高嶺 の ハナ さん 4 話。 高嶺のハナさん ネタバレあらすじ 44話 最新刊1巻をお得に読む

【5話無料】高嶺のハナさん

高嶺 の ハナ さん 4 話

高嶺のハナさんの見どころ 主人公の高嶺華(たかみね はな)は、一流お菓子メーカーの商品企画部の美しいエース。 華が企画した商品は全部がヒット! 華は超バリキャリOL(バリバリのキャリアウーマン)なんて呼ばれているほど、超仕事の出来る人物なのです。 しかも神々しいほどに美しくスタイルも抜群! 女性社員も男性社員も華に憧れの気持ちを抱いています。 クールに見える華ですが、実は ものすごいギャップの持ち主。 会社の飲み会に参加しないのは「男」と会うからだろうとか、華の付き合っている男は大企業の幹部とかプロ野球選手や医者だろうと言われているのですが・・華の恋する相手は同じ商品企画部の ポンコツ社員・弱木強(よわき つよし)なのです。 主張のない表情に、頑張っているけど成果を出せない不器用さ、強いのか弱いのか分からない名前さえも愛おしく感じてしまうのです。 けれど、ついついきつい事を言ってしまう華・・。 弱木にキツイ事を言ってしまう自分を反省しながら、どうしたら弱木に好かれるだろうかと一生懸命考えているのです。 高嶺のハナさん4話のあらすじネタバレ 一流お菓子メーカーミツバチ製菓が舞台の「高嶺のハナさん」のストーリー! そのミツバチ製菓の総務にはアイドルがいるのです。 苺のたくらみ 天井苺(あまい いちご)はミツバチ製菓のアイドルで総務の社員。 可愛いルックスで女の子っぽい彼女は、ちょっと甘い感じを出すと面倒な仕事は男性社員が引き受けてくれるからこの会社は最高の環境だと思っていました。 けれど最近はちょっと心が揺さぶられていることがあるのです! 商品企画部の高嶺華(たかみね はな)が目障りになってきたのです。 どうも色目を使って男をたぶらかしている! しかも弱木強(よわき つよし)という男性社員は完全に洗脳されていて、私に偉そうに講釈垂れてきた! すっごい屈辱を受けたー!と、こうなったら 高嶺華を会社から追い出してしまおうと思い始めたのです。 ちなみに、これは華が解釈した弱木の言葉 笑 実際の弱木は可愛い服が似合っていないのではなくて、いつもスーツ姿が似合っているみたいな感じの意味だったんだけど、脳内変換されちゃったみたいだね。 私には、やっぱり仕事しかない!!! 華は、弱木から言われた言葉を思い出し涙ぐみながら失恋のショックを仕事へのエネルギーに変換したのでした。 デスクでキーボードを打つ手は、素早過ぎて見えないくらいだし、近くにいると火傷しそうなくらいに燃えている華! 今回のコンペも必ず獲ってやるとものすごい頑張っているのです。 もちろん同じ商品企画部の弱木も上司の華の姿を間近で見ていてエネルギーを感じて、自分も頑張ろうと思います。 企画データ消去 華はここの所、弱木に向けていた思いを仕事に注ぎ込み、コンペ当日に納得いく企画書を完成させてUSBに納めたのです。 その姿はやり切った感と充実感があります。 そこに苺がお茶を持ってやってきました。 