スペース ギア カスタム。 スペーシアギアのカスタム!エアロやマフラー ホイールやパーツ情報を紹介

ekカスタムekスペースアクティブギアの違いを徹底比較!

スペース ギア カスタム

スペーシアギアのフロントリップ・ハーフスポイラー スペーシアギアをドレスアップしたいけど、そこまでガッツリやりたくない。 そんなときはフロントリップ・ハーフスポイラーカスタムがおすすめ。 純正バンパーはそのままに、少し付け足すことでカスタム感を確実にアップしてくれます。 新型スペーシアギア専用のバックドア中央に装着するドレスアップパーツです。 鏡のような美しさの鏡面仕上げで仕上げており、まるで純正のようなクオリティに仕上がりました。 素材には耐久性に優れた、高品質ステンレスSUS304を採用しており、末永く愛車と一緒にお付き合いいただけます。 形状もサムライプロデュース保有のデモカーで実車確認を行っており、フィッティング抜群! ライトの点灯には一切干渉せず... スペーシアギアのフロントグリル 思った以上にクルマの印象をガラッと変えてくれるのがフロントグリル交換。 ゴージャスな雰囲気にしてくれるメッキタイプやスポーティーな雰囲気にしてくれるメッシュタイプなど、フロントグリル一つでクルマの雰囲気をどちらにでも変えてくれます。 新型スペーシアギア専用のフロントグリルに装着するドレスアップパーツです。 フロントエンブレム、グリルの周りをカバーし純正ガンメタリックとのコントラストが楽しめます。 純正エンブレムとの相性も良く、違和感のないドレスアップをお楽しみいただけます。 素材には高品質ステンレス素材SUS304を使用しておりますので、まるで純正のようなクオリティ。 形状もサムライプロデュース保有のデモカーで実車確...

次の

スペーシアギアのカスタム!エアロやマフラー ホイールやパーツ情報を紹介

スペース ギア カスタム

1994年4月、デリカスターワゴンの後継モデルとしてデビューし、2007年までの13年間で販売が続いたオフロード4WDミニバン、三菱・デリカスペースギア(DELICA SPACE GEAR)。 オールラウンダーミニバンとして唯一無二の存在となっているデリカの4代目モデルで、アウトドアやアクティブに遊びたいユーザーから支持を集めた1台です。 中古車価格も落ち着いており、近年またリフトアップブームが流行っている今だからこそ、デリカスペースギアをカスタムして楽しんでみませんか? 今回は、デリカスペースギアオーナーなら知っておくべき、「デリカスペースギアをアゲる、オススメのリフトアップ・カスタムパーツ特集をご紹介します! 今回はデリカスペースギアオーナーなら知っておくべき、「デリカスペースギアをアゲる、オススメのリフトアップ・カスタムパーツ特集」をご紹介しました! パジェロをベースにビルトインラダーフレームが採用され、ラダーフレームとモノコックボディのいいとこ取りをすることで、走破性と安全性が確保されているデリカスペースギア。 販売当時もハイリフトやリフトアップカスタムが流行っていましたが、昨今のリフトアップブームで再びデリカスペースギアにも注目が集まっています。 デリカスペースギアに限らず、リフトアップをするならサスペンション交換は必須! 純正ショックアブソーバーを活かすリフトアップスプリング交換であれば、4インチ(約10cm)まで対応しており、比較的手軽に純正よりも大幅に車高を上げることができます。 ショックアブソーバーも同時に交換するリフトアップキットであれば、スプリングに合わせた適切なセッティングが施されている減衰調整となっているので、車高を上げても乗り心地や高速安定性が確保され、安心してドライブすることができます。 またリフトアップすることで、足回りの他のパーツにも影響が出るため、適切に補正するためのパーツが必要になります。 ラテラルロッドやバンプラバーなどはリフトアップの必須パーツと言え、社外パーツに交換することで、サスペンションが正しく動くようになります。 リフトアップすることでのメリットは走破性の向上が上げられますが、デメリットとしては車両重心が上がることでのフラつきが上げられます。 リフトアップ量に見合った補正パーツを装着することでデメリットが解消されるので、リフトアップをしたい場合は必ず周辺パーツのカスタムも行うようにしましょう。 リフトアップ・ハイリフトのデリカスペースギアにするのであれば外装やエアロパーツのカスタムも大事! オーバーフェンダーはデリカスペギアの代名詞ともいえ、より太いタイヤを履かせる上では必須のカスタムパーツ。 スペースギアで渡川など過酷なチャレンジをしたいのであれば、シュノーケルダクトのカスタムもオススメです。 オーバーフェンダーを装着する上での注意点としては、年式と拡幅量が上げられます。 デリカスペースギアには前期型(1994年5月〜1997年5月モデル)、後期型(1997年6月〜2007年1月モデル)の他に特別仕様車のシャモニーがあります。 フロントバンパーのデザインが異なり、フロントオーバーフェンダーの形状もバンパー形状に合わせて作られているため、適用している年式及びグレードを選ぶ必要があります。 購入時には必ず確認するようにしましょう。 またオーバーフェンダーを装着する場合、30mmまでは何も問題ありませんが50mm以上のオーバーフェンダーを装着する場合、リアのスライドドアを開けた時にフェンダーと干渉してしまいます。 そこでリアスライドドアを斜め開きにするためのドアヒンジも用意されているので、50mm以上のオーバーフェンダーを装着するならドアヒンジも同時に購入するようにしましょう。 個性的でオールラウンダーなデリカスペースギアは、中古車市場でも非常に手頃な価格で購入できる1台。 リフトアップ・ハイリフトカスタムをするためのベース車としてもピッタリなんです。 今回ご紹介したイチ押しのカスタムパーツは売れ筋の人気パーツばかりでなく、モタガレだからこそ購入できるパーツもたくさんあるので是非チェックしてみて下さい!.

