渡辺 リスト カット たぬき。 渡辺香津美

痛くないリストカットの方法ってあるの?→そんなものはない

渡辺 リスト カット たぬき

バイオグラフィ [ ] のたばこ屋に生まれる。 中学2年でに興味を持ち、初めてを手にする。 入学したの先輩にがおり、彼のギターの影響も受ける。 その後に興味を持ち、でに学び始める。 に『インフィニット』でデビュー、その卓越したギター・テクニックで「17歳の天才ギタリストの出現」と騒がれた。 またらトップミュージシャンのグループに在籍した。 には、、らと「KYLYN BAND(キリンバンド)」を結成。 また同年には(YMO)のワールドツアーにサポート・ギタリストとして参加した。 この模様はYMOの3枚目のアルバム『(公的抑圧)』で発表されるが、渡辺のギター・チャンネルは、当時彼が所属していたの意向でカットされることとなり、代わりに坂本龍一のがされた(渡辺のギターは後年リリースの『』などに収録された)。 コロムビア時代の代表作の一つ『TO CHI KA』では奏者のがとして迎えられている。 このアルバムの収録曲 "Unicorn"がのオーディオ・ブランド「」のに使われ、人気を不動のものとする。 からは(当時)系列で自身の番組『グッド・バイブレーション〜渡辺香津美・ドガタナ・ワールド』のを務める。 に日本コロムビアから(現:)に移籍、併せて自らの「 domo」を立ち上げる。 には来日したと、の代役として共演している。 この時の音源は、アルバム『ワード・オブ・マウス・バンド 1983ジャパン・ツアー』に収録されている。 、、とのトリオで「スパイス・オブ・ライフ」を発表。 同編成で日本公演を行い、この映像は当時にテレビ放送されたほか、レーザーディスクで市販された。 後にDVDとしても発売されている。 同編成にキーボード奏者を加えた編成にて、続編の「スパイス・オブ・ライフ・ツー」を発表。 ライブではジェフ・バーリンは参加しなかったが、代打としてバニー・ブルネルが参加した。 からにかけての深夜ローカル番組『』に出演。 ポップス系を中心に異分野のミュージシャンをゲストに招き、トークとスタジオライブ(、らとのバンドにて。 公開収録もあり)で多数と共演した。 ボトムラインNYにて、、、、らとライブ収録。 ポリドールからアルバム『One for All』をリリース。 より一時期、『ジャズ・トゥナイト』のパーソナリティーを務めた。 現在の特別講師も務めている。 、と「スパイス・オブ・ライフ」以来となる共演ライブを行う。 ドラムは引退したに代わり、(元PlanetX, Steve Vai, Allan Holdsworth, CAB等)が参加。 ジェフの発案でレコーディングを行い5月に続いて11月にも再び公演を行い、新作「スピニング・グローブ」からの新曲を演奏した。 10月にはブルーノート東京でと「マーメイド・ブールヴァード」「アランフェス協奏曲」以来35年ぶりの共演を果たした。 近年では、公私共にパートナーでもある、谷川公子とのユニット Castle in the Air (同名でのタイトルアルバムも発表)での活動も行っている。 *なおリーダーは、谷川公子である。 使用機材 [ ] ギターはデビュー以来現在まで様々な形状、スタイルのものを使用している。 初期は・やアレンビック・SSG、・RS-850、PE、、などを使用。 その後ヴァレイアーツ、などを経て現在はコリングス(collings)などプロジェクトによって多種のギターを使い分けているため、使用ギターは頻繁に変わる。 あまりヴィンテージギターは使用しないが、 の裏ジャケに写っている、1950年代後半の・スペシャル、オヴェーション・アダマス1687-2などはたまにライブやレコーディングに使用する。 また、近年はマーティンのヴィンテージのD-45を手に入れ、使用している。 特に現在渡辺氏が多数のライブで使用しているフルアコースティックタイプのエイブリベラは、彼がエイブリベラ氏にソリットギターをオーダーした際に、エイブリベラ師本人から『君をイメージしてつくったんだ』という言葉とともに手渡されたものである。 クラシックギターはポール・ジェイコブソン、今井勇一などを経て、現在は主にローデン(Lowden)やウォーターロード(WaterRoad),アントニオ・マリン・モンテロ、ヘルマンハウザー3世、MARTIN D-45、12弦ではMARTIN クラプトンモデルなども使う。 アンプは現在はレコーディングなどにKenperを多用したりライブの現場にはFUCHS,CARR、ULBRICK(Kazumi Original Model)など,これもステージングにより使い分けている。 