ミニロト 当たっ てる かな。 【自腹検証】超テキトーにミニロトを1万円ぶん(50口)買ってみた結果 → 4口も当選! しかし当選金は…

ロト6とミニロトで、当たった人を見かけません

ミニロト 当たっ てる かな

ミニロトの当選確率を計算してみた それでは早速紹介していきます。 今回は、 ミニロトの確率についてです。 宝くじといえば、当たるか当たらないか分からないのドキドキが楽しいものなのですが、実はその確率・・・ 計算できてしまうのです!! 当然、当選金額や発行枚数などによってその確率は大きく変わってきます。 ですが、宝くじの中にも 当たりやすい宝くじ・当たりにくい宝くじというものが実は存在しています。 その中でも、 特に当たりやすい宝くじの一つがこの ミニロトと言われています。 今回は、そんなミニロトの当選確率について計算を行い、そこから当選確率アップの方法などを分析した結果についてお伝えしていきます。 まずは、当選確率の計算結果についてです! 当選確率の計算結果 ミニロトの当選確率・・・気になりますよね? 宝くじを購入している人なら誰しもが目が行く 【当たる確率】というこの言葉。 しっかり計算にて出しているのでご安心ください  ̄ー ̄ では、まずは 計算式を。 ミニロトは31個の数字の中から5個を選び当てる宝くじです。 当たる数字を探してみた ここで、今までの抽選から見つけた、ミニロトで出やすい数字についてもお伝えします。 こちらを トップ10まで(平成30年1月18日現在)を選んで、表にしてみました! 順位 数字が出た回数 数字 1位 182回 11 2位 174回 22 3位 171回 14 4位 169 30 5位 167 10 5位 167 24 7位 164 2 7位 164 31 9位 161 20 10位 160 19 10位 160 21 10位 160 23 このようになっています。 1位と60回以上差がある結果ですね・・・ 更に細かくこの表を見ていきますと、 1桁・・・2のみ 10台・・・10・11・14・19 20台・・・20・21・22・23・24 30台・・・30・31 となっています。 ここで注目したいのが、 30台です。 ミニロトは全部で31個の数字から選ぶわけですが、なんと 30・31と2つとも入っているのです! これは、少なくとも一つは30台の数字を狙ってもいいと言えるのではないでしょうか? 更にいうならば、同率含めトップ10入りした12個の数字のうち 20台以上の数字が7個以上ある というわけです。 極端な話、この7個の数字から選ぶだけで、過去のデータ的にはかなり当選確率が上がるといえるのです。 「結局昔のデータじゃん」 と馬鹿にする人もいますが、こういったデータは案外馬鹿になりません。 全てにおいて言えることですが、こうした 数字は決して嘘をつかないのです! あなたもこの12の数字から5つを選んで、挑戦してみてはいかがですか? もしかしたら、夢の1000万円に近づけるかもしれませんよ  ̄ー ̄ こんな数字は過去にない せっかくなので、少し前向きになれる意見を・・・ そもそもミニロトに限らず、宝くじには 今まで一度も出たことのない数字の組み合わせが存在します。 ミニロトで言えば、 1・2・3・4・5 15・16・17・18・19 のように、連なる5つの数字が出ることです。 このような組み合わせは過去一度もありません。 ですから、 これらの組み合わせは出ない前提で考えることができます。 買い続ける• 当たって喜んでいる自分をイメージする• 風水パワーを活用する です。 まず一つ目、買い続けるはそのままの意味です。 何かをしたいと願っていると、その 【何かをしたい状態】が実現され、ずっとかなってしまいます。 つまり、 【ミニロトが当たって欲しい自分】という夢がずっと叶い続けているのです。 ですから、本当に考えるべきはそうなって欲しい 【ミニロトが当たった自分】 をイメージすることなのです。 まあ確かに、 「どうせ外れるだろうな・・・」 と思って買う人よりも 「俺は当たっている!もう当選したんだ!」 と考えている人のほうが運は強そうです。 迷信という人もいますが、実はお金持ちになった人、一流の人などはこの風水をとても重要視しているんです。 ちなみに宝くじに最も当てはまる風水は• 北方向の暗い場所に財布を起き• その財布の中のお金で宝くじを購入する というものです。 運気が貯まる方向においた財布の中のお金は、当然運気がぎっしり詰まっています。 その力で高額当選を呼び込むというもの。 この3つ、 やるだけなら全然手間もかかりませんし、あなたにとっても不利益になることはありません。 まずは一度、試してみてはいかがでしょうか? 当選確率が高いミニロトで狙え1000万円 いかがだったでしょうか? 今回は、 ミニロトの当選確率について計算した結果をお届けしました。

