ポケモンgo 個体値 妥協ライン。 【ポケモンGO】高個体値ポケモンの狙い方。キラポケモンからレイドバトル・タスク報酬まで!|ポケらく

【ポケモンGO】個体値厳選の方法と妥協ライン|ゲームエイト

ポケモンgo 個体値 妥協ライン

私の場合を回答します。 個体値で攻撃15を優先、厳選しています。 ジムでのバトルはレイドバトルしかしないのですが、レイドレベル3はキュウコンも含め全てソロでクリアしてます。 レベル3を何秒残しで倒せるか? とか、仲間とレイドレベル4を二人で倒したり、伝説を3人で倒したりして遊んでます。 残り時間1,2秒で倒せるか倒せないかのギリギリのバトルになることも多いのですが、その時に個体値の攻撃値が効いてきます。 レイドでいつも十数人、20人のゆるいバトルをしている人には個体値など関係のないものですね。 最初から最後までアメにする予定のポッポを出し続けても倒れます。 普通のジムバトルでも時間切れにならないポケモンを出せばいいだけです。 もちろん全てPL40のMAX強化です。 補足で、私は以前から同じポケモンならCPが高くなるものを集めていましたので個体値にも拘っていました。 妥協ラインは、そのポケを実践で使うまでにどのくらいの個体値のポケが現れる可能性があるか、です。 つまり現在今すぐ利用できる高いPLがあるのに使わないバカはいないです。 一方、厳選後によいポケが出てもボロいものを使うバカもいないです。 ならば予想される日数までにどのくらいの確率でよいポケが出て、どのくらいの戦闘能力差があるのか、そして大切なことにどれだけ汎用するかを考える必要があります。 シャワーズみたいな簡単に作れるオールマティプレイヤーなんてトップレベルでなくても十分ジムでもレイドでも、攻めても置いても役立つものです。 現実、たった今の汎用性こそ厳選を考える上での命。 また個体値が低くても使えるポケはいくらでもいます。 たとえば体力個体値0のハピナスなんて体力個体値15のハピナスとの差はゴミみたいなものです。 攻撃個体値0のカイオーガも攻撃個体値15のカイオーガとぜんぜん遜色がない。 将来的にも使えます。 個体値信者にならないように。

次の

【ポケモンGOQ&A】個体値の妥協ライン[No149934]

ポケモンgo 個体値 妥協ライン

私の場合を回答します。 個体値で攻撃15を優先、厳選しています。 ジムでのバトルはレイドバトルしかしないのですが、レイドレベル3はキュウコンも含め全てソロでクリアしてます。 レベル3を何秒残しで倒せるか? とか、仲間とレイドレベル4を二人で倒したり、伝説を3人で倒したりして遊んでます。 残り時間1,2秒で倒せるか倒せないかのギリギリのバトルになることも多いのですが、その時に個体値の攻撃値が効いてきます。 レイドでいつも十数人、20人のゆるいバトルをしている人には個体値など関係のないものですね。 最初から最後までアメにする予定のポッポを出し続けても倒れます。 普通のジムバトルでも時間切れにならないポケモンを出せばいいだけです。 もちろん全てPL40のMAX強化です。 補足で、私は以前から同じポケモンならCPが高くなるものを集めていましたので個体値にも拘っていました。 妥協ラインは、そのポケを実践で使うまでにどのくらいの個体値のポケが現れる可能性があるか、です。 つまり現在今すぐ利用できる高いPLがあるのに使わないバカはいないです。 一方、厳選後によいポケが出てもボロいものを使うバカもいないです。 ならば予想される日数までにどのくらいの確率でよいポケが出て、どのくらいの戦闘能力差があるのか、そして大切なことにどれだけ汎用するかを考える必要があります。 シャワーズみたいな簡単に作れるオールマティプレイヤーなんてトップレベルでなくても十分ジムでもレイドでも、攻めても置いても役立つものです。 現実、たった今の汎用性こそ厳選を考える上での命。 また個体値が低くても使えるポケはいくらでもいます。 たとえば体力個体値0のハピナスなんて体力個体値15のハピナスとの差はゴミみたいなものです。 攻撃個体値0のカイオーガも攻撃個体値15のカイオーガとぜんぜん遜色がない。 将来的にも使えます。 個体値信者にならないように。

