お 彼岸 やってはいけない こと。 お彼岸「やってはいけないこと」2選!知っておくべきお参りのマナー | ココロータス

お彼岸とは?何をするの?お盆との違いは?

お 彼岸 やってはいけない こと

人生の一大イベントである 結婚式。 一人でも多くの人に参加してもらって、一言でも多くのお祝いの言葉をいただきたいと思っている方も多いでしょう。 そのため、 結婚式の日取りには結構迷ってしまうことも多いはずです。 1年間のスケジュール帳を見ていると、来てほしい人が全員集まれるような時など、一度もないのではないかというくらい、この社会は様々なイベントやシーズンがありますからね。 そして、色々と夫婦で相談をした結果、その日が 彼岸の時期にあたっていた・・・なんていう例も少なくはないでしょう。 しかし、 彼岸とは現世(此岸)とあの世(彼岸)が最も近づく時期で、お墓参りの一大シーズンであるとも言われています。 そんな時期に、人生最大のお祝い事とも言える 結婚式を挙げてもいいのでしょうか? 何となくお彼岸に結婚式というと、縁起が悪そうな気もしますよね・・・。 また、結婚式以外にも縁起のいいことをお彼岸に行ってもいいのかという疑問も湧きますね。 そこでこの記事では、「 お彼岸に結婚式を挙げてもいいか」「 お彼岸にしてはいけないこと」の2点について説明をしていきたいと思います。 結婚指輪 結論から言えば、 お彼岸に結婚式を挙げることについて、 問題はありません。 実際にそのようなカップルも一定数いますからね。 しかし、以下のような理由から 望ましくないとする意見もあります。 スケジュールを合わせづらい お彼岸は先述の通り、 お墓参りの一大シーズンです。 日頃は忙しく、なかなか故人のお墓参りに出かけられないという人も多く、だからこそお彼岸の時期だけはお墓参りに行ける 唯一のチャンスという場合もあります。 そういった人にとっては、お彼岸の時期に結婚式の招待を受けても、 どちらかを捨てなければならないことになるのです。 そのため、 招待客は若干集まりづらいと考えられます。 両親の了解を得づらい 高齢の方には、「 お彼岸にお祝い事なんてありえない」というような強い価値観を持っている人もいます。 そういう人を納得させるのは簡単な事ではありません。 両親との付き合いは、結婚式の後も当然続いていきますし、さらに言えば これまで以上に深い関係を築いていかなければなりません。 そう考えると、どちらかの 両親から反対を受けた場合には、 お彼岸を外して式の日取りを決めるのが賢明かもしれません。 もちろん、特段気にしない方や理解のある方であれば、問題ありませんね。 ざっとあげると この2つくらいしか、お彼岸の結婚式が望ましくないとする理由はありません。 お彼岸に結婚式を挙げると呪われるとか、離婚率が高いとかそういったデータは存在しませんので、特段気にすることなく、 お彼岸に結婚式を挙げてもいいでしょう。 むしろ、 お彼岸に結婚式を設定することには次のような メリットもあります。 予約が比較的取りやすい 基本的にはお彼岸に結婚式を積極的に予約するというカップルはあまりいません。 結婚式場というと、どこも予約がいっぱいでなかなか日取りが決まらないものなのですが、お彼岸はあまり 人気がない時期であるため、他の日程と比べると 予約を取りやすいのです。 料金が安くなることもある 結婚式場もビジネスですので、 予約の多少に応じて価格を上下することで、売上の確保を図っています。 先述のように、お彼岸は予約が埋まりにくい(=需要が少ない)ため、なんとか予約を埋めようとして 価格を下げるということもあるようです。 