クレジットカード ana マイル。 クレジット機能なしのANAカードでマイルは貯まるか?

ANAマイルが貯まる最強クレジットカードを比較!専門家のおすすめをランキング形式で紹介

クレジットカード ana マイル

年会費をしっかり抑えつつ、 国内線の特典航空券を狙いたいあなたにおすすめのANAカードは、• PASMOチャージ、定期券購入で マイルが貯まる• 東京メトロ利用をするだけで マイルが貯まる(定期区間外)• Amazon、楽天、ヤフーショッピングなど ネットショッピングで高還元率• 毎年1,000マイルプレゼント• フライトマイルが 10%UPする ソラチカカードは、ANAと東京メトロがコラボした、空(ソラ)でも地下(チカ)でもマイルが貯まるANAカード。 ANAカード入門にぴったり。 ソラチカカードの最大のメリットは、 定期券購入・PASMOオートチャージでマイルが貯まること。 45マイル」。 55マイル」! 他にもたくさん普段使いできるネットショップが登録されているので、マイルをどんどん貯めることが出来ます。 さらに、カード継続で 毎年1,000マイルプレゼントがもらえるのも嬉しいポイント。 ソラチカカードの詳細は「」へ。 実施中の入会キャンペーン• ポイントが 無期限で貯められる• ANAグルール利用なら 100円=2. 5マイル貯まる• 毎年1,000マイルプレゼント• フライトマイルが 10%UPする• 国内28空港39ヶ所、ホノルル空港の 空港ラウンジが同伴者1名含め無料で使える• スーツケース 宅配無料• 充実の 国内・海外旅行保険• アメックスの充実の サポートデスクが利用できる ANAアメックスの最大のメリットは、 ポイントが無期限で貯められること。 通常、ANAマイルは3年が有効期限なので、国際線の特典航空券を狙うためには、かなりの決済額が必要。 それが 、ANAアメックスなら期限を気にせずにマイルを貯めることができる! マイルを無期限で貯めることができるカードでは、最安値。 しかも、ステータスカードで有名なアメックスブランド。 空港ラウンジが使えたり、 スーツケース宅配が無料になったり、 海外での日本語サポートが充実しているなどポイント以外の特典も充実。 期限を気にせずにマイルを貯められるので、国際線の特典航空券を狙うにはおすすめの1枚です。 ANAアメックスの詳細は「」へ。 実施中の入会キャンペーン• ポイント還元率は 最大1,000円=70マイル!(通常1,000円=10マイル)• マイル 移行手数料無料• 毎年2,000マイルプレゼント• フライトマイルが 25%UPする• エコノミー利用でも ビジネスクラスチェックインカウンター利用可能• 国内28空港の 空港ラウンジが無料で使える• 充実の 国内・海外旅行保険• ゴールドデスクのサービスを受けられる ANA VISA ワイドゴールドカードは、年会費を抑えて、空港ラウンジなどゴールドカード特典も使いたい方にピッタリな1枚。 ANAゴールドカードの中で、最安値でありながら、 ゴールドカードの特典はしっかり得られるので、とてもコストパフォーマンスが良いANAカード。 ポイントUPモールには、Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなど、とにかく大量のインターネットショッピングサイトが登録されているので、使い勝手もいいです。 とにかくマイルが貯まりやすい1枚なので、メインカードにぴったり。 フライトマイルも25%のボーナスマイルが付くので、飛行機に良く乗る方にもおすすめです。 