アコースティックプロジェクトでは現在、会場によってPAなどがいない状況の場合、持ち込みPAシステム(Mayer UPM-1P)を持ち込み、自身で傍に卓を置いてオペレートしながら公演を行う事もあり、自分用モニターとしてAER Compactを配置して、どんな状況下においても対応している。 様々なメーカーで自身のシグネイチャーモデルを作っている。 2014年には、島村楽器のHISTORYブランドより、50本限定でシグネーチャーモデル「Tidewater」も発売された。 以前、ギフィン Giffin)からも、島村の様にインレイなども全く同じでは無かったが、仕様は全く同じ Kazumi Model が発売されている(取扱い、スクラッチギター)。 かなりの機材マニアで、エフェクターはその時代の新製品を使用することが多く、頻繁に変わる。 ギターシンセサイザーはプロジェクトに応じて、使用する。 人物・エピソード [ ] 世界的なミュージシャンとの共演経験があり、、、、、、、、、、、、、、、、、などとはアルバム制作を行なっている。 (、、、はライブ盤) 友人であるは香津美について、『彼がニューヨークに来たらニューヨーク中のギタリストの仕事がなくなってしまう』と語った。 は、ある日香津美のライブを見に来ていて、ライブ後に自身の新しいバンドに香津美を誘ったが、マイルスのしゃがれ声を聞き取ることができず、次の日のスタジオセッションに誘われたことがわからず、実現しなかった。 後に、そのセッションに参加しバンドのレギュラーメンバーとなったは、香津美に『香津美がもしあの日のセッションに来ていたら、自分ではなく香津美がバンドに入っていたかもしれない。 』と語っている。 TOCHICAのアルバムジャケットでおなじみの1956年製ギブソンレスポールスペシャルは、本人が1980年にマンハッタンの楽器店に立ち寄った際にが試奏していたもので、スピノザが一旦帰った後慌てて頭金を払いその後即購入したものである。 、のギタリストであるは『間違いなく日本で一番のギタリスト』と香津美を評している。 ディスコグラフィ [ ] アルバム(リーダー作品) [ ] 1970年代• 『』 - Infinite (1971年、・、ETP-9038)• 『』 - Endless Way (1975年、・、YQ-7511-N)• 『』 - Monday Blues (1976年、、RVL-5502)• 『』 - MILKY SHADE (1976年、、GU-5003)• 『』 - OLIVE'S STEPS (1977年、日本コロムビア・Better Days、YX-7580-ND)• 『』 - Mermaid Boulevard(1978年、、ALR-6001)• 『ロンサム・キャット』 - LONESOME CAT(1978年、日本コロムビア・Better Days)• 『ヴィレッジ・イン・バブルズ 』- Village in bubbles(1978年、日本コロムビア・Better Days)• 『』 - KYLYN(1979年、日本コロムビア・Better Days)• 『KYLYN LIVE』 - KYLYN LIVE(1979年、日本コロムビア・Better Days) 1980年代• 『』 - TO CHI KA(1980年、日本コロムビア・Better Days)• KAZUMI BAND名義, 『頭狂奸児唐眼(とうきょうがんじがらめ)』 - TALK YOU ALL TIGHT(1981年、日本コロムビア・Better Days)• 『ドガタナ』 - (1981年、日本コロムビア・Better Days)• MOBO CLUB 1984年、Gramavision• 『MOBO Club 桜花爛漫』(1986年、Domo)• MOBO SPLASH(1985年、Polydor)• 『スパイス・オブ・ライフ』 - (1987年、Polydor)• 『スパイス・オブ・ライフ 2』 - THE SPICE OF LIFE 2(1988年、DOMO)• 『キロワット』 - KILOWATT(1989年、Gramavision, DOMO) 1990年代• 『ロマネスク』 - Romanesque(1991年、Polydor)• 渡辺香津美レゾナンス・ヴオックス, 『パンドラ』 - Pandora(1991年、Polydor)• 渡辺香津美レゾナンス・ヴオックス, 『O-X-O』 - O-X-O(1992年、Polydor)• 渡辺香津美レゾナンス・ヴオックス, 『レゾナンス・ヴオックス』 - RESONANCE VOX(1993年、DOMO)• 渡辺香津美レゾナンス・ヴオックス, 『自業自得』 - Jigojitoku Live Recordings (1994年、DOMO)• 『おやつ』 - OYATSU(1994年、Polydor)• 『おやつ2:遠足』 - OYATSU 2(1995年、Polydor)• 『エスプリ』 - esprit(1996年、Polydor)• とのデュオ名義, 『ダンディズム』 - Dandyism(1998年、DOMO)• 『ワン・フォー・オール』 - One for All(1999年、Polydor) 2000年代• 渡辺香津美 with オーケストラ, 『ディア・トーキョー』 - Dear Tokyo(2001年、日本コロムビア)• 『ビヨンド・ザ・インフィニット』 - BEYOND THE INFINITE(2001年、DOMO)• 『ギター・ルネッサンス』 - Guitar Renaissance (2003年、)• 渡辺香津美ニューエレクトリックトリオ, 『モ・バップ』 - MO'BOP(2003年、ewe)• 渡辺香津美ニューエレクトリックトリオ, 『モ・バップ II』 - New Electric Trio MO'BOP II(2004年、ewe)• Guitar Renaissance II [夢](2005年)• Guitar Renaissance III [翼](2006年)• MO' BOPIII(2006年)• Asian Super Guitar Project: ギター三国志(2006年)• 『開放弦』オリジナル・サウンドトラック (2007年)• Guitar Renaissance IV [響](2007年)• Jazz Impression(2009年)• Acoustic Flakes(2009年) 2010年代以降• USB40(2010年 - USBメモリ収録のデジタルデータアルバム• LOTUS NIGHT (2011年• TRICOROLL (2011年)• Guitar Renaissance V (2012年)• Live At Iridium(2012年)• Spinning Globe(2013年)• Guitar Is Beautiful KW45(2016年) アルバム(共作・ゲスト参加) [ ]• ()&渡辺香津美, 『』 - Mudari Spirit of Song(1976年、日本コロムビア・Denon)• 渡辺香津美、, 『』 - Kaleidoscope(1978年2月26日、日本コロムビア・Denon)• 日米エレキ大合戦 VS、左記アルバムには、渡辺香津美の他に竹田和夫・竹中尚人 チャー ・山岸潤史が参加している。 (1986年、キングレコード)• 当初発売されたライブアルバムでは、当時渡辺が所属していた日本コロムビアがその収録を拒否したため、ギターパートはカットされ坂本龍一のシンセサイザーに置き換えられたが、本作で復活。 と共同名義, 『禁じられた遊び』 - Forbidden Plays(1998年)(DVD映像作品)• どですかでん 鈴木大介 (2001年)• Castle in the Air (2007年)• NOWADAYS (2008年)• ワード・オヴ・マウス・バンド 1983 ジャパン・ツアー・フィーチャリング渡辺香津美 (2012年)• エン・ビーボ!~狂熱のライブ~ con 渡辺香津美 (2015年8月19日) コンピレーション盤 [ ]• TOKYO JOE• KAZUMI's Music File 84-94• The Best Performance• Better Days of KAZUMI WATANABE• ギター・ワークショップ Vol. エイジアン・スーパー・ギター・プロジェクト〜ギター三国志• White Album'90(1990年11月10日) が企画したクリスマスをテーマにしたオムニバスアルバム。 9曲入り。 渡辺は3曲目『HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS』を提供。 渡辺香津美デビュー45周年企画~KAZUMI WATANABE domo YEARS~ (2016年1月27日) 著書 [ ]• 渡辺香津美、『渡辺香津美 山下和仁 ギター対話』〈こみち文庫〉、1982年。 渡辺香津美『サウンド・インターバル』径書房、1991年10月1日。 TV出演 [ ]• (2006年4月22日、テレビ東京)• J-MERO(NHK総合テレビ)• (BSフジ) CM [ ]• Unicorn(日立 Lo-D、『TO CHI KA』所収)• Melanco(、『THE SPICE OF LIFE』所収)• プレリュード(東北地区限定「北州ハウジング」、本人も出演) 脚注 [ ].