次の

デリカスペースギア

スペース ギア カスタム

私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 複数社からの買取査定の比較は必ず行わないと損します。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 45秒で愛車の最高額がわかる! この形は町でもよく見かける、なじみやすい感じだよね。 デザインが目を引いてちょっと注目浴びちゃいそうだね 子育てが終わった世代とか少人数家庭の場合、小回りのきく車でさっと出かけたいってありますよね。 ちょっとシュッした カッコいいデザインでかつ気軽に乗れる車が欲しい!ek カスタムアクティブギアはそんな人におすすめです。 ekスペースアクティブギアの外観とカラー 引用: 先ほどのekカスタムに比べると 四角くごつい感じでカジュアル感が増しました。 こちらもダイナミックシールド設計で窓が広々、視界が良さそうです。 フロントについた4本のバーもポイントです。 引用: カラーはチタニウムグレーメタリック、ホワイトパール、ブラックマイカの3色で両車同じ色展開になってます。 好きって最近言われてないな~… 子育て中だと子どもをかかえてドアを開けるのが大変とか、大量の買い物で手がふさがってるとかありますよね。 そういう時には スイッチ一つで自動で開くスライドドアがすんごく便利。 このekスペースアクティブギアには 両面電動スライドドアが付いていて、ekカスタムアクティブギアとの大きな違いになっています。 ここは選ぶ際のかなりのポイントになるんじゃないでしょうか。 見た目にインパクトがあってかつ子育て中にも使いやすい車がいい!ekスペースアクティブギアはそういうご家庭向きですね。 外装寸法比較 ekカスタムアクティブギア ekスペースアクティブギア 全長 3395mm 3395mm 全幅 1475mm 1475mm 全高 1620mm 1775mm 乗車定員 4人 4人 長さと横幅は軽自動車の規格サイズきっちりで違いはないですね。 サイズの違いは見た目からも分かるようにその高さ、350ccのペットボト1本分ekスペースの方が背が高いです。 その分やっぱり 室内が広々感じられそうですね。 チャイルドシートを乗せても圧迫感が少なさそうです。 バックデザイン 引用: ekカスタムアクティブギアはホワイトパールです。 写真がボケボケですみません。 こちらは特にアクティブギア仕様のデザインはありません。 ekスペースアクティブギアは テールゲートに黒のガーニッシ ュがプラスされてにアクセントになってます。 引用: こちらも、黒にオレンジが目をひきます。 後ろなのに 手抜きがまったく感じられません。 どちらも取っ手部分が優しい形で使いやすそうですね。 トランクは大きくパカッと開いて取り出しやすいハッチバックタイプになっています。 ミラー&タイヤ 引用: この2つは2車共通です。 ランプは「 LEDターンランプ付き電動格納式リモコンドアミラー」でオレンジの色がひときわ目を引きますね。 リモコン一つで角度を変えたり、パタパタ折りたたんだりできるみたいです。 自動で動く耳、かわいいですね。 用事がなくてもパタパタパタパタさせちゃいそうです。 パパ、タイヤの説明ひどいわね。 まったく分からないじゃないはい、すいません。 簡単に言うと スポーツタイプではない軽自動車についているタイヤと比べると 直径がちょっとデカくて、幅が少し太いタイヤです。 