歴代テニスプレーヤー男子。 レジェンドの宝庫!テニス大国アメリカの選手たち【男子編】|【SPAIA】スパイア

過去の歴代の男子テニス選手世界ランク1位を時系列にまとめました。

歴代テニスプレーヤー男子

ウインザーラケットショップ池袋店スタッフの中居が独自の目線で話題の商品を紹介します。 テニスに関する仕事をして30数年になる大ベテランですが、まだまだヤル気満々でテニスコートに立っているシニアプレーヤーです。 ----------------------- 「歴代史上最強プレーヤーは、、、? 男子編 」 今回は、「歴代最強プレーヤーは誰か」をデータを元にピックアップしてみましょう。 286週 3. 270週 5. 268週 6. 170週 8. 109週 9. 101週 10. 80週 世界1位だった期間が長いということは、最強を決める上で非常に参考になります。 ビッグ3が上位にいますね。 続いてグランドスラムを取った回数は、 1. サンプラス 14回 5. R・エマーソン(オーストラリア) 12回 6. 11回 6. ボルグ 11回 8. B・チルデン(アメリカ) 10回 9. F・ペリー(イギリス) 8回 9. 8回 9. コナーズ 8回 9. レンドル 8回 9. アガシ 8回 ビッグマッチに、勝てるかどうかも大事ですよね。 現役プレーヤーがトップ3を独占していますが、次はレジェンドプレーヤーにも焦点を当ててみましょう。 年間グランドスラムを2回達成しているロッド・レーバーも史上最強説のある選手です。 *全豪オープン会場にあるロッド・レーバーの銅像 レーバーはグランドスラムを11回取っているのですが、年間グランドスラムを2回達成しているのにトータルで11回は少ないと思いませんか。 実は、テニスのオープン化が関係しているのです。 レーバーが最初に年間グランドスラムを達成したのは、1962年で24歳のアマチュアの時です。 翌年プロに転向します。 この当時はグランドスラムはアマチュアしか出場できなかったのです。 1968年にオープン化し、グランドスラムにプロも出場できるようになった翌年の1969年に2度目の年間グランドスラムを達成したのです。 一番油の乗り切った25歳から29歳の5年間はグランドスラムに出場していませんので、もし出場していれば何回取っていたかわかりません。 当然その間は、プロで勝利を数々と上げていて、プロのメジャータイトルを8個取っています。 (全仏プロテニス選手権、全米プロテニス選手権、ウェンブリー選手権の3つがメジャー大会) その頃、レーバーと実力を2分していた選手が、ケン・ローズウォールでレーバーより4つ年上で、21歳から33歳まではプロツアーに出場しており、グランドスラムにはその期間出ていないのに、グランドスラムを8回優勝しており、37歳で全豪オープンを優勝した最年長記録は未だに破られていない息の長い選手でした。 ちなみにプロのメジャータイトルを15個取っており、最多記録になっています。 最強を比較する上で参考になるのが、年間最高勝率です。 マッケンロー 1984年 82勝3敗(96. フェデラー 2005年 81勝4敗(95. 29%) 3. ジョコビッチ 2015年 82勝6敗(93. コナーズ 1973年 87勝7敗(92. 55%) 5. ボルグ 1979年 74勝6敗(92. レンドル 1986年 74勝6敗(92. 50%) 7. ナダル 2018年 45勝4敗(91. 1977年 132勝13敗(91. 2016年 78勝9敗(89. レーバー 1970年 51勝6敗(89. 2014年 54勝14敗(79. 想像するだけで楽しくなります。 ほとんどのデータで上位に来るのは、やはりフェデラーです。 最強プレーヤーはフェデラーで決定してよろしいでしょうか。 「ちょっと待ったー」の声がしました。 ジョコビッチ対フェデラーの対戦成績、ジョコビッチの26勝23敗はどうします。 ナダル対フェデラーの対戦成績、ナダルの24勝16敗はどうします。 歴代史上最強の選手が、負け越していてはなにかおかしいですよね。 問題は、歴代最強を争う選手が今もなお、現役で戦っているのでまだ最強を決められないことです。 ちなみに、ジョコビッチ対ナダルの対戦成績、ジョコビッチの29勝26敗とほぼ互角です。 現在のビッグ3の戦いは、レーバーとマッケンローとフェデラーが同じ時代で戦っているようなものでもあります。 今はこの贅沢な時間を楽しみましょう。 ローズウォールは43歳でツアー優勝しています。 フェデラー、ジョコビッチ、ナダルも40歳過ぎてまだ戦っているかもしれません。 最強を決めるのは10年後にしましょう。 と言うことで、中居個人が選ぶマイフェバリットプレーヤーベスト5を発表しましょう。 第5位:(1983年デビュー1996年引退) サービスandボレーがカッコ良かったです。 バックハンドのダウンザラインはお手本でした。 第4位:J・マッケンロー(1976〜1992) 1980年、1981年のウィンブルドンでのボルグとの死闘は伝説。 ボレーの天才。 ナイキのウエアを初めて着用した選手です。 第3位:(2002年デビューの35歳) ツアー優勝なし、最高位64位。 ドイツ国籍のジャマイカン。 運動神経はと同等。 サービスはトップクラス、ボレーのセンストップクラス、ストロークが淡白で、すぐドロップショットを打ってしまうのですが、負けてもスカッとします。 