ひかり電話 設定 東日本。 ひかり電話ルーター「PR

ドコモ光電話

ひかり電話 設定 東日本

利用にかかる月額料金 まずは、ひかり電話の月額料金をおさらい 最初に、ひかり電話の月額料金について確認しておきましょう。 NTT東日本・西日本ともに、下記のような4つのプランを提供しています。 また、ひかり電話Aのプランについては、コチラ()に詳しく記載しているので、そちらをご覧ください。 ひかり電話の加入にはフレッツ光への加入が前提ですので、月額料金としては別途フレッツ光の月額料金とプロバイダサービスの利用料金が加わりますね。 ひかり電話 ナンバー・ディスプレイの料金 さて、本題の、ひかり電話のオプションサービスの1つである「ナンバー・ディスプレイ」の料金を確認していきましょう。 ・月額利用料:月額400円 となっています。 これはNTT東日本・西日本ともに同料金です。 ナンバー・ディスプレイ以外にもある豊富なオプションサービス ひかり電話には、ナンバー・ディスプレイ以外にもオプションサービスが豊富に用意されています。 以下、例としてNTT東日本で提供されているサービスの一部を紹介します。 ・ナンバー・リクエスト:番号非通知の電話をシャットアウトできるサービス(月額200円) ・キャッチホン:通話中にかかってきた電話も受けられるサービス(月額300円) ・ボイスワープ:かかってきた電話を外出先の電話で受けられるサービス(月額500円) ・ダブルチャネル:ひかり電話1契約で同時に2回線分の通話ができるサービス(月額200円) 「付加サービスセット割引」ならナンバー・ディスプレイをお得に利用できる 「付加サービスセット割引」とは、「ナンバー・ディスプレイ」のほか、上記の「ナンバー・リクエスト」、「キャッチホン」、「ボイスワープ」、「ダブルチャネル」の中から3つのサービスを契約すると、3契約が月額800円で利用できるお得な割引制度。 NTT東日本で実施されています。 「ひかり電話A(エース)」なら月額基本料金に「ナンバー・ディスプレイ」の料金が含まれている 上述の4つのひかり電話のプランのうち、「ひかり電話A(エース)」は、「ナンバー・ディスプレイ」を含む6つのオプションサービスと480円分の通話料分、1カ月の通話料分繰越期間がついて1,500円というお得なプラン。 何個かオプションサービスを申し込む場合は、自分の利用状況に合わせて、最適なプランを選ぶようにしましょう。 NTT東日本エリアの方なら、「付加サービスセット割」との比較も重要です。 ナンバー・ディスプレイを利用するには工事費が必要 ナンバー・ディスプレイを新たに申し込むと、NTT東日本・西日本で多少金額が異なりますが、概ね、基本工事費1,000円、交換機等工事費1,000円で合計2,000円がかかります。 しかしながら、「ひかり電話」申込時にナンバー・ディスプレイ等の付加サービスを同時申し込みした場合には、付加サービスの工事費が減額されるので、詳しくは販売担当者に確認を。 ひかり電話 ナンバー・ディスプレイの申し込み方法 ナンバー・ディスプレイ等オプションサービスの申し込み、またはひかり電話の料金プランの変更は、Webで可能です。 ナンバー・ディスプレイ未対応の電話機で利用する場合は、ナンバー・ディスプレイ対応のアダプターの設置が必要です。 また、電話をかける場合に、相手に自分の電話番号を伝えるかどうかについては、プラン申し込み時に、「通常通知」か「通常非通知」を選べます。 「通常通知」では、今までどおりのかけ方で電話番号を相手に通知します。 ただし、相手の電話番号の前に「184」をダイヤルすると、その発信に限り電話番号は通知されません。 「通常非通知」では、今までどおりのかけ方で電話番号を相手に通知しません。 ただし、相手の電話番号の前に「186」をダイヤルすると、その発信に限り電話番号は通知することができます。 ナンバー・ディスプレイを解約するには ナンバー・ディスプレイを解約するときは、申し込み時と同様、 NTT東日本の場合: NTT西日本の場合: から可能です。 したがって、ひかり電話のオプションサービスである「ナンバー・ディスプレイ」も継続利用できます。 インターネットおすすめ光回線.

