消化 し やすい 食べ物。 消化の良い食べ物一覧|レシピ・食べ方のコツ・コンビニで買う場合

消化の良い・悪い食べ物一覧!胃腸にいいもの・消化時間がかかる食事とは

消化 し やすい 食べ物

胃腸機能が弱い・小さいので太ろうと大食いしてもすぐにお腹を下してしまう。 カロリーの高い食べ物を取ると下痢になるので太れない。 こんな悩みを抱えている痩せ型の人は少なくない。 せっかく太るために無理して大食いをしたのに、結局お腹を下すのでは食べまくった意味がないじゃないか。 そう思うのも無理はない。 事実、痩せ型の人は胃腸の処理機能が強くない。 強くないからこそ、一度にたくさん食べられないし、たくさん食べたとしてもうまく消化できないのだ。 では、痩せ型で胃腸が弱い人は一生太れないのかと言うと、そうでもない。 事実、 私はもともと46kgの体重を2年間で64kgまで増やすことに成功したのだ。 その時、役に立ったのは胃腸に負荷をかけない食事。 消化しやすい食べ物を調べて、ときには整腸薬も飲みながら体重を積み重ねていった。 今回はその知見から、 私が実際に食べてきた消化に良い食材や、 消化に良い食材の見分け方などをポイント別に紹介する。 健康的に太るためのヒントを並べているので、昔の自分と同じような人にはぜひ参考にしてもらいたい。 例えば食物繊維や発酵食品などは胃腸の弱い人だと逆にお腹の調子を悪化させる原因になってしまうこともあるので注意。 一つ目は、 健康にいい食べ物と消化しやすい食べ物が異なる点。 健康にいい食べ物と聞いてどんなものを思い浮かべるだろうか。 例えば、普通のご飯と比べて玄米は栄養豊富だったり、牛ステーキのようなお肉を食べた方が健康でいられるという話は耳にしたことがあると思う。 確かに、玄米や牛ステーキの栄養は高い。 でも、栄養が高い食品は消化によい食べ物とは限らない。 事実、 玄米と牛ステーキ( 部位による)は比較的消化にはよくない食材である。 なぜこれらの食材が消化によくないかは次の章に譲るが、ここで覚えておいてほしいのは 健康にいい食品=消化しやすい食べ物ではないということだ。 食べ過ぎは避けるべき:一度にたくさん食べても太れない 二つ目は食べる量について。 消化の良し悪しに関わらず、 一度にたくさんの量をまとめて食べても太るのは難しい。 詳しくは下記の記事で詳しく説明しているが、痩せ型の人は一度に多量の栄養を消化吸収できないので、せっかく無理して食べた大盛りご飯もバイキングも無駄になってしまう。 大切なのは、1日3食のような 決まった間隔で定期的に適量を摂取することなので、このページで消化に良い食材を知ったからといって、一度に食べ過ぎるのはやめてほしい。 どんな食べ物でも咀嚼する:飲み込みが一番良くない 最後、三つ目のポイントは 咀嚼することの重要性。 「しっかり噛んでから飲み込みなさい」とは言われるものの、私たちガリガリは 食事で辛いときにスープやお味噌汁で飲み込んでしまうことがあると思う。 でも、それはやってはいけないことだ。 口の中で細かくできなかった食材の処理は胃の中で処理されることになる。 口の中での咀嚼をサボればサボるほど胃の負担が増加してしまうのだ。 もともと胃腸の機能が弱い痩せ型の人ならなおさら、口の中でよく噛んで、胃の負担を下げてあげなくてはいけない。 以上、3つのポイントを頭に入れた上で、次は消化しやすい食べ物の見分け方を解説する。 食物繊維や脂がキーポイントとなっているので注意して見てほしい。 消化しやすい食べ物の見分け方 消化しやすい食べ物は次の特徴がある。 食物繊維が少ない• 脂が少ない• 食感が柔らかい• 大きさが小さい• 酸味や辛味などの刺激が少ない• 甘すぎず塩っぱすぎない 参考: 「言われてみれば確かにそうだ」と納得できるような特徴だと思う。 詳しい食材リストはこの後紹介するが、上の特徴に当てはまるようなものだと例えば、おかゆや豆腐などがある。 この特徴を反対にしたものが 消化しにくい食べ物の特徴である。 食物繊維が多い• 脂が多い• 食感が硬い• 大きい• 酸味や辛味などの刺激が多い• 甘すぎる・塩辛過ぎる 共通して、 咀嚼回数の多いものや刺激の多いもの=消化しにくい食べ物と言える。 補足情報 「食物繊維が豊富でお通じ改善!」や「キムチや納豆など発酵食品を食べて常在菌を増やしましょう」というのは、胃腸が普通の人向けの言葉なので気をつけてほしい。 胃腸で消化しきれないものが小腸から大腸まで到達して問題を引き起こすため、消化が難しい上のリストに該当する食材は減らしたほうがいい。 ベストなのは消化しやすい+エネルギーの多い食材 上の特徴を見ると、 消化しやすい食べ物は栄養があまりない食材の特徴と近いことが分かる。 例えば、おかゆや豆腐にはあまりエネルギーが含まれていない。 でも、このサイトやせ型ドットコムで注目したいのは、 太るための食事である。 次の章で紹介する食材は、 消化しやすい食品の中でも栄養が豊富な=太るために必要な食材なので、その点を理解して見てほしい。 筋肥大に役立つからといって、 プロテインを飲むとお腹を下してしまうという人もいるかもしれない。 でも、プロテインはそもそもたんぱく質の粉なので上で注意したような食物繊維や脂質、過剰な甘みは含まれていない。 では、なぜプロテインを飲むとお腹を下すのかというと、そういった経験のある人はプロテインを牛乳で割っているからかもしれない。 人によっては 乳糖不耐症という乳製品由来の糖分を分解できない体質の人がいるのであなたがそこに当てはまっている可能性がある。 よってプロテイン自体は消化に良い食品であり、上のような問題を抱えている人は 牛乳割りではなく、豆乳割りや水割りを試してみるのもいいかもしれない。 まとめ:消化をサポートする整腸薬を飲むのも一つの手 体重を増やすのが苦手なハードゲイナーの間で 強力わかもとやビオフェルミンを常用する人が多いように、消化にいい食品を摂ることに加えて、 整腸薬で胃腸の働きをサポートするのも一つの手だ。 まとめると、どんな食品を摂るにせよ、水で飲み込まずに口の中で咀嚼することが胃腸の負担を下げるのに重要な役割を果たすということを覚えてもらいたい。 食材選びよりも第一に咀嚼することが重要だ。