次の

痛くないリストカットの方法ってあるの?→そんなものはない

渡辺 リスト カット たぬき

代用で満足…針を刺した後、握りこぶし作って握ったり、ちからゆるめたりするとまた血が出てきたりもしますよ。 ただ、言っちゃえば小さい傷なので。 血を出す間は、止血してるゴムは外さないほうで。 ちょっと前まではヤフオクでもなかったみたいなんですよ! やっぱり時期によるんでしょうか?(謎) 血管が細いとなかなか難しいですよね(汗) 私は細いほうではないので、何とかなっていますが…。 瀉血にも慣れてきたし。 ゴムを思いきり結んで、手を握ったり、緩めたりを繰り返しつつ、肘のところを叩いてみてもダメですかね? 採血などされる場所ならまだわかりやすいだろうし…あと刺す前に指で感触を確かめてみるのもいいかもしれません。 コリコリしますよ。 私は部屋で着るゴムパンツのゴムを使ってますw 針が細すぎる…25Gとかなんですかね? むむ…。 でも、血管が細いなら18Gなどの太い針も大変だと思うけど、どうなんでしょう…。 私のマイミクさんにも血管が細い人がいて、苦労はしてるみたいです(苦笑) そんかし、足の甲とか、手の甲の血管で刺すときもあるみたいですよ?私は逆にそっちになるとヒットしないのでいつも肘w 穴が分かるww mayaさまにも書いたんですが、刺繍針で刺すのはどうですかね? 瀉血にはならないけど、血は出ますよ。 挿した穴からたら〜っと。 だんだんと夏に近づいて自傷も出来づらい時期になりますしね(汗).

