スイートポテト の作り方。 スイートポテトのルーツは?スイートポテトの歴史や作り方・おすすめ商品を解説

スイートポテトの絶品レシピを紹介!プロのような味にするコツも解説

スイートポテト の作り方

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• スイートポテトは生クリームが無くても作れる スイートポテトに生クリームを加えるのは、口当たりの「まろやかさとコク」をプラスするためにあります。 スイートポテトを使ったレシピには、生クリームが材料として書いてあることが多いのですが、 絶対に生クリームでなければダメ!…というわけではありません。 なので生クリームの代わりとして、どんな家にもある一番手軽な代用品なら やはり牛乳です。 牛乳を使ったスイートポテトの作り方 牛乳を使ったスイートポテトは、作り方にとくに大きな違いが出るわけではなく、 レシピに書いてある 生クリームの分量を牛乳で置き換えるだけでOKです。 手元にレシピがあるならその作り方に合わせていいのですが、ただ初めて牛乳で作る場合は、生地の様子に合わせて調節してみてください。 こちらの動画ではトースターで作っていますが、牛乳で作る際の参考になります。 1、1. 5㎝ほどの幅にカットして、端は皮をむく。 水につけてアクをとる。 2、水気を切り、皿に並べて電子レンジで2分(柔らかくなるまで温める。 3、黄身を取り出しておく。 芋を皮から5ミリほど残して中身をくり抜く。 4、中身はビニール袋に入れて、皮はアルミカップの上に並べる• 5、サツマイモを袋の外側からスプーンの背を使ってつぶす。 6、袋の中(芋)にバター、砂糖、牛乳、卵黄を加え、卵黄は最後に塗る用にスプーン1杯分ほど残しておく。 7、スプーンであら混ぜしてから袋をもんで、よく混ぜる。 8、袋の端をハサミでカットし、絞り出して皮の中を埋める。 終わったら卵黄を塗る。 9、(ゴマを乗せて)トースターで焼色が付くまで焼けば完成 トースターでの詳しいW数や時間については以下の記事をどうぞ~。 スポンサーリンク 牛乳と生クリームで作った時のそれぞれの味の違い 生クリームで作るとお店で売っているようなコクのあるスイートポテトになり、 牛乳で作ると家庭料理らしい素朴な味のスイートポテトになります。 生クリームは乳脂肪分が多く含まれている分、加える事でコクがでやすく、まろやかで口当たりの良いスイートポテトになります。 一方で 牛乳を使ったスイートポテトは、分量に対して含まれている脂肪分が生クリームより少ないので、生クリームと比べてさっぱりとした味になりやすいです。 口当たりのよいスイートポテトを作りたい場合は、丁寧に裏ごしすることで、牛乳でもそれなりの食感になりますが、生クリームのほうが味に濃厚さが出やすいという特徴があります。 美味しいのはどっち? 牛乳または生クリームを利用した場合は、 どちらかといえば味に深みが出る生クリームのほうが美味しく感じることが多いみたいです。 ただ、牛乳でもサツマイモが美味しければバターや卵黄を加える事で美味しいスイートポテトになります。 生クリームは脂肪分が凝縮されているので、味に深みが出やすくなる分、 牛乳で作ったスイートポテトよりもカロリーが高くなります。 <材料>• プリン:1個(60-70g)• さつまいも:1本(100~130g)• 卵黄:1個• ( 牛乳:少々。 無くてもOK) <作り方>• さつまいもを輪切りにして、レンジで蒸します• 強で1分30秒,弱で10分レンジで加熱します• ボウルにプリンを入れ、泡立て器でよく混ぜます• 蒸したさつまいもを漉しながら、3に加えます• ひとかたまりになってきたら、成型します• 表面に牛乳で溶かした卵黄を塗ります• トースターで焦げ目をつけたら完成です• youtube.