第2位:R・フェデラー(1998年デビューの38歳) 2001年ウィンブルドン4連覇中のサンプラスに勝ったのは衝撃でした。 サンプラスの7度優勝を更新する8度のウィンブルドン優勝。 10勝23敗だったナダルに、ラケットフェースを90平方インチから97平方インチにして、5連勝しました。 第1位:錦織圭(2007年デビューの30歳) 18歳の時、ツアー初優勝、全米オープンでフェレールに勝ち、AIGオープンで日本に凱旋。 その時にうちの子供がサインをもらい、それ以降ずっと応援しています。 2014年全米オープン準優勝の時に加入したWOWOWは今でも継続しています。 まだまだピークはこれから来ると注目しています。 おまけのマイフェバリットマッチ3選をお届けします。 第3位:ラファエル・ナダルvsダスティン・ブラウン 2014年ATPワールドツアー500ハレ(芝) 6ー4、6ー1でブラウンが勝った試合。 翌年のウィンブルドンでもブラウンが勝ち、ナダルが芝ではブラウンとやりたくないと言ったとか言わなかったとか。 全仏オープン優勝後の初戦で、最強と思われていたナダルがボコボコにやられてしまい騒然となりました。 第2位:錦織圭vsロジャー・フェデラー 2014年マスターズ1000マイアミ 3-6、7-5、6-4で錦織が勝った試合。 最後のマッチポイントをジャックナイフでノータッチエースで決めたのがクール。 前年のマドリード1000でも勝っておりフェデラー戦2連勝を飾りましたが、この年、後2回対戦しており、しっかりフェデラーが2連勝してお返ししています。 第1位:錦織圭vsノヴァーク・ジョコビッチ 2014年全米オープン準決勝 6-4、1-6、7-6、6-3で錦織圭が勝った試合。 、と2試合連続で4時間越えの試合を乗り越え迎えたジョコビッチ戦、熱狂したのが昨日のようです。 勝てば決勝でフェデラーと対戦と思っていたら、チリッチが勝ってしまい、錦織圭vsフェデラーが幻になり残念な気持ちと、勝率が良いチリッチとの対戦にワクワクした気持ちで、決勝の前は眠れなかったことを思い出します。 いかがでしたでしょうか。 史上最強決定戦を生で観られるなんて幸せですね。 ビッグ3に挑んでいく錦織圭にもエールを送りましょう。

次の

決定版!歴代最強・史上最高のテニス選手TOP10【男子編】

歴代テニスプレーヤー男子

1970年代を席巻したアメリカ人選手 現在もテニス界に大きな影響を残しているアメリカ人男子のレジェンドと言えば、ジミー・コナーズとジョン・マッケンローだろう。 コナーズはマッケンロー、そしてスウェーデンのボルグ、チェコスロヴァキアのレンドルらと並び70年代~80年代を代表する名選手だ。 グランドスラムを通算8勝しているが、それ以上に彼の偉業とされているのが、シングルス通算109勝という歴代最多記録(2018年4月14日現在)、そしてロジャ・フェデラーに更新されたものの、歴代2位となる世界ランキング1位連続保持記録160週という偉大な記録だ。 Photo by もう一人のレジェンド、マッケンローは闘志あふれるプレーで人気を博したコナーズとは違い、審判へのクレームや悪態などを頻発する悪童として名を馳せた。 しかしテニスの実力派コナーズに劣らず素晴らしく、シングルス、ダブルス両方で数々のタイトルを獲得した。 グランドスラムはシングルスで7勝、ダブルスで9勝をあげている。 彼の逸話と言えば1984年のシーズンのこと。 このシーズンにマッケンローは14の大会に出場したが、なんとうち12大会で優勝。 負けた試合はわずかに3つで勝率は驚愕の9割6分5厘だった。 ウィンブルドンと全米で優勝、全仏でも準優勝とトップクラスの大会に出場してこれだけの勝率を記録したのだから、とてつもない選手だ。 90年代は華麗なアガシ、完璧なサンプラスが時代を彩る 80年代後半になると、新たなスターが続々とデビューを飾った。 アンドレ・アガシとピート・サンプラスだ。 グランドスラムはコナーズと並び通算8勝。 アガシと言えば切れ味抜群のライジングショットとスピンを使い分けた多彩なグランドストロークだ。 相手のペースを乱すライジングショットをリターンから繰り出すことでラリーを自分のペースに持ち込み、強烈なストロークでとどめを刺した。 後年、実はカツラをかぶっていたという驚きのカミングアウトをしたことでも知られる。 Photo by 男子歴代3位のグランドスラム14勝を誇るサンプラスは、現代テニス界で生ける伝説と評されるロジャ・フェデラーと同様に「完璧なオールラウンドプレーヤー」として知られる。 サーブ、リターン、ストローク、ネットプレーのいずれもハイレベルでこなし、さらに各プレーで決め球を持っていた。 弱点をあげるならクレーコートとの相性が悪く、全仏は一度も優勝することができなかった。 派手なアガシとくらべてプレーが地味だとも言われたサンプラスだが、あらゆるプレーで完璧な姿は、フェデラーをはじめ多くのテニス少年のお手本となった。 Top20常連を何人も輩出 Photo by サンプラスやアガシといった歴代ランキングに名が刻まれるレジェンドたちのあとを継ぐのが2012年に引退したアンディ・ロディック、そして現在現役のジョン・イスナー、サム・クエリー、ジャック・ソック、そして新鋭のフランシス・ティアフォーだ。 しかしアメリカ人男子選手でグランドスラムを制覇したのは2003年全米のロディックが最後。 