お心遣いありがとうございます。。 「お気遣いいただきありがとうございます」の意味と使い方・例文

「お心遣いいただき」の例文・使い方・敬語・目上の人への使い方

お心遣いありがとうございます。

日常的に「お心遣いありがとうございます」という言葉を使う機会は多くはありませんが、「あなたの心遣いが嬉しかった」など「お心遣いありがとうございます」を砕いた表現を使う機会は多いのではないでしょうか。 「お心遣いありがとうございます」は相手への感謝の気持ちを表現する言葉ですが、正しい意味を理解し、きちんと使うことで、相手に対する感謝の気持ちをより一層に伝えることができます。 こちらの記事では「お心遣いありがとうございます」に込められた意味や使い方について解説いたします。 お心遣いの意味 「お心遣い」は、相手への敬意を表す際の丁寧な接頭語「お 御 」に「心遣い」が接続した言葉です。 「心遣い」には「物事が上手くいくよう配慮する」「あれこれと気を配ること」「心配り」という意味があります。 お心遣いは心を配ること、つまりは「心配り」と言い換えることができる言葉ですが、このお心遣いには「祝儀」や「心付け」という意味もあります。 年賀状 旧年中の厚誼の感謝と新しい年も変わらぬ厚情を依願する気持ちを添えて、新年を祝う言葉で挨拶をする年賀状ですが、目上の人や上司、ビジネスで年賀状を出す際は2つのポイントを抑える必要があります。 2つのポイントとは「元旦必着」と「新年の挨拶に略語は使用しない」ということです。 この2つのポイントを抑えた上で例文をご紹介します。 最上級の感謝の気持ちを伝えるためのビジネスワードとして「お心遣いを頂きまして誠にありがとうございました」が妥当だといえます。 結婚祝い 「お心遣い」とは「心」を遣うことで「真心や気持ちから生まれ行為」のニュアンスが含まれています。 一方、「お気遣い」は「気」を遣うことで「神経や過剰な配慮を指す」というニュアンスが含まれるので、「お気遣い」は相手が遣ってくれた神経に配慮した行為に対するお礼です。 「お心遣い」は、相手のもてなしや真心が込められた精神のことで、相手のその精神レベルをうかがい知ることが大変難しいため、「お心遣いなく」という言葉は成立しません。 お心遣いに感謝するために「お心遣いありがとうございます」が妥当な表現だと言えます。 「お心遣い」はビジネスでNGワード? 「心遣い」は「和語=訓読み」なので、ビジネス文章では不適切な表現だとされています。 そのため、「お心遣いありがとうございます」は口語使いとされ、手紙やメールで先方へのお礼を伝えるは、「お心遣いありがとうございます」の代わりに「ご配慮ありがとうございます」などを用いましょう。 ただし、「お心遣いに感謝申し上げます」という表現に限っては、ビジネスシーンででも使うことができます。 また、「お心遣いありがとうございます」の代用として「お心遣いをいただき恐縮いたします」や「お心遣い痛み入ります」などは先方から喜ばれる表現だといえます。 「お心遣いありがとうございます」は、いただいた心配りに感謝を述べる際に使う言葉ということを前述してきましたが、この表現に類語はあるのでしょうか。 ここでは「お心遣いありがとうございます」の類語について解説していきます。 「お気遣い」 「お気遣い」は「お心遣い」と同じく「気遣い」に丁寧な接頭語「お 御 」が組み合わされている言葉で、「気を遣うこと」や「配慮する」という意味があり、お心遣いとは大きく意味の違いはありません。 ただし、このお気遣いはお心遣いとは異なり「好ましくない事が起こるのではないか」という「心配」「恐れ」「懸念」というネガティブな意味も含まれていることに注意しましょう。 「ご配慮」 お心遣いと最も類似している言葉として挙げられるのは「お気遣い」ですが、それ以外にもよく似ている言葉として「ご配慮」が挙げられます。 この「配慮」には「心と気」の違いだけでなく「配ると使う」の違いも存在しています。 ご配慮は「気を遣う」や「気を配ること」という意味があり、「気配り」や「心遣い」と同義語として位置づけられています。 配慮の前に敬意を表す「御 ご 」を付けることで敬語表現となり、立場が上の人や年長者、敬意を払わなければならない相手からの心遣いを意味する言葉です。 つまり、「お心遣いありがとうございます」と同じように「ご配慮くださりありがとうございます」と使うことができます。 「お心遣い」の使い方と例文 特別な事をしてもらった時や特別な配慮をいただいた時には、ビジネスシーンに限定せず、日常生活でもお礼の言葉として「お心遣いありがとうございます」という言葉を用いることができます。 何気なく使ってしまう言葉ですが「お心遣いありがとうございます」と「お気遣いありがとうございます」があるので、適切な言葉がどちらなのかを迷う方も多くいます。 「お心遣いありがとうございます」は「相手の行為や配慮に対してお礼を伝えたい時」に使う言葉なので、お礼や感謝の気持ちを素直に伝える言葉だということを理解しましょう。 「お心遣いありがとうございます」の例文 配慮に対するお礼の表現として「お気遣いありがとうございます」を用いる人が多く、実は「お心遣いありがとうございます」と混同して使用している人も少なくないのが実情です。 あり余る配慮に対して遠慮をする時に使用する表現に「どうぞお気遣いなく」という言葉があります。 「どうぞお心遣いなく」という言葉はありませんので、使用方法を間違えないようにしましょう。 例文:お心遣いありがとうございます 入院中に見舞金をいただく事があります。 こうした場合に使うべき表現が「お心遣いありがとうございます」です。 「お心遣い」には祝儀や心づけなど「お金」の意味が含まれているので、お見舞金を頂戴した場合には「お心遣いをいただきありがとうございます」が適した言葉だといえます。 また、退院後にお礼状を書く際には、「入院中にいただきました温かいお言葉とお心遣いに感謝いたします」「入院中は、お心遣いをいただきまして誠にありがとうございます」やなどの文面が良いでしょう。 「お心遣いありがとうございます」の返信方法 日常生活やビジネスシーンにおいて、お礼をしなければならない時の言葉選びに迷ってしまったら、「お心遣いありがとうございます」を使うようにしましょう。 「お心遣い」にはネガティブな意味が含まれず、相手への感謝の気持ちだけを伝えることができます。 また、この言葉を適所で使うことで、周囲に対するあなた自身の「心遣い」を伝えることもできるでしょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