華はこのタイミングでお茶を持って来てくれた苺の事を「今日も可愛いな」と思いながら見つめているのですが、苺の心はそんな華の気持ちと裏腹に困らせて潰してやろうと企んでいるのです・・。 「アッ 滑った」 苺は3週間のエネルギーを注ぎ込んだ企画書のデータが入ったUSBにお茶をかけてしまいます。 3週間の苦労が・・華は一瞬の出来事に時が止まったようになってしまいますが、苺が勢いよく謝った言葉に我に返ってPCにバックアップをとってあるから大丈夫と調べ始めます。 けれど、そのデータは昨日のうちにこっそり苺が消去済みでした。 華は苺のそんなダークな心には気が付かずにただただもうすぐ始まるコンペの事を考えていました・・USBは駄目になった・・PCのバックアップもない・・どうしようか!?と。 そんな時、弱木が自信満々に華に書き止めていた企画書を持ってやってきました。 こんな時に使ってもらえたらと、どれでも使って欲しいと言うのです。 会議スタートまであと15分! やっぱり自分の力でどうにかするしかないと、記憶をたどって企画書を再び作り始めます。 超バリキャリOL高嶺華 カタカタカタカタ・・華がキーボードを打つ音がフロアに響いています。 そして時間ギリギリに会議室に入った華は、足りないところは口頭で説明をしようと、ものすごい集中力でコンペ会議に挑んだのです! 苺は当然3週間かかった企画書を再現するのはムリだと思って余裕の表情をしています。 けれど、会議に出ていた人たちの話していることを聞くと苺の予想は大外れだったのです。 華の作った企画書は無駄のないシンプルなもので大変分かりやすかった様子。 それに鬼気迫る口調での口頭プレゼンはもの凄い説得力があったのです。 「今回も高嶺さんの案で決まるだろうね」皆、口をそろえてそう噂をしていたのです。 華は力尽きて座りこんでいました。 そしてあの時見た弱木のダメダメすぎる企画書でスイッチが入った事に感謝して、そんなダメダメな弱木が改めて大好きだ!と感じたのでした。 4話を読んだ感想 華のギャップ、凄すぎる 笑 ものすごく弱木が好きなのに、ダメダメすぎる弱木につい強い口調で話してしまう・・そして落ち込んで反省するのに、どうしてもダメダメな弱木にまた強くいってしまうの繰り返し! 苺は性根が・・ちょっと。 面倒な仕事とかは可愛いという力を使って他の人にやってもらう。 これも才能なのか?と思うけど、長続きはしないだろうし、いつか痛い目にあうだろう・・そうあって欲しいと思ってしまいます。 華は、人を疑わない性格なんだな・・と感じました。 あんなに時間とエネルギーを注いだ企画データを苺に潰されてしまって、しかもPCのバックアップも消されていたのに、前向きに迫った会議までにできる事をします。 人を恨んだり疑ったりではなくて、前向きに考えて凄いわ~と感心しました。 3週間作り込んだ企画データが駄目になるって相当にダメージが大きいですよね。 そして助けたかった弱木だけど、ポンコツ企画で助ける事ができずに落ち込むのですが、別方向から華のモチベーションをあげるというもの凄い助け船を出していたんですよね。

