新幹線 混雑状況。 えきねっと(JR東日本)|新幹線・JR特急列車のきっぷ予約

こだま自由席の平日混雑状況2019!自由席に座るコツと満席区間調査|関東混雑情報局

新幹線 混雑状況

僕は出張が多いので新幹線を利用することが多いのですが、新幹線の予約ってみどりの窓口で買っているのですが、みどりの窓口って最近は外人の観光客も増えてきたので非常に混みますよね>< 事前に新幹線の空席情報が分かればあのみどりの窓口での時間も解消するのかなと思って色々調べてみました。 新幹線の空席情報を知るには? GWやお盆や正月など帰省ラッシュ含め新幹線は混むときは非常に混みます。 これだけネットが発達している現在新幹線の混雑状況や空席情報を事前に知ることは大切な時間をうまく使うためにも絶対条件です。 結論から言うと新幹線の空席状況はを利用します。 会員登録などしなくても新幹線の空席情報を調べることができるので非常に便利です! ただしあくまでも指定席の空席が空いているか埋まっているかが分かるだけなので自由席の混雑状況などは分かりません。 しかし指定席が満席なのにもかかわらず自由席が空いているということもほぼないと思うので、指定席の空席情報が分かれば状況は想像できると思います。 JRサイバーステーションの使い方 JRサイバーステーションはJRグループのJRシステムズが全国の新幹線を含む特急列車の指定席の空席案内や新幹線運転状況の検索などのサービスを行っています。 このサイトでは、当日の空席から1ヶ月後の空席まで調べることができます。 全国の新幹線の空席情報を1つの画面で見れるのはここしかありません。 (空席案内ご利用可能時間:毎日午前6:30-22:30 まずは、乗車月日、乗車時刻、乗る列車、乗車駅、降車駅を指定して検索を押します。 すると検索結果が表示されます。 JRサイバーステーションのデメリットは? これで新幹線の空席情報は分かりました。 しかし、1つの列車しか分からないというデメリットもあり、乗り継ぐ場合は自分でポチポチ検索しなおすという手間はあります。 さらに、運賃が分からないという強烈なデメリットがあります>< 始発から終着駅までの時間や各駅の発着時間なども分からないので、細かく知りたい人は細かく何度も検索しないといけないです。 サクサク動くし簡易的なサイトなので良いのですが、全部を一気に知りたい人には若干不満は残るかもですね。 ここら辺はある程度グーグルマップなどで分かる部分もあるので上手く併用したいですね。 しかしあくまで新幹線の空席情報を知っただけです。 ここからまたみどりの窓口に並んでチケットを取るのはやっぱり面倒という方は予約までできる方法も知りたいと思います。 新幹線の空席を確認した後予約するには? 新幹線の空席を確認した後さらに予約までしてしまうには別のサイトを利用するしかありません。 えきねっと(JR東日本)• e5489(JR西日本)• エクスプレス予約(JR東海)• プラスEX(JR東海)• JR九州インターネット列車予約サービス• JRサイバーステーション 東日本の方は、西日本の方はがおススメです。 えきねっとも予約状況が分かるので空席情報も確認できます。 同時に予約までしてしまうなら最初からえきねっとで新幹線の空席情報を見てもいいかもしれませんね。 新幹線の空席情報のまとめ いままでみどりの窓口にただ並ぶだけだった人は、事前にこういったサイトで調べて予約までできるサービスがあるので上手く活用してみてください。 新幹線の指定席の購入は1か月間からできます。 えきねっとならさらに発売日の1週間前から購入できます。 直近になって空席情報を見ながらチケットを取るのもいいのですが、できれば混雑が早めにわかっていたら、早めの予約がおすすめです^^.