最大の特徴としては、 ホイール部分がブラックになっています。 車体の色としっくりなじんでいい感じの仕上がりですね~とことん黒にこだわってます。 タイヤのことをもっと詳しくしりたい人はこちらの記事へGo ekワゴンのタイヤサイズとホイールを徹底調査 タイヤにはディーラーオプションの 特別仕様のデザインがあります。 これは2車共通のオプションです。 引用: アクティブギアの アクセントカラーオレンジに、アクティブギアの文字が入ってカッコいいですね。 駐めとくだけでも絵になります! シートはデザイン違うのね。 これは迷っちゃうな~ 内装のシートにはディーラーオプションの 特別仕様があります。 引用: こちらも 黒にオレンジのラインがアクセントになっています。 専用のシートっていうのが特別感があっていいですね。 次は内装の寸法を見てみましょう。 内装寸法比較 ekカスタムアクティブギア ekスペースアクティブギア 室内長 2085mm 2235mm 室内幅 1295mm 1320mm 室内高 1280mm 1400mm 最低地上高 150mm 150mm 参考: 室内は一回りekスペースアクティブギアが広いですね。 ekカスタムの方は前の座席の斜頸が少し大きく、 サイズは小さくても窮屈さを感じないゆったりした乗り心地を得られるようになっていますね。 どちらも車内で 小学校1年生くらいの子が直立できる高さがあります。 子供って周りを見ないで急に立ち上がったりするので、この高さはいいですよね。 服を汚してどうしようなんて時に車内で着替えも出来そうです。 まとめ• ekカスタムアクティブギアは身長約 160㎝、ekスペースアクティブギアは身長約 180㎝• 外装や内装にはこだわりの オレンジラインのデザインが細部にわたって施されている(2つの車の細かいデザインの違いに注目!)• ディーラーオプションのコンプリートパッケージでは、タイヤとシートが付いてくる。 つけるなら 最初から選択したほうがお得• カッコいいだけじゃなくて 燃費もいい地球にやさしいエコカー• ekカスタムアクティブギアは、丸みのあるデザイン。 燃費が良くて価格が安い車が欲しい人におススメ• ekスペースアクティブギアは、ゴツめのデザイン。 スライドドア付きの車が欲しい人におススメ• いや~やっぱりどこを見ても デザインのよさが際立ったクルマでしたね。 私も欲しくなっちゃいました。 さくらちゃんのいうように大きい車を持っている人も 2台目として買うなんてのもいいですね。 アクティブギアシリーズは特別仕様車のため、どの車種も 突然製造終了する可能性があるそうです。 気になる人はぜひ早めにチェックしてください。 ではここまで読んでいただいてありがとうございました。 お得に車を買い換えたい方は試す価値あり 買取額60万UP 車を買い換える時って、そのまま車を購入するお店、つまり 販売店ディーラーに下取りで渡していませんか?それ、 かなり損してます。 言われるがままに販売店に安い値段で下取りする前に、複数の買取業者に比較してもらった方が買取金額は格段に上がります。 私の場合はトヨタラッシュが下取り価格30万円、買取価格88万で 差額約60万でした。 業者同士で対決してもらうと、びっくりするくらい買取額は上がっていきます。 無料で1分でその場で スマホ できるので、車の購入費用を稼ぎたい方はやらない手はないですよ! カテゴリー•

次の