スウェーデン 感染 者 数。 スウェーデンの新型コロナ感染者数が1日最多に、死亡率も世界屈指

【必読】スウェーデンの新型コロナウィルス(随時更新中)

スウェーデン 感染 者 数

首都ストックホルムを歩く人々。 2020年4月4日。 スウェーデンのコロナウイルス対策責任者は最新のインタビューで、同国の死者数が多いのは「大きな驚き」で、「とても憂慮している」と述べた。 疫学者のアンダース・テグネル氏は「 」で、スウェーデンの戦略は多くの点で成功していると述べている。 ロックダウンなしの戦略は、より多くの死者を出すための決定ではなく、もちろんこの大きな代償は予想していなかったという。 スウェーデンでは、死者の約半分が老人ホームでの発生しているが、施設の訪問は禁止されいた。 テグネル氏によると、保健当局は、この病気を高齢者から遠ざけるのは簡単だと考えていた。 スウェーデンでコロナウイルス対策を主導する人物は、同国の死者数の増加は「本当に驚いた」と語った。 スウェーデンの疫学者であるアンデルス・テグネル(Anders Tegnell)氏は5月6日に、に登場し、議論を呼んでいる同国の取り組みについて述べた。 「もちろん、死亡者数が多くなるとは考えていなかった」と、彼は語っている。 「多くの人々が病気にかかるだろうとは予想したが、死亡者数は本当に驚きだった」 6日の時点で、スウェーデンは2万3000人以上の感染者、2700人以上の死者が報告されている。 この死者数は、近隣の北欧諸国や封鎖された他の多くの国々よりもはるかに多い。 テグネル氏(左)と番組司会者のトレバー・ノア。 しかし同時に「私は我々が他と異なる方法を取ることで成功したと言っているのではない。 つまり、我が国の死亡者数は、我々がとても憂慮していることだ」と認めた。 同氏は、スウェーデンではにもかかわらず、多くの欧州諸国と同様に、老人ホームでの死亡者数が非常に多いことを指摘した。 「彼らを病気から遠ざけることは非常に難しい。 我々がいくら最善を尽くしていても、それは明らかに十分ではない」と彼は言った。 「もちろん、誰かの命を他の誰かの命よりも優先させているわけではない。 それは我々のやり方ではない」 テグネル氏は4月下旬に、アメリカの死者の少なくとも半分は老人ホームにおけるものだったと。 「老人ホームにいる人たちをこの病気から隔離しておくことは、我々のほうがずっと上手だと思っていた」と彼は言った。 テグネル氏は以前、封鎖していれば死者をもっと少なくできたかどうかを知ることは「非常に難しい」と述べていた。 多くの人が(訪問を禁止されている)老人ホームで亡くなっているからだ。 テグネル氏の出演した番組は以下のリンクから視聴できる。

次の

【必読】スウェーデンの新型コロナウィルス(随時更新中)

スウェーデン 感染 者 数

<より多くの人をウイルスにさらすことで集団免疫を獲得する、というスウェーデンだけの「人体実験」には国内から反対も出始めている> ロックダウンに頼らない独特の新型コロナウイルス対策で知られるスウェーデンで、感染者が増え続けている。 しかも米ジョンズ・ホプキンズ大学の集計によれば、死亡率は4月30日時点で12%超。 これは、感染者が1000人を超える国の中で6番目に高い割合で、現在の感染拡大の中心地で死者数も最多のアメリカ(約5. 8%)、ウイルスの発生源とされる武漢市がある中国(約5. 5%)と比べても2倍以上の高さだ。 新型コロナウイルスの感染拡大を抑える対策としては、北欧諸国も含むヨーロッパの多くの国が全国的な封鎖措置を取り、厳しい移動規制を敷いている。 こうしたなか、スウェーデンは全国的な移動規制や外出制限をしないという独自路線を貫いており、ストックホルムの通りの人でもカフェの客入りも一見、普段通りだ。 その「緩い」対策は、世界的にも論議を呼んできた。 ドナルド・トランプ米大統領は4月30日朝、公式アカウントにツイートを投稿。 この中で「封鎖措置を取らなかったスウェーデンは、その決定の手痛い代償を払っている」と指摘。 「同国では30日の時点で、死者数が2462人にのぼっている。 近隣のノルウェー(207人)、フィンランド(206人)やデンマーク(443人)よりもずっと多い。 アメリカは正しい決断を下したのだ!」と主張した。 「集団免疫」戦略の効果は スウェーデンはこれまでに2万1000人近くが新型コロナウイルスに感染したと報告しており、このうち2500人近くが死亡している。 感染者の死亡率はノルウェー(約2. 6%)の6倍近く、同じ北欧のフィンランド(約4. 2%)やデンマーク(約4. 9%)と比べても3倍近くにのぼる。 かつて中国以外で最も高かったイランの感染者死亡率(約6. 3%)も、スウェーデンの半分ぐらいだ。 感染者数を見ても、スウェーデンの感染者数はデンマークの2倍以上、ノルウェーの3倍近くで、フィンランドの4倍以上に達している。 感染者の回復状況も思わしくなさそうだ。 スウェーデンは4月に何度か感染者の回復を報告しており、最も多かった25日には一気に455人が回復したと発表しているが、それ以外の報告はない。 その一方で、感染拡大が始まった3月上旬から、新たな新規の感染者の数は増え続けており、同国の公衆衛生当局によれば4月29日には新たに681人の感染が確認された。 新型コロナウイルスの感染拡大に対するスウェーデン独自の対策は、ウイルスにさらされる人の数を増やすことで「集団免疫」を形成し、感染拡大の第2波を防ぐという作戦の一環だとされている。 スウェーデン公衆衛生局の疫学者であるアンダース・テグネルは4月下旬にBBCラジオの番組に出演し、「我が国の死者のうち少なくとも半数は、高齢者施設の中で集団感染した人々だ。 封鎖をすれば感染拡大を阻止できる、という考え方は理解しがたい」と主張。 スウェーデンの方法は「ある意味で功を奏している。 私たちの医療システムが崩壊に追い込まれていないことがその証拠だ」と述べた。 テグネルは4月21日、米CNBCの番組にも出演。 スウェーデンの首都ストックホルムの住民のうち、最大20%が新型コロナウイルスに感染したことがあると述べ、「ストックホルムの人口の15~20%が既に免疫を獲得していると確信している」と主張。 「これは完全な集団免疫ではないが、ウイルスの再増殖を抑制し、感染の(第2波が訪れる)スピードを抑える効果はあるだろう」と述べた。 ルンド大学(スウェーデン)のピーター・ニルソン教授(内科医学・感染学)は4月下旬、本誌に次のように語った。 「個人的には、必要であれば(そして地元の政府や議会でそれを可能にする法律が可決されれば)感染者の特に多い地域を封鎖するのもひとつの選択肢だと考えている。 だが我々は、まだその段階には達していないと思う。 医療部門には大きなストレスがかかっているが、手一杯の状態ではない。 まだ余力があり、ストックホルムにある臨時病院もまだ使っていない」.