結婚式は何かと大きい費用がかかってくるので、少しでも抑えたいという場合には、むしろ お彼岸は狙い目と言えるかもしれません。 いずれにせよ、人生で最大の祝い事の1つと言える結婚式は、主役の新郎新婦が一番納得できる形で開催できるのが望ましいですよね。 ちなみに、実際にお彼岸に結婚式を挙げることになった場合には、友人等に招待状を送る際に、 注意が必要な点があります。 それは、お彼岸に結婚式を挙げることについての 説明をきちんと入れるということです。 やはり、社会通念上「お彼岸に結婚式なんてどうなの??」という印象を持たれる場合もなくはありません。 その疑念や抵抗感について、 一定の理解があり、なおかつその日に設定しなければならなかった理由についても分かりやすく記されていると、招待状を受け取った 相手の気持ちも少しは晴れやかなものになるでしょう。 お彼岸にしてはいけないこと 厳島神社の大鳥居 先述のように、 お彼岸はお墓参りや先祖供養の時期であり、なんとなくお祝い事はタブーのような感じがしてしまいますよね。 しかし、厳密に言うとお彼岸だからという理由で、 「これをしてはいけない」というものはありません。 それでも、 時期は少しでもずらした方が望ましいというようなことはいくつかあります。 それを簡単に紹介していきます。 神社参りなどの神事 昔から「仏事と神事は重ねてはいけない」という教えがあります。 神事というと、具体的には赤ちゃんのお宮参りや七五三など、神道に基づいて神主さんの取り仕切りのもとで行われる おめでたい行事が多いです。 一方で 仏事というと、葬式や法事、お墓参りといったように 死にまつわるものが多いです。 そのため、仏事にとって大切な日である 彼岸には、神事を行わないようにするのがよいのです。 入院のお見舞い お彼岸は、「死」や「あの世」というものを強く意識する時期になります。 そのため、入院している人へのこの時期のお見舞いは、非常に 縁起が悪いため、避けるのが無難です。 このほか、地域独自のタブーや親族内での タブーといったようなものもあるでしょう。 お彼岸に、 リスクを冒してまでわざわざそのようなことをする必要はありません。 基本的に、 お彼岸は先祖を供養するための日である、ということをしっかりと認識しておき、それに即した生活をしていれば問題ないです。 しかし、あまりに意識しすぎて自分をがんじがらめにしてしまうのもよくありませんので、いつも通り普通に、という過ごし方も私は悪くないのではと考えています。 まとめ この記事では「 お彼岸に結婚式を挙げてもいいか」「 お彼岸にしてはいけないこと」という2点を説明いたしました。 結論を言えば、 お彼岸だからと言って絶対にしてはいけないということに 特段決まりはありません。 しかし、お彼岸の時期に縁起のいいことを行うことに対しては、疑問を抱く方も一定数存在するということは、 しっかりと認識をしておいたほうがいいようです。 また、絶対にNGとは言わないまでも、 神事やお見舞いなどできるだけ避けた方がいいこともありました。 もちろん、スケジュールの都合上、どうしてもその日しか空いていないというような特別な事情がある場合には仕方ないかもしれませんが、別日程が可能ならば、そのようにした方がいいでしょう。 特に、 お見舞いについては、縁起が悪いのでむしろ 絶対NGという捉え方をしていいかもしれません。 受験生の前で「滑る」「落ちる」といったような言葉がダメなのと同じようなイメージですね。

