藤井 フミヤ 個展 大阪。 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2020 藤井フミヤ meets 西本智実

藤井フミヤ「個展をやるのは僕ぐらいだった」/関西/芸能/デイリースポーツ online

藤井 フミヤ 個展 大阪

連日大盛況! 2月24日 月・休)まで! Fumiyart 2020 デジタルとアナログで創造する 藤井フミヤ展「The Diversity 多様な想像新世界」 @大阪・阪急うめだ本店 1983年にチェッカーズとしてデビューし1993年にソロ活動を開始。 36年間にわたって常に音楽シーンをリードし続けてきた「ミュージシャン」であるとともに、1993年にCGアーティストとして初個展を開催するなど「画家」の顔も併せ持つ藤井フミヤさん。 「入場まで1時間待ち」の大好評を博した昨年の東京・長野を経て、2月16日 日)~24日 月・休)、大阪で藤井フミヤ展「The Diversity 多様な想像新世界」が開かれています。 連日、大盛況。 ファンの方はもちろん、絵に興味のある方、お買い物に来られた方など老若男女、幅広い方々が訪れ、その多才ぶりに感嘆を漏らしています。 そんな「画家」としての才能も見せる藤井フミヤさんを大阪での開催前に訪ね、インタビューさせていただきました。 ボールペン画で魅せる、独自の技法 「他にはないね、多分。 細かく書いたものが結構多いので、長く見ていられたのではないかと。 やっぱり画集やネットで見るのとは色合いも違うし、思ったより大きかったとか小さかったとか、サイズも体感していただけたと思います。 書いたり物を作っていると最終的に誰かに見せることをなんとなく念頭に置いているので、日の目を見たな、という感じはありますね。 ボールペンは新しいといわれます。 ボールペンでなにか描けないかな、と適当に描いていたら、「あれ? 新しい…」と思って。 ボールペンもまっすぐな線で描いたものはニューヨークででも日本ででも見たことがあるんですが、ぐにゅぐにゅ描いているっていうのはないね、多分。 まず、このボールペンを持てるのが日本人しかいないでしょう。 28mmという極細のカラーボールペンが世界にはないと思うから。 だから、日本人でやったことがないんだったらこの技法を使うのは世界で自分一人しかいない。 ラファエロ、ダ・ヴィンチを模写し終えた時に、なんで原寸大にしなかったかな、と思ったので、ボッティチェリは原寸にしました。 でも、思ったほど大きくなかったんだよね。 もっと大きいかと思っていたので、これくらいだったらいけるな、と…。 そうですね。 今回、一番驚かれるかもしれない。 その間、ダイニングテーブルがずっと占領されてた(笑)。 やっぱり描きはじめたところより最後に描いたところの方がテクニックも上がってるよね。 ただ模写なので、オリジナルを描く時のような楽しさはなくて…。 職人みたいな感じで描いていました。 作品を買っていただいた方が部屋にかけてくれているらしいんですが、それが結構大きくて。 お客さんが来ると最初に「へぇ~」と目に留まって、「これ、藤井フミヤさんが描いたんだよ」と言うと、「エッ!」ってまず驚かれて、その後に「これボールペンだよ」と言うと「エ~ッ!」って近くに寄って「本当だ!」と二回驚くみたいで。 だから、ボールペンは描いておいたほうがいいかな、と今のところ思っています。 一つの作風の確立として。 連鎖するアイデア。 あふれ出るイマジネーション。 昔は現代アートが好きで、だんだん絵画が好きになって、結局筆を執るようになったという…。 今でもCGは物販用の物を作るなどデザイン的なときには使いますね。 あっ、でも下書きには意外と使ったりする。 大きい円を描く場合はコンピュータで作った方が早いし。 絵の背景の模様をコンピュータで作ったりもしますね。 ラファエロを描いているときは、次はダ・ヴィンチを描こうと思ってたし。 描いているときにアイデアが生まれて、「あっ、次はこういうのにしよう!」と必ず思ってる。 