ニンテンドースイッチ スイッチライト 違い。 ニンテンドースイッチライトをどう思いますか?

ニンテンドースイッチライトの違いは?今後はどうなるの?

ニンテンドースイッチ スイッチライト 違い

通常のニンテンドースイッチを買ったら、 皆と遊ぶ時以外はテレビに繋げず携帯モードで遊ぶことが多かったり、 携帯モードで熱中して遊んでいるとすぐに電池が切れたり、 重さで手首が疲れて痛くなると感じた方も多くいるかと思います。 スイッチライトは携帯モードで遊ぶ事が多い人向けに発売された商品なので、 コンパクトかつ軽量で疲れにくかったり、電池持ちもアップしているメリットがあります。 子供がニンテンドースイッチで遊んでる時に一人でじっくり遊びたい場合や、 長時間携帯モードでプレイしていて手首が疲れた事のある方は、 ニンテンドースイッチライトがおすすめです。 この記事ではとの違いを具体的に解説していきます。 自分のプレイスタイルに合うスイッチが選べるよう、違いをわかりやすく解説していきます。 「TVモード」は、スイッチ本体を黒いドックに入れて、 ドックにHDMIケーブルを接続してテレビに繋げるモードのことを指しています。 主に皆で遊ぶゲームを楽しみたい時や、大画面で綺麗な画質を楽しみたい時に使う事が多いモードです。 「テーブルモード」は、スイッチ本体をテーブルに立てかける形で置いて、 Joy-Conを取り外してプレイする形式です。 主に外出先で複数人プレイする時に使いますが、長時間一人でプレイしていて本体の重さに耐えられなくなった時に使うことも。 「携帯モード」は、本体にJoy-Conをつけた状態でプレイするモードで、 TVモードの設定をするのが面倒な時や、一人でじっくりと楽しみたい時に使います。 通常のスイッチで携帯モードを長時間利用すると、 重さに耐え切れず手首を痛める方も少なくありません。 との大きな違いは、 ニンテンドースイッチは全てのモードに対応していますが、 スイッチライトは携帯モードのみの対応となっています。 家族や友達とパーティーゲームをする場合は、 通常のニンテンドースイッチを選ばないと後悔するので、 必ずここで違いを把握しておきましょう。 プレイができるかどうかは上記画像の赤枠の部分を見るとわかるようになっています。 ただし、非対応に該当する場合でも、別途Joy-ConとJoy-Con充電グリップを用意したら遊べるケースもあります。 どうしてもプレイしたいソフトがあって非対応だった場合は、 ニンテンドーの公式サイトより問い合わせをするのもおすすめです。 一方、ニンテンドースイッチライトはJoy-Conがないため、 どうしてもHD振動やモーションIRカメラを使用したゲームを遊びたい場合は、 別途Joy-Conを用意する必要があります。 別途何かを用意したらスイッチライトでもTVに繋がる・・・ということも一切ないので、ご注意ください。 そのため、ベッドに寝転がりながら長時間プレイしても疲れにくくなっています。 また、スイッチライトの左側のコントローラーは十字キーになっているので、 初めてスイッチで一人プレイのものを遊ぶ時、操作がしやすいというメリットがあります。 目安として単一電池1つ分くらいなので、たいして変わらないと思う方が多いですが、 実際に長時間プレイすると疲れにくさを大きく実感します。 コンパクトで軽量、十字キーの操作のしやすさを重視してわざわざ2台目にスイッチライトを購入する方も多いので、 一人でじっくりとプレイする方はスイッチライト一択といって良いほどおすすめです。 2インチ、スイッチライトは5. 5インチと少しスイッチライトが小さくなりますが、 携帯モードでプレイする場合は6. 2インチだと少し横に大きくてバランスが悪いかも?と感じる場面が多くあるため、5. 5インチの方が見やすいという声もあります。 5-6. 5時間に対して、 スイッチライトは約3. 0-7. 0時間とバッテリーの持ちがよくなっています。 持続時間の幅が広いのは、プレイするソフトによって消耗具合が異なるためです。 また、ニンテンドースイッチにはバッテリー持続時間がアップしたモデルも出ているため、重さやコンパクトさよりもバッテリーを重視したい方は、 ニンテンドースイッチの新モデルもおすすめです。 また、スイッチライトは通常に比べてボタンのストロークが長くて軽さがあるので、力を入れなくてもしっかりとボタンを押せている感触が好きという方もいます。