ANA VISA ワイドゴールドカードの詳細は、「」へ。 実施中の入会キャンペーン• ポイントが 無期限で貯められる• ANA航空券やANAツアー利用なら 100円=3マイル貯まる• 毎年2,000マイルプレゼント• エコノミー利用でも ビジネスクラスチェックインカウンター利用可能• 国内28空港39ヶ所、ホノルル空港の 空港ラウンジが同伴者1名含め無料で使える• スーツケース 宅配無料• 充実の 国内・海外旅行保険• ANA航空券や ANAツアーをよく利用する人なら、どんどんマイルが貯まるため、 旅行するたびにまた旅行に行くチャンスが増える! ANAアメックス同様、もちろんカードに貯まる ポイントは無期限。 空港ラウンジが使えたり、 スーツケース宅配が無料になったり、 海外での日本語サポートが充実しているなどポイント以外の特典も充実。 期限を気にせずにマイルを貯められるので、ANA航空券やANAツアー利用が多い方におすすめの1枚です。 ANAアメックスゴールドの詳細は「」へ。 実施中の入会キャンペーン• ポイントが 無期限で貯められる• ポイント還元率は 最大100円=10. 5マイル!(通常100円=1マイル)• 毎年2,000マイルプレゼント• マイル 移行手数料無料• フライトマイルが 25%UPする• エコノミー利用でも ビジネスクラスチェックインカウンター利用可能• 国内外750か所以上の 空港ラウンジが無料で使える• スーツケース 宅配無料• 高級 レストラン半額• 充実の 国内・海外旅行保険• ダイナースの充実の サポートデスクが利用できる 1番の強みは 、マイルが良く貯まり、無期限であること。 通常の利用は、100円=1マイルと他のANAカードと変わらないのですが、ダイナースクラブポイントモールを利用すると 最大「100円=10. 5マイル」貯まります。 ヤフーショッピング、楽天市場、ANAのツアー旅行、JTB、楽天トラベルなどなど普段使いできるオンラインショップが揃っているので、とにかくマイルが貯まります。 クマもダイナース入会後半年でヨーロッパに行けるだけのマイルが貯まりました。 しかも、それが 無期限で貯められる。 もちろん、ダイナースカードもアメックス同様、ステータスカードとして有名なので、特典も充実。 国際線ビジネスクラスの特典航空券を狙うならおすすめの1枚です。 ANAダイナースカードの詳細は「」へ。 実施中の入会キャンペーン お得な入会キャンペーンからANAカードを選ぶなら 現在実施中のANAカード入会キャンペーンのまとめは、「」へ。 スーパーフライヤーズカードのおすすめ ANAの上級会員を永久に持ち続けることができる、夢のようなスーパーフライヤーズカード(SFC。 そのスーパーフライヤーズカードのおすすめは、「」でまとめています。 学生用ANAカードのおすすめ 学生なら、学生用ANAカードが年会費在学期間中無料でお得! 学生用ANAカードのおすすめは、「」でまとめています。 ANAカード比較表 一般カード カード名 年会費 税別 家族カード 税別 移行手数料 税別 2,000 1,000 6,000 2,000 1,000 6,000 2,000 1,000 5,000 7,000 2,500 6,000 5年無料 5年無料 無料 2,000 1,000 6,000 2,000 1,000 5,000 2,000 なし 6,000 2,000 1,000 6,000 カード名 ポイント還元率 100円=) 更新ボーナス 搭乗ボーナス 0.