音楽も一緒で、アルバムを作っているときに次のアルバムはこういうのがいいな、と浮かんでいますね。 道具を先に選ぶかな。 今(取材当時)はオイルパステルで描いていて、オイルパステルで全部描こうかなと思うのは初めてで面白いのが出来上がると思う。 日本なんて大正時代くらいでもまだ許されてないもんね。 だから、見慣れているのかもしれない、芸術作品として。 男性も描いたことはありますが、自分の中の盛り上がりとしては女性の方が筆が進みますね。 セックスシンボルみたいな完璧なボディはあんまり面白くないです。 だからプレイボーイとかペントハウスのピンナップガールみたいなのは、今ひとつ面白くない。 普通の方が…。 意外と美人は覚えてられない(笑)。 例えば、モデル事務所のパーティーとか行くとそりゃあ美人ばっかりだけど、家に帰るとどんな顔だっけ、って。 不思議なもので、覚えられないんですよ。 どっかに個性がないと。 もしみんなが同じように整形とかするようになると面白くない。 全体的なバランスはいい方がいいけどね。 午前中はなるべく作業にあてています。 で、だいたい午後からが仕事。 お酒飲んじゃったらもう使いものにならないから、素面でちゃんと行う作業は午前中ですね(笑)。 身体悪くするよ、ホントに。 画家ってどうやってんだろ、って思うよ。 だってじ~っと描いてるから、気が付いたら 2時間動かない。 コンサートって動くし、わめくし、歌うし(笑)。 リフレッシュはコンサートで十分です。 アイデアはあるけどまだ手を付けてない。 現代アートは大概デカイ(笑)。 大きいのはちょっと憧れますね。 それなりに売れるようになったら大きいのを作ってみてもいいのかな、と思ったりしています。 自画像が好きな画家もいるけど、僕はどうでもいい(苦笑)。 多分、僕の場合、他の人と比べて写真や映像などいろんなものが残っているからか、あまり興味がない。 それに、自分を見るのがそんなに好きじゃないですしね。 音楽でも多様性を発揮 「アートと音楽があれば他はいらない。 「DIVERSITY」という点では、音楽の方でもかなり多様性に富んでいますよね。 ポップスだからね。 ポップスというもの自体が、多様性のあるものだから。 ダンスミュージックもロックンロールもジャズも、なんだって歌える。 寝ている時以外ずっとなんか考えていますからね。 絵も、音楽以外の時間でやっていたらこうなったという…。 まぁ、幼少の頃から考えると、もともと絵の方が好きだったんだけどね。 美大に行くまでには至らなかった。 若い頃から、美大に行ってちゃんと技術を習うんだ!と思っていたら人生変わってただろうね。 でも絵はちょっとした写経みたいなもので、黙々と一人で向かっている。 音楽は意外と社会性とか気にしつつ作ったりしますが、絵に関しては世界からズレてるっていうか、何も関係ない一人の世界、ですね。 たった一人のイマジネーションと技術の上でなり立っている。 妙に融合してて。 だから、もの作りという点では、アートと音楽をやっているんでもういらない、って感じですね。 そう! これ以上絶対いらない、っていうくらい、人生として非常に充実してる。 他に望むものと言えば、健康ですね。 そうそう、どっちもできなくなるから。 見やすくて、意外と楽しいと思います。 色もカラフルだし、描いてあるものがわかりやすい。 見て、自分の発想に変えてくれたら嬉しいですね。 あと、もの作りをされる方は発想のアイデアにしてもらえると思います。 意外と今回の個展を見て、自分も描いてみよう、作ってみよう、という人が多いんですよ。 素材も多彩なので若い子が見ても楽しいんじゃないかな。 うまくいけばこの 2年くらいでほとんど売れちゃうから、もう実物は見られなくなります。 ぜひ個展を見に来てください。 「意外と短いんで」とフミヤさんもおっしゃっていましたが、2月24日(月・休)で終わってしまいます! フミヤさんの筆致や素材による違い、サイズ感など、実物を間近で見られる個展でしか味わえない感動や発見があります。 そちらでしか読めないコメントも! 配布エリア外の方はのデジタル版でご覧いただけます。