次の

新幹線の空席がわかる!空席状況・シートマップ確認サイトを紹介

新幹線 混雑状況

新幹線の自由席(車両・号車)は? 新幹線の自由席は、列車によって車両の数が違います。 まずは、どの列車に何両の自由席があるのか、簡単に確認しておきましょう。 東海道・山陽新幹線 16両編成で運行する東海道・山陽新幹線は、のぞみ3両、ひかり5両、こだま10両。 山陽新幹線「ひかり」は8両のうち5両or3両、8両編成の「こだま」は5両が自由席。 列車 自由席 のぞみ(16両) 1~3号車 ひかり(16両) 1~5号車 こだま(16両) 1~7号車、13~15号車 ひかり(8両) 1~3号車or1~5号車 こだま(8両) 1~5号車、7・8号車 山陽・九州新幹線 「みずほ・さくら・つばめ」は、8両または6両のうち3両が自由席。 列車 自由席 みずほ・さくら(8両) 1~3号車 さくら・つばめ(6両) 1~3号車 東北・北海道・上越・北陸・山形・秋田新幹線 自由席がなく 全席指定なのは、「はやぶさ」「はやて」「こまち」「かがやき」。 それ以外の自由席がある列車では、北陸新幹線「はくたか・つるぎ・あさま」4両。 10両編成の「はやて・やまびこ・なすの・とき・たにがわ」は5両。 6両編成の「やまびこ・なすの」も5両が自由席。 上越新幹線「Maxとき・Maxたにがわ」は8両編成なら4両、16両編成では8両。 自由席はどうすれば座れる? 座席の予約ができない自由席には、どうすれば座ることができるのか? 自由席に座るための方法を考えてみましょう! 混雑状況・空席状況を把握する まず、新幹線が混雑する曜日・時間を把握しましょう。 特に新幹線が混雑するのは以下の通りです。 大型連休始めの下り(東京から大阪・仙台など)• 大型連休終盤の上り(東京行き)• 土曜日午前中の下り・日曜日夕方の上り• 金曜日夕方の下り・月曜日朝の上り• 週末の最終近い下り 1と2の大型連休に関しては言うまでもありませんが、帰省ラッシュですね。 そして、3は土曜日の午前に出発し、日曜日の夕方に帰る旅行客で混雑します。 また、4の金曜日夕方と月曜日の朝は、単身赴任や出張のビジネスマンで混雑します。 他には、5の最終列車など、ディズニー帰りのレジャー客など、自由席は混雑します。 これらの時期に関しては、指定席は満席、自由席は乗車率100%以上、グリーン車も混雑という状況になる可能性も高いです。 しかし、これらの時間帯に限らず、指定席が混雑すれば、必ず自由性も混雑します。 空席状況を「 」などで確認し、指定席に空席がある列車を探しましょう。 始発駅から運行距離の短い列車に乗る 例えば、東京から大阪方面へ行く時に自由席に乗るケースを考えてみましょう。 大阪方面への下り列車は全てが東京駅発です。 毎朝始発の1本を除き、「品川発」の列車はありません。 当然、自由席で座ろうと思えば、有利なのは品川より東京駅。 品川の方が近くても、東京駅から乗車するのが間違いありません。 そして、「のぞみ」なら行き先は新大阪行きもあれば、博多行きもあります。 博多行きの列車には、岡山・広島・博多へ行く人も利用します。 しかし、新大阪行きなら、名古屋や京都などへ行く人のみ。 当然、狙って乗りたいのは「新大阪行き」です。 1本後の列車を待つ 自由席の座席には限りがあります。 いくら始発駅から乗ろうと思っても、先に多くの人が並んでいる場合には、その列車で座れない可能性もあります。 そんな時には、1本後の列車に乗るために、前の方に並びましょう。 東京から名古屋・京都・大阪へ行く場合なら、新幹線は本数が多いので、悩むことなく次の列車を利用しましょう。 ただし、「ひかり・こだま」しか停車しない駅へ向かう場合、列車の本数は少ないので、なるべく早く並んでおいた方がいいですね。 列車・号車を選ぶ 「のぞみ」「ひかり」の停車駅間で自由席を利用するなら、列車や号車を選ぶのも一つの手段です。 例えば、「のぞみ」の自由席は3両ですが、「ひかり」は5両。 確率で言えば「ひかり」の方が座りやすいでしょう。 また、新幹線は号車によって座席数が違います。 N700系なら1号車は13列で65席、3号車は17列で85席、5号車は18列90席、2号車と4号車は20列で100席あるので、座りやすいのは2号車と4号車(ひかり・こだま)でしょう。 このように、座席を確保する努力が必要な自由席。 自由席にはどのようなメリット・デメリットがあるのか確認しておきましょう。 自由席のメリットは? まず、自由席を利用するメリットをご紹介します。 