次の

マイルとは?クレジットカードでマイルを貯める方法をご紹介!Credictionary

クレジットカード ana マイル

前回は、JALマイルをお得に貯められるクレジットカード「JALカード」の選び方を紹介しました。 今回は、ANAマイルを効率的に貯めたい場合に、持っておきたい「ANAカード」を取り上げます。 参考記事: JALカード同様に、ANAカードもANA便に搭乗するたびにボーナスマイルが加算されるほか、普段の買い物で効率よくマイルを獲得することができます。 ただ、JALカードはJALのグループ会社が発行しており、ショッピングの際にも直接JALマイルを貯められるのに対し、ANAカードは提携しているカード会社の発行になります。 こうした特徴も踏まえつつ、ANAカードを選ぶ際のポイントを紹介します。 (本記事内の価格表記は基本的に税込です)• 【1】ANAカードとは、「ANAマイレージクラブ」にクレジット機能が搭載されたカード ANAが運営するマイレージサービス「ANAマイレージクラブ」の会員になると、搭乗距離に応じてマイルが貯まり、貯めたマイルは国内線・国際線の特典航空券への交換や国際線の座席のアップグレード、提携会社のポイントなどに交換できます。 この「ANAマイレージクラブ」の会員機能に、クレジット機能が付いたものを「ANAカード」と言います。 グレードに応じて、「一般カード」「ワイドカード」「ゴールドカード」「プレミアムカード」の4種類に大別されます。 このほかに、29歳以下を対象に年会費が5年間無料となる「JCBカード ZERO」、学生向けで在学中の年会費が無料の「ANAカード(学生用)」があり、条件に当てはまる人は、年会費無料でANAカードを持つことができます。 【2】すべてのANAカードに共通する9つのメリットとは? ANAカードはグレードが上位のカードほど年会費は高くなり、特典内容は充実していきますが、ベースとなる特典は同じです。 共通する主要な9つの特典は以下のとおりです。 メリット1:入会時に1,000〜10,000のボーナスマイル ANAカードに入会すると、もれなくボーナスマイルがもらえます。 JALカードも入会ボーナスがありますが、もらえるのは「入会後初めての搭乗時」。 ANAカードの場合、搭乗の有無に関係なく付与されるのはメリットと言えるでしょう。 マイル数はグレードごとに以下のとおりです。 一般カード:1,000マイル ワイドカード:2,000マイル ゴールドカード:2,000マイル プレミアムカード:10,000マイル メリット2:継続時に1,000〜10,000のボーナスマイル 毎年のANAカード継続時(更新時)に、ボーナスマイルがもらえます。 こちらも、JALカードは「毎年、初めての搭乗時」に付与されますが、ANAカードは搭乗の有無に関係なく継続するだけで付与されます。 マイル数はグレードごとに以下のとおりです。 たとえば「一般カード」会員が羽田—那覇を「ANA SUPER VALUE」運賃で利用した場合、通常のフライトマイル738マイルに加え、ボーナスマイルとして10%分相当の73マイルが加算され、片道計811マイルが貯まります。 付与率は、グレードごとに以下のとおりです。 5〜1. 「一般カード」「ワイドカード」では通常、「1,000円=1P=5マイル」を貯めることができます。 有料の「10マイルコース」(後述しますが、カード会社によって年間5,500円〜6,600円)を選ぶと、「1,000円=1P=10マイル」のレートにアップします。 「ゴールドカード」と「プレミアムカード」には、これらの有料コースに無料で加入できます。 マイル還元率は、グレードごとに以下のとおりです。 一般カード:0. メリット5:家族間でマイルを合算して利用可能 家族それぞれが貯めたマイルを合算して使える「ANAカードファミリーマイル」も便利なサービスです。 登録できるのは、ANAカード本会員と生計を同一にする配偶者および親、子供。 18歳以上はANAカードの本会員または家族会員、18歳未満および18歳の高校生はANAマイレージクラブ会員であることが条件です。 ひとりで無料特典航空券と交換できるだけのマイルを貯めるのは難しい場合でも、家族分のマイルを合算することで達成しやすくなります。 メリット6:1000万円〜1億円の海外旅行傷害保険・国内航空保険が付帯 ANAカードには、本会員・家族会員ともに海外旅行傷害保険が付きます。 