「お心遣いありがとうございます」の意味や使い方!目上の人への敬語とは

お心遣いありがとうございます。

今日は毎月行くカラダメンテの日でした。 私は肩から腰にかけてすごくこっているようで いつも驚かれます。 機械で電気を流しながらマッサージするのですが その電気の強さがありえないレベルらしいです。 今日は確かに腰はちょっと電気が強く痛かったですが 首と肩は全然でした。 担当の方といつもおしゃべりをするのですが 話題は新型コロナの話。 いろいろな人にいろいろな話を聞くけれど 思うのはみんな不安なんだなってこと。 そんな中、うれしい心遣いのある言葉をいただきました。 実は先月行ったときに家で採れたはっさくを持っていきました。 スタッフの方が2人いるので、全部で6個持ってきました。 担当の方に 「はっさくありがとうございました。 おいしかったです。 犬が柑橘類大好きで、クンクン言って大変でした」 とお礼を言われました。 1ヶ月も前のことなのに、ちゃんと覚えていてくれて ちゃんとお礼を言ってくださる心遣い、 とてもうれしかったです。 それから飼っていた犬のおかしな癖の話をしてくれて おもわず声をあげて笑ってしまいました。 とても楽しい時間でした。 帰り際にもう1人のスタッフさんが見送ってくれたのですが この方からも 「はっさくおいしかったです。 ありがとうございました」 と言ってもらいました。 こういう心遣いが普通にできるこのお店は やっぱり好きだな〜って改めて思いました。 体がほぐれて楽になるのはもちろん いつも心も元気になって帰ってきます。 車で1時間かかる決して近いお店ではないけれど いつも行ってよかったなと思います。 また、来月行くのが楽しみです。