最近では2017年にクエリーがウィンブルドンベスト4に入ったのが最高成績だ(ソックはダブルス、混合ダブルスで1度ずつ優勝している)。 ランクNo. 1になった最後のアメリカ人選手もロディック。 イスナーが9位、クエリーは11位、ソックの自己ベストが8位だ。 これまで見てきた往年のレジェンドと比べると物足りないかもしれない。 だが彼らはフェデラー、ナダル、ジョコヴィッチ、マリーという『ビッグ4』の時代に生まれ落ちた世代だ。 そんな時代にあってトップ20の常連でい続けることもまた、トップ選手の証と言えるだろう。 ビッグ4がベテランの域に入り、彼らの時代が来る可能性もある。 また1998年生まれのティアフォーは2018年現在ツアーランクTop100に入るアメリカ人男子の中で最年少選手だ。 ずば抜けた身体能力でフランスのガエル・モンフィスを彷彿とさせるアクロバティックなプレーも見せる。 あらゆる世代でトップ選手が生まれ続けるアメリカ。 再びレジェンドが生まれる日も遠くないはずだ。

次の

レジェンドの宝庫!テニス大国アメリカの選手たち【男子編】|【SPAIA】スパイア

歴代テニスプレーヤー男子

A [ ]• David Adams (南アフリカ)• Andre Agassi (アメリカ)• Ronald Agenor (ハイチ)• Karim Alami (モロッコ)• Radu Albot (モルドバ)• Fred Alexander (アメリカ)• John Alexander (オーストラリア)• Wilmer Allison (アメリカ)• Manuel Alonso (スペイン)• Robin Ammerlaan (オランダ)• Vijay Amritraj (インド)• James Anderson (オーストラリア)• Kevin Anderson (南アフリカ)• Malcolm Anderson (オーストラリア)• Igor Andreev (ロシア)• Paul Annacone (アメリカ)• Iwao Aoki (日本)• Hicham Arazi (モロッコ)• Jordi Arrese (スペイン)• Arthur Ashe (アメリカ)- 黒人の先駆者• Simon Aspelin (スウェーデン)• Henry Austin (イングランド)• Luis Ayala (チリ) B [ ]• Herbert Baddeley (イングランド)• Wilfred Baddeley (イングランド)• Marcos Baghdatis (キプロス)• Facundo Bagnis (アルゼンチン)• Mansour Bahrami (イラン)• Nikoloz Basilashvili (ジョージア)• Roberto Bautista Agut (スペイン)• Karol Beck (スロバキア)• Benjamin Becker (ドイツ)• Boris Becker (ドイツ)• Karl Behr (アメリカ)• Thomaz Bellucci (ブラジル)• Julien Benneteau (フランス)• Alberto Berasategui (スペイン)• Lennart Bergelin (スウェーデン)• Carlos Berlocq (アルゼンチン)• Marcel Bernard (フランス)• Michael Berrer (ドイツ)• Matteo Berrettini (イタリア)• Mahesh Bhupathi (インド)• Byron Black (ジンバブエ)• Wayne Black (ジンバブエ)• James Blake (アメリカ)• Alex Bogomolov Jr. John Pius Boland (アイルランド)• Simone Bolelli (イタリア)• Rohan Bopanna (インド)• Jean Borotra (フランス)• Bill Bowrey (オーストラリア)• John Bromwich (オーストラリア)• Norman Brookes (オーストラリア)• Tom Brown (アメリカ)• Jacques Brugnon (フランス)• Sergi Bruguera (スペイン)• Bob Bryan (アメリカ)• Mike Bryan (アメリカ)• Don Budge (アメリカ)- テニス史上初の達成者• Wilhelm Bungert (ドイツ)• Eric Butorac (アメリカ) C [ ]• Darren Cahill (オーストラリア)• Oliver Campbell (アメリカ)• Kenneth Carlsen (デンマーク)• Sergio Casal (スペイン)• Pat Cash (オーストラリア)• Marco Cecchinato (イタリア)• Malcolm Chace (アメリカ)• Michael Chang (アメリカ)• Juan Ignacio Chela (アルゼンチン)• Andrei Cherkasov (ソビエト連邦)• Andrei Chesnokov (ソビエト連邦)• Marco Chiudinelli (スイス)• Hyeon Chung (韓国)• Clarence Clark (アメリカ)• Joseph