パパリーマン。 木を見る前に森を見よ! プレゼンの作り方|パパリーマン 林田直樹|note

人生の価値は、何を得るかではなく、何を残すかにある。|パパリーマン 林田直樹|note

パパリーマン

「この瞬間も間違いなく死に向かっている時間」 「何かを残して死にたい」 「難しいとできないは違う」 「人生は何を得るかではない。 死んだら何も持っていけない。 でも残すことはできる」 めちゃいい言葉たちじゃないか。 自分に何か残せるんやろうか プレゼンの話をいくつか出しながらちょっとづつ芽生えてきた自分のビジョンじみたもの。 今はこんな感じ。 世界を変えるようなアイディアも伝え方が悪いとせっかくのそのポテンシャルを発揮することができない! 世界に一人しかいないパパやママの貴重な時間を、会社で資料をまとめる事に浪費して欲しくない! だから プレゼンやアイディアをまとめる段階で困っている人にアドバイスできるようになりたい!!! プレゼンをまとめる段階で困っている人とスカイプとかでつなげて色々話を聞きながらどんなプレゼンにしたらいいのかを考える手助けできたらいいな。 困った時に頼ってもらえる人。 そんな人になれたらスゲーかっこいいなと思うし、いろんな人のアイディアを聞くことで自分の思想とか視野もぐんと広がるだろう。 そのためにはまず自分のプレゼンをまとめる力をもっと磨かないけんし、そんな自分をもっとうまくたくさんの人にアピールして認識してもらわないけんし、、、 まずはこの文章を書く力をもっとつけないけんな。 最初から上手い人なんかいないらしいし。 うん、とりあえず数を書いて力つけていこう。 次ははまたプレゼンのまとめかたこ続編を更新しようと思う。 乞うご期待!.

次の

ダイワハートランド2021年プロトモデル公開。【スタンダードモデル】

パパリーマン

「この瞬間も間違いなく死に向かっている時間」 「何かを残して死にたい」 「難しいとできないは違う」 「人生は何を得るかではない。 死んだら何も持っていけない。 でも残すことはできる」 めちゃいい言葉たちじゃないか。 自分に何か残せるんやろうか プレゼンの話をいくつか出しながらちょっとづつ芽生えてきた自分のビジョンじみたもの。 今はこんな感じ。 世界を変えるようなアイディアも伝え方が悪いとせっかくのそのポテンシャルを発揮することができない! 世界に一人しかいないパパやママの貴重な時間を、会社で資料をまとめる事に浪費して欲しくない! だから プレゼンやアイディアをまとめる段階で困っている人にアドバイスできるようになりたい!!! プレゼンをまとめる段階で困っている人とスカイプとかでつなげて色々話を聞きながらどんなプレゼンにしたらいいのかを考える手助けできたらいいな。 困った時に頼ってもらえる人。 そんな人になれたらスゲーかっこいいなと思うし、いろんな人のアイディアを聞くことで自分の思想とか視野もぐんと広がるだろう。 そのためにはまず自分のプレゼンをまとめる力をもっと磨かないけんし、そんな自分をもっとうまくたくさんの人にアピールして認識してもらわないけんし、、、 まずはこの文章を書く力をもっとつけないけんな。 最初から上手い人なんかいないらしいし。 うん、とりあえず数を書いて力つけていこう。 次ははまたプレゼンのまとめかたこ続編を更新しようと思う。 乞うご期待!.

次の

アウトドアメーカー各社の真のキャッチコピーを考える

パパリーマン

当ブログを運営している、とも パパリーマンです。 この記事では僕の自己紹介をしたいと思います。 〇プロフィール 1993年9月生まれ 26歳 O型 3歳年上の妻 息子が1人 趣味はバスケットボール 平日5勤、土日祝が休みの積極的育児参加型パパ兼サラリーマンです。 〇ブログの内容と目的 息子が誕生して育児をスタートしたわけですが、初めての育児ということで知らないことや分からないこと、こんなときどうしたらいいんだ!って事がたーーっくさんあります。 日々その疑問と向き合いながら我が家なりの正解や方法を見つけて育児に奮闘しています。 同じように育児や普段の生活で悩みを持つ人たちに、我が家の経験や知識を発信することで、少しでもお役に立てればな~と思ったことがこのブログをスタートした理由です。 逆に僕も疑問に思うことはブログを通じてみなさんに質問させていただきたいなとも思っています。 みんなで色んな情報をシェアして、ハッピーな育児LIFEを送りましょう! またパパ目線での普段の生活、息子の成長記録、世間に対するオピニオンなども発信していきたいと思います。 このブログを見て、悩みが解決した!共感できた!笑顔になった!1人でも多くの方にそのように感じてもらえれば嬉しいです。 最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。 家事・育児についての記事をいくつか紹介します。 今後ともよろしくお願いします。 tomo-papa.

次の