次の

アートは彼の“TRUE LOVE” 藤井フミヤ展「The Diversity 多彩な想像新世界」|株式会社阪急阪神百貨店のプレスリリース

藤井 フミヤ 個展 大阪

昨年、東京で16年ぶりに展覧会をおこなったミュージシャン・藤井フミヤの個展『The Diversity 多様な想像新世界』。 大阪開催を記念してトークショーに登場し、これまでの芸能生活などについて話した。 藤井は1983年、バンド「チェッカーズ」のボーカルとしてデビュー。 翌年、当時の人気音楽番組『ザ・ベストテン』に初出演も果たすなど、全国的な人気をあつめた。 藤井は同番組に出たときのことを振りかえり、「聖子ちゃん(松田聖子)、明菜ちゃん(中森明菜)がいて『本物だ!』と感動しました」と初々しい思い出を語った。 その後、チェッカーズは1992年に解散。 翌年に初めての個展を企画し、「1993年の頃は、個展をやるのは僕ぐらいだった」と、親友でもある木梨憲武(とんねるず)をはじめ、今や当たり前となってきた芸能人のアート展だが、当時は珍しがられたのだそう。 以降は、当時最先端だったCG、アナログな切り絵などさまざまな手法によるアート作品を発表。 しかし30代の頃は、「夜な夜な遊びに出て、酔っ払って描いたりしていました。 今、それをやっちゃうと取り返しがつかなくなる。 酔っ払っているときは『俺は天才だ』となるけど、朝起きたら『やっちゃった・・・』ってなるので」と失敗した経験もあったようだ。 また藤井は、2002年の作品「FULL MOON」をきっかけに老眼がはじまったことを明かし、「今は、踏んでも割れないというルーペを使っています」と愛用品について語り、親近感を覚える一面を次々と披露した。 同展は2月24日まで開催。 一般・大学生800円。 取材・文・写真/田辺ユウキ.

次の

藤井フミヤのアート作品。フミヤートの経歴、個展を紹介。新作はボールペン画!

藤井 フミヤ 個展 大阪

昨年、東京で16年ぶりに展覧会をおこなったミュージシャン・藤井フミヤの個展『The Diversity 多様な想像新世界』。 大阪開催を記念してトークショーに登場し、これまでの芸能生活などについて話した。 藤井は1983年、バンド「チェッカーズ」のボーカルとしてデビュー。 翌年、当時の人気音楽番組『ザ・ベストテン』に初出演も果たすなど、全国的な人気をあつめた。 藤井は同番組に出たときのことを振りかえり、「聖子ちゃん(松田聖子)、明菜ちゃん(中森明菜)がいて『本物だ!』と感動しました」と初々しい思い出を語った。 その後、チェッカーズは1992年に解散。 翌年に初めての個展を企画し、「1993年の頃は、個展をやるのは僕ぐらいだった」と、親友でもある木梨憲武(とんねるず)をはじめ、今や当たり前となってきた芸能人のアート展だが、当時は珍しがられたのだそう。 以降は、当時最先端だったCG、アナログな切り絵などさまざまな手法によるアート作品を発表。 しかし30代の頃は、「夜な夜な遊びに出て、酔っ払って描いたりしていました。 今、それをやっちゃうと取り返しがつかなくなる。 酔っ払っているときは『俺は天才だ』となるけど、朝起きたら『やっちゃった・・・』ってなるので」と失敗した経験もあったようだ。 また藤井は、2002年の作品「FULL MOON」をきっかけに老眼がはじまったことを明かし、「今は、踏んでも割れないというルーペを使っています」と愛用品について語り、親近感を覚える一面を次々と披露した。 同展は2月24日まで開催。 一般・大学生800円。 取材・文・写真/田辺ユウキ.

次の