次の

「お心遣いありがとうございます」の意味と目上への使い方、返信、類語、英語

お心遣いありがとうございます。

「心遣い」の正しい意味とは? 「心遣い」は相手の感情を思いやる 誰かのことを心配したり、おもいやったりする気持ちを「心遣い」という言葉で表すことができます。 「心遣い」という言葉は「心を遣わせる」と書き、自分の心を相手に従事させるという意味です。 特に、相手の「感情」「心情」に寄り添わせるという意味が強く「相手はきっとこういう気持ちだろう」と慮った上で、相手に言葉を掛けたり、相手のために行動を起こしたりすることを指しています。 もうひとつの意味は「お金」 「心遣い」にはもう一つの意味があり、それは「お金」です。 表だって「お金」という言葉を出すことが憚られる場面で「お心遣いをいただきありがとうございました」などと言えば「お金をいただきありがとうございました」と言っていることになります。 お金を渡す方は「ほんの心ばかりではございますが」などの言葉を使い、いずれも「お金」を「心」と言い換えて表現しているのです。 「心遣い」(お心遣い)の使い方 目上の方への感謝を表す 目上の方から配慮や支援をいただいたときに「ありがとうございました」だけでは、感謝の気持ちを表し切れないことがあります。 そんなときに「お心遣いをいただき、誠にありがとうございました」などとすると、相手の言動だけでなく自分をおもいやってくれたという気持ちにまでお礼を伝えることができるでしょう。 メールなどでは立場を問わず使える 相手が目上の方でなくても、改まった場での挨拶や文章内などでは「心遣い」という言葉を使うことがあります。 「お礼」「お詫び」というものは、相手との立場によらず、形式を守って伝えることがあるからです。 特に文章内では、言い方やニュアンスが伝わりにくく、口頭で話すときと同じ言葉を使うと、あらぬ誤解を招くことがあります。 部下など、自分よりも立場が弱い人に宛てる文章内でも「お心遣いに心より感謝いたしております」などとすると良いでしょう。 「心遣い」の色々な類語表現 「心遣い」と「気遣い」の違い 「心遣い」(お心遣い)と最も似ている言葉が「気遣い」(お気遣い)です。 どちらも相手を思っての言動を表します。 「気遣い」には「心配」「懸念」という要素が多く、「心遣い」には「思いやり」「応援」という要素が多く含まれています。 また「心遣い」が、間接的なニュアンスであることに対して、「気遣い」にはやや直接的なニュアンスが含まれています。 たとえば、相手がケガで入院したときに、入院生活に必要な洗面道具や衣類を贈るのが「気遣い」、入院中に退屈だろうからと本を贈ったり、退院後の楽しいプランを提案したりすることが「心遣い」です。 「心尽くし」の意味と例文 「心尽くし」には「相手のために、心を込めてすること」という意味があります。 「すること」とあるように、具体的に形になるものを指します。 たとえば「心尽くしの料理」と言えば、相手においしく食べてもらいたい、喜んでもらいたいという心を尽くして作る料理のことです。 「このたびは、お心尽くしのお料理をいただき、誠にありがとうございました」などと使うことができます。 「ご温情」「ご恩情」の使い方 相手から受けた情けや深い思いやりのことを「ご温情」と言います。 「情」という言葉が入っているように、相手の「情」に対して感謝するときに使う言葉です。 ビジネスを離れた、個人間でのお付き合いがある相手に向けられます。 「ご恩情」という字を使うのは、主に恩師に向けられます。 相手が恩師ではなく、友人や知人などであれば「ご温情」が相応しいでしょう。 「お心入れ」は贈られたものを表す 相手からの「心遣い」や「気遣い」などによって、贈られたものに対して「お心入れ」は使われます。 「お心入れの贈り物をいただき、ありがとうございました」などとすれば、贈り物そのものを贈ってくれたことのお礼だけでなく、その物を贈ろうと思ってくれたその気持ちに対してもお礼を伝えることができます。 言い換えれば「気持ちのこもった物を贈ってくれてありがとうございます」ということです。 「心配り」は「心遣い」に近い表現 人の気持ちは形がなく、物質として配ることできません。 しかし、そこを敢えて「配る」と表現することで、相手の気持ちの一部を分けてもらったというニュアンスを出すことができます。 「心遣い」と非常に似た表現です。 「使う」という文字は、物理的に働かせることを表しますが、「心」は目に見えたり、手に取ったりできるものではなく、物理的に働かせることができません。 物理的に働かせることができない心に対しては、相手に遣えるという意味を持つ「遣い」が適しています。 「心遣い」(お心遣い)を使ったメール例文 「お心遣いを賜り」はさらなる感謝 「このたびは、お心遣いを賜り誠にありがとうございます」 「お心遣い」の後には「いただき」「くださり」が来ることが多いのですが、改まった場や相手へ格別の感謝を伝えたい場合には「賜り」を使うとさらに強い気持ちを表すことができます。 相手からのお心遣いがありがたく、申し訳ない気さえするという状態を表しています。 しかし「お心遣い」と「痛み入ります」の間には「いただき」または「くださり」など、「お心遣いをどうしたのか」ということがわかる表現が必要です。 「お心遣いいただき痛みいります」などとすると正しく伝えることができます。 相手からの心遣いがうれしかった、ということを伝える場合には「あなたの気持ちが温かかった」という意味を含めると、言葉にやわらかさを出すことができます。 まとめ 自分にとっては当たり前のことでも、相手から「お心遣いくださって」などと言われると、とてもうれしいものです。 そのうれしい気持ちが、また次の心遣いのきっかけになります。 言葉は使うだけでなく、相手の気持ちや言いたいことを正確に受け止めるためにも正しく理解しておきたいものですね。

次の