次の

知能レベルが小学生なサラリーマンと超美人OLのじれったい恋の行方。高嶺のハナさん1巻のネタバレ感想。

高嶺 の ハナ さん 4 話

漫画が大好きなあなたに。 試し読み以上に漫画が無料で読める|まんが王国 「まんが王国」なら月額利用料が無料! しかも、新作から名作まで3000作品以上の漫画が試し読み以上に 無料で読めますよ。 それを聞いた高嶺は本当に好きだと言ったのか、これは夢ではなく現実なのかを確かめてほしいのかと言わんばかりに…。 「もう一回…言って…? 」 と高嶺は本当に好きと言ったのかと確認するためにこのように言うのだった。 彼女の言葉を聞いた弱木はそっと彼女の手から自身の手を離した。 この様子を見ていた高嶺はもしかして自分がしつこくし過ぎたのか、欲張ってしまったのかと感じたのか涙を流してしまう。 そして男らしく手を大きく広げて高嶺を優しくかつ絶対に離さないと言わんばかりに抱きしめた弱木はこの状態で…。 「大好きです!! 」 と高嶺の耳元に向けて言う。 まるでこれは夢ではなく現実だと、高嶺の告白は叶ったのだと、もう泣かなくていいと言わんばかりに弱木はこのように言ったのだ。 この事に高嶺はこれは夢ではなく現実なのだと、弱木は本当に自分に対して大好きなのだと耳元ではっきり聞こえるかのように言ってくれたと感じ、溢れる涙を止められなかった。 弱木は今もなお高嶺を抱きしめ続けていた。 そんな弱木に…。 「もう一回…もう一回言って……」 と高嶺はこの喜びを永遠に味わいたい、何度でも何十回でも何百回でも聞きたい、この時間が永遠に続けばいいと言わんばかりにこのように言ったのだ。 そして弱木が抱きしめてくれたのだから、自分も弱木に対する愛を知ってもらいたいと言わんばかりに彼のスーツを掴んで抱きしめる形になりました。 その表情は未だに涙を流しながらも何処か嬉しそうな表情をしていたのだ。 こうしてこの日、2人は駅のホームの前でお互いに愛を確かめるかのようにずっとずっと抱きしめ続けるのだった。 高嶺のハナさん 最新刊1巻をお得に読む方法 今回は 高嶺のハナさんを文字で ネタバレしましたが、やっぱり絵がついた漫画を読みたくなった人も多いのではないでしょうか? そんなあなたにおすすめのサイトが U-NEXT(ユーネクスト)。 お互い異性として好きでないとこういうことはしないと思いますので、間違いなく両想いになったと思われます。 きっと彼らの周りにいる人達も新たなカップルが出来たのかなと思っているのでしょうね。 それにしても高嶺が本当に自分のことが好きなのかを確かめるかのように、何度も好きだと言ってと言う姿にはギャップ萌えを感じえませんでしたね。 本来高嶺はクールビューティのキャリアウーマンであり、バリバリと仕事をこなす力量を持っている弱木の上司でもあります。 そんな彼女がまるで甘えるかのように、何度ももう一度言ってと耳元で言われてしまっては大抵の男はギャップ萌えに胸を打たれてしまうのではないかと思います。 それに高嶺は弱木に抱きしめられた際、かなりドキドキしていたのではないかと思いますが勇気を振り絞って抱きしめにかかった弱木もまた凄いと思いましたね。 もう一回言ってと彼女が言ったので、弱木はきっとこうして貰わないと実感が湧かないんだと思ってそうしたのでしょう。 ここからどんな展開になっていくのか気になりますね。 次回は高嶺が休みの日にデートへ誘う話になるのではないでしょうか。 こうして告白して、お互いに抱きしめあったのですからもう両想いと言っても過言ではありません。 晴れて恋人になったも同然ですので、高嶺はこの場で今度の休みの日にデートしないかと誘うのではないでしょうか。 本来なら男である弱木がやるべきなのだと思いますが、今の彼は高嶺のことしか考えられませんので不可能と言えるでしょう。 その点、高嶺は前々から弱木の事が好きであり、もし告白して付き合うことになればこうしようとか、こんなところへデートしようと言ったプランや妄想をしているのではないかと思われます。 それ故に高嶺は弱木を今度デートに誘ってから、もっと仲を深めようとするのではないかと思われるでしょう。 jp AppleID ギフトコード/U-NEXTカード クレジットカード キャリア決済 クレジットカード spモードコンテンツ決済 楽天ペイ リクルートかんたん支払い おすすめポイント 電子書籍だけでなく、アニメ・動画も見放題 会員登録しなくても3,000作品以上の漫画が読める 新刊が発売日に読める.