次の

欧州各国で感染が急増するなか、「集団免疫戦略」のスウェーデンは収束へ(ニューズウィーク日本版)

スウェーデン 感染 者 数

スウェーデンの首都ストックホルムでは、人々がアイスクリームを買うために並んでいた(2020年4月19日)。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、いまだロックダウン(都市封鎖)に踏み切っていないスウェーデンでは、4月20日現在、感染者数が1万4000人を超え、1580人が死亡している。 スウェーデンの死亡者数は、他の北欧諸国の10倍近い。 ノルウェーでは、7100人以上が感染、181人が死亡。 フィンランドでは、3800人以上が感染、94人が死亡している。 が発表したチャートは、ノルウェーの感染拡大カーブが下がってきている一方、スウェーデンのカーブはまだ平坦化していないことを示している。 スウェーデンの賛否両論の新型コロナウイルス対策は、他の北欧諸国の10倍の死亡者数をもたらしている。 これは封鎖の解除を求めるアメリカの一部市民への反論材料にもなりそうだ。 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、によると、スウェーデンはいまだロックダウンに踏み切っていない。 政府は50人以上の集会を禁止し、市民に自主隔離を求めているが、学校、レストラン、ジムは開いたままで、生活はほとんど変化していないように見える。 スウェーデンのこうした対応はヨーロッパの他の国々とは一線を画すもので、感染者数はまだ減っていない。 人口1023万人のスウェーデンでは4月20日現在、新型コロナウイルスの感染者数が1万4000人を超え、1580人が死亡している。 隣国ノルウェーとフィンランドはウイルスに対し、スウェーデンとは異なるアプローチを取っていて、それが死亡者数の差につながっている可能性がある。 ノルウェーは、学校やレストラン、文化イベント、ジム、観光地を閉鎖した。 外国人旅行者の入国も禁止した。 フィンランドはとして、国境の往来を制限し、10人以上の集会を禁止し、学校を休校にした。 4月20日現在、人口536万人のノルウェーでは、新型コロナウイルスの感染者数は7100人を超え、181人が死亡。 人口550万人のフィンランドでは感染者数が3800人を超え、94人が死亡している。 によると、スウェーデンの疫学者で、国の"緩やかな"新型コロナウイルス対応計画を作ったアンダース・テグネル(Anders Tegnell)氏は、その死亡率はウイルスの感染拡大が「頭打ち」になり始めていることを示していると、現地メディアに語った。 しかし、が発表したチャートは、テグネル氏の見方とは一致しない。 スウェーデンの感染者数は増え続けていて、ノルウェーの感染者数はすでに減り始めているようだ。 左がスウェーデン、右がノルウェーの感染拡大カーブ。 「当局および政府は愚かにも、この疫病がスウェーデンまでやってくるとは全く考えていなかった」とルンドバック氏は指摘した。 によると、約2300人の学者たちは3月、スウェーデンに対し、ウイルスへのアプローチを考え直すよう呼びかける公開書簡に署名している。 この書簡に署名したカロリンスカ研究所の教授セシリア・セーデルベリ・ナウクレル(Cecilia Soderberg-Naucler)氏は、「わたしたちは状況をコントロールしなければならないし、全くのカオスに向かうわけにはいかない。 誰もこのルートを試していないのに、どうしてスウェーデンでインフォームド・コンセントなしに、わたしたちが初めて試さなければならないのか? 」とFox Newsに語った。 ブルームバーグによると、スウェーデンの人々は今のところ旅行を控えているといい、アン・リンデ外務大臣は政府の決定が「社会全体に影響している」とラジオ・スウェーデンのインタビューで語ったと。 スウェーデンの首都ストックホルムで、外食を楽しむ人々(2020年4月20日)。 企業が営業を続けていられたからだという。 「ロックダウンはしないというスウェーデンの戦略が結果的に無謀だったと判断されるかもしれないが、感染カーブがすぐに平坦化すれば、その経済は(他国に比べて)より回復しやすいかもしれない」.

次の