次の

【ポケモンGO】皆は個体値どれくらいで妥協してる? 進化に大量のアメを使うポケモンは厳しいよな

ポケモンgo 個体値 妥協ライン

高個体値ポケモンの入手方法とオススメ度 高個体値ポケモンの入手方法の一覧と、その方法のオススメ度は以下です。 それぞれ解説していきます。 超高個体値を狙うのであれば、フレンドとのポケモン交換による「キラポケモン狙い」一択です! ただし、キラポケモンになる確率が高いとは言えないため、「コミュニティ・デイ」や「Safari Zone」などイベントで爆湧きした特定のポケモンを捕まえて、高CPポケモンを数多く交換して狙うのが現実的な方法です。 キラポケモンにならなくても高個体値になる可能性あり! さらに、キラポケモンにならなくてもポケモン交換によりランダムで個体値は変わるので、 キラポケモンにならなかったポケモンも高個体になる可能性はあります! ポケモン交換後は必ず個体値を確認しましょう。 タマゴふかでレアポケモンの高個体をゲット 「タマゴふか」はポケモンGO開始当初からある、高個体値狙いの一般的な方法です。 ポケモンレベル(PL)は20固定です。 ふかそうちにセットしておけばOK 毎日通勤・通学や仕事で移動が多い人は「タマゴふか」が便利です。 「ふかそうち」に入れてバックグラウンド起動させておいてほうっておけば、高個体値ポケモンがかえります。 10kmタマゴからはレアポケモンが入手できやすいですし、他のタマゴからもベビィポケモンなど様々なポケモンがかえります。 タマゴふかでは レアポケモンの高個体値を狙っていきましょう。 今後ポケモンの種類が増えれば特定ポケモン狙いは難しいかも ただし、今後各世代のポケモンがリリースされてポケモン全体の種類の数が増えてくると、 タマゴから様々なポケモンがかえり特定のポケモンを狙ったふかがかなり難しくなります。 そうなると、タマゴふかより別の方法を利用したほうが、特定ポケモンの高個体値入手としては効率がよいことになります。 レイドバトルでしか入手できないポケモンを狙う! レイドバトルでは、 「アブソル」「クチート」など レイドバトルでしか出現しないポケモンも存在します。 それらのポケモンの高個体値入手にはレイドバトルをこなしていきましょう。 さらに通常はレイドバトルのポケモンはPL20ですが、ゲットするポケモンのタイプが天候ブースト状態だとPL25にアップします! 天候も考慮しながらレイドバトルを狙いましょう。 多くの数をこなすには課金が必要… しかし、レイドバトルをするには「レイドパス」が必要です。 レベル5のレイドバトルもやりたいし、 多くのレイドバトルを実施して高個体値を入手するには「プレミアムレイドパス」の購入(課金)が必要です… また、レベル4やレベル3あたりになると人が集まらないけど一人で倒すのも難しいということもあります。 ポケストップからタスクを入手できるお手軽さアリ ポケストップからでるフィールドリサーチは毎日変わるため、どのポケストップから目的のポケモンがでるかはポケストップを回してみないとわかりません。 しかし、ポケストップを回せば入手できる可能性はあるので、 アイテム収集しながら探すことができるというお手軽さは魅力的です。 ポケモンレベル(PL)15という低さがちょっと厳しい しかし、タスク報酬のポケモンはPL15固定です。 PL15はかなり低めです。 高個体値がでてもPL35ぐらいまで育てようとすると、アメが強化だけで150個・ほしのすなは158,400(キラポケモンではない場合)必要になります。 他の入手方法より高個体の確率はぐーんと下がる ただし、これまで紹介した入手方法の最低個体値は12や10でした。 4はさすがに低すぎます… 効率よく高個体値を狙うのであれば、これまで紹介した別の方法を実施したほうが良いです。 高CPも狙えるという点はお得! といっても、天候ブーストはPL35まで出現しますので(普通はPL30まで)、高CPも狙えるという点は非常に魅力的です。 ですのでそれほど期待せず、 普段のポケ活で 「天候ブーストのポケモンを優先に取りに行く」ことを意識し、運が良ければ高個体値を入手するぐらいの気持ちでいきましょう! 高個体値ポケモンの入手方法ポイントはこれ! これまでご紹介した高個体値ポケモン入手方法のポイントをまとめます。 高個体値をゲットして、ガンガン育成していきましょうー.

次の