次の

【高嶺のハナさん 感想】クールな完璧美人上司のギャップ萌えを描くラブコメ漫画

高嶺 の ハナ さん 4 話

高嶺のハナさんの見どころ 主人公の高嶺華(たかみね はな)は、一流お菓子メーカーの商品企画部の美しいエース。 華が企画した商品は全部がヒット! 華は超バリキャリOL(バリバリのキャリアウーマン)なんて呼ばれているほど、超仕事の出来る人物なのです。 しかも神々しいほどに美しくスタイルも抜群! 女性社員も男性社員も華に憧れの気持ちを抱いています。 クールに見える華ですが、実は ものすごいギャップの持ち主。 会社の飲み会に参加しないのは「男」と会うからだろうとか、華の付き合っている男は大企業の幹部とかプロ野球選手や医者だろうと言われているのですが・・華の恋する相手は同じ商品企画部の ポンコツ社員・弱木強(よわき つよし)なのです。 主張のない表情に、頑張っているけど成果を出せない不器用さ、強いのか弱いのか分からない名前さえも愛おしく感じてしまうのです。 けれど、ついついきつい事を言ってしまう華・・。 弱木にキツイ事を言ってしまう自分を反省しながら、どうしたら弱木に好かれるだろうかと一生懸命考えているのです。 高嶺のハナさん4話のあらすじネタバレ 一流お菓子メーカーミツバチ製菓が舞台の「高嶺のハナさん」のストーリー! そのミツバチ製菓の総務にはアイドルがいるのです。 苺のたくらみ 天井苺(あまい いちご)はミツバチ製菓のアイドルで総務の社員。 可愛いルックスで女の子っぽい彼女は、ちょっと甘い感じを出すと面倒な仕事は男性社員が引き受けてくれるからこの会社は最高の環境だと思っていました。 けれど最近はちょっと心が揺さぶられていることがあるのです! 商品企画部の高嶺華(たかみね はな)が目障りになってきたのです。 どうも色目を使って男をたぶらかしている! しかも弱木強(よわき つよし)という男性社員は完全に洗脳されていて、私に偉そうに講釈垂れてきた! すっごい屈辱を受けたー!と、こうなったら 高嶺華を会社から追い出してしまおうと思い始めたのです。 ちなみに、これは華が解釈した弱木の言葉 笑 実際の弱木は可愛い服が似合っていないのではなくて、いつもスーツ姿が似合っているみたいな感じの意味だったんだけど、脳内変換されちゃったみたいだね。 私には、やっぱり仕事しかない!!! 華は、弱木から言われた言葉を思い出し涙ぐみながら失恋のショックを仕事へのエネルギーに変換したのでした。 デスクでキーボードを打つ手は、素早過ぎて見えないくらいだし、近くにいると火傷しそうなくらいに燃えている華! 今回のコンペも必ず獲ってやるとものすごい頑張っているのです。 もちろん同じ商品企画部の弱木も上司の華の姿を間近で見ていてエネルギーを感じて、自分も頑張ろうと思います。 企画データ消去 華はここの所、弱木に向けていた思いを仕事に注ぎ込み、コンペ当日に納得いく企画書を完成させてUSBに納めたのです。 その姿はやり切った感と充実感があります。 そこに苺がお茶を持ってやってきました。 華はこのタイミングでお茶を持って来てくれた苺の事を「今日も可愛いな」と思いながら見つめているのですが、苺の心はそんな華の気持ちと裏腹に困らせて潰してやろうと企んでいるのです・・。 「アッ 滑った」 苺は3週間のエネルギーを注ぎ込んだ企画書のデータが入ったUSBにお茶をかけてしまいます。 3週間の苦労が・・華は一瞬の出来事に時が止まったようになってしまいますが、苺が勢いよく謝った言葉に我に返ってPCにバックアップをとってあるから大丈夫と調べ始めます。 けれど、そのデータは昨日のうちにこっそり苺が消去済みでした。 華は苺のそんなダークな心には気が付かずにただただもうすぐ始まるコンペの事を考えていました・・USBは駄目になった・・PCのバックアップもない・・どうしようか!?と。 そんな時、弱木が自信満々に華に書き止めていた企画書を持ってやってきました。 こんな時に使ってもらえたらと、どれでも使って欲しいと言うのです。 会議スタートまであと15分! やっぱり自分の力でどうにかするしかないと、記憶をたどって企画書を再び作り始めます。 超バリキャリOL高嶺華 カタカタカタカタ・・華がキーボードを打つ音がフロアに響いています。 そして時間ギリギリに会議室に入った華は、足りないところは口頭で説明をしようと、ものすごい集中力でコンペ会議に挑んだのです! 苺は当然3週間かかった企画書を再現するのはムリだと思って余裕の表情をしています。 けれど、会議に出ていた人たちの話していることを聞くと苺の予想は大外れだったのです。 華の作った企画書は無駄のないシンプルなもので大変分かりやすかった様子。 それに鬼気迫る口調での口頭プレゼンはもの凄い説得力があったのです。 「今回も高嶺さんの案で決まるだろうね」皆、口をそろえてそう噂をしていたのです。 華は力尽きて座りこんでいました。 そしてあの時見た弱木のダメダメすぎる企画書でスイッチが入った事に感謝して、そんなダメダメな弱木が改めて大好きだ!と感じたのでした。 4話を読んだ感想 華のギャップ、凄すぎる 笑 ものすごく弱木が好きなのに、ダメダメすぎる弱木につい強い口調で話してしまう・・そして落ち込んで反省するのに、どうしてもダメダメな弱木にまた強くいってしまうの繰り返し! 苺は性根が・・ちょっと。 面倒な仕事とかは可愛いという力を使って他の人にやってもらう。 これも才能なのか?と思うけど、長続きはしないだろうし、いつか痛い目にあうだろう・・そうあって欲しいと思ってしまいます。 華は、人を疑わない性格なんだな・・と感じました。 あんなに時間とエネルギーを注いだ企画データを苺に潰されてしまって、しかもPCのバックアップも消されていたのに、前向きに迫った会議までにできる事をします。 人を恨んだり疑ったりではなくて、前向きに考えて凄いわ~と感心しました。 3週間作り込んだ企画データが駄目になるって相当にダメージが大きいですよね。 そして助けたかった弱木だけど、ポンコツ企画で助ける事ができずに落ち込むのですが、別方向から華のモチベーションをあげるというもの凄い助け船を出していたんですよね。

次の