次の

「Nintendo Switch Lite」と「Nintendo Switch」の違い

ニンテンドースイッチ スイッチライト 違い

それぞれの機種の違い ニンテンドースイッチとニンテンドースイッチ ライトの主な違いは以下の通りです。 ニンテンドースイッチ ニンテンドースイッチ ライト TVモード あり 無し テーブルモード あり 無し プレイ出来るゲーム数 制限なし 制限あり 十字キーの有無 無し あり 本体重量 398g 275g 画面サイズ 6. 2インチ 5. 5インチ バッテリー時間 4. 特に大きな違いが対応モード数の違いで、通常のニンテンドースイッチはコントローラーの取り外しが可能ということもあり「携帯モード」「テーブルモード」「TVモード」の3種類のプレイスタイルでゲームを遊ぶことが出来ます。 迷っている方にアドバイスするなら、「どうしても重量は軽くないとダメ!」「価格は2万円以上出せない!」という方以外は、 通常のニンテンドースイッチを購入したほうが明らかに満足度は高いと思います! その理由をもう少し詳しく解説していきましょう。 スイッチ ライトにはTVモードが無い 通常のニンテンドースイッチには、テレビに映像を映し出すための専用のドッグが同梱されており、ゲームを「TVモード」でプレイすることが出来ます。 しかし、スイッチ ライトには、このTVモードが搭載されておらず、専用のドッグも同梱されていません。 ライトには別途でドッグを購入してもテレビに映し出す機能はありませんので注意が必要です。 スイッチ ライトにはテーブルモードが無い ニンテンドースイッチにはコントローラーを取り外して二人で遊べる「テーブルモード」に対応しており、一台のスイッチをシェアして遊ぶことが出来ます。 しかし、スイッチ ライトには、このテーブルモードまでもが搭載されていないので、 通常では1人でしか遊ぶことが出来ません。 一応、別途で販売されているjoy-conを購入すれば「テーブルモード」で遊ぶことも可能ですが、joy-conだけで7,480円することに加えて、テーブルモード用のスタンド機能がライトには搭載されていないので、あまりメリットは無いかもしれません。 というか、それだけの金額が出せるなら通常のニンテンドースイッチとの価格差が無くなるので、素直にそちらを買ったほうが満足度は高いでしょうね…。 コントローラーの取り外しと十字キーの違い また、 ニンテンドースイッチ ライトには『HD振動』や『モーションIRカメラ』にも対応していないので、コントローラーを振って遊ぶゲームも基本的にはプレイできません。 こちらも別途joy-conを購入することでプレイ可能となりますが、そのお金があるなら最初から(略 このように、体を使った体感ゲームをプレイしたい方も注意が必要です。 あと、ジャイロ機能自体はスイッチ ライトにも搭載されていますが、コントローラーが画面と一体型なので画面も一緒にグリグリ回す必要があり、あまり現実的ではありません。 スプラトゥーンやマリオカートなどをプレイしたい方は、この辺りの注意も必要です。 ただ、それを補完するわけではありませんが、スイッチ ライトには左側コントローラー部に十字キーが搭載されています。 通常のニンテンドースイッチは二人プレイも出来るように設計されていることから、携帯モード時の十字キーに関しては非常に押しづらいように感じます。 しかし、この不満点はホリから任天堂ライセンス品でL側の十字キー付きコントローラーだけ別途販売されていますので、どうしても欲しい方はこちらを購入することで解消されます。 バッテリー駆動時間も通常版のほうが2時間ほど長い バッテリー駆動時間に関しても、かなり大きな違いがあります。 公式説明によると、通常のニンテンドースイッチのほうがスイッチ ライトに比べて 最大で2時間のバッテリー性能差があります。 従来のニンテンドースイッチが2. 5時間程度しかバッテリーが保たなかったことを考えると、この差は非常に大きく、実質充電一回分の差ほど違いが出てきます。 家の中でプレイする分にはそれほど気にならないかもしれませんが、ちょっとした旅行や外出時には露骨に差を感じることが多いです。 現に、僕も従来型ニンテンドースイッチを使っているときに、少しプレイすると頻繁に充電を強いられることが多く本当に参っていました。 常にバッテリー残量を気にしなければならず、どうしてもゲームに集中することが出来ないのです…。 バッテリー駆動時間は携帯ゲーム機を選ぶ上でとても大切な要素なので、この差は相当大きいと思いますよ。 通常のニンテンドースイッチの29,980円に比べて、スイッチ ライトでは19,980円と2万円を切るプライスを実現しています! これはかなり魅力的な部分で、例えば子供が2人いる家庭でそれぞれにニンテンドースイッチを買おうとした場合、二人とも「TVモード」「テーブルモード」でプレイしないのであれば出費額は2万円も抑えることができるわけです。 最後に個人的に思うこと 「結局どちらを購入すればいいのか?」という問いに対して、あくまでも僕の観点ですが 余程の理由がない限りは通常のニンテンドースイッチを購入することを強くお勧めします。 理由は上記でも触れましたが、総合的に見ても1万円という価格差に対してあまりにも機能面が削られ過ぎているからです。 特に「テーブルモード」「TVモード」が使えないのはあまりにも差が大きく、もはや別のハードとすら思えるほど。 そもそも、ニンテンドースイッチの『スイッチ』とは、家で遊ぶときはTVで大画面でプレイ出来る。 外出するときは携帯モードでプレイ出来る。 一つの機種が据え置きゲーム機にも携帯ゲーム機にもなり、多人数でワイワイ遊べる。 という意味合いが込められています。 これがこのゲーム機のコンセプト、これが『スイッチ』という名前の由来であり、スイッチを選ぶ最大の理由なわけです。 そして、スイッチのコントローラーは2つに分離することが出来る。 それを両手で持つことで、体全体を使った遊び方やゲームの没入感を高めてくれる。 また、ニンテンドーラボを使えば工作を楽しみながらモノ作りを学ぶことができる。 そんな子供の教育面をも補佐してくれる可能性を見出したのが、ニンテンドースイッチというゲーム機なんですね。 ここまで革新的なゲーム機はこれまでに存在しませんでした。 しかし、これらの強みを自ら奪い去ってしまったのが「ニンテンドースイッチ ライト」という存在です…。 TVに繋ぐことも出来ないのでパーティーゲームとしても遊べない。 ただ1人で黙々とプレイするだけのゲーム機。 「これじゃあニンテンドー3DSと変わらないじゃん!」 これが僕が率直に感じた心の声でした。 これらはあくまでも僕の感想ですが、ニンテンドースイッチ ライトはスイッチの良いところをすべて封印した、かなり残念なハードに成り下がったと感じています…。 しかし、スイッチ ライトの本体重量が100gほど軽くなったことは素晴らしいと思います。 携帯ゲーム機の長時間プレイは首への負担が少なからずありますし、姿勢が悪くなる要因でもありますからね。 『絶対に携帯モードしか使わないぜ!』って方なら、1万円を浮かすことの有用性はあると思います。 いずれにせよ、ニンテンドースイッチ本来の遊び方を楽しみたいなら通常のニンテンドースイッチを、割り切った使い方ができるならニンテンドースイッチ ライトとしっかりしたプランを練って購入することをお勧め致します。

