ツロブテロール テープ。 ツロブテロールテープ2mg「HMT」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ホクナリン(ツロブテロール)テープの赤ちゃん・子供・大人・妊婦・授乳中の使用について

ツロブテロール テープ

ホクナリンテープとは は0. 5mg、1mg、2mgの 3種類の大きさがあります。 ホクナリンテープの主成分は ツロブテロールです。 ツロブテロールは気管支を拡げて呼吸を楽にしたり、ゼーゼーした咳をしずめる効果があります。 ホクナリンテープは使い方が簡単であるため、子供の「咳止めシール」として広く知られていますが、実際は風邪の咳にはほとんど効きません。 『』 ホクナリンテープの剥がれない貼り方 出典:マイランHP• 切り口に沿って切り取ります(切り口は2カ所)• ホクナリンテープを取りだす (このとき、接着面を指で触わると粘着力が弱くなる)• ホクナリンテープを山折にして、片方のライナー(剥離シール)を剥がす• ホクナリンテープを皮膚に貼りつける• もちろん、 お風呂やプールに浸しても、効果が落ちるようなこともありません。 私はお風呂に入ったときにホクナリンテープを剥がして、入浴後に貼り替えることをおすすめします。 なぜなら、お風呂のお湯に浸した状態で剥がす方法は、剥がす痛みを軽くできるからです。 『』 ホクナリンテープは剥がれたら再利用不可 ホクナリンテープの粘着力は強力です。 しかし、 ホクナリンテープを一度剥がしてしまうと、粘着力はなくなります。 (貼り直してもベロッと剥がれるだけです) 子供がシールとまちがって剥がしてしまうことがあるため、ホクナリンテープは手の届かない背中に貼るのがよいでしょう。 『』 ホクナリンテープが剥がれたときはどうする? 一度剥がれたホクナリンテープは再利用できないため、剥がれたときの選択肢は2つです。 すぐに、新ホクナリンテープに貼り替える• 次の貼り替えのタイミングまで貼る替えを待つ この答えはこうです。 ホクナリンテープを貼って 12時間経過前に剥がれたら、 すぐに貼り替える• ホクナリンテープを貼って 12時間経過後に剥がれたら、 次に貼り替えるタイミングまで待つ この理由は、「ツロブテロール(主成分)がテープからどれくらの時間で放出されるか」を知れば理解できます。 ホクナリンテープを貼って 12時間経過、ツロブテロールの 約70%は皮膚に放出されています。 24時間のツロブテロールの放出率を100%とすると、12時間後の放出率は 約85%で、ほとんどのツロブテロールを放出していることになります。 ホクナリンテープインタビューフォームを参考に作成 つまり、 12時間が経過してからホクナリンテープ剥がれたときは、貼りなおす必要はないという結論にたどり着きます。 『』 まとめ• ホクナリンテープはお風呂やプールに貼ったまま入ってOK• ホクナリンテープの粘着力は強力であるが、一度剥がすと粘着力はなくなる• ホクナリンテープを貼ってから12時間経過前に剥がれたら、すぐに貼り替える• ホクナリンテープを貼ってから12時間経過後に剥がれたら、次に貼り替えるタイミングまで待つ.

次の

ツロブテロールテープ(ホクナリンテープ®)について

ツロブテロール テープ

薬には、必ずメリットとデメリットがあります。 両面を把握するようにしましょう。 ほとんどの小児で咳止めの効果がない理由 例えば、気管支喘息のある患者さんにホクナリンテープを使用した場合、喘息によって狭くなった空気の通り道が広がるため、呼吸が楽になり咳が止まることはあります。 ですが、外来に受診されるお子さんのうち、気管支喘息があるケースは少ないです。 このような場合、咳の原因は喘息ではなく風邪であるため、テープを使用したところで軽快することはまずマイでしょう。 この貼り薬に咳止めとしての効果は、そもそもないのです。 意外と副作用が多い薬なのかもしれません。 すべての薬にはメリット・デメリットがあります 全ての薬には、必ず副作用があります。 大事なことは、薬のメリットとデメリットを天秤にかけ、必要なお薬を、必要に応じて使用することです。 まとめ 今回はよく処方されているテープ類について、まとめてみました。 咳止めでなく、気管支拡張薬• 風邪の咳には無効• 適応例は気管支喘息のあるお子さん• 不整脈や手足の震え、といった副作用がある という点だけでも覚えておくと良いでしょう。 適切な薬の選択と使用は、お子さんの健康を守るのにとても役に立ちます。 よく処方される薬の知識を知ることで、賢い薬の選択に繋がります。

