ひょうきん 族。 『ひょうきん族』『めちゃイケ』の間に放送していたフジテレビ土曜8時の番組を調べてみた!

山村美智子(元ひょうきん族アナ)の番組降板事件

ひょうきん 族

「土8」。 フジテレビが、この枠に特別な思い入れを持っているのは間違いありません。 『ひょうきん族』は80年代、TBSの同枠に君臨していた『8時だョ! 全員集合』との視聴率争いを制し、「バラエティのフジ」の礎を築いた、ある意味で創造主的番組。 『めちゃイケ』は「楽しくなければテレビじゃない」の精神性を受け継ぎ、90年代後半から00年代前半までのフジを盛り上げた、いわば中興の祖。 異なる時代を代表する2つのバラエティを輩出した枠として、今後も語り継がれていくのは間違いありません。 「あいつがトラブル」(1989年12月2日~1990年3月24日) 『全員集合』を討ち果たした『ひょうきん族』でしたが、次なる刺客『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』には歯が立たず、89年3月、あえなく放送終了。 「土8」の覇権は再びTBSのものとなりました。 あまりにも強力だった『加トケン』と真っ向勝負することを避けたいフジは、同枠で実に8年ぶりとなる連続ドラマの放送を決意。 萩原健一と南野陽子の凸凹コンビによるオシャレでファッショナブルな刑事モノ『あいつがトラブル』で、TBSが取りこぼしているであろう視聴者層の獲得を狙います。

