どこでもメガモンスター 距離。 「ドラクエウォーク」、家からでもメガモンスターに挑戦できる「どこでもメガモンスター」開催!

【ドラクエウォーク】どこでもメガモンはいつまで続く?自粛明けも継続してほしい?

どこでもメガモンスター 距離

ドラゴンクエストウオークのレイド、メガモンスター討伐のプレイ距離について神アプデが来ました。 (2019年12月18日) これまでもそこそこ快適だとは思っていましたが、さらに距離を修正したようです。 バトル継続可能範囲を拡大• バトル離脱後、再度参加できる距離を拡大 本当はバトル開始までの距離を広げて欲しいところですけど。 それは今後に期待するとして、今回のアプデは高く評価したいです。 バトル継続可能範囲を拡大 これ800m以上(1km?)という検証情報が流れてました。 個人的な感覚では以前からこれぐらいの距離は大丈夫だったような気もしますが、実際に距離を測ったわけではありません。 詳しくはポケモンGOブログのほうで。 今回のバトル継続範囲の拡大はドラゴンクエストウオークと相性がいいですよね。 ポケモンGOとは違って後からでも参加出来ますし、バトル時間もメガモンスターがいなくなるまで続けることができます。 最大1時間。 強敵をみんなで助け合って倒すことがより楽しくできるようになったわけです。 バトル離脱後、再度参加できる距離を拡大 この距離がどれぐらいなのか、検証していませんがギガモンのようなバグや通信エラーのリスクがあるコンテンツはこういった救済措置があるのは非常にありがたいことです。 また強敵ですと一人で戦うのは厳しい場合があります。 一旦離脱して体制を立て直したかったり、人が集まるまで待ちたいこともあるでしょう。 でも戦っている間に離れてしまっていたら、また戻らなければならなくなります。 その距離が拡大されたのは大きな意味があるでしょう。 社会との距離は縮めていくドラゴンクエストウオーク スタートの距離は拡大されなかったものの、一度パスを投げてしまえばかなり離れてプレイすることができます。 1km先で戦っているのですから、どこに出現しているボスと戦っているのか誰もわからないでしょう。 ボスの出現ポイントを通りすがりながら、パスを投げる行為だけがドラクエウォークのプレイです。 おまけにスマホの操作もドラクエやってますよね?みたいに気づかれませんし。 ポケモンGOはレイド会場の真下で待機し、タップタップし、終わるまでそこに留まります。 ゲットチャレンジだけは無限に離れることが出来ますがすぐに終わるのでほとんどの人はそこでやってますよね。 フレンドと「どんなのとれた?」みたいなのも楽しいので仕方がないんですが。 ポケモンGOとドラゴンクエストウオークは社会的なポジションがかなり違ってきましたね。 一般人は気づかないですよ。 ドラクエは。 私はドラクエウォークもポケモンGOもハリポタ魔法同盟も全部好きなので、良いところは共有して欲しいなあと思ってますが。。 ひょっとしたらポケモンGOはシステム的にムリなのかな?あるいは炎上商法ですかねw ドラゴンクエストウオークが2歩も3歩もリードしていますが、どうなるでしょうか。 それでは。

次の

【ドラクエウォーク】メガモンスターの参加可能距離・範囲を検証!

どこでもメガモンスター 距離

ドラゴンクエストウオークのレイド、メガモンスター討伐のプレイ距離について神アプデが来ました。 (2019年12月18日) これまでもそこそこ快適だとは思っていましたが、さらに距離を修正したようです。 バトル継続可能範囲を拡大• バトル離脱後、再度参加できる距離を拡大 本当はバトル開始までの距離を広げて欲しいところですけど。 それは今後に期待するとして、今回のアプデは高く評価したいです。 バトル継続可能範囲を拡大 これ800m以上(1km?)という検証情報が流れてました。 個人的な感覚では以前からこれぐらいの距離は大丈夫だったような気もしますが、実際に距離を測ったわけではありません。 詳しくはポケモンGOブログのほうで。 今回のバトル継続範囲の拡大はドラゴンクエストウオークと相性がいいですよね。 ポケモンGOとは違って後からでも参加出来ますし、バトル時間もメガモンスターがいなくなるまで続けることができます。 最大1時間。 強敵をみんなで助け合って倒すことがより楽しくできるようになったわけです。 バトル離脱後、再度参加できる距離を拡大 この距離がどれぐらいなのか、検証していませんがギガモンのようなバグや通信エラーのリスクがあるコンテンツはこういった救済措置があるのは非常にありがたいことです。 また強敵ですと一人で戦うのは厳しい場合があります。 一旦離脱して体制を立て直したかったり、人が集まるまで待ちたいこともあるでしょう。 でも戦っている間に離れてしまっていたら、また戻らなければならなくなります。 その距離が拡大されたのは大きな意味があるでしょう。 社会との距離は縮めていくドラゴンクエストウオーク スタートの距離は拡大されなかったものの、一度パスを投げてしまえばかなり離れてプレイすることができます。 1km先で戦っているのですから、どこに出現しているボスと戦っているのか誰もわからないでしょう。 ボスの出現ポイントを通りすがりながら、パスを投げる行為だけがドラクエウォークのプレイです。 おまけにスマホの操作もドラクエやってますよね?みたいに気づかれませんし。 ポケモンGOはレイド会場の真下で待機し、タップタップし、終わるまでそこに留まります。 ゲットチャレンジだけは無限に離れることが出来ますがすぐに終わるのでほとんどの人はそこでやってますよね。 フレンドと「どんなのとれた?」みたいなのも楽しいので仕方がないんですが。 ポケモンGOとドラゴンクエストウオークは社会的なポジションがかなり違ってきましたね。 一般人は気づかないですよ。 ドラクエは。 私はドラクエウォークもポケモンGOもハリポタ魔法同盟も全部好きなので、良いところは共有して欲しいなあと思ってますが。。 ひょっとしたらポケモンGOはシステム的にムリなのかな?あるいは炎上商法ですかねw ドラゴンクエストウオークが2歩も3歩もリードしていますが、どうなるでしょうか。 それでは。

