸が弱い人は食べる量や食べ方に少し気をつけないと、身体を冷やしすぎて体調が悪くなる場合もあるため気を付けた方がよいでしょう。 きゅうりの保存方法 きゅうりの保存方法ですが、冷蔵庫に保存するのが無難ですが最適温度は、10度〜15度です。 そのため、冬場などの寒い時期には冷蔵庫よりも常温の方が適しているといえます。 冷やしすぎるとビタミンCが壊れやすくなるので、冷蔵庫保存でも3〜4日くらいの保存が良いでしょう。 また、ぬか漬けにすると、ぬかに含まれるビタミンB1やカリウムなど栄養価をプラスして食べることができるのでおすすめです。 美味しいきゅうりの見分け方 美味しいきゅうりを見分ける際には、ヘタと色を見てまた触ってみましょう。 ヘタは切り口が新鮮になっているものを選びましょう。 先端が細くなっているものは、種が多かったりすが入っていることが多いです。 色は、緑色が濃く全体の太さが均一になっているものを選びましょう。 曲がっていても、太さが均一であれば大丈夫です。 また、触ってみて表面のいぼが痛く鋭い方が新鮮です。

次の