次の

宝くじ、ミニロト、ナンバーズ等当たった人の買い方教えて

ミニロト 当たっ てる かな

ミニロトの当選確率を計算してみた それでは早速紹介していきます。 今回は、 ミニロトの確率についてです。 宝くじといえば、当たるか当たらないか分からないのドキドキが楽しいものなのですが、実はその確率・・・ 計算できてしまうのです!! 当然、当選金額や発行枚数などによってその確率は大きく変わってきます。 ですが、宝くじの中にも 当たりやすい宝くじ・当たりにくい宝くじというものが実は存在しています。 その中でも、 特に当たりやすい宝くじの一つがこの ミニロトと言われています。 今回は、そんなミニロトの当選確率について計算を行い、そこから当選確率アップの方法などを分析した結果についてお伝えしていきます。 まずは、当選確率の計算結果についてです! 当選確率の計算結果 ミニロトの当選確率・・・気になりますよね? 宝くじを購入している人なら誰しもが目が行く 【当たる確率】というこの言葉。 しっかり計算にて出しているのでご安心ください  ̄ー ̄ では、まずは 計算式を。 ミニロトは31個の数字の中から5個を選び当てる宝くじです。 当たる数字を探してみた ここで、今までの抽選から見つけた、ミニロトで出やすい数字についてもお伝えします。 こちらを トップ10まで(平成30年1月18日現在)を選んで、表にしてみました! 順位 数字が出た回数 数字 1位 182回 11 2位 174回 22 3位 171回 14 4位 169 30 5位 167 10 5位 167 24 7位 164 2 7位 164 31 9位 161 20 10位 160 19 10位 160 21 10位 160 23 このようになっています。 1位と60回以上差がある結果ですね・・・ 更に細かくこの表を見ていきますと、 1桁・・・2のみ 10台・・・10・11・14・19 20台・・・20・21・22・23・24 30台・・・30・31 となっています。 ここで注目したいのが、 30台です。 ミニロトは全部で31個の数字から選ぶわけですが、なんと 30・31と2つとも入っているのです! これは、少なくとも一つは30台の数字を狙ってもいいと言えるのではないでしょうか? 更にいうならば、同率含めトップ10入りした12個の数字のうち 20台以上の数字が7個以上ある というわけです。 極端な話、この7個の数字から選ぶだけで、過去のデータ的にはかなり当選確率が上がるといえるのです。 「結局昔のデータじゃん」 と馬鹿にする人もいますが、こういったデータは案外馬鹿になりません。 全てにおいて言えることですが、こうした 数字は決して嘘をつかないのです! あなたもこの12の数字から5つを選んで、挑戦してみてはいかがですか? もしかしたら、夢の1000万円に近づけるかもしれませんよ  ̄ー ̄ こんな数字は過去にない せっかくなので、少し前向きになれる意見を・・・ そもそもミニロトに限らず、宝くじには 今まで一度も出たことのない数字の組み合わせが存在します。 ミニロトで言えば、 1・2・3・4・5 15・16・17・18・19 のように、連なる5つの数字が出ることです。 このような組み合わせは過去一度もありません。 ですから、 これらの組み合わせは出ない前提で考えることができます。 買い続ける• 当たって喜んでいる自分をイメージする• 風水パワーを活用する です。 まず一つ目、買い続けるはそのままの意味です。 何かをしたいと願っていると、その 【何かをしたい状態】が実現され、ずっとかなってしまいます。 つまり、 【ミニロトが当たって欲しい自分】という夢がずっと叶い続けているのです。 ですから、本当に考えるべきはそうなって欲しい 【ミニロトが当たった自分】 をイメージすることなのです。 まあ確かに、 「どうせ外れるだろうな・・・」 と思って買う人よりも 「俺は当たっている!もう当選したんだ!」 と考えている人のほうが運は強そうです。 迷信という人もいますが、実はお金持ちになった人、一流の人などはこの風水をとても重要視しているんです。 ちなみに宝くじに最も当てはまる風水は• 北方向の暗い場所に財布を起き• その財布の中のお金で宝くじを購入する というものです。 運気が貯まる方向においた財布の中のお金は、当然運気がぎっしり詰まっています。 その力で高額当選を呼び込むというもの。 この3つ、 やるだけなら全然手間もかかりませんし、あなたにとっても不利益になることはありません。 まずは一度、試してみてはいかがでしょうか? 当選確率が高いミニロトで狙え1000万円 いかがだったでしょうか? 今回は、 ミニロトの当選確率について計算した結果をお届けしました。