次の

【ドラクエウォーク】メガモンスター参加範囲の拡張が実現する日も近い?運営に届け!

どこでもメガモンスター 距離

2019年9月12日からリリースされた『ドラクエウォーク』。 初日から100万ダウンロードを突破しているあたり、さすがのドラクエ人気といったところか。 記者も初日からプレイ。 隙あらばアプリを開いているのだが、2日目にして思わぬ落とし穴にハマってしまった。 なぜならば…… 出現している「メガモンスター討伐」にチャンレジしたら、 トロルからフルボッコにされた上に想定外のことまで起きたのだ。 えっ? こんな風になるの!? ・ポケモンGOでいうレイドバトル トロルとの死闘に触れるにあたり、まずは「メガモンスター討伐」について簡単に説明しておこう。 討伐は 冒険ランクが10以上になると挑戦できるようになる。 マップ上に出現している雷雲が目印で、すでに見つけたプレイヤーも多いだろう。 雷雲をタップすると、時間がピコピコとカウントされている。 メガモンスターの出現前なら「あとどれくらい経てば始まるのか」、出現後ならマップ上に対象モンスターと制限時間が表示される。 そして記者の場合は、メガモンスターとしてトロルが出現。 あとは「とうばつ手形(もしくは特別とうばつ手形)」を使えば討伐に参加できる。 ここまでだと至ってシンプル。 もっとも知っている人が多い例えだと、 ポケモンGOのレイドバトルといえば分かりやすい。 ・ぼっちで攻略 んで、気になるのはメガモンスターの強さだが、ドラクエウォークではご丁寧に推奨レベルが表示される。 トロルは推奨レベル15とのことなので、16の記者は条件をクリア。 自信を持って討伐にエントリーすると、どうやら60秒で仲間を集う(最大8人)システムのようだ。 中途半端な時間だなぁ……と思ったら、どうやらコレはガチの制限時間らしい。 つまり、 出現している時間内に倒してくださいという感じで、ポケモンGOのように倒すための制限時間が設けられている訳ではないのだ。 くっ、こんなことなら急いで来たら良かった……! とにかく、「とうばつ手形」を使ってしまったしやるしかない。 1分、2分……着々と時計の針が進むも、一向に減らないトロルのHP。 もしかしたら……いや、 もしかしなくてもソロだったらかなり時間かかるんじゃ……ということで一旦抜けて再度チャンレジすることに。 入り直すと、どうやら同じような状態になっている人がいたのか、2人でチャレンジすることになった。 よろしくお願いします! 知らない人! がっ、ダメっ……! この時点で残り時間はすでに1分ちょい。 出現時間を超えても戦えるロスタイムらしきものもなく、時間ぴったりでトロルは帰宅していった。 ポケモンGOなら、出現時間内に滑り込めば戦えるのになぁ……。 ていうか、そもそもトロルが普通に強かったからソロで攻略できたかは正直微妙なところだ。 今のところ、ギリギリで滑り込む選択肢はなさそうなので、早い時間に出現ポイントへ足を運んで誰かと協力プレイするのをオススメする。 ・特別クエスト開催 まだまだ分からないことも多いドラクエウォーク。 しかし、冒頭でお伝えしたように100万ダウンロードを突破したことで「特別クエスト」も開催されるようだ。 次こそはメガモンスターを討伐する! 参照元: Report: ScreenShot:ドラクエウォーク(iOS).

次の