らっきょう の 植え 方。 【らっきょうの漬け方】 甘酢漬けと塩漬けレシピ

ラッキョウの栽培方法・育て方のコツ

らっきょう の 植え 方

らっきょうの栽培方法とは?7つの育て方のコツと注意点 1)らっきょうの紹介 (1)らっきょうとは らっきょうはユリ科の野菜で、和名を「おおにら」といいます。 やせ地でも十分に育つ大変丈夫な野菜のため、砂丘や開墾地などでも栽培されています。 育ち方は玉ねぎと同じで、地下の茎が大きくなり育ちます。 日本へは平安時代に中国から伝わったとされています。 この唐音から転訛して「らっきょう」となったと言われています。 (5)育てる難易度・耐寒性 難易度:初心者~中級者向け 耐寒性:普通 (6)期待できる効果・効能 整腸作用・循環器系の機能の正常化・腹痛や下痢・生理痛・保温作用・抗がん作用・動脈硬化予防・骨粗しょう症予防 2)種類はあるの?らっきょうの5つの種類と特徴 (1)らくだ らっきょうの代表的な品種で、早生品種で各地で栽培されています。 玉が大きく、ピリッとした辛みとパリパリとした歯ごたえが特徴です。 (2)八房 らくだと玉らっきょうの中間の型で、全国各地に散在しています。 収穫量は少ないです。 (3)島らっきょう 主に沖縄で栽培されている品種です。 一般的ならっきょうよりも小型で細く、ねぎに似た強い辛みが特徴です。 (4)玉らっきょう 台湾から導入された品種で、らくだの次に市場に出回っている中生品種です。 らくだに比べると玉が小さくて、丸い形をしています。 また色白でにおいが少ないのも特徴です。 綺麗な花を咲かせるため、「花らっきょう」という別名でも呼ばれます。 (5)エシャロット らっきょうを軟白栽培して若採りした品種です。 風味がマイルドなので、生のままでも食べられます。 本来は「エシャレット」という名前ですが、現在では「エシャロット」という名前で出回っています。 3)先ずはグッズの準備を!栽培するのに必要な5つのグッズ (1)グッズの名称 用土・肥料・プランター プランター栽培の場合 ・シャベル・ジョウロ (2)選ぶ基準 プランター栽培の場合には、深さが15cm以上あるプランターを用意します。 4)正しいな栽培手順を!らっきょうの5つの栽培ステップ (1)ステップ1:植え付け時期 植え付けの適期は8月下旬~9月中旬頃です。 植えつけの2週間前までに、1㎡当たり150g~200gの苦土石灰を散布してよく耕しておきます。 また、植え付け1週間前までには、畝の全面に1㎡当たり堆肥2kgと、粒状肥料の「マイガーデンベジフル」を、1㎡当たり120gを散布して、土に混ぜ込んでよく耕しましょう。 1条植えの場合には、幅60cm、2条植えでは幅80cmの畝を立てて、表面を平らにならしておきます。 (2)ステップ2:植え付け 20cm間隔で球根2球ずつを、球根の先端がわずかに見える程度の浅植えにします。 2条植えの場合には、条間を40cm間隔にします。 植え付けを行ったら、水をたっぷりと与えましょう。 (3)ステップ3:追肥・土寄せ 植えつけから2ヵ月経ったら、株元へ軽く土寄せして、液体肥料 500倍に薄めた「花工場原液」か「ベジフル液肥」がおすすめ を水代わりに与えます。 その後は週に1回の割合で、2~3回追肥を行います。 また3月上~中旬には1回、粒状肥料「マイガーデンベジフル」を、1㎡当たり120gを株のまわりにばらまいて追肥します。 (4)ステップ4: 収穫 収穫は基本、植え付けの翌年に行います。 らっきょうは夏になると休眠のため葉が枯れるので、6月~7月頃に地上部が枯れてきたら掘り出して収穫しましょう。 また、エシャロットとして収穫する場合には、3月~4月頃に若どりをします。 (5)プランター栽培の場合 プランター栽培でも、植え付けの適期は地植えと同様です。 