次の

ビートたけし、明石家さんまの『ひょうきん族』時代の月給明細を見て驚き「これ1日分?」

ひょうきん 族

概要 [ ] のようにに張りつけにされた格好で扮する神様 が安置された懺悔室で、が黒衣のに扮し(横澤の降板後は2代目プロデューサーとなったが赤い衣装で立っていた)、出演者やスタッフなどが自分のNGを懺悔する。 神父が 『罪深き、迷える子羊よ、入りなさい』とNGをした出演者を呼ぶ• 神父が 『心ゆくまで懺悔をなさい』と懺悔を促す• 出演者による 懺悔、またはその出演者を連れてきた付添人による 告発が行われ、出演者が 許しを請う• 神父が 『祈りなさい。 祈りなさい』と祈りを促し裁定に突入する。 初期は『それは神のみぞ知ること。 祈りなさい。 祈りなさい』『神よ、許すならマル、許せぬならバツで、お答え下さい』と述べていたが簡略化された。 神様が 裁定 する。 反省が足りないと神様が絶叫しつつ両手を交差させるように 「バツ」のジェスチャーをして大量のを浴びせられ、逆に反省が認められれば神様が微笑みながら頭の上で両手で 「マル」のジェスチャーをし、天井からが降る。 「バツ」の水は一杯が通例であるが、• 抗議するなど反省していないと見なされ二杯、三杯とかけられる• 「マル」を出したにもかかわらず、余計な一言を言ったため「バツ」になり水をかけられる• 「マル」と見せかけて「バツ」を出す(その逆パターンもあった)• 「バツ」にもかかわらず水をかぶらないと思わせておいて時間差攻撃で水をかける• ADが水をかけた後、とどめにNGをした出演者やスタッフめがけて空になったバケツを落とす などの変形パターンもあった。 水をかけるADが悪ノリしてやっている姿も放映された。 その一方で、ADではなく被害者となった出演者が加害者となった出演者に水をかけた後、とどめに加害者となった出演者めがけて空になったバケツを落として報復するパターンもあった。 一回の放送につき三人ほどの懺悔の模様が放送されたが、実際には、たとえゲストであろうと番組でNGを出した者全員が懺悔室の対象であり、放送時間の関係で面白いものだけが放送されたと後に明された。 「 懺悔! 」は当時流行語になり、後述通りパロディも多数登場した。 ADが悪ノリして多くの水をかけるのはほとんどが男性出演者に対してであり、概して女性出演者には甘かったが、例外的にやに対しては容赦なく大量の水をかけていた。 なお神様の裁定時の判定における手の動きだが、「マル」のときはスローだったのに対し、「バツ」のときは逆に素早い動作だった。 また、NGを出さなくても懺悔室に送られるケースもあり、は『金儲けしすぎ』という全く番組に関係ない理由で懺悔させられ、水をかけられたことがある。 また、公開収録の『ひょうきん公開懺悔室』では、収録テープが入ったビデオデッキの操作ができなかったという理由でが懺悔するハメになったこともある。 懺悔室に送り込まれる対象は拡大して行き、レギュラーが出演した全番組、プライベート、営業(後述の出張懺悔室)、当時のフジテレビ系番組出演者全員、局員 、果てはフジテレビ乗り付けの運転手、間違えてにスタッフ用のを届けた仕出し店の配達員、収録中の客にまで広がり、当時フジテレビアナウンサーだったや編成局長であった(現・相談役)が送り込まれた回もあった。 もちろん神父 や神様 も、NGを出せば容赦なく懺悔室の対象となった。 時にはNGを誰一人も出さなかった、NGでも面白かったからOKにしたためNG無しという回もあり、その際は「今日は懺悔の無い良い一日でした」と言うナレーションの後、マルの際と同様に紙吹雪が降って、エンディングの流れとなった。 一方、懺悔の神様に大量の水を掛けるパターンもあった。 判決時に使われていたBGMは、『』の「ギャバン蒸着」(作曲:)。 通常はこの『ひょうきん懺悔室』が番組の最後のコーナーで、これが終わるとそのままエンディング曲、提供クレジットが出て番組が終わる、という流れであった。 番組終了後、当時の出演者たちが語るには「水ではなく、お湯(ぬるま湯)をかけること」が頻繁で「この件で次の仕事に支障を来たさないための配慮」であったとも語られていた。 後に他のバラエティ番組がパロディで懺悔室を再現した際、は「本物の水やないか! あの、あの、常識の無いひょうきん族でもぬるま湯やったわ! 」と絶叫。 しかし、中には冷水であったり、インクや粉をかけられることもあった。 その上、被った際の貸衣装代は全て自腹で弁償もしくはクリーニングしなければならなかった。 本コーナー誕生のきっかけ [ ] 初期にはコーナーの冒頭で「ここは、番組の中でNGを出してしまった者たちが懺悔するところである」とのモノローグが読み上げられたが、後になくなった。 神父の衣装は最初は布製の衣装だったが、濡れて縮むなど管理が大変だったため、ゴム製に変更された。 その他の懺悔室 [ ] コーナーの発展バリエーション [ ] 出張懺悔室 視聴者から投稿を受け付け、懺悔室の神様と神父が街中や行楽地など(スキー場や、地方局のローカルバラエティ番組に行ったこともある)に出張し、投稿者から名指しされた素人に懺悔させた。 なお、その時の神父は横澤ではなく、ブッチー武者の当時の相方だった。 後にこれは、レギュラー陣が当時担当していた他の番組の収録現場でも行われるようになった。 公開懺悔 改編期恒例の特番にて、スタッフが気付かなかったNGを視聴者からの投稿で再検証し、容疑者を懺悔の部屋に送り込むもの。 神様は特番中ずっと立ちっぱなしで両腕を広げたままであった。 また、フジテレビの『ひょうきん族』以外の番組や他局の番組でも同様に放送した。 告げグチ懺悔室 1985年の年末スペシャルで告げグチ人が懺悔する人とその人の悪質な行状を告知し、懺悔をさせる。 ・に1日限定の復活。 番組中に自らのネタが滑った芸人達(、・、・ひぐち君、、、)や、多くの芸人の前で自らの芸で滑らせてしまった・、費用を15万をかけ大きすぎる被り物を付け周りに迷惑をかけた・、「」のコーナーで終始ボケなかった「ひょうきんオールスターズ」の面々(、、、)、番組終盤で鶴太郎が扮していたピヨコ隊の衣装を用意していなかったディレクター、この年のFNS企画である「爆笑! 列島カーペット」でボケすぎた全国の女子アナを代表してなぜかそのコーナーの司会者である、2009年1月定年と言っていたのに、役員待遇で2年延びたことが後で分かった神父役のフジテレビディレクター兼プロデューサー・が懺悔に訪れたものの、すべて「バツ」となり水を浴びた。 「」も参照 他の番組における懺悔室 [ ]• - 神様役のブッチー武者が第1話にゲスト出演、この回のサブタイトルにもなった。 - 神様役のブッチー武者がゲスト出演、この回の「めちゃイケ懺悔室」になった。 - この番組に出演していたのメンバーが、番組中でのNG、発言などを懺悔するコーナーがあった。 神父役は、神様役は()、水をかけていたのは。 水をかけるのではなく、を顔に押し付けたこともあった。 - からまでで放送された。 このコーナーをイメージしている。 - からまで、最下位のチーム全員による「」であり、ゲーム開始前に上下ともに着替えてから形式による水浴びゲームを行う。 - さんまが『玉様ビリヤード』に出演して敗北した際に罰ゲームとして用意され(この際のタイトルは『スマスマ懺悔室』で神父は全員が扮したが、神様は武者本人)大量の水を被ることになったが、1回目は直撃せず結果的に3回被る事になった。 - 2010年放送。 史上初めてNHKの番組で実施された。 この放送回は発案者の一人でもあるがゲストで、横澤の自宅での番組収録であった。 BGMで「ウキウキWatching」が流れるなど、NHKでは珍しい演出が見られたほか「自身が最も気に入っていたコーナー」として本コーナーを挙げ、横澤宅に神様ら往年のメンバーを招くという内容だった(この時は個人宅ということもあって「マル」で番組終了)。 この番組の収録から半年後、横澤は逝去し、生涯最後のテレビ出演となった。 - ミニアニメ「コマさんタクシー」としてコマさんが運転手役となり客役の妖怪に抗議のメッセージに関する反省をさせる。 助手席のコマじろうがクレームを紹介する。 - の初生演奏の最後にブッチー武者が本物同様のセットと共に登場。 ゴールデンボンバーへの裁定は「バツ」となり、天罰は水ではなく安全な低温を浴びせた。 関連番組 [ ]• () パロディ [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年6月)• 『』の道具の中にこのひょうきん懺悔室をモチーフにした、「ざんげぼう」がある。 『』第一弾のキャラに懺悔室を元ネタにした「水かける蔵! 王」「お祈り神父」「男魔ザンゲ」がある。 『』1周年となる第54号 では自分の欲望に忠実で怠惰なを反省させるための「クロ懺悔室」が開かれた。 その後も反省すべき行動があるため何度も開かれている。 『』38話 Bパート全体がひょうきん懺悔室のパロディで構成され、懺悔の部屋のセットやBGM、さらには登場人物のテロップやカメラワークまで忠実に再現されている。 『'』51話 252話 最終回の内容が今までの罪(モザイク・下ネタ・パロディの連発など)を謝罪するというアニメオリジナルストーリーで一部ひょうきん懺悔室のネタが使われた(しかし懺悔の途中で大量に嘔吐し、建物が破壊されるほどの反吐が降った)。 『』次回予告がひょうきん懺悔室のパロディになっている。 金城そらがブッチー武者に扮し、「マル!! 」なら紙吹雪、「バツ!! 」なら本家同様に水をかぶる。 金城そら扮するブッチー武者の土台にはスクロールで次回のサブタイトルが表記されている。 『』第13巻(、1984年3月9日発売 )の話間の企画ページが『トリヤマアキラ懺悔の部屋』であり、これは過去の『Dr. スランプ』における部分について自身(漫画で描かれている)が懺悔するというもので、「マル!! 」なら紙吹雪、「バツ!! 」なら水をかぶるという、本家と同様の一コマ漫画が描かれていた。 脚注 [ ]• 第1話サブタイトルでは ザンゲの神様と表記された。 本当のマルバツの判定は事前に決まっており、マルとバツを間違えた神様が後で懺悔させられたこともあった。 スケジュールの都合で懺悔だけして帰る弾丸出張の社員もいたようである。 上司の懺悔でマルを指示しようとした所をたけしに見つかりキレられた。 主にマルとバツを取り違えた場合。 この場合、取り違えられた相手が神様の位置に立ち、入れ替わりに神様が跪いて懺悔する。 も『』で同様のことを言っていた。 この模様は、ビデオ『チェキッ娘 in DAIBAッテキ!! 』(1999年7月16日発売)にも収録されている。 『ドラえもんプラス』第5巻• 2010年11月13日配信• 2011年12月24日放送分.