中身も充実しており、旅費などの支払いにカードを使っていなくても、自動的に適用される「自動付帯」を基本としています。 海外旅行保険の最大の補償額はグレードごとに以下のとおりですが、保険を重視する人は、より補償が充実した上位グレードのカードを検討するのがよいでしょう。 割引率は以下のとおりです。 機内販売は、マイル獲得の優遇サービス「ANAカードマイルプラス」対象になっているので、クレジットカード会社のポイントとは別に100円=1マイル(プレミアムカードは100円=2マイル)が貯まり、お得です。 【3】国際ブランドで異なる、マイル移行の手数料や方法 冒頭で説明したとおり、ANAカードはいずれも、いったん貯めた各カード会社のポイントをANAマイルに移行する仕組みとなっています。 2020年2月時点で、ANAカードは以下のカード会社・国際ブランドで発行されています。 ・JCB(国際ブランド:JCB) ・三井住友カード(国際ブランド:Visa/Mastercard) ・アメリカン・エキスプレス(国際ブランド:アメリカン・エキスプレス) ・三井住友トラストクラブ(国際ブランド:ダイナース) 移行にかかる費用や方法はカード会社・国際ブランドで異なるので、確認しておきましょう。 (1)JCB:「1P=10マイル」で移行するには、年間5,500円の手数料が必要 JCB ブランドのANAカードでは、毎月の利用合計額1,000円(税込)ごとにOkiDokiポイントが1ポイント貯まります。 OkiDokiポイントをマイルに移行する際、以下の2つのコースから選ぶことができます。 また、グレードが上位の「ANA JCB ワイドゴールドカード」「ANA JCB カードプレミアム」、そして「ANA JCBカード(学生用)」は、「10マイルコース」が無料で利用できます。 (2)Visa/Mastercard:「1P=10マイル」で移行するには、年間6,600円の手数料が必要 三井住友カードが発行する、VisaおよびMastercardブランドのANAカードは、毎月の利用合計額1,000円(税込)ごとにワールドプレゼントが1ポイント貯まる仕組みとなっています。 ワールドプレゼントをマイルに移行する際、以下の2つのコースから選ぶことができます。 なお、上位グレードの「ANA VISAワイドゴールドカード」と「ANA マスターワイドゴールドカード」は「10マイルコース」に、「ANA VISAプラチナ プレプレミアムカード」は「15マイルコース」に、それぞれ無料で利用できます。 「JCB」と「Visa/Mastercard」はどちらが低コスト? 「10マイルコース」のマイル移行手数料で比較すると、JCBは年間5,500円なのに対し、Visa/Mastercardは6,600円。 年会費は同額のため、JCBのほうが割安に見えますが、Visa/Mastercardの国際ブランドで発行している三井住友カードには年会費の割引サービスがあります。 これはWeb明細サービスを利用すると、次年度の年会費はゴールドカードで1,100円引き、それ以外のカードで550円引きになるというもので、この点も加味して選んだほうがよいでしょう。 複数年にわたってマイルを貯める場合、「自動以降」より「都度移行」がおすすめ また、JCB、Visa/Mastercardともに、ポイントをマイルに移行するタイミングは以下の2つから選ぶことができます。 自動移行:一度登録すれば、それ以降は、毎月自動的に貯まったポイントをマイルに移行 都度移行:自分の好きなタイミングでポイントをマイルに移行 手続き不要で、ポイントの失効を防げる「自動移行」ですが、「10マイルコース」を選んだ場合、毎年、移行手数料が必ず発生します。 そのため、1年を超えるスパンで目標マイルを貯めようとしている場合には、移行した年のみに手数料が発生する「都度移行」がおすすめです。 たとえば2年かけて目標マイルを貯めようとする場合、最初の年については、貯めたポイントはそのままにして(移行手数料を払わず)、2年目に移行手数料を支払い、手続きを行えばムダな費用を抑えられます。 ANA航空券の購入に利用した場合、一般カードで2. 5倍、ゴールドカードで3倍のポイントを獲得できます。 ANAマイルに移行するには、年間6,600円の「ポイント移行コース」に参加する必要があります。 