もちろん、料金的なメリットはありますが、それだけでもありません。 時間・座席が自由 自由席で新幹線に乗るなら、列車の時間を決める必要がありません。 自由席であれば、どの新幹線に乗ってもかまわないので、決まった列車に乗るために急ぐ必要もありません。 そして、空席があれば、座る座席を自由に選ぶこともできます。 窓側・通路側の選択も自由、2人掛け・3人掛けの選択も自由です。 指定席より空いていることも 列車によっては、指定席は混雑していても自由席には余裕があることもあります。 「のぞみ・ひかり」でも、エクスプレス予約などで指定席を予約するビジネスマンが多い時間帯など、自由席の方が空いていることもあります。 そして、自由席の座席数が多い「こだま」でも、指定席の方が混んでいることもあります。 指定席と料金の差額は530円 座席を指定しない分、自由席の料金は指定席より安いです。 指定席と自由席の料金の 差額は530円が基本。 しかし、この差額は「ひかり・こだま」の指定席との差額なので、それより高い「のぞみ」指定席との差額はさらに大きくなります。 例えば、東京-京都なら、「のぞみ」指定席14,170円、「ひかり・こだま」13,850円に対し、自由席は13,320円なので、「のぞみ」指定席との差額は850円です。 この料金の差額は、距離が長いほど大きくなります。 区間 「のぞみ」指定席 自由席 差額 東京-京都 14,170円 13,320円 850円 東京-岡山 17,660円 16,600円 1,060円 東京-博多 23,390円 22,220円 1,170円 東海道・山陽新幹線以外も同じで、例えば、東京-仙台なら「はやぶさ」指定席は11,410円、「やまびこ」指定席11,090円、自由席は10,560円。 自由席と「やまびこ」指定席の差額は530円、「はやぶさ」との差額は850円です。 しかし、小学生未満の乳幼児は自由席の料金は無料です。 例えば、東京から博多までは、小学生は子供料金11,100円がかかります。 しかし、幼児ならこの料金は無料。 幼児でも「のぞみ」指定席に乗れば1人片道11,690円、往復23,380円です。 自由席に乗ればこの料金はかかりません。 特にこの幼児の料金が無料なのは大きいので、週末などは自由席は子どもがいる家族が乗っていることが多いです。 自由席のデメリット では、同時に自由席のデメリットも確認しておきましょう。 予約不可、座れる保証なし 新幹線の指定席はいろいろな方法で予約することができます。 しかし、座席を指定しない自由席は予約不可。 チケットを事前に購入することはできますが、座席の確保はできません。 そして、自由席のチケットを持っていても座れる保証はなく、座席は乗車してから自分で確保しなければなりません。 特に新幹線が混雑する時期には、始発駅から乗らないと座れない可能性は高いです。 例えば、新横浜-名古屋間は「のぞみ」は約1時間20分一度も停車しません。 自由席が満席なら、この区間は立ったまま乗らなければなりません。 少し高くても、年会費無料のスマートEXで指定席を予約したいですね。 列車によっては座席シートが違う 九州・山陽新幹線の「みずほ・さくら」や「つばめ」の場合、指定席と自由席ではシートが違います。 800系の「さくら・つばめ」も同じで、指定席の方がゆったり座ることができます。 改札から遠い 「のぞみ」の自由席は1号車~3号車です。 新幹線の改札を通り、エスカレーターを上ると、一番近い車両はグリーン車。 8号車~10号車付近にエスカレーターやエレベーターがあるのが基本で、1号車まではかなりの距離を歩かなければなりません。 特に荷物が多いときや小さい子どもがいるときには、その距離も大変に感じます。 自由席切符の購入方法と乗り方 新幹線の自由席のきっぷはどのように購入すればいいのか?をご紹介します。 まず、自由席でも、新幹線に乗るには乗車券と特急券が必要です。 乗車券だけでは、新幹線の改札を通ることはできません。 自由席のきっぷは、駅の窓口や券売機で簡単に購入することができます。 窓口なら「東京まで自由席で」と言えば、その切符を用意してくれます。 券売機でも行き先と「自由席」を選択するだけで切符の購入は完了します。 そして、その切符を持ってそのまま改札へ通します。 あとは、空いている列車の座席を探し乗車します。 もちろん、自由席車両の前に列ができていれば、その最後尾に並びます。 人数を見て座れそうにない場合は、次の列車に並びましょう!.