次の

お彼岸に祝い事はNGか!?嫁として知っておくべきマナー

お 彼岸 やってはいけない こと

お彼岸とは お彼岸とは雑節の1つで、 春分の日と秋分の日を中日としたそれぞれ7日間の期間のことです。 仏教では特別な意味をもつ期間とされていて、お彼岸に合わせて法事を行う場合が多くあります。 お彼岸に行われる法事のことを彼岸会 ひがんえ と呼びます。 お彼岸の由来 サンスクリット語のパーラムが語源で、波羅蜜を意訳した至彼岸に由来しています。 私たちが過ごしている現世を此岸、迷いや煩悩を川に例えて、それを超えた向こう岸のことを彼岸と言います。 これは 涅槃 ねはん やニルヴァーナともいわれ、浄土思想でいわれる極楽浄土も彼岸に含まれます。 春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈みます。 極楽浄土は西方にあるとされているので、極楽浄土に思いをはせながら西に沈む太陽に礼拝したことがお彼岸の始まりです。 現代では先祖供養の意味合いが強く、本来の意味での礼拝や修行を行う期間としてはあまり行われません。 お彼岸の期間 自然をたたえ、生物をいつくしむ日が春分、祖先を敬い、亡くなった人々をしのぶ日が秋分の日として国民の祝日に定められています。 これらは彼岸の中日とされ、それぞれ前後3日を含む7日間がお彼岸の期間です。 昼と夜の時間が同じになる日が年に2回あり、それが春分の日と秋分の日に定められています。 そのため毎年決まった日付にすることはできないので、国立天文台が作成した年表をもとに、毎年の日付を決定します。 春と秋の違いは? 基本的に春と秋のお彼岸に違いはありません。 特にこれをしなければならないといった決まりもありません。 なので、忙しくて時間が取れない場合は、春にはお墓参りや仏具のお手入れを行い、秋には親族で集まり先祖を供養する、といった使い分けをしてもいいかもしれません。 現代では親戚一同が集まる機会も少なくなりつつあるので、どちらか一方にスケジュールを合わせることで、法事の調整を付けやすくなります。 お彼岸のお供えでは おはぎと ぼた餅を使いますが、これらは同じものです。 ぼた餅は牡丹が咲く春に、おはぎは萩の季節である秋に食べます。 そのためこれらの違いは食べる時期だけとなります。 お彼岸では何をする? お彼岸で行うことに厳密な決まりはありません。 風習やしきたりに従うこともできますが、何もしないことや、自分の修行を行う期間にすることもできます。 以下ではお彼岸に行うことで、代表的なものを紹介します。 お彼岸に何をするべきか迷った時は参考にしてみてください。 仏壇・仏具の手入れと掃除 お彼岸だからといって必ず行う必要はありませんが、普段よりも念入りに仏具の手入れを行うことで、より供養の念を持つことができます。 仏具の手入れをまず行うことで、その後のお墓参りや法事の準備を進めることもできます。 お墓参り 一般的にはお彼岸の期間中にお墓参りに行くことが多くあります。 通常のお墓参りと違い何か特別なことをする必要はありません、墓石の手入れや供養をいつもより念入りに行いましょう。 霊園や墓地によってはこの期間中に行事をする場合や、混雑の影響で日程の指定を行う場合があります。 そのため事前に確認を行う必要があります。 お彼岸のお供え物【花・おはぎ】 お彼岸のお供えにも決まりはありませんが、一般的にはおはぎや落雁といった食べ物、お花や故人が生前好きだったものをお供えします。 おはぎなどの食べ物 春にはぼた餅を、秋にはおはぎをお供えします。 お供えものとしてよく使われる、砂糖を固めたお菓子も一般的です。 神仏の力を取り入れるといった意味もあり、これらの食べ物をお供えした後は自分たちで食べることが一般的です。 またお供えをそのまま残してしまうと、墓石の汚れになってしまう場合や、カラスなどの野生動物を呼び寄せる一因ともなってしまうため必ず持ち帰る必要があります。 お供えの花 お彼岸のお供えでは、一般的に鮮やかで明るい色の花を使います。 特に決まりはありませんが、季節の花や故人が生前好きだった花を選ぶといいでしょう。 修行としての期間 お彼岸は本来、極楽浄土に思いをはせながら西に沈む太陽に礼拝したことに由来します。 また、煩悩を断ち切るために修行を行う期間としての一面もあります。 この修行のことを六波羅蜜といい、以下の6つを実践します。 これらを実践することで、煩悩を断ち切りさとりを開き、極楽浄土にたどり着けるとされています。 現代社会でこれら全てを実践することは難しく、修行僧でない一般人では行えないものもあると思います。 しかし厳密に全て行うのではなく、お彼岸の期間中だけでも行いやすいものを実践するといいかもしれません。 布施 見返りを求めず他社に施しを行う、一般的なお布施とは違い、金銭や物資に限らない。 