ポイントの有効期限がなく、移行手数料は無料なのはメリットと言えるでしょう。 自動移行ではなく、好きなタイミングでマイルへの移行が可能です。 ブランドごとの移行に関わる費用などを表にまとめました。 【4】ANAカードはグレードに応じて4種類に大別 ANAカードの4つのグレードと、どういった利用方法が適したカードなのかについても見ていきましょう。 それぞれの特徴を最初に表にまとめました。 (1)一般カード:ANA便利用が年に1、2回程度の人に向いた1枚 「一般カード」には、以下の国際ブランドのANAカードがあります。 ・JCB(年会費2,200円) ・Visa/Mastercard(年会費2,200円) ・アメリカン・エキスプレス(年会費7,700円) 「入会時」「継続時」「搭乗時」に付与されるボーナスマイルは上位カードと比べて低くなりますが、ショッピングの際のマイル還元率は、グレードがひとつ上の「ワイドカード」と差がありません。 そのため、ANA国内線の利用が年に1,2回にとどまり、ショッピング利用を中心にANAマイルを貯めたい方は、この「一般カード」が適しているでしょう。 (2)ワイドカード:搭乗ボーナスが2倍以上。 定期的にANA便を利用する人向け 「一般カード」と「ゴールドカード」の中間に位置する「ワイドカード」には、以下の国際ブランドのANAカードがあります。 ・JCB(年会費7,975円) ・Visa/Mastercard(年会費7,975円) 「一般カード」との大きな違いは、「入会時」「更新時」「搭乗時」のボーナスマイルが2〜2. 5倍付与され、海外旅行保険も最高5000万円と、補償が充実する点です。 ただ、ショッピングにおけるマイル還元率は、「一般カード」と差がありません。 (3)ゴールドカード:「1P=10マイル」のレートでの移行が無料で利用可能 「ワイドカード」をバージョンアップさせた「ゴールドカード」には、以下の国際ブランドのANAカードがあります。 ・JCB(年会費15,400円) ・Visa/Mastercard(年会費15,400円) ・アメリカン・エキスプレス(年会費34,100円) ・ダイナース(年会費29,700円) 「ワイドカード」との大きな違いは、5,500〜6,600円かかる「10マイルコース」が無料で利用できるため、決済時のマイル還元率は1%になること。 また、国内を中心に主要28空港にあるカードラウンジも利用可能です。 海外旅行保険の死亡・後遺障害の補償が5,000万円〜1億円となり、より充実した保険を求める方に向いたカードと言えます。 (4)プレミアムカード:年会費は高額も、ANAラウンジの利用など最高級のサービス 最上位のグレードである「プレミアムカード」には、以下の国際ブランドのANAカードがあります。 ・JCB(年会費77,000円) ・Visa(年会費88,000円) ・アメリカン・エキスプレス(年会費165,000円) ・ダイナース(年会費170,500円) 年会費も高額ですが、各種ボーナスマイルも突出しており、新規入会・カード継続時にそれぞれ10,000マイル、搭乗時もフライトマイルの50%分が追加されます。 このほか、世界各地の1,400以上の空港ラウンジを対象とした「プライオリティ・パス」を無料で利用できるほか(別途申し込みが必要)、ANA上級会員およびプレミアムクラス利用者を対象にした「ANAラウンジ」も利用可能です。 最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯されていることに加え、コンシェルジュのサービスも付帯しており、ANA便で海外によく行く人や上質のサービスを求める人に向いたカードです。 ただ、JALカードのプラチナ(年会費34,100円)と比べても年会費は高額で、付帯サービスが自分にとってどこまで利用価値の高いものなのか、冷静に見極める必要があるでしょう。 【5】おすすめANAカード3選<一般カード編> それでは、筆者がおすすめする具体的なカードを紹介します。 ひんぱんにANA便を利用する人以外は、年会費が手頃な一般カードから選ぶのが無難な選択になります。 そこで、一般カードの中から特におすすめの3枚をピックアップしました。 (1)ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード:陸マイラーの人気ナンバーワン 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」は近年、飛行機に乗らずして、ショッピングを中心にマイルを貯める「陸(おか)マイラー」の間で、圧倒的な人気を集めている1枚です。 三井住友カードが東急と提携して発行しており、国際ブランドはMastercard。 年会費は2,200円(初年度無料)ですが、Web明細サービスを利用すると1,650円に割引されます。 人気の理由は、カード会社が発行するポイント(ワールドプレゼント)だけではなく、各種ポイントサイトの利用や、東急グループでの買い物を通じて「TOKYU POINT」を貯められることにあります。 陸マイラーはもちろん、東急沿線に住んでいる人にとっても、マイルが格段に貯まりやすいカードです。 (2)ANA VISA Suicaカード:Suicaユーザーなら、持っておきたい1枚 「ANA VISA Suicaカード」はANAカードとSuicaが一体となったカードです。 三井住友カードがJR東日本と提携して発行しており、国際ブランドはVisa。 年会費は2,200円(初年度無料)ですが、Web明細サービスを利用すると1,650円に割引されます。 オートチャージも利用可能なので、Suicaをよく利用する人には最適な1枚と言えるでしょう。 ただ、家族カードの発行に対応しておらず、Suica定期券機能もないのには注意が必要です。 (3)ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード):低コストで、東京メトロのポイントも移行可能 「ANA To Me CARD PASMO JCB」はANAカードとPASMO、東京メトロのポイント機能が一体化した1枚。 JCBが東京メトロと提携して発行しており、年会費は2,200円(初年度無料)です。 メリットのひとつとして、ほかのカードと比べてマイル移行手数料が安いことがあげられます。 すでに紹介した、Mastercard/Visaブランドである上記2枚のマイル移行手数料が年間6,600円なのに対し、JCBブランドのこちらは5,500円です。 東京メトロを利用する機会が多い人や、低コストでANAカードを使いたい人におすすめの1枚です。 【6】おすすめANAカード2選<ゴールドカード編> 出張や旅行で飛行機を利用する機会が多い人は、「ゴールド」など、グレードがより上位のカードが候補に入ってきます。 また、ANA国際線エコノミークラスの利用でもビジネスクラスカウンターが利用できるのも、隠れたメリット。 プラスアルファの特典が充実した上級カードの中から、特におすすめの2枚を紹介します。 通常6,600円かかる「10マイルコース」が無料で利用できるため、「1,000円=ワールドプレゼント1P=10マイル」となり、マイル還元率は1%になります。 このほか、国内の主要空港ラウンジを無料で利用できたり、最高5000万円の海外・国内旅行傷害保険および最高300万円のショッピング保険が付帯していたりと、ゴールドカードならではのサービスが魅力の1枚です。 カード利用代金をWeb明細に切り替えると、年会費が14,300円に割引されるので、こうした質の高いサービスを少しでも安く利用したい方におすすめの1枚です。 年会費は「ワイドカード」が7,975円で、「ゴールドカード」は15,400円。 「ゴールドカード」は「10マイルコース」が無料で利用できるうえ、国内主要空港ラウンジが利用可能です。 これらの点を考慮すると、筆者としては、約7,400円の年会費の差を考慮しても、「ゴールドカード」のほうが利用価値が高いと考えます。 【7】おすすめANAカード<プレミアムカード編> ANAカード最上位の「プレミアムカード」。 最も安いカードでも年会費が77,000円と、非常に高額ですが、最高級のサービスを求める方は検討してもよいでしょう。 ANAカードのプレミアムカードのうち、おすすめの1枚を紹介します。 ANA VISAプラチナ プレミアムカード:マイル還元率1. 5%で、高級レストランでの優待も 「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」は三井住友カードが発行し、年会費は88,000円。 年会費77,000円の「ANA JCB カードプレミアム」と迷うところですですが、マイル還元率は「1,000円=1ポイント=15マイル」と1. 