次の

山形新幹線つばさ号の普通車指定席の混雑状況を時間帯ごとに調査

新幹線 混雑状況

新幹線のゴールデンウィークの混雑ピークについて ゴールデンウィークの期間は毎年4月末から5月上旬の時期です。 ちょうど、みどりの日からこどもの日がピークとなり、合わせてその前後の土日を含めた休みの期間がゴールデンウィークとなります。 この時期の新幹線は主に、旅行をされる方で混雑します。 指定席はどの列車も概ね満席の状態で、自由席も乗車率が100%以上という状況となります。 ただ、このゴールデンウィークは、この期間中全てが混雑するというわけではありません。 新幹線の混雑の最初のピークは最初に3連休になる日。 主に混雑するのは関東から地方への下りの新幹線になります。 2017年のように29日が土曜日の場合は5月1日と2日が平日になります。 この場合は5月3日が一番混むと予想できます。 2018年の場合はさらに日付が悪く30日、1日、2日の3日が平日に。 下りの混雑はかなり限定的になりそうですね・・・・ 逆に上りの新幹線が混むのはゴールデンウィークの最後の2日間になります。 2017年であれば5月6日、7日ですね。 一番混雑するのは東京駅からの下り新幹線、そして帰省ラッシュは東京行きの上り新幹線となりますね。 新幹線のお盆の混雑ピークについて 次に、お盆の混雑ピークについて紹介したいと思います。 お盆の時期はゴールデンウィーク以上に混雑が激しいです。 お盆の休みの場合はゴールデンウィークより日付が固定的になっているようです。 というのも、 お盆の時期は8月13日から8月16日ごろまでの4日間程度の時期を指します。 お盆の季節には、私も含めてですが、故郷へ帰って先祖の墓参りをする人がおおいんですね。 旅行に行くという人より田舎に帰る人が多いんですね。 いわゆるUターンラッシュと言われているもの。 このような時期に新幹線を利用すると、大変な混雑で、なかなか指定席を予約することができません。 混雑の中心はやはり関東になります。 さらに 8月13日、14日は東京からの下りの新幹線、15日は東京へ向かう上りの新幹線の混雑が激しくなります。 2017年は13日が日曜日で11日金曜日が山の日ということもあり11日から非常に混雑しました。 2018年も11日が土曜日なので11日から混雑するんでしょうね。 Uターンのピークは15日になりますが土日次第によるところもあるでしょう。 最近は休みをわざとずらす企業もあります。 わたしの場合は8月の2週目や3週目のように選択することが可能でした。 もし休みに余裕があれば、8月13日から16日までの期間の前後に休みを加え、比較的混在しない時期に移動するという分散型の移動をされる方が増えてきています。 お盆にお墓参りしなくても大丈夫ですよ!! 新幹線の年末年始の混雑ピークについて 最後に、年末年始の混雑のピークについて紹介したいと思います。 年末年始の休みは各企業によって異なるのですが、おおよそ12月29日から、1月3日までの6日間が休みという企業が多いようです。 年末年始はゴールデンウィークのように旅行する人、お盆のように帰省する人、両方が存在します。 日程も曜日の影響を受けにくく日付で決まることが多いですね。 そのため移動日とうのも集中することになります。 12月29日から30日にかけての東京から下りの新幹線 1月2日から3日にかけて東京に向かう上りの新幹線の混雑が激しくなります。 年末年始の混雑のピークについても、お盆と同様に、分散して休みをとる傾向があり、5年前に比べると混雑の激しさは緩和しているように見えます。 でも年末年始の混雑は旅行される方とUターンラッシュとが重なり、混雑は1年の中で激しいです。 やはりお盆よりも帰省する人が多いということもあるんでしょうね。 だいたい新幹線のきっぷの予約は12月中旬までにしないと好きな時間を選べないかもしれません。 2018年のように4日と5日を休むことで8日まで休みにできる羨ましい人もいるかと思いますがほとんどのサラリーマンは4日から会社が始まるので帰りの3日がピークになりますね。 JRが予想する特別な繁忙時期について JR各社が決めている、繁忙期間としては、以下の3つの種類があります。 1つ目は4月27日から5月6日、2つ目は8月11日から8月20日、そして3つ目は12月28日から翌年1月6日です。 よく期間を見ると、1つ目がゴールデンウィーク、2つ目がお盆、3つ目が年末年始の期間と重なっています。 この3つの期間は新幹線の回数券が使えない時期でもあり、JRとしても沢山のお客様が移動されるという実績をもとに期間を設定されています。 さらにこの期間は新幹線の指定席の料金が高くなっていたりします。 従いまして、これらの日程に移動される場合には混雑が予想されますので、注意しましょう。 さらにこれらの3つの時期に近づくにつれ、JR各社は混雑状況をホームページで掲載しています。 さらに過去の混雑の実績も、ピークが終わるごとにプレスリリースされていますので、混雑予測についてはこれらの情報を参考にすることもよいでしょう。 事前に日程がきまっていたら新幹線の座席指定をしましょう 仮に繁忙時期に移動されることが判明していましたら、事前に座席指定をしておきましょう。 特にご高齢の方や小さなお子様を連れて移動される場合に、自由席にひたすら並ぶというのは大変ですし、体にも負担が生じます。 混雑する期間に新幹線の自由席に乗車したことがありますが、その混雑ぶりは大変です。 始発駅でさえ自由席に座るのであれば乗車時間の1時間前から新幹線のホームに並びます。 東京駅の新幹線ホームはせまいのに行列ができたまま。 座ることをあきらめて乗車していこうも自由席の通路には沢山の方が立っている状況。 うかつにお手洗いにもいくことができません。 新幹線の指定席券のきっぷの予約開始日は乗車日の一か月前から。 年末年始は発売日も特殊で予約も激戦なのでしっかり確認しておきましょう。 関連記事: 新幹線の混雑予想まとめ 新幹線の混雑の時期と予想などについて紹介してきました。 新幹線は通常でも月曜日であれば朝、金曜日の夕方、土曜日の朝と日曜日の夜には大概混雑します。 これらの通常の混雑とゴールデンウィークやお盆、年末年始とが重なってしまうと混雑は増すことになりますので、あらかじめ混雑の状況をJRのホームページなどで確認しておくことをお勧めします。 本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の