鉢底ネットを敷いたら、底が見えなくなる程度に鉢底石を入れ、培養土を入れて表面を平らにならします。 次に株間を10cmとして、直径5cm程度の植え穴を5カ所あけます。 球根を1球ずつに分けたら、尖った方を上にして2球ずつまとめて置き、頭が少し見えるように土をかぶせます。 植え付け後にはたっぷりと水を与えましょう。 その後は植え付けの1ヵ月後~12ヵ月まで、1ヵ月に1回の割合で化成肥料10gをコンテナ全体にまきます。 3月上中旬には、化成肥料10gをさらに1回まき、株元に土寄せします。 その後は地植えと同じように行います。 5)要チェック!効果的に栽培する7つのコツ (1)土の種類・鉢植え らっきょうはどんな土地でも育ちますが、水はけの良い用土を好みます。 (2)植え付け方 地植えの場合とプランター栽培の場合には、肥料のグラム数が大きく変わってきますので、植え付けの前にはよく確認しましょう。 (3)剪定・日常の手入れ 特別な手入れは必要ありません。 害虫がついていないか、元気に成長しているか観察を小まめに行いましょう。 また、トウが立ったら花茎を摘みましょう。 (4)肥料・水やり 乾燥には強いですが、あまり乾燥が続くようであればしっかりと水やりを行いましょう。 (5)季節ごとの手入れ らっきょうは冬の寒さには強いため、葉は枯れても根がしっかりと深く張っていれば株が枯れることはありません。 ただし強風が吹く場所の場合は、風よけを行いましょう。 (6)日当たり・置き場所 日当たりの良い場所を好みますが、半日陰でも育ちます。 (7)虫対策・健康的に育てるコツ らっきょうは、害虫や殺菌対策、また化学肥料や除草剤に弱いので使用は避けましょう。 万一害虫を発見した際には、手間はかかりますが薬は使わずに手で取り除きましょう。 6)らっきょうの収穫後の効果的な食べ方・活用方法とは? (1)1日の摂取の目安量 らっきょうの一日の摂取目安量は、5粒までです。 (2)食事の注意点 食べ方には特別な注意点はありませんが、食べ過ぎると胃に負担がかかりますので摂取量には注意しましょう。 (3)食事・その他効果的な活用方法 らっきょうは主に生で食べるのが最も体内や肌への効果が得られます。 また、甘酢漬けなどの汁は、カレーの隠し味などで活用することが出来ます。 7)注意!保存する場合の2つのポイント (1)生らっきょうの保存 土付きのままで、新聞紙にくるんで冷蔵庫の野菜室で保存します。 常温で保存すると生長が促進され芽が伸びてきてしまいます。 (2)たくさんらっきょうを作ったら 例えば1年分ほどらっきょうを作った場合には、すぐに1ヶ月分だけを常温保存にして、後は冷蔵庫で保管しておきます。 また、漬けものは空気に長い時間触れると雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。 そのため、フタをあける回数はできるだけ少ないほうがいいでしょう。 8)ここがオススメ!らっきょうを栽培する魅力とは? らっきょうは食べれば様々な体に良い効果が得られます。 また、漬物として作るためきちんと保存すればかなりの期間長持ちします。 栽培の際には他の植物のように細かく気を遣う必要もありませんので、初心者でも育てやすくおすすめです。 自分の家のオリジナルのらっきょうを作って楽しめます。 今回のまとめ 1)らっきょうの紹介 2)種類はあるの?らっきょうの5つの種類と特徴 3)先ずはグッズの準備を!栽培するのに必要なグッズとは 4)正しいな栽培手順を!らっきょうの5つの栽培ステップ 5)要チェック!効果的に栽培する7つのコツ 6)らっきょうの収穫後の効果的な食べ方・活用方法とは? 7)注意!保存する場合のポイントとは 8)ここがオススメ!らっきょうを栽培する魅力とは?.