年会費が約8万円高い「ANAダイナース プレミアムカード」と同率なのは大きな魅力です。 東京・大阪を中心に約100店舗の高級レストランでの優待(2名以上のコース料理を利用すると1名分が無料)や、世界の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が家族会員にも無料発行できるのは、JCBにはないメリットと言えるでしょう。 【8】ANAマイラーのためのサブカード2選 ANAカードをメインカードとしたときに、あわせて持ちたい、おすすめのサブカード2枚をピックアップしました。 どちらも年会費無料なので、気軽に申し込むことができます。 1 楽天カード:マイル還元率0. マイル付与率は0. また、ANAマイルの有効期限は36か月なのに対して、楽天スーパーポイント(通常ポイント)の有効期限は実質無期限。 マイル利用のタイミングで、ポイントをまとめてマイルに移行することで、失効のリスクを防ぐことができます。 【9】ANAマイルのお得な使い道は? (1)最もお得な使い道は、特典航空券への交換 最後に、貯めたANAマイルの使い道を紹介します。 最もお得なのは、特典航空券への交換。 国内線は片道5,000マイル、国際線は往復12,000マイルから交換可能です。 国内線・主要路線の特典航空券の必要マイル数(片道)は以下のとおりです。 国際線・主要路線の特典航空券の必要マイル数(往復)は以下のとおりです。 「ローシーズン」は閑散期、「レギュラーシーズン」は中間期、「ハイシーズン」は繁忙期を指します。 ゴールデンウイークやお盆、年末年始などは「ハイシーズン」となり、より多くのマイルが必要です。 (2)希望の特典航空券が取れないときは、「ANA SKY コイン」に交換を 最もお得な特典航空券への交換ですが、予約枠は限られています。 特に、繁忙期に人気路線の予約を取るのは至難のワザ。 そこで、次善の策としておすすめなのが、ANAの航空券やツアー購入に使える「ANA SKYコイン」に交換することです。 1コイン=1円として、10コイン単位でANA国内線・国際線航空券の購入や、ANAトラベラーズでのツアー代金支払いに利用できます。 ANA SKYYコインの有効期限は1年間(交換日より12カ月後の月末)。 航空券やツアーをキャンセルした場合は、払い戻し手数料や取消手数料を差し引いた分が払い戻されるので、安心して使うことができます。 (3)マイルの期限が切れそうなときは、提携各社のポイントに交換を 有効期限が切れそうなマイルがあるときや、旅行に行く時間が取れないようなときは、他社ポイントへの交換という道も残されています。 マイル数別に、交換商品の一例を紹介します。 ANAカードは4つに分かれたグレードはもちろんですが、国際ブランド(発行カード会社)によっても年会費・マイル移行手数料が異なってきます。 この点が、JALカードに比べても、自分に合ったカードを選ぶのを難しくしています。 ANAマイルを貯めようとしている方で、ANA便利用が年に1、2回にとどまるなら「一般カード」を選ぶとよいでしょう。 ただ、その際も、5,500円〜6,600円の手数料は発生しますが、移行レートが2倍になる「10マイルコース」は不可欠なオプションになります。 ANA便を定期的に利用する方は、1万円を超える年会費を負担しても、「ゴールドカード」などの上級カードが候補に入ってくるでしょう。 ご利用上の注意• 本記事は情報の提供を目的としています。 本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。 本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。 したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格. kakaku. html)にご同意いただいたものとします。

次の

ANA vs JAL!マイルが貯まるクレジットカードを比較

クレジットカード ana マイル