Clark (アメリカ)• William Clothier (アメリカ)• Henri Cochet (フランス)• Jimmy Connors (アメリカ)• Elwood Cooke (アメリカ)• Ashley Cooper (オーストラリア)• Marius Copil (ルーマニア)• Guillermo Coria (アルゼンチン)• Albert Costa (スペイン)• Jim Courier (アメリカ)• Gottfried von Cramm (ドイツ)• Jack Crawford (オーストラリア)• Pablo Cuevas (ウルグアイ)• Martin Damm (チェコ)• Taro Daniel (日本)• Steve Darcis (ベルギー)• Pierre Darmon (フランス)• Owen Davidson (オーストラリア)• Sven Davidson (スウェーデン)• Dwight Filley Davis (アメリカ)- 創設者• Scott Davis (アメリカ)• Nikolay Davydenko (ロシア)• Thiemo de Bakker (オランダ)• Federico Delbonis (アルゼンチン)• Alex de Minaur (オーストラリア)• Phil Dent (オーストラリア)• Taylor Dent (アメリカ)• Steve Denton (アメリカ)• Somdev Devvarman (インド)• Arnaud Di Pasquale (フランス)• Grigor Dimitrov (ブルガリア)• John Doeg (アメリカ)• Laurence Doherty (イングランド)• Reginald Doherty (イングランド)• Alexandr Dolgopolov (ウクライナ)• Yahiya Doumbia (セネガル)• Cliff Drysdale (南アフリカ)• James Dwight (アメリカ)• Matthew Ebden (オーストラリア)• Stefan Edberg (スウェーデン)• Mark Edmondson (オーストラリア)• Kyle Edmund (イギリス)• Hiroyasu Ehara (日本)• Younes El Aynaoui (モロッコ)• Jacco Eltingh (オランダ)• Roy Emerson (オーストラリア)• Thomas Enqvist (スウェーデン)• Jonathan Erlich (イスラエル)• Pierre Etchebaster (フランス)• Daniel Evans (イギリス) F [ ]• Alejandro Falla (コロンビア)• Robert Farah (コロンビア)• Roger Federer (スイス)- 4大大会優勝男子歴代1位• Wayne Ferreira (南アフリカ)• David Ferrer (スペイン)• Juan Carlos Ferrero (スペイン)• Wojciech Fibak (ポーランド)• Marcelo Filippini (ウルグアイ)• Mardy Fish (アメリカ)• John Fitzgerald (オーストラリア)• Ken Flach (アメリカ)• Edwin Flack (オーストリア)• Herbert Flam (アメリカ)• Peter Fleming (アメリカ)• Ken Fletcher (オーストラリア)• Fabio Fognini (イタリア)• Guy Forget (フランス)• Javier Frana (アルゼンチン)• Neale Fraser (オーストラリア)• Taylor Fritz (アメリカ)• Otto Froitzheim (ドイツ)• Masanosuke Fukuda (日本)• Tsuyoshi Fukui (日本)• Mariusz Fyrstenberg (ポーランド) G [ ]• Teymuraz Gabashvili (ロシア)• Jan-Michael Gambill (アメリカ)• Charles Garland (アメリカ)• Richard Gasquet (フランス)• Rhys Gemmell (オーストラリア)• Maurice Germot (フランス)• Vitas Gerulaitis (アメリカ)• Sammy Giammalva Jr. (アメリカ)• Marc Gicquel (フランス)• Brad Gilbert (アメリカ)• Robby Ginepri (アメリカ)• Santiago Giraldo (コロンビア)• Juan Gisbert (スペイン)• Keith Gledhill (アメリカ)• Shlomo Glickstein (イスラエル)• Marc-Kevin Goellner (ドイツ)• David Goffin (ベルギー)• Peter Gojowczyk (ドイツ)• Pancho Gonzales (アメリカ)• Arthur Gore (イングランド)• Spencer Gore (イングランド)- 第1回優勝者• Brian Gottfried (アメリカ)• Jay Gould II (アメリカ)• Jim