次の

消化不良はなぜ起こる?知っておきたい症状・原因・対処法とは|綺麗のトリセツ

消化 し やすい 食べ物

消化に良い食品:ヨーグルト ヨーグルトは消化に良いというイメージを 持っている人が多いと思いますが、その通りです。 ヨーグルトは牛乳を発酵させて作られているので 腸内にとって良い細菌が沢山含まれていて 腸の健康を維持してくれます。 このヨーグルトに含まれている良い細菌は プロバイオティクスと言い、 便秘や下痢など消化器系の問題を解決するのに 役立ちます。 スーパーで売られているヨーグルトを見ると 「プロバイオティクス含有」とパッケージに 記載されているものがありますが、 記載されていないものはプロバイオティクスが 含まれていない可能性が高いです。 ヨーグルトだからプロバイオティクスが入っている という訳ではありませんので、 ヨーグルトを選ぶ際は気を付けてください。 消化に良い食品:サーモン 個人的に意外だと思いましたが、 サーモンも消化に良い食べ物です。 サーモンに含まれているオメガ3脂肪酸は 腸内の炎症を減らして改善するのに役立ちます。 腸内の炎症を抑えることで 消化の働きも活性化されます。 消化に良い食品:ペパーミント ハーブの中のペパーミントの葉から生成される 油は消化器官の問題を改善するのに役立ちます。 ペパーミントオイルは胃の不快感を緩和したり、 便秘や下痢、過敏性腸症候群といった症状を 改善してくれます。 またペパーミントはリラックス効果もあるので、 仕事で忙しくストレスが溜まっている人は ペパーミントでリラックスしながら、 消化の働きも良くしてリフレッシュしてください。 まとめ 消化に良い食品・食べ物はいかがでしたか? 栄養豊富な食べ物をたくさん食べていても 消化器系に問題があると、 せっかく食べた物の栄養が身体に 吸収されなかったらもったいないですよね? 消化器官を改善することでお肌のトラブルを解消し、 お肌が綺麗になったりと、身体の他の問題の改善にも 繋がりますので、消化に良い食べ物を食べて 身体の隅々まで栄養を沢山届けましょう!.