持戒 道徳や戒律を守って過ごし、自らを戒める。 精進 常に努力し、ひと時も無駄にせず誠心誠意尽くす。 忍辱 いかなる辱めや苦痛を受けても、耐え忍ぶことで仏様の慈悲に通じる。 禅定 心を落ち着かせ、冷静に自分自身を見つめなおす。 智慧 正しい判断力をもって、物事の真実を見極める。 お彼岸のマナー お彼岸でお墓参りをする際や、法事を行う場合のマナーについて解説します。 一般的な法事と共通する部分もありますが、改めて確認することでマナー違反とならないよう心がけましょう。 お彼岸にやってはいけないこと 仏教的にはお彼岸の期間中にやってはいけないことはありません。 一般的にお墓参りや法事を行う期間なので、縁起が悪いと思いがちですが、お彼岸の期間中に結婚式などのお祝いごとをしても問題はありません。 しかしあまりふさわしくないとされることもあるので、代表的なものを紹介します 神事と同時に行う 仏事と神事を同時に行うのは良くないと考えられる場合もあり、神社や教会などへの礼拝はなるべく避けたほうがいいとされています。 お見舞い こちらも仏教的な決まりではありませんが、お彼岸はお墓参りや法事などを行うことから死を連想する人も少なくはありません。 この時期にお見舞いに来られても、あまり気持ちのいいものではないと受け取られてしまう場合があります。 お墓参りの服装やお供えの花について お参りの時のマナーや作法について解説します。 お墓参りの服装 お彼岸でお墓参りに行く際の服装は、 一般的な普段着で問題ありません。 ただし、あまりにも派手な服装や、露出の高い服装は避ける必要があります。 サンダルや派手な装飾品などもふさわしくないと判断される場合があるので避けましょう。 毛皮や革製品も、殺生を連想させるため好ましくないとされています。 お盆の時期には他の家族の方も多くお墓参りを行うので、普段以上に周囲に気を遣うことがマナーとされています。 お彼岸のお供えで選んではいけない花• トゲのあるバラなどの花• ツルのある花• 毒がある花 これらは不吉なものとされ、ふさわしくありません。 お供えの花を選ぶ場合は注意しましょう。 お彼岸のお供えで使うのし紙と表書き 一般的にのしは慶事の場合のみ使います。 お彼岸は慶事ではないので、のしのついていない 水引のみ書かれたかけ紙を使用します。 表書きには御供もしくは御仏前と書きます。 基本的には家族を代表して夫の名前のみを書き、親族の場合は苗字を書く必要はありません。 沖縄のお彼岸 沖縄でもお彼岸を行う文化はありますが、本州で行われるものとは少し違います。 元々沖縄にはお彼岸を行う文化はなく、本州から伝わる過程で独自の文化が作られたとされています。 沖縄と本州のお彼岸の違い 沖縄と本州でのお彼岸の大きな違いは• お墓参りを行わない• 此岸はイチミ、彼岸はグソーと呼ぶ この2点です。 沖縄では先祖のお墓とお仏壇が繋がっているとされています。 このため普段からお墓参りの代わりにお仏壇に向かって拝み、気軽にお墓参りを行うことはあまりよくないとされているため、お彼岸でもお墓参りには行かない場合が多くあります。 沖縄ではこの世に生きている人のことを生身と書いてイチミと呼び、亡くなった後にたどり着くあの世のことを後世と書いてグソーと呼びます。 このため、本州でいう此岸はイチミ、彼岸はグソーと置き換えられて呼ばれます。 沖縄では風葬を行う文化がありました。 風葬は山で行われその山を後世山とよんでいたため、本州のように彼岸は川の向こうにあるのではなく山にあると考える人も多くいます。 沖縄のお彼岸で行うこと 沖縄では、春分の日のお彼岸以降に屋敷の御願と呼ばれる儀式を行う地域が多くあります。 この屋敷の御願は、家の中に神々が居る場所を順にめぐって拝む儀式です。 火の神とされるヒヌカン• 家の四隅に居るユンシヌカミ• 門に鎮座するジョウヌカミ• トイレに居るフールヌカミ• 家の中央に居るナカジンヌカミ これらを上から順にめぐり、家内安全や家の繁栄を願い祈ります。 まとめ お彼岸は春と秋の2回あり、仏教では重要な日とされています。 春分の日と秋分の日を中日とし、それぞれ7日間がお彼岸の期間です。 現世を此岸、迷いや煩悩を川に例え、向こう岸を彼岸と言います。 彼岸のある西に向かって礼拝したことがお彼岸の始まりとされています。 春と秋のお彼岸に違いはありません。 何かを行わなければならない決まりもないので、自分や家族の都合のいいように使い分けることもできます。 お彼岸の期間中は一般的に、仏具の手入れ、お墓参り、六波羅蜜を意識した修行などを行います。 お彼岸の期間中にお祝い事を行っても問題はありませんが、神事と同時に行ったりお見舞いなどは避ける必要があります。 沖縄のお彼岸は本州で行うものと異なり、一般的にお墓参りは行いません。 沖縄では彼岸のことをグソーと呼びます。 以上お彼岸についての解説でした。