次の

「ひかり電話」の新たな付加サービス「複数チャネル(ダブルチャネル)」、「追加番号(マイナンバー)」および「付加サービスセット割引」の提供について

ひかり電話 設定 東日本

かけてきた相手が電話番号を通知するか否かによって次のような内容が表示されます。 電話番号追加状況(発信側) 通信機器への表示内容例(着信側) 「通知」の場合 ひかり電話・加入電話等 (例)「12345678」 公衆電話発信 「公衆電話」、「コウシュウデンワ」または「C」 「非通知」の場合 (ひかり電話・加入電話・公衆電話とも) 「非通知」、「ヒツウチ」または「P」 国際電話等で番号が通知できない場合 「表示圏外」、「ヒョウジケンガイ」または「O」、「S」• * 「ナンバー・ディスプレイ」以外の付加サービスもご利用いただく場合には、当該付加サービス月額利用料が上記金額に加算されます。 【ひかり電話について】• なお、「コラボ光」が廃止された場合は「ひかり電話」も同時に廃止になります。 ただし、割引適用期間の満了月とその翌月に解約される場合は、本割引の解約金は発生しません。 その他、解約金に関しましては、をご確認ください。 月額基本料金6,380円 + プロバイダー利用料でご利用いただけます。 詳しくはをご確認ください。 国際電話・携帯電話・PHS・050IP電話・ナビダイヤル等への通話は月額基本料金には含まれず、別途通話料が必要です。 月額基本料金に含まれる通話料の適用は、ご利用開始日の翌月1日からとなります。 * インターネットをご利用いただくには、フレッツ光に対応したプロバイダーとのご契約・ご利用料金が別途必要です。 他のサービスと合わせてご利用いただく場合の留意事項• ひかり電話A(エース)に含まれるサービス ナンバー・リクエスト• ・ ナンバー・リクエスト同時設定時に非通知でかかってきた着信に対しては、ナンバー・リクエストの音声メッセージが応答し、着信しません。 そのため、電話番号は表示されません。 迷惑電話 おことわりサービス• ・ 迷惑電話おことわりサービス利用中に、登録されている電話番号からかかってきて、メッセージで応答した通話は、電話番号などは表示されません。 (着信しません) ボイスワープ• ・ ボイスワープによる転送先への電話番号通知については、転送の設定状況により以下のようになります。 また、転送の設定状況に関わらず、発信元(A)が「184」をダイヤルすると電話番号は通知されません。 キャッチホン• ・ キャッチホンの割り込み着信についても、ひかり電話対応機器の設定により電話番号の表示が可能です。 なお、表示するには、キャッチホン・ディスプレイ対応機器の電話機が必要です。 ・ キャッチホン・ディスプレイの機能をご利用になるには、 マークのついたキャッチホン・ディスプレイ対応の電話機が必要です。 追加番号• ・ 追加番号サービスをご契約の際、「ナンバー・ディスプレイ」の電話番号ごとの契約はできません。 ・ 「ナンバー・ディスプレイ」を契約いただいた場合、全ての電話番号において、かけてきた方の電話番号が表示されます。 更に詳細な設定・ご利用方法についてはからご確認ください。

次の

ひかり電話ルーター「PR

ひかり電話 設定 東日本

ひかり電話設定サイトで各種の設定を行うには、以下の手順で事前に仮パスワードを設定してください。 仮パスワード設定後、24時間以内にひかり電話設定サイトにて、本パスワードを設定する必要があります。 (有効期限が過ぎた場合、設定した仮パスワードが無効となります。 再度、電話による仮パスワードの設定が必要となります。 プッシュ式(PB信号)の電話機から接続する必要があります。 ひかり電話設定サイトにアクセス お住まいのエリアの設定サイトににアクセスします。 パソコン、携帯電話から接続可能です。 仮パスワードでログイン 認証の画面で、上記で設定した仮パスワードを入力し、ログインします。 本パスワードに変更 認証完了後、本パスワードに変更する画面に遷移します。 本パスワードに変更します。 各種設定を実施 本パスワードに変更すると、各種設定が可能となります。

次の