次の

消化の良い食べ物一覧|レシピ・食べ方のコツ・コンビニで買う場合

消化 し やすい 食べ物

食べ物が消化されるまでに何時間かかるか知っていますか?もちろん食べた物や体調・体質によっても変わってきますが、 胃で消化される時間としては3~4時間ほどです。 食べ物が胃で消化され、小腸で栄養分が吸収されます。 さらに食べカスが大腸に送られて便となって排出されます。 食べ物が消化されてから排出されるまでの時間であればさらに長くなりますね。 また、食べ物によって消化時間はかなり違ってきます。 食べ物は何時間で消化されるのか、また、消化時間のはやい食べ物は何か詳しく紹介します。 体調の良くない時、下痢などでお腹を壊しているときなどは消化時間の短い食べ物を知っていれば体に負担をかけませんね。 参考にしていただければと思います。 食べ物は何時間で消化されるの? 食べ物がいで消化される時間 食べ物は食道を通って、胃に運ばれ、胃で消化活動が行われます。 だいたい平均すると3~4時間ですが、この時間は食べ物によっては2~8時間と大きく違ってきます。 胃にできるだけ負担をかけずに消化されるためには、 食べるときによく噛んで、食べ物と唾液を混ぜ合わせることが必要なのです。 唾液に含まれる消化酵素をしっかりと混ぜ合わせることが大切なのです。 ほとんどの親は子供に「よく噛んで食べなさい」というのはこのような理由があるからなのです。 こどもには、なぜ良く噛んで食べることが必要かを、わかりやすく説明してあげることです。 子供はよく理解したら、ちゃんと「よく噛んで食べる」ようになりますよ。 食べ物が小腸・大腸に滞在する時間は? 小腸で栄養吸収が行われるのは約7~8時間、さらに10~20時間ほどかけて大腸を通って排泄されるのです。 意外に時間がかかっていると思いませんか? 食べたときから排出されるまでは何時間かかる? 食べ物が口から入って排出されるまでの時間は、24~72時間にもなるのです。 食べた物や体調によってはなんと、100時間以上かかることもあると言われています。 消化に時間がかかる肉類や魚などのたんぱく質、バターなどの脂肪分を多く摂取していれば、食べ物が体内に留まっている時間が長くなるのです。 天ぷら料理ももちろん消化には時間がかかり、胃に滞在している時間だけで4時間もかかります。 スポンサーリンク 消化が良く、胃での消化時間の早い食べ物は何? 風邪などで体調をくずしたり、お腹の調子が悪いときは消化の良い食べ物を摂ることが大事だと言われますね。 以下、それぞれの食材100gあたりの胃での消化時間の目安です。 半熟卵:最も消化が良いと言われています。 それでも胃に滞在している時間は約1時間半分。 生卵:約2時間• 卵焼き:2時間15分• ゆで卵:同じ卵でも、ゆで卵は消化に悪い食べ物の代表のように言われていますね。 ゆで卵(100g)で約3時間もかかります。 卵黄が固まっているため消化に時間がかかるのです。 おかゆ(白米かゆ)と麦ごはん(100g):約1時間40分。 牛乳(100g):意外かもしれませんが、約2時間も胃に滞在しています。 水分なのに結構な時間委に留まっているのですよ。 うどん(100g):消化に良いことで代表的な食べ物ですね。 約2時間40分。 白米のごはん(100g):135分。 牛肉や豚肉などの肉料理(100g):2時間半~3時間半。 バター:最も消化に時間がかかる食べ物の代表です。 約50gのバターでは、胃での消化に約12時間もかかります。 まとめ 食べ物は、かなりの時間をかけて消化吸収されるのです。 胃に負担をかけない消化の良い食事はとても大切なのです。 胃に負担が大きい食べ物ばかり食べていると、胃は疲れて、消化状態も良くありません。 そのため便秘や下痢といった症状になることもあるのです。 体調が悪いときには、肉類や脂肪の多い食べ物は控えて、消化時間の早い食べ物を選ぶことはとても大切なのです。

次の