次の

ホクナリンテープ(ツロブテロール)のサイズと子供の年齢

ツロブテロール テープ

ホクナリンテープを貼る場所 ホクナリンテープを貼るのに適している場所は、以下の3か所です。 背中:小さい子にはおすすめ• 上腕(二の腕) 皮膚から薬を吸収することで効果を発揮します。 他の場所に貼ると薬の吸収速度が変わって十分な効果が出なくなってしまう可能性があります。 赤ちゃんでも嫌がって自力で剥がしてしまうことがあります。 小さいお子さんの場合、自分の手の届かない背中に貼ることをおすすめします。 ホクナリンテープはお風呂上りに貼りましょう。 剥がれたら貼り直す? ホクナリンは基本的に1日中貼りっぱなしにする薬です。 お風呂に入ると剥がれやすくなるので、貼るタイミングは「お風呂あがり」をおすすめすることが多いです。 そして、次の日のお風呂前に剥がしましょう。 日中にホクナリンテープが剥がれることもあります。 貼ってから数時間でホクナリンテープが剥がれたのであれば、貼り直した方が良いでしょう。 12時間近く経過していたら、ある程度薬が吸収されているので、貼り直す必要はないでしょう。 数時間で剥がれた場合、しっかり症状を抑えたいのであれば、貼り直したほうが良いと思います。 ホクナリンテープの副作用【かぶれ、手の震え、動悸】 使用成績調査における成人の安全性評価対象例1,354例中,副作用は50例(3. 実際にはお子さんにも動悸や手の震えが起きている可能性があります。 ただし、子どもが動悸や手の震えを保護者に伝えられないことで、頻度が低い要因の一つだと考えています。 そして、子どもの副作用には、かぶれや赤み、痒みのような保護者が発見しやすいものが多く、その対策が問題となります。 ホクナリンテープ(ツロブテロール)のかぶれ対策のポイント 貼る場所は毎日変えるようにすること ホクナリンテープは胸・背中・上腕の範囲に貼れば良いので、貼る場所をずらしていくことが可能です。 痛み止めの湿布などは痛い場所にしか貼れないので、痛みを優先するかかぶれないことを優先するかの2択ですが、ホクナリンテープならもうちょっと自由度が高いです。 そのメリットを上手く活かしましょう。 子どもの背中という狭い範囲でも、2週間ぐらいなら貼る場所のローテーションは十分可能です。 皮膚の保湿 ケア をすること アトピーや乾燥などで皮膚の状態が悪いと、かぶれや痒みが出やすいと言われます。 子どもの皮膚のケアはできるだけ気にしてあげましょう。 普段は大丈夫でも、日焼け跡に貼るとかぶれることもあるのでご注意ください。 子どもの皮膚は乾燥しやすく荒れやすいです。 市販の保湿剤でも良いので、保湿の習慣をつけましょう。 剥がすときはゆっくり ホクナリンテープを勢いよく剥がすと皮膚の荒れの原因になります。 なかなか剥がれないぐらいしっかり貼れている場合、お風呂の中で剥がしても良いでしょう。 剥がれやすくなって、剥がす時の痛みも減ると思います。 12時間で剥がしてもそれなりに効果あり ここまでの内容を実行してもかぶれが改善できないようなら、貼ってから12時間以上経っていれば剥がすという選択肢もあります。 ホクナリンテープは貼って12時間経つと成分の74%が皮膚に移行します。 24時間貼っても90%程度しか移行しないようなので、効果の8割は期待できると考えても良いでしょう。 ただし、12時間で剥がしていいかは事前に処方医や薬剤師に確認してからにしてください。 一部の保育園や幼稚園では、ホクナリンテープを剥がしてから来園する様に言われるところもあるようです。 「剥がれたホクナリンテープを他の子が口に入れると困るから」という理由のようですが、そういう事情がある場合も12時間程度で剥がして問題ないと考えます。 それでもダメなら粉薬に変えてもらうという選択肢もあります どう頑張ってもホクナリンテープでかぶれてしまう子もいます。 同成分の粉薬もあるので、そちらを選択されることもあります。 最初から粉薬で良いと思われるかもしれませんが、テープと飲み薬では薬の効き方が少々異なります。 実際に添付文書ほどの差が出るかどうかはわかりませんが、飲み薬のほうが副作用が出やすいと考えておいた方が良いでしょう。 副作用頻度 心悸亢進 振戦 ホクナリンテープ 0. 89% 1. 21% ホクナリンを使うのはぜんそく性の咳が出ている時が基本になります。 朝まで効果が続かないと深夜に咳が酷くなって目が醒めたりする可能性もあります。 結果として親もしっかり眠れなくなるかもしれません。 かぶれや痒みが酷くないなら、テープのほうが安心して使えると考えています。 ホクナリン ツロブテロール テープを切る場合もあります ホクナリン ツロブテロール テープは本来切らずに使う薬です。 しかし、医師から切るように指示された場合は問題ないでしょう。 ホクナリン ツロブテロール テープを切る場合は、清潔なハサミなどを使うようにしてください。 多少は吸収に影響があると思いますが、飲み薬ほど血中濃度が上がることはないでしょう。 この記事でホクナリンテープによるかぶれが少しでも減れば幸いです。

次の