次の

痛くないリストカットの方法ってあるの?→そんなものはない

渡辺 リスト カット たぬき

バイオグラフィ [ ] のたばこ屋に生まれる。 中学2年でに興味を持ち、初めてを手にする。 入学したの先輩にがおり、彼のギターの影響も受ける。 その後に興味を持ち、でに学び始める。 に『インフィニット』でデビュー、その卓越したギター・テクニックで「17歳の天才ギタリストの出現」と騒がれた。 またらトップミュージシャンのグループに在籍した。 には、、らと「KYLYN BAND(キリンバンド)」を結成。 また同年には(YMO)のワールドツアーにサポート・ギタリストとして参加した。 この模様はYMOの3枚目のアルバム『(公的抑圧)』で発表されるが、渡辺のギター・チャンネルは、当時彼が所属していたの意向でカットされることとなり、代わりに坂本龍一のがされた(渡辺のギターは後年リリースの『』などに収録された)。 コロムビア時代の代表作の一つ『TO CHI KA』では奏者のがとして迎えられている。 このアルバムの収録曲 "Unicorn"がのオーディオ・ブランド「」のに使われ、人気を不動のものとする。 からは(当時)系列で自身の番組『グッド・バイブレーション〜渡辺香津美・ドガタナ・ワールド』のを務める。 に日本コロムビアから(現:)に移籍、併せて自らの「 domo」を立ち上げる。 には来日したと、の代役として共演している。 この時の音源は、アルバム『ワード・オブ・マウス・バンド 1983ジャパン・ツアー』に収録されている。 、、とのトリオで「スパイス・オブ・ライフ」を発表。 同編成で日本公演を行い、この映像は当時にテレビ放送されたほか、レーザーディスクで市販された。 後にDVDとしても発売されている。 同編成にキーボード奏者を加えた編成にて、続編の「スパイス・オブ・ライフ・ツー」を発表。 ライブではジェフ・バーリンは参加しなかったが、代打としてバニー・ブルネルが参加した。 からにかけての深夜ローカル番組『』に出演。 ポップス系を中心に異分野のミュージシャンをゲストに招き、トークとスタジオライブ(、らとのバンドにて。 公開収録もあり)で多数と共演した。 ボトムラインNYにて、、、、らとライブ収録。 ポリドールからアルバム『One for All』をリリース。 より一時期、『ジャズ・トゥナイト』のパーソナリティーを務めた。 現在の特別講師も務めている。 、と「スパイス・オブ・ライフ」以来となる共演ライブを行う。 ドラムは引退したに代わり、(元PlanetX, Steve Vai, Allan Holdsworth, CAB等)が参加。 ジェフの発案でレコーディングを行い5月に続いて11月にも再び公演を行い、新作「スピニング・グローブ」からの新曲を演奏した。 10月にはブルーノート東京でと「マーメイド・ブールヴァード」「アランフェス協奏曲」以来35年ぶりの共演を果たした。 近年では、公私共にパートナーでもある、谷川公子とのユニット Castle in the Air (同名でのタイトルアルバムも発表)での活動も行っている。 *なおリーダーは、谷川公子である。 使用機材 [ ] ギターはデビュー以来現在まで様々な形状、スタイルのものを使用している。 初期は・やアレンビック・SSG、・RS-850、PE、、などを使用。 その後ヴァレイアーツ、などを経て現在はコリングス(collings)などプロジェクトによって多種のギターを使い分けているため、使用ギターは頻繁に変わる。 あまりヴィンテージギターは使用しないが、 の裏ジャケに写っている、1950年代後半の・スペシャル、オヴェーション・アダマス1687-2などはたまにライブやレコーディングに使用する。 また、近年はマーティンのヴィンテージのD-45を手に入れ、使用している。 特に現在渡辺氏が多数のライブで使用しているフルアコースティックタイプのエイブリベラは、彼がエイブリベラ氏にソリットギターをオーダーした際に、エイブリベラ師本人から『君をイメージしてつくったんだ』という言葉とともに手渡されたものである。 クラシックギターはポール・ジェイコブソン、今井勇一などを経て、現在は主にローデン(Lowden)やウォーターロード(WaterRoad),アントニオ・マリン・モンテロ、ヘルマンハウザー3世、MARTIN D-45、12弦ではMARTIN クラプトンモデルなども使う。 アンプは現在はレコーディングなどにKenperを多用したりライブの現場にはFUCHS,CARR、ULBRICK(Kazumi Original Model)など,これもステージングにより使い分けている。 