ちく し じ ょ が くえん 高校。 トップページ

筑陽学園高校・選手リスト

ちく し じ ょ が くえん 高校

来歴 [ ] 高校時代、2年次と3年次に福岡県の選抜に選ばれている。 JSL 所属の(現在の)に加入。 監督の元、、、らFW陣の一角として、スピードと突破力のあるウイングとしてプレー。 1982年にJSL選抜、で得点ランキング5位となり日本B代表にも選ばれた。 現役でプレーした10年間で準優勝2回、JSL1部優勝1回に貢献した。 現役引退後、1988年から筑陽学園高校監督に。 就任16年目の2003年に初出場および準優勝という快挙を成し遂げた。 教え子に、、、、、の安岡信一らがいる。 所属クラブ [ ]• 1980年-1988年 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 日本 リーグ戦 期間通算 フジタ JSL1部 6 フジタ JSL1部 フジタ JSL1部 6 フジタ JSL1部 フジタ JSL1部 フジタ JSL1部 フジタ JSL1部 通算 日本 JSL1部 112 19 総通算 112 19• JSL選抜(1982年)• 日本B代表 参考資料 [ ]• (福岡大学付属大濠高等学校同窓会) この項目は、に関連した です。

次の

筑陽学園

ちく し じ ょ が くえん 高校

筑陽学園高校(ちくようがくえんこうとうがっこう)は、筑陽学園高等学校 ちくようがくえんこうとうがっこう は、福岡県太宰府市にある、私立の男女共学校である。 運営法人は筑陽学園。 1923年九州家政女学校として創立。 1935年筑陽女学校と改称。 1944年実業学校令により、財団法人筑陽女子商業学校として発足。 1951年財団法人筑陽女子学園を学校法人筑陽学園に改組。 1965年筑陽女子高等学校と太宰府高等学校を統合し、筑陽学園高等学校(男女共学)と改称。 1979年普通科に特別進学クラスを編成。 1991年筑陽学園中学校(男女共学)を新設。 1993年創立70周年を迎える。 2001年普通科に特別進学Sクラスを編成。 2004年創立80周年を迎える。

次の

【夏の甲子園2019】筑陽学園高校野球部のメンバーと出身中学!西舘に注目!

ちく し じ ょ が くえん 高校

校風 [ ] 制服 [ ] 冬服 濃紺地の。 袖口と襟に3本の白色のラインが入る。 スカーフは黒色。 夏服 白色のセーラー服と紺色のスカート。 夏服・冬服に胸当てがついているのが中学生、ついていないのが高校生である。 胸当てのあるなしで中高一貫と高校コースの差別化は計られていない。 なお、スカートは何れも幅の広いウエストベルト部分があるハイウエストタイプのである。 この手のハイウエストの吊りスカートをセーラー服の下に穿く学校は九州地方に多い。 沿革 [ ] 筑前・筑後の寺院の共同経営であった福岡分教場が学制改革により閉鎖されたことで、分教場で教鞭をとってたが関係寺院や有志に、女子教育の大切さと女学校設立の必要性を説き、この跡地を受け継いで女学校を設立することに奔走した。 その結果、多くの賛同を得て、1907年3月4日、女学校の創設許可を得て、「私立筑紫女学校」と命名し初代校長に就任、同年4月11日に開校式を行う。 さらに同年4月19日、文部省の許可を得て「私立筑紫高等女学校」と改称、入学試験を実施して139名の生徒を入学させ、同年5月13日に開校する。 女子に須要な高等普通教育を施し、貞淑な女子を養成することを目的としており、校訓として「品性・勤労・質素」の三徳目を定めた。 年表 [ ]• (40年) - 私立筑紫高等女学校として開校。 (8年) - 筑紫高等女学校に改称。 (20年) - 財団法人筑紫学園の経営となる。 (昭和22年) - による新制度に準拠した 筑紫女学園中学校を開校。 (昭和23年) - 学制改革により、筑紫高等女学校を改組。 筑紫女子高等学校となる。 (昭和26年) - 学校法人筑紫女学園の経営となり、 筑紫女学園高等学校に改称。 (3年) - 中高一貫教育を開始。 教育組織 [ ] すべて普通科内コースの扱い。 特進コース(高校)• 進学コース(高校)• 中高一貫コース(内部進学者のコース) 教育方針 [ ] 建学の精神(校訓) [ ]• 自律(自己への目覚め)• 和平(他者への目覚め)• 感恩(生命への目覚め) 学校行事 [ ]• (釈尊の誕生日)• 体育活動 [ ] かつては、陸上や水泳などのスポーツでは全国トップクラスの実績を誇り、数々の選手を輩出した古豪である。 特に水泳では、高校女子競泳界で水泳王国と呼ばれて、では1965年に学校対抗で初優勝を果たした後、1972年・1974年~1977年(4連覇)・1979年の計7回の優勝を果たし、1970年代の黄金期を築いていた。 (1974年は地元の福岡での開催だった) 文化財 [ ]• 洗心庵• 香風亭 通学手段など [ ]• 生徒の主な通学手段• 鉄道: 、• バス:• このほか、自転車を利用する生徒も多い。 最寄り鉄道駅など:• 西鉄バス赤坂二丁目バス停・桜坂バス停・南薬院バス停・筑紫女学園前バス停(筑紫女学園前バス停は平日の朝で天神・博多方面行きのみ) 関連校 [ ]• 著名な出身者 [ ]• (競泳選手、銅メダリスト)• (陸上選手)• (陸上選手)• (陸上選手)• (法学者・上智大学教授)• (タレント・元アナウンサー)• (元アナウンサー)• (元アナウンサー)• (アナウンサー)• (歌手)• (モデル)• (歌手)中等部• (女優)• (女優)• 梶原麻莉子(タレント)• (アイドル )• (モデル)• (モデル)• (・ダンサー)• (バレリーナ・新国立劇場バレエ団員)• (・所属の男役)• 進藤久美子(元夫人)• (・選手)• (ニコラモデル)• (タレント・モデル・アイドル ・ )• (女優・アイドル ) 関連項目 [ ]• - - 外部リンク [ ]•

次の