Grabb (アメリカ)• Clark Graebner (アメリカ)• Marcel Granollers (スペイン)• Bryan Grant (アメリカ)• Colin Gregory (イングランド)• Clarence Griffin (アメリカ)• Ernests Gulbis (ラトビア)• Tim Gullikson (アメリカ)• Tom Gullikson (アメリカ)• Paul Haarhuis (オランダ)• Tommy Haas (ドイツ)• Robin Haase (オランダ)• Harold Hackett (アメリカ)• Frank Hadow (イングランド)• David Hall (オーストラリア)• Willoughby Hamilton (アイルランド)• Paul Hanley (オーストラリア)• Natsuki Harada (日本)• Takeichi Harada (日本)• Keiki Harisige (日本)• Ryan Harrison (アメリカ)• John Hartley (イングランド)• John Hawkes (オーストラリア)• Rodney Heath (オーストラリア)- 第1回優勝者• Henner Henkel (ドイツ)• Tim Henman (イギリス)• Pierre-Hugues Herbert (フランス)• Jan Hernych (チェコ)• Lleyton Hewitt (オーストラリア)• Jakob Hlasek (スイス)• Lew Hoad (オーストラリア)• Harry Hopman (オーストラリア)• Luis Horna (ペルー)• Fred Hovey (アメリカ)• Treat Huey (フィリピン)• Joe Hunt (アメリカ)• Francis Hunter (アメリカ)• Hubert Hurkacz (ポーランド)• Stephen Huss (オーストラリア) I [ ]• Marsel İlhan (トルコ)• Osamu Ishiguro (日本)• John Isner (アメリカ)• Denis Istomin (ウズベキスタン)• Tatsuma Ito (日本)• Satoshi Iwabuchi (日本) J [ ]• Jerzy Janowicz (ポーランド)• Malek Jaziri (チュニジア)• Joachim Johansson (スウェーデン)• Thomas Johansson (スウェーデン)• Steve Johnson (アメリカ)• Bill Johnston (アメリカ) K [ ]• Yevgeny Kafelnikov (ロシア)• Karen Khachanov (ロシア)• Jun Kamiwazumi (日本)• Kosei Kamo (日本)• Hideki Kaneko (日本)• Dionysios Kasdaglis (エジプト・ギリシャ)• Seiichiro Kashio (日本)• Nicolas Kiefer (ドイツ)• Kim Bong-soo (韓国)• Algernon Kingscote (イングランド)• Howard Kinsey (アメリカ)• Aleksandar Kitinov (マケドニア)• Harold Kitson (南アフリカ)• Raven Klaasen (南アフリカ)• Julian Knowle (オーストリア)• Mark Knowles (バハマ)• Philipp Kohlschreiber (ドイツ)• (Thanashi Kokkinakis) (オーストラリア)• Henri Kontinen (フィンランド)• Petr Korda (チェコ)• Richard Krajicek (オランダ)• Boaz Kremer (イスラエル)• Jack Kramer (アメリカ)• Oscar Kreuzer (ドイツ)• Aaron Krickstein (アメリカ)• Ramesh Krishnan (インド)• Tadeusz Kruszelnicki (ポーランド)• Denis Kudla (アメリカ)• Gustavo Kuerten (ブラジル)• Jun Kuki (日本)• Nicklas Kulti (スウェーデン)• Ichiya Kumagae (日本)• Jiro Kumamaru (日本)• Shingo Kunieda (日本)• Igor Kunitsyn (ロシア)• Andrey Kuznetsov (ロシア)• Nick Kyrgios (オーストラリア) L [ ]• Irakli Labadze (ジョージア)• William Larned (アメリカ)• Arthur Larsen (アメリカ)• Rod Laver (オーストラリア)- 男子テニス史上2人目の達成者• Herbert Lawford (イングランド)• Rick Leach (アメリカ)• Henri Leconte (フランス)• Lee Hyung-taik (韓国)• Edgar Leonard (アメリカ)• Robert LeRoy (アメリカ)• Chris Lewis (ニュージーランド)• Robert Lindstedt (スウェーデン)• Scott Lipsky (アメリカ)• John Lloyd (イギリス)• Paolo Lorenzi (イタリア)• George Lott (アメリカ)• Gordon Lowe (イングランド)• Yen-Hsun Lu (台湾)• Lum Pao-Hua (中国)• Peter Luczak (オーストラリア)• Peter Lundgren (スウェーデン)• Randolph Lycett (イギリス) M [ ]• Mackenzie McDonald (アメリカ)• Harold Mahony (アイルランド)• Nicolas Mahut (フランス)• Gene Mako (アメリカ)• Xavier Malisse (ベルギー)• Cecil Mamiit (フィリピン)• Adrian Mannarino (フランス)• Amos Mansdorf (イスラエル)• Oliver Marach (オーストリア)• John Marks (オーストラリア)• Maximilian Marterer (ドイツ)• Alastair Martin (アメリカ)• Todd Martin (アメリカ)• Kentaro Masuda (日本)• Paul-Henri Mathieu (フランス)• Marcin Matkowski (ポーランド)• Marinko Matosevic (オーストラリア)• Takeo Matsumoto (日本)• Shuzo Matsuoka (日本)• Florian Mayer (ドイツ)• Leonardo Mayer (アルゼンチン)• Tim Mayotte (アメリカ)• John McEnroe (アメリカ)• Patrick McEnroe (アメリカ)• Vivian McGrath (オーストラリア)• Ken McGregor (オーストラリア)• Chuck McKinley (アメリカ)• Maurice McLoughlin (アメリカ)• Frew McMillan (南アフリカ)• Peter McNamara (オーストラリア)• Paul McNamee (オーストラリア)• Don McNeill (アメリカ)• Andrei Medvedev (ウクライナ)• Daniil Medvedev (ロシア)• Florin Mergea (ルーマニア)• Fernando Meligeni (ブラジル)• Marcelo Melo (ブラジル)• Alex Metreveli (ソビエト連邦)• Glenn Michibata (カナダ)• Eustace Miles (イギリス)• John Millman (オーストラリア)• Hachishiro Mikami (日本)• Tatsuyoshi Miki (日本)• Max Mirnyi (ベラルーシ)• Jun Mitsuhashi (日本)• Atsushi Miyagi (日本)• Shintaro Mochizuki (日本)• Wesley Moodie (南アフリカ)• Edgar Moon (オーストラリア)• Enrique Morea (アルゼンチン)• Hiroki Moriya (日本)• Umberto de Morpurgo (イタリア)• Gouichi Motomura (日本)• Martin Mulligan (オーストラリア)• Gardnar Mulloy (アメリカ)• Jaume Munar (スペイン)• Takeshi Murakami (日本)• Andy Murray (イギリス)• Jamie Murray (イギリス)• Lindley Murray (アメリカ)• Thomas Muster (オーストリア) N [ ]• Rafael Nadal (スペイン)• Naoki Nakagawa (日本)• Fumiteru Nakano (日本)• David Nalbandian (アルゼンチン)• Daniel Nestor (カナダ)• John Newcombe (オーストラリア)• Frederik Nielsen (デンマーク)• Kurt Nielsen (デンマーク)• Jarkko Nieminen (フィンランド)• Takuto Niki (日本)• Nathaniel Niles (アメリカ)• Yoshihito Nishioka (日本)• Kei Nishikori (日本)• Yannick Noah (フランス)• Dick Norman (ベルギー)• Magnus Norman (スウェーデン)• Cameron Norrie (イギリス)• Brian Norton (南アフリカ)• Ryosuke Nunoi (日本) O [ ]• Alex O'Brien (アメリカ)• Wayne Odesnik (アメリカ)• Nduka Odizor (ナイジェリア)• Arthur O'Hara Wood (オーストラリア)• Pat O'Hara Wood (オーストラリア)• Tom Okker (オランダ)• Andrei Olhovskiy (ロシア)• Alex Olmedo (ペルー)• Arata Onozawa (日本)• Menno Oosting (オランダ)• Reilly Opelka (アメリカ)• Manuel Orantes (スペイン)• Rafael Osuna (メキシコ) P [ ]• Leander Paes (インド)• Dinny Pails (オーストラリア)• Jared Palmer (アメリカ)• Adriano Panatta (イタリア)• James Cecil Parke (アイルランド)• Ernie Parker (オーストラリア)• Frank Parker (アメリカ)• Brad Parks (アメリカ)• Travis Parrott (アメリカ)• Onny Parun (ニュージーランド)• Charlie Pasarell (プエルトリコ)• Gerald Patterson (オーストラリア)• Budge Patty (アメリカ)• Andrei Pavel (ルーマニア)• Victor Pecci (パラグアイ)• John Peers (オーストラリア)• Guido Pella (アルゼンチン)• Mikael Pernfors (スウェーデン)• Fred Perry (イングランド)• Yvon Petra (フランス)• Tom Pettitt (アメリカ)• Philipp Petzschner (ドイツ)• Alexander Peya (オーストリア)• Mark Philippoussis (オーストラリア)• Nicola Pietrangeli (イタリア)• Joshua Pim (アイルランド)• Kristian Pless (デンマーク)• Alexei Popyrin (オーストラリア)• Vasek Pospisil (カナダ)• Lucas Pouille (フランス)• David Prinosil (ドイツ)• Mariano Puerta (アルゼンチン) Q [ ]• Sam Querrey (アメリカ)• Adrian Quist (オーストラリア) R [ ]• Patrick Rafter (オーストラリア)• Upali Rajakaruna (スリランカ)• Dennis Ralston (アメリカ)• Andy Ram (イスラエル)• Rajeev Ram (アメリカ)• Milos Raonic (カナダ)• Louis Raymond (南アフリカ)• Richey Reneberg (アメリカ)• Ernest Renshaw (イングランド)• William Renshaw (イングランド)• Horace Rice (オーストラリア)• Hamilton Richardson (アメリカ)• Marty Riessen (アメリカ)• Bobby Riggs (アメリカ)• Vincent Richards (アメリカ)• Frank Riseley (イングランド)• Josiah Ritchie (イングランド)• Andrey Rublev (ロシア)• Michael Russell (アメリカ)• Tommy Robredo (スペイン)• Tony Roche (オーストラリア)• Olivier Rochus (ベルギー)• Andy Roddick (アメリカ)• Mervyn Rose (オーストラリア)• Ken Rosewall (オーストラリア)• Marc Rosset (スイス)• Greg Rusedski (イギリス)• Casper Ruud (ノルウェー) S [ ]• John Sadri (アメリカ)• Marat Safin (ロシア)• Satoshi Saida (日本)• Toshiro Sakai (日本)• Pete Sampras (アメリカ)• Tennys Sandgren (アメリカ)• Manuel Santana (スペイン)• Fabrice Santoro (フランス)• Sargis Sargsian (アルメニア)• Hiroyasu Sato (日本)• Jiro Sato (日本)• Dick Savitt (アメリカ)• Sjeng Schalken (オランダ)• Maikel Scheffers (オランダ)• Ulf Schmidt (スウェーデン)• Heinrich Schomburgk (ドイツ)• Ted Schroeder (アメリカ)• Eduardo Schwank (アルゼンチン)• Diego Schwartzman (アルゼンチン)• Gene Scott (アメリカ)• Richard Sears (アメリカ)- 第1回優勝者• Frank Sedgman (オーストラリア)• Robert Seguso (アメリカ)• Vic Seixas (アメリカ)• Dudi Sela (イスラエル)• Andreas Seppi (イタリア)• Florent Serra (フランス)• Denis Shapovalov (カナダ)• Frank Shields (アメリカ)• Thomas Shimada (日本)• Zenzo Shimizu (日本)• Syouzo Shiraishi (日本)• Igor Sijsling (オランダ)• Gilles Simon (フランス)• Orlando Sirola (イタリア)• Horst