次の

簡単スイートポテトの作り方。生クリーム・バター不要のレシピ。

スイートポテト の作り方

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• スイートポテトは生クリームが無くても作れる スイートポテトに生クリームを加えるのは、口当たりの「まろやかさとコク」をプラスするためにあります。 スイートポテトを使ったレシピには、生クリームが材料として書いてあることが多いのですが、 絶対に生クリームでなければダメ!…というわけではありません。 なので生クリームの代わりとして、どんな家にもある一番手軽な代用品なら やはり牛乳です。 牛乳を使ったスイートポテトの作り方 牛乳を使ったスイートポテトは、作り方にとくに大きな違いが出るわけではなく、 レシピに書いてある 生クリームの分量を牛乳で置き換えるだけでOKです。 手元にレシピがあるならその作り方に合わせていいのですが、ただ初めて牛乳で作る場合は、生地の様子に合わせて調節してみてください。 こちらの動画ではトースターで作っていますが、牛乳で作る際の参考になります。 1、1. 5㎝ほどの幅にカットして、端は皮をむく。 水につけてアクをとる。 2、水気を切り、皿に並べて電子レンジで2分(柔らかくなるまで温める。 3、黄身を取り出しておく。 芋を皮から5ミリほど残して中身をくり抜く。 4、中身はビニール袋に入れて、皮はアルミカップの上に並べる• 5、サツマイモを袋の外側からスプーンの背を使ってつぶす。 6、袋の中(芋)にバター、砂糖、牛乳、卵黄を加え、卵黄は最後に塗る用にスプーン1杯分ほど残しておく。 7、スプーンであら混ぜしてから袋をもんで、よく混ぜる。 8、袋の端をハサミでカットし、絞り出して皮の中を埋める。 終わったら卵黄を塗る。 9、(ゴマを乗せて)トースターで焼色が付くまで焼けば完成 トースターでの詳しいW数や時間については以下の記事をどうぞ~。 スポンサーリンク 牛乳と生クリームで作った時のそれぞれの味の違い 生クリームで作るとお店で売っているようなコクのあるスイートポテトになり、 牛乳で作ると家庭料理らしい素朴な味のスイートポテトになります。 生クリームは乳脂肪分が多く含まれている分、加える事でコクがでやすく、まろやかで口当たりの良いスイートポテトになります。 一方で 牛乳を使ったスイートポテトは、分量に対して含まれている脂肪分が生クリームより少ないので、生クリームと比べてさっぱりとした味になりやすいです。 口当たりのよいスイートポテトを作りたい場合は、丁寧に裏ごしすることで、牛乳でもそれなりの食感になりますが、生クリームのほうが味に濃厚さが出やすいという特徴があります。 美味しいのはどっち? 牛乳または生クリームを利用した場合は、 どちらかといえば味に深みが出る生クリームのほうが美味しく感じることが多いみたいです。 ただ、牛乳でもサツマイモが美味しければバターや卵黄を加える事で美味しいスイートポテトになります。 生クリームは脂肪分が凝縮されているので、味に深みが出やすくなる分、 牛乳で作ったスイートポテトよりもカロリーが高くなります。 <材料>• プリン:1個(60-70g)• さつまいも:1本(100~130g)• 卵黄:1個• ( 牛乳:少々。 無くてもOK) <作り方>• さつまいもを輪切りにして、レンジで蒸します• 強で1分30秒,弱で10分レンジで加熱します• ボウルにプリンを入れ、泡立て器でよく混ぜます• 蒸したさつまいもを漉しながら、3に加えます• ひとかたまりになってきたら、成型します• 表面に牛乳で溶かした卵黄を塗ります• トースターで焦げ目をつけたら完成です• youtube.

次の

しっとりホクホク濃厚!『ベイクドスイートポテトケーキ』の作り方

スイートポテト の作り方

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• スイートポテトは生クリームが無くても作れる スイートポテトに生クリームを加えるのは、口当たりの「まろやかさとコク」をプラスするためにあります。 スイートポテトを使ったレシピには、生クリームが材料として書いてあることが多いのですが、 絶対に生クリームでなければダメ!…というわけではありません。 なので生クリームの代わりとして、どんな家にもある一番手軽な代用品なら やはり牛乳です。 牛乳を使ったスイートポテトの作り方 牛乳を使ったスイートポテトは、作り方にとくに大きな違いが出るわけではなく、 レシピに書いてある 生クリームの分量を牛乳で置き換えるだけでOKです。 手元にレシピがあるならその作り方に合わせていいのですが、ただ初めて牛乳で作る場合は、生地の様子に合わせて調節してみてください。 こちらの動画ではトースターで作っていますが、牛乳で作る際の参考になります。 1、1. 5㎝ほどの幅にカットして、端は皮をむく。 水につけてアクをとる。 2、水気を切り、皿に並べて電子レンジで2分(柔らかくなるまで温める。 3、黄身を取り出しておく。 芋を皮から5ミリほど残して中身をくり抜く。 4、中身はビニール袋に入れて、皮はアルミカップの上に並べる• 5、サツマイモを袋の外側からスプーンの背を使ってつぶす。 6、袋の中(芋)にバター、砂糖、牛乳、卵黄を加え、卵黄は最後に塗る用にスプーン1杯分ほど残しておく。 7、スプーンであら混ぜしてから袋をもんで、よく混ぜる。 8、袋の端をハサミでカットし、絞り出して皮の中を埋める。 終わったら卵黄を塗る。 9、(ゴマを乗せて)トースターで焼色が付くまで焼けば完成 トースターでの詳しいW数や時間については以下の記事をどうぞ~。 スポンサーリンク 牛乳と生クリームで作った時のそれぞれの味の違い 生クリームで作るとお店で売っているようなコクのあるスイートポテトになり、 牛乳で作ると家庭料理らしい素朴な味のスイートポテトになります。 生クリームは乳脂肪分が多く含まれている分、加える事でコクがでやすく、まろやかで口当たりの良いスイートポテトになります。 一方で 牛乳を使ったスイートポテトは、分量に対して含まれている脂肪分が生クリームより少ないので、生クリームと比べてさっぱりとした味になりやすいです。 口当たりのよいスイートポテトを作りたい場合は、丁寧に裏ごしすることで、牛乳でもそれなりの食感になりますが、生クリームのほうが味に濃厚さが出やすいという特徴があります。 美味しいのはどっち? 牛乳または生クリームを利用した場合は、 どちらかといえば味に深みが出る生クリームのほうが美味しく感じることが多いみたいです。 ただ、牛乳でもサツマイモが美味しければバターや卵黄を加える事で美味しいスイートポテトになります。 生クリームは脂肪分が凝縮されているので、味に深みが出やすくなる分、 牛乳で作ったスイートポテトよりもカロリーが高くなります。 <材料>• プリン:1個(60-70g)• さつまいも:1本(100~130g)• 卵黄:1個• ( 牛乳:少々。 無くてもOK) <作り方>• さつまいもを輪切りにして、レンジで蒸します• 強で1分30秒,弱で10分レンジで加熱します• ボウルにプリンを入れ、泡立て器でよく混ぜます• 蒸したさつまいもを漉しながら、3に加えます• ひとかたまりになってきたら、成型します• 表面に牛乳で溶かした卵黄を塗ります• トースターで焦げ目をつけたら完成です• youtube.

次の