次の

志村けんさんは“テレビ的”な『ひょうきん族』に負けたのか

ひょうきん 族

『1989年のテレビっ子』巻末の年表をベースに、民放4局土曜8時の主な番組を挙げた。 バラエティでぶつかり合うTBSとフジ。 スポーツやクイズ、特番などで模索する日テレ。 『暴れん坊将軍』で高齢者をがっちり離さないテレ朝。 『全員集合』の練りこまれたコントの逆を目指し、『ひょうきん族』は会議をせず、とにかくカメラを回して現場で偶発的に起こる笑いを拾った。 『カトケン』はさらにその逆を行き、カーチェイスや水中撮影などあらゆる手を尽くして長尺のコントを作りこんだ。 芸人やテレビマンが死力を尽くす姿に、まさに当時テレビにかぶりついて観ていた世代としてテンションが上がる。 だがそれだけではなく、本書では番組が終焉する空気まで丁寧に描かれている。 休養を機に全てのレギュラー番組を失った萩本欽一。 モチベーションが下がったメンバーを見て『ひょうきん族』終了を決めた明石家さんま。 メンバーの結束を失ったドリフターズ。 番組中の事故で打ち切りになった『やるやら』。 スタッフとの対立の末に『ごっつ』を終わらせたダウンタウン。

次の