次の

お彼岸にしてはいけないこと!しても良いこと!

お 彼岸 やってはいけない こと

Contents• お彼岸とは そもそもお彼岸とは一体どういう意味なのでしょうか? 「彼岸」というのは、仏教の言葉で 「極楽浄土」という意味です。 極楽浄土というは、煩悩のない悟りの世界のことを言います。 仏教では、ここにわたしたちのご先祖さまは、いらっしゃると考えられています。 三途の川を挟んで一方には、この彼岸があり反対側には わたしたちがいる「此岸」があると言われています。 そして、「彼岸は西に、此岸は東にある」とも言われています。 そのため、太陽が真東から昇って、真西に沈むと言われている 春分の日と秋分の日の頃に、太陽が真西に沈む時、手を合わせることで 極楽浄土に拝むことになると考えられているのです。 お彼岸は、春分の日と秋分の日を真ん中の日として、前後3日間の合計7日間ずつあります。 2018年の場合は、このような期間です。 神事に関すること 2. お見舞い 3. 魚釣り 神事に関すること(神前結婚式・お宮参り) 神事に関することというのは、カンタンに言うと 「神社で執り行うこと」です。 例えば、神式の結婚式や赤ちゃんのお宮参りなどです。 昔から 「仏事と神事は一緒に行わない」という考えがあります。 仏事というのは、お墓参りやお葬式などです。 お彼岸では、ご先祖さまの供養としてお墓参りをすることが一般的になってきました。 そのため、 お墓参りをするお彼岸と赤ちゃんのお宮参りを一緒にしてしまうと 「仏事と神事を一緒に行うこと」になってしまうのです。 ちなみに、 お墓参りをした日と別の日にお宮参りをすることは問題ありません。 お見舞い お見舞いは神事ではありませんが、避けた方が好ましいです。 お彼岸は喪中ではないので、縁起が悪いわけではないのですが、 「ご先祖さまの供養」という言葉が、どうしても「死」をイメージさせてしまいます。 スポンサーリンク お彼岸でもやって大丈夫なこと お彼岸は、喪中ではありません。 そのため、先ほどお話した「やってはいけないこと」以外のことは問題ありません。 結婚式 先程述べた「神前結婚式」ではない結婚式なら、お彼岸に挙式しても大丈夫です。 ただ、ご年配の方は「お彼岸の結婚式は縁起が悪い」と考えている方もいらっしゃいます。 それに、お彼岸はお墓参りに行く予定の方が多いので、迷惑に感じるかもしれませんね。 結納 たとえば、「結納」もお彼岸の間でも大丈夫です。 しかし、お彼岸はお墓参りをする方が多いため 予定が合わせづらい可能性が高いです。 予定が合うのであれば、お彼岸でもお祝いをしても問題ありません。 引っ越し 他にも「引っ越し」もお彼岸にしても大丈夫です。 近くのお引越しならまだしも、遠くのお引越しであれば1日で終わらないものもあります。 その場合は、お墓参りの予定と被らないようにしっかり調整しましょう。 新車の納品 また、「新車の納品」も大丈夫です。 新車の納品に至っては、神事でもなければ、予定の調整が難しいものでもないため お彼岸に行ってもなんの問題もありません。 まとめ いかがでしたでしょうか? お彼岸について、おわかりいただけましたでしょうか? 今回の内容をカンタンにまとめると、.

次の