次の

宝くじに当たった人から学ぶ「当たる方法と当たらない人との違い」

ミニロト 当たっ てる かな

どうしても金が欲しいため、それも1万や2万ではなく最低でも数千万、 できたら10億円が欲しいため、地道に、、さらにを自腹で購入、ほぼ誰も読んでいない連載が続いている今日このごろだが、私はあることに気がついた。 それは……「 テキトーに買ったほうが当たるんじゃね説」である。 というのも先日、 超テキトーに買ったロト6がサクッと当選、4800円を手にしたからである。 あと2つの数字が当たっていれば億万長者だったのに……と悔しさ半分でもあるが、無我の境地でテキトーに「クイックピック」で買った数字が当たったのだ。 ということで…… 超テキトーにミニロトを1万円ぶん(50口)買ってみることにした。 勝負したのは、つい昨日に抽選のあったである。 どのような買い方をしたのかというと…… まずは「クイックピック」を20口(4000円)ぶん。 続いて、ジャパンネット銀行でロトを買う時に使える機能「(勝手に数字を選んでくれる)」で20口(4000円)ぶん。 最後は、ミニロト連載としても続けている電子ルーレット「」で10口(2000円)ぶん。 合計50口、1万円分を買ってみた。 そして抽選日の夜、私のメーラーに届いたのは…… 当選メール4連発!! ジャパンネット銀行でロトなどの宝くじを買うと、のだが、それがドカドカドカッと4連発で届いたのだ。 ウヒョーッ!! でもって、これまたジャパンネット銀行のスマホアプリ『当せん確認』で詳細を確認してみると…… まずは「ランダム選択」で選んだ数字が1口当選で1000円ゲット。 続いて、「クイックピック」で選ばれた数字が1口当選で1000円ゲット。 お次は、またも「ランダム選択」で選んだ数字が1口当選で1000円ゲット。 最後は、「ミオちゃん」がはじき出した数字が1口当選で1000円ゲット。 1万円使って4000円ゲットなので、差し引きはマイナス6000円だが、テキトーに選んでも40パーセント戻ってきたというのが興味深い。 思えば、過去にも、結果として1100円をゲットしたことがあった。 赤字ではあるが、今回の結果とあわせると、 やはり「数撃ちゃ当たる(が、運悪いと赤字)」なのかも……と再確認した次第である。 そろそろデカいの、当てたいな。 参考リンク: Report: Photo:RocketNews24. Screenshots:iOS、.

次の