Skoff (オーストリア)• Henry Slocum (アメリカ)• Pavel Slozil (チェコスロバキア)• Sidney Smith (イングランド)• Stan Smith (アメリカ)• Bruno Soares (ブラジル)• Jack Sock (アメリカ)• Go Soeda (日本)• Harold Solomon (アメリカ)• Lorenzo Sonego (イタリア)• Vincent Spadea (アメリカ)• Franco Squillari (アルゼンチン)• Paradorn Srichaphan (タイ)• Sergiy Stakhovsky (ウクライナ)• Potito Starace (イタリア)• Jonathan Stark (アメリカ)• Giorgio de Stefani (イタリア)• Michael Stich (ドイツ)• Fred Stolle (オーストラリア)• Sandon Stolle (オーストラリア)• Jason Stoltenberg (オーストラリア)• Jan-Lennard Struff (ドイツ)• Eric Sturgess (南アフリカ)• Yuichi Sugita (日本)• Cyril Suk (チェコ)• Takao Suzuki (日本)• Mitsuru Takada (日本)• Yusuke Takahashi (日本)• Bill Talbert (アメリカ)• Hidehiko Tanizawa (日本)• Roscoe Tanner (アメリカ)• Jeff Tarango (アメリカ)• Brian Teacher (アメリカ)• Takahiro Terachi (日本)• Dominic Thiem (オーストリア)• Jordan Thompson (オーストラリア)• Frances Tiafoe (アメリカ)• Bill Tilden (アメリカ)• Hendrik Timmer (オランダ)• Bernard Tomic (オーストラリア)• Tony Trabert (アメリカ)• Friedrich Traun (ドイツ)• Viktor Troicki (セルビア)• Tseng Chun-hsin (台湾)• Jo-Wilfried Tsonga (フランス)• Stefanos Tsitsipas (ギリシャ)• Toshihisa Tsuchihashi (日本)• Ryuso Tsujino (日本)• Dmitry Tursunov (ロシア) U [ ]• Kaichi Uchida (日本)• Yasutaka Uchiyama (日本)• Kevin Ullyett (ジンバブエ)• Torben Ulrich (デンマーク) V [ ]• Daniel Vacek (チェコ)• John Van Ryn (アメリカ)• Michael Venus (ニュージーランド)• Fernando Verdasco (スペイン)• Martin Verkerk (オランダ)• Guillermo Vilas (アルゼンチン)• Ellsworth Vines (アメリカ)• Ronald Vink (オランダ)• Filippo Volandri (イタリア)• Alexander Volkov (ロシア)• Vladimir Voltchkov (ベラルーシ) W [ ]• Holcombe Ward (アメリカ)• Kim Warwick (オーストラリア)• Koji Watanabe (日本)• Yosuke Watanuki (日本)• Watson Washburn (アメリカ)• MaliVai Washington (アメリカ)• Stan Wawrinka (スイス)• Shraga Weinberg (イスラエル)• Paul Wekesa (ケニア)• David Wheaton (アメリカ)• Malcolm Whitman (アメリカ)• Mats Wilander (スウェーデン)• Anthony Wilding (ニュージーランド)• Richard Norris Williams (アメリカ)• Walter Clopton Wingfield (ウェールズ)- ローンテニスの考案者• Charles Winslow (南アフリカ)• Sidney Wood (アメリカ)• Todd Woodbridge (オーストラリア)• Mark Woodforde (オーストラリア)• Max Woosnam (イングランド)• Robert Wrenn (アメリカ)• Beals Wright (アメリカ) X [ ] Y [ ]• Jiro Yamagishi (日本)• Donald Young アメリカ• Mikhail Youzhny (ロシア)• Wasiu Yusuf (ペルー)• Jaime Yzaga (ペルー) Z [ ]• Mariano Zabaleta (アルゼンチン)• Horacio Zeballos (アルゼンチン)• Alexander Zverev (ドイツ)• Mischa Zverev (ドイツ) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語).

次の