次の

らっきょうの植え付けと収穫時期にベストなタイミングとは?

らっきょう の 植え 方

学名 Allium cepa var. aggregatum 和名/別名 らっきょう/オオニラ/サトニラ 英名 Rakkyo 原産地 中国、ヒマラヤ地方 科・属名 ヒガンバナ科ネギ属 主な栄養価 アリシン/S-アリル-L-システイン/ジアリルスルフィド/フルクタン/ビタミンC・E/パントテン酸/カルシウム/リン/鉄/ナトリウム/食物繊維/たんぱく質など らっきょう栽培の特徴と適した環境 らっきょうは植え付けから収穫まで10ヶ月程度と期間が長くかかりますが、畑はもちろん庭先のプランターでも育てることが可能です。 土壌は粘土質ではなく通気性・水はけの良い砂土のような土壌を好み、肥えてない痩せた土でも育ちます。 生育適温として、耐寒性に優れ寒さには強い一方で、夏の暑い時期には弱く、植え付け時期についても適期に遅れることで収穫量が減ることがありますので注意が必要です。 長い間、畑やプランターを占領しますので、他に栽培する野菜との計画上で、風通しや日当たりなどを考えてから良い場所を選んで育てましょう。 らっきょうの種球 2. 苦土石灰(100円ショップでも購入可能) 3. 堆肥 4. 化成肥料 ・堆肥については、以下の記事で詳しく説明しています。 ・プランターの場合 1. らっきょうの種球 2. プランター 3. 野菜用培養土(鉢底石と鉢底ネットがあると尚良い) 4. ゴールデン粒状培養土を配合した園芸・家庭菜園に最適な培養土です。 ゴールデン粒状培養土配合なので、保肥力・保水性・排水性のバランスが良い理想的な土です。 リサイクル材を使用すると便利です。 ・プランターで使用した土の再利用方法については、以下の記事で詳しく説明しています。 購入できる品種としては、「らくだ」「島らっきょう」「玉らっきょう」「八房」「九頭竜」など様々ならっきょうの品種がありますが、もっとも一般的に育てられている品種としては「らくだ」がおすすめです。 栽培のポイントは、よい種球を選ぶことで、1球の重さ10g以上のものを使用します。 植え付け前に分球して古根や皮を除き、大、小に分け、茎も2〜2. 5cm程度切り捨てておきます ・らっきょうの苗をプランターへ植え付ける場合 準備したプランターの鉢底に鉢底ネットを敷いて、プランターの底面に1層石を入れたら、培養土を7分目程度まで入れて表面を平らにならします。 種球を株間10cmで2球づつを球の尖った先端を上方向にして浅く植えます。 先端がわずかに土から出るくらいに土をかぶせて、植えた後はプランターの底から水が滲み出るくら水をたっぷりあげましょう。 ・苗木の植え方ついては、以下の記事で詳しく説明しています。 らっきょうの水やり 基本的に土の表面が乾いていたら水やりを行います。 栽培する季節として寒い時期が多くなりますので、水をやりすぎて土の排水が悪く湿った状態が続くようなことが無いようにしましょう。 水はけの悪さはらっきょうが腐る原因になります。 らっきょうの追肥 らっきょうは基本的に痩せた土壌でも育つ野菜なので、過度な追肥は必要ありません。 種球から芽が出だした頃に1度、2月頃に葉の色が悪ければ2回目の追肥を行います。 また、周りの雑草もこまめに取り除いておきます。 らっきょうのまし土 らっきょうを育てているとらっきょうの根元が土から出てきてしまうことがあります。 根元が出てしまった場合には、日が直接当たらないように土を寄せて被せてあげましょう。 この土寄せをすることで、球と茎の部分に太陽光が当たらなくなり、白く軟らかいらっきょうを収穫することができます。 茎が曲がってしまわないように注意してまし土を行いましょう。 らっきょうの収穫 らっきょうの葉茎が枯れ始めたら収穫タイミングです。 土中に埋まっているらっきょうを傷つけないように、株元から20〜30cm程度離れた場所にスコップを差し入れて掘り起こして、葉を掴んで引き抜いて収穫しましょう。 1つの株で10個前後のらっきょうを収穫することが可能です。 収穫量を増やしたい場合は、もう1年収穫を待って行うことで小粒ですが3倍程度のたくさんの収穫を行うことができます。 その際、株自体が枯れているように見えますが、らっきょうの葉が枯れているだけなので、心配は不要です。 土寄せを数度行い、3月から4月上旬に早めに収穫を行うとエシャレットとして食べることができます。 らっきょうの保存方法 らっきょうは収穫後にそのまま常温の状態で置いておくと、先から芽が伸びてきてしまいます。 すぐに料理などをして食べない場合、袋などに入れて冷蔵保存を行い、乾燥から防ぎましょう。 (らっきょう3cm、エシャレットは5cm程度) また、完全に土を被せて植えてしまうと太陽光があたらず発芽せずに枯れてしまうか、成育に悪い影響が出るので、土の表面からわずかに先端を出すように覆土しましょう。 水はけや風通しの良い場所で育てて、多湿を避けましょう。 よくある病気と害虫対策 病気 対策:病害にあった野菜は、すぐに株を抜いて他の野菜への伝染から守ります。 (畑の外で焼却処分します。 ) ・さび病(葉の表面が錆びた様に、褐色の斑点が広がります) 対策:多雨多湿で多く発生します。 発生した株は早めに取り除き畑の外で処分しましょう。 「マンネブダイセンM水和剤」「カリグリーン」などの薬剤が効果的です。 また、アルカリ性の土壌を嫌う為、「石灰」を土壌に施すと菌の拡大を予防できます。 ・軟腐病(株の地際部分が軟化して悪臭を放ちながら腐敗してしまう病気です。 ) 対策:高温多湿になると多く発生します。 被害株から伝染しますので、発生した株は早めに取り除き畑の外で処分しましょう。 「ヤシマストマイ液剤20」などの薬剤が効果的です。 水のやりすぎに注意して、水はけをよくしましょう。 八房 らっきょうの中では中ぐらいのおおきさで、らくだより少し小さい形。 収穫量もらくだより少なくなります。 九頭竜 八房よりもさらに小さな小玉のらっきょう。 小さならっきょうが分球してたくさん収穫できます。 玉らっきょう 別名で花らっきょうとも呼ばれ、独特の臭いが少なく、草丈もあまり大きく育たないのが特徴です。 エシャレット 別名で若採りらっきょう、葉付らっきょうなどともよばれ、主にらくだの品種をまし土して数ヶ月早く収穫することで、辛味が少なく生食で食べやすくなります。 エシャロットとよく間違われることがありますが、エシャロットは小型の西洋の玉ねぎで全く別の野菜です。 ・エシャレットの育て方については、以下の記事で詳しく説明しています。 まとめ らっきょうの栽培は、水はけや風通しの良い場所で栽培することが育て方のポイントになります。 病害虫も少なく育てやすい野菜ですので、地植えやプランターで手軽にらっきょうの収穫を楽しみましょう。