アコースティックプロジェクトでは現在、会場によってPAなどがいない状況の場合、持ち込みPAシステム(Mayer UPM-1P)を持ち込み、自身で傍に卓を置いてオペレートしながら公演を行う事もあり、自分用モニターとしてAER Compactを配置して、どんな状況下においても対応している。 様々なメーカーで自身のシグネイチャーモデルを作っている。 2014年には、島村楽器のHISTORYブランドより、50本限定でシグネーチャーモデル「Tidewater」も発売された。 以前、ギフィン Giffin)からも、島村の様にインレイなども全く同じでは無かったが、仕様は全く同じ Kazumi Model が発売されている(取扱い、スクラッチギター)。 かなりの機材マニアで、エフェクターはその時代の新製品を使用することが多く、頻繁に変わる。 ギターシンセサイザーはプロジェクトに応じて、使用する。 人物・エピソード [ ] 世界的なミュージシャンとの共演経験があり、、、、、、、、、、、、、、、、、などとはアルバム制作を行なっている。 (、、、はライブ盤) 友人であるは香津美について、『彼がニューヨークに来たらニューヨーク中のギタリストの仕事がなくなってしまう』と語った。 は、ある日香津美のライブを見に来ていて、ライブ後に自身の新しいバンドに香津美を誘ったが、マイルスのしゃがれ声を聞き取ることができず、次の日のスタジオセッションに誘われたことがわからず、実現しなかった。 後に、そのセッションに参加しバンドのレギュラーメンバーとなったは、香津美に『香津美がもしあの日のセッションに来ていたら、自分ではなく香津美がバンドに入っていたかもしれない。 』と語っている。 TOCHICAのアルバムジャケットでおなじみの1956年製ギブソンレスポールスペシャルは、本人が1980年にマンハッタンの楽器店に立ち寄った際にが試奏していたもので、スピノザが一旦帰った後慌てて頭金を払いその後即購入したものである。 、のギタリストであるは『間違いなく日本で一番のギタリスト』と香津美を評している。 ディスコグラフィ [ ] アルバム(リーダー作品) [ ] 1970年代• 『』 - Infinite (1971年、・、ETP-9038)• 『』 - Endless Way (1975年、・、YQ-7511-N)• 『』 - Monday Blues (1976年、、RVL-5502)• 『』 - MILKY SHADE (1976年、、GU-5003)• 『』 - OLIVE'S STEPS (1977年、日本コロムビア・Better Days、YX-7580-ND)• 『』 - Mermaid Boulevard(1978年、、ALR-6001)• 『ロンサム・キャット』 - LONESOME CAT(1978年、日本コロムビア・Better Days)• 『ヴィレッジ・イン・バブルズ 』- Village in bubbles(1978年、日本コロムビア・Better Days)• 『』 - KYLYN(1979年、日本コロムビア・Better Days)• 『KYLYN LIVE』 - KYLYN LIVE(1979年、日本コロムビア・Better Days) 1980年代• 『』 - TO CHI KA(1980年、日本コロムビア・Better Days)• KAZUMI BAND名義, 『頭狂奸児唐眼(とうきょうがんじがらめ)』 - TALK YOU ALL TIGHT(1981年、日本コロムビア・Better Days)• 『ドガタナ』 - (1981年、日本コロムビア・Better Days)• MOBO CLUB 1984年、Gramavision• 『MOBO Club 桜花爛漫』(1986年、Domo)• MOBO SPLASH(1985年、Polydor)• 『スパイス・オブ・ライフ』 - (1987年、Polydor)• 『スパイス・オブ・ライフ 2』 - THE SPICE OF LIFE 2(1988年、DOMO)• 『キロワット』 - KILOWATT(1989年、Gramavision, DOMO) 1990年代• 『ロマネスク』 - Romanesque(1991年、Polydor)• 渡辺香津美レゾナンス・ヴオックス, 『パンドラ』 - Pandora(1991年、Polydor)• 渡辺香津美レゾナンス・ヴオックス, 『O-X-O』 - O-X-O(1992年、Polydor)• 渡辺香津美レゾナンス・ヴオックス, 『レゾナンス・ヴオックス』 - RESONANCE VOX(1993年、DOMO)• 渡辺香津美レゾナンス・ヴオックス, 『自業自得』 - Jigojitoku Live Recordings (1994年、DOMO)• 『おやつ』 - OYATSU(1994年、Polydor)• 『おやつ2:遠足』 - OYATSU 2(1995年、Polydor)• 『エスプリ』 - esprit(1996年、Polydor)• とのデュオ名義, 『ダンディズム』 - Dandyism(1998年、DOMO)• 『ワン・フォー・オール』 - One for All(1999年、Polydor) 2000年代• 渡辺香津美 with オーケストラ, 『ディア・トーキョー』 - Dear Tokyo(2001年、日本コロムビア)• 『ビヨンド・ザ・インフィニット』 - BEYOND THE INFINITE(2001年、DOMO)• 『ギター・ルネッサンス』 - Guitar Renaissance (2003年、)• 渡辺香津美ニューエレクトリックトリオ, 『モ・バップ』 - MO'BOP(2003年、ewe)• 渡辺香津美ニューエレクトリックトリオ, 『モ・バップ II』 - New Electric Trio MO'BOP II(2004年、ewe)• Guitar Renaissance II [夢](2005年)• Guitar Renaissance III [翼](2006年)• MO' BOPIII(2006年)• Asian Super Guitar Project: ギター三国志(2006年)• 『開放弦』オリジナル・サウンドトラック (2007年)• Guitar Renaissance IV [響](2007年)• Jazz Impression(2009年)• Acoustic Flakes(2009年) 2010年代以降• USB40(2010年 - USBメモリ収録のデジタルデータアルバム• LOTUS NIGHT (2011年• TRICOROLL (2011年)• Guitar Renaissance V (2012年)• Live At Iridium(2012年)• Spinning Globe(2013年)• Guitar Is Beautiful KW45(2016年) アルバム(共作・ゲスト参加) [ ]• ()&渡辺香津美, 『』 - Mudari Spirit of Song(1976年、日本コロムビア・Denon)• 渡辺香津美、, 『』 - Kaleidoscope(1978年2月26日、日本コロムビア・Denon)• 日米エレキ大合戦 VS、左記アルバムには、渡辺香津美の他に竹田和夫・竹中尚人 チャー ・山岸潤史が参加している。 (1986年、キングレコード)• 当初発売されたライブアルバムでは、当時渡辺が所属していた日本コロムビアがその収録を拒否したため、ギターパートはカットされ坂本龍一のシンセサイザーに置き換えられたが、本作で復活。 と共同名義, 『禁じられた遊び』 - Forbidden Plays(1998年)(DVD映像作品)• どですかでん 鈴木大介 (2001年)• Castle in the Air (2007年)• NOWADAYS (2008年)• ワード・オヴ・マウス・バンド 1983 ジャパン・ツアー・フィーチャリング渡辺香津美 (2012年)• エン・ビーボ!~狂熱のライブ~ con 渡辺香津美 (2015年8月19日) コンピレーション盤 [ ]• TOKYO JOE• KAZUMI's Music File 84-94• The Best Performance• Better Days of KAZUMI WATANABE• ギター・ワークショップ Vol. エイジアン・スーパー・ギター・プロジェクト〜ギター三国志• White Album'90(1990年11月10日) が企画したクリスマスをテーマにしたオムニバスアルバム。 9曲入り。 渡辺は3曲目『HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS』を提供。 渡辺香津美デビュー45周年企画~KAZUMI WATANABE domo YEARS~ (2016年1月27日) 著書 [ ]• 渡辺香津美、『渡辺香津美 山下和仁 ギター対話』〈こみち文庫〉、1982年。 渡辺香津美『サウンド・インターバル』径書房、1991年10月1日。 TV出演 [ ]• (2006年4月22日、テレビ東京)• J-MERO(NHK総合テレビ)• (BSフジ) CM [ ]• Unicorn(日立 Lo-D、『TO CHI KA』所収)• Melanco(、『THE SPICE OF LIFE』所収)• プレリュード(東北地区限定「北州ハウジング」、本人も出演) 脚注 [ ].

次の