次の

「Nintendo Switch Lite」と「Nintendo Switch」の違い

ニンテンドースイッチ スイッチライト 違い

2019年7月10日、ニンテンドースイッチの新型となるが発表されました。 いきなりの発表だったので驚いたゲーマーも多いのではないでしょうか。 ニンテンドースイッチ ライトは携帯モード専用になっていることもあり、価格も安めなのが最大の特徴。 ただしTVに映像を映すことはできないというのも重要なポイントです。 この記事では両方のニンテンドースイッチを比較しつつ、あなたにどちらが向いているのかを診断していきます。 ドックに接続することで TVで遊べる• Joy-Conが最初からついている• 画面の大きさは6. 2インチと大きめ• 約398gとやや重い• 携帯モード専用なので TVで遊べない• Joy-Conはついていないが、別途購入して接続できる• 画面の大きさは5. 5インチと小さめ• 約275gなので軽めで携帯向き• 価格は 19,980円(税別)• 十字キーがついている 結論から言うと、 いろいろなタイトルを遊びたい・みんなで遊びたいのであれば通常版がオススメ。 逆に、 特定のタイトルしか遊ばずそれが携帯向きというのであればライトがオススメです。 次からはどのように遊ぶのか、プレイ方針によってどちらがオススメかを診断していきます。 『Newスーパー マリオ ブラザーズ U デラックス』のようにみんなで遊ぶアクションゲーム、あるいは『スプラトゥーン2』のような対戦ゲームの場合、ある程度は大きな画面のほうが遊びやすいのです。 また、『1-2-Switch』などおすそ分けプレイで遊ぶ場合も、Joy-ConがついていてTV出力できる通常版向きとなっています。 ダンボールでコントローラーを工作して遊ぶ『Nintendo Labo』シリーズについては、そもそもライトでは遊べません。 このあたりのタイトルも遊びたいのであれば、やはり通常版のほうがいいでしょう。 もともとひとりで遊ぶRPGですし、ひとり一台持つことが前提のゲームシステムなのでライトで問題ないでしょう。 価格が安いので「とりあえずポケモンは遊びたい!」という人にもぴったり。 コアなプレイヤーになると2台持ちが当たり前になりますが、その際にも価格が安いのは嬉しいですよね。 こちらもまた携帯ゲーム機向けなので、気軽に持ち運べて寝床でも遊びやすいライトとの相性は抜群! 『あつまれ どうぶつの森』でスイッチのデビューを飾るのであればもってこいでしょう。 ただし、『あつまれ どうぶつの森』にはおすそ分けプレイが搭載されており、ひとつの本体で複数人同時プレイができるようになっています。 家族と一緒に遊ぶ場合は通常版のほうが向いているかも。 次のページ:乙女ゲーを遊びたい人、インディーを遊びたい人、2台持ちをしたい人の診断 《すしし》.

次の