次の

ラッキョウの栽培方法・育て方のコツ

らっきょう の 植え 方

日本で主な生産地は沖縄。 沖縄野菜の代表的存在の「島らっきょう」。 本土のらっきょうよりも小ぶりで卵状の鱗茎が細いのが特徴の中球種 本土のらっきょうは大球種。 エシャロット ラッキョウの早採り のように15~20cmの細長い状態で収穫し、 味もエシャロットに近い 塩もみ、漬けもの、天ぷら、チャンプルーなどに使います。 沖縄料理屋などの定番メニューにもなっており、 「島らっきょうの浅漬け」や「島らっきょう天ぷら」等はほとんどメニューにあり。 またあまり、深植えにすると収量が低下するので注意しましょう。 その後、乾燥させないよう冬越しします。 生育はほぼ停止状態になります。 <追肥・土寄せ時期> 翌3月頃、追肥と共に土寄せをします *この時期に、しっかりと土寄せをしないと~ 青皮となり品質が悪くなってしまうので忘れず必ず行いましょう!! <収穫時期> 暖地では、4月~5月頃から随時収穫できるようになります。 そのほかの地域では、5月~6月頃が一般的な収穫時期です。 翌4月~5月頃には、葉も茂り球も大きく成長していますよ。 植え付けたのは、たった1球ずつだったのに~ 「どんだけ!増えているの?」ってほど密集して茂ります。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の