決済用メインカードにとって最重要なこと 決済だけで爆発的にマイルを貯める事は難しいものの、ANA陸マイラーとして決して外せないのが「クレジットカード決済」によって得られるマイル。 毎月20万円決済したとして年間240万円ですから、100円=1マイルとすればこれだけで24,000マイルもGetできます。 日本-ハワイのANA特典航空券が35,000マイルなので(ローシーズン)、もう少し頑張れば決済マイルだけで毎年ハワイに行くことだって可能です。 毎月20万もムリ・・・とお考えの方も多いでしょうが、 カード決済できるものを全て1枚のカードに集約すれば、そこそこいいところまでは届くはず。 毎月のスマホ代、電気代、ガス代、ガソリン代、日々の買物、プロバイダー費用、NHKなどなど、細かいところを全て積み上げていくことが重要です。 私など、コンビニでコーヒー1杯買うときも迷わずクレジットカードで決済しています。 最近のクレカは電子マネーも搭載しているので、レジで後ろに多くの人が並んでいても決済に時間がかかることもありません。 そう考えると、 日々の決済に使うメインカードに最も求められる機能としては、決済でどれだけマイルが貯まるのか、 マイル還元率が最も重要になってくるわけです! ANAマイルを貯めるならやっぱりおすすめ「ANAカード」 ANAマイルを貯めるのは別にANAカードでなくてもできますが、 これからマイルを貯めていこうとする初心者が選ぶならANAカードが間違いなくベストです(初心者でなくてもANAカードを選んで間違いありません。 現に私も決済用のメインカードはANAカードです)。 なんといっても ANAマイルを貯めることにある意味特化したカードですからね、当然と言えば当然です。 また、「ANAマイルを貯める」=「今後ANAの飛行機を利用する」ということになると思います。 この時に使える ANAカードにしかない「便利なサービス」もありますから、ANAマイラーなら1枚は持っておくべきカードでもあります。 ANAカードだけの便利な機能• 機内販売10%OFF• ANA FESTA 5%OFF• ANAカードマイルプラス 機内販売10%OFF・・・機内でしか買えないANAオリジナル商品とか結構そそられるものがあったりしますよね。 ANAカードで決済すれば自動的に10%OFFです。 国際線だと魅力的な免税品も販売されてますが、これらも更に10%OFFとなります。 私は普段値引販売が全くされていないBOSEのノイズキャンセリングヘッドホンを国際線の機内販売で購入しましたが、かなり安く買えてホクホクだった記憶がありますね! ANA FESTA 5%OFF・・・空港にあるANA系列のお土産ショップ 「ANA FESTA」での買物が5%OFFになります。 これは結構頻繁に使いますし便利!3,000円のお土産を買えば150円安くなるので、ちりつも・・・ですがバカにできません。 私はかなり頻繁に利用します。 MEMO2019年4月1日決済分以降は、「ANA FESTA」もマイルプラスの対象となります。 そこで、 旅ガエル独自の視点からベストな1枚を選び出してみようと思います。 ANAカードには「一般カード」「ゴールドカード」「プレミアムカード」と三種類のクラスあって、更にその中にもたくさんの種類のカードが存在しています。 3~1. 年会費が異常に高いプレミアムカードは除外• メインカードとしてどこでも決済したいのでブランドは 「VISA」か 「Master」• コンビニ等の少額決済でも利用できる 「 後払い型」の電子マネーが搭載されていること• カード 年会費の割引制度で年会費を少しでも安くしたい 「年間500万円以上クレジットカード決済するような既に成功者の方」、「国内線ANAラウンジの利用に年会費に見合う魅力を見いだせる方」、「プレミアムカード独自の機能やステイタスに年会費に見合った魅力を感じる方」以外はプレミアムカードを所有するメリットはないと思います。 海外での利用を考えるとどうしても 「VISA」か 「Master」に行き着きます。 AMEXは海外でもそこそこ使えますが、 ダイナースなど海外では全く使い物になりません(元ダイナース所有者なので実体験に基づく個人的感想です)。 JCBもハワイなど「日本人が多く行く主要な観光地」であれば使えることも多いですが、「VISA」や「Master」に比べると使えないお店に珍しくなく遭遇します。 海外で「何だよ使えないのかぁ~」になりたくないなら、絶対に「VISA」「Master」ブランドを強烈にオススメします。 搭載されている 電子マネーは 「後払い型」でないとかなり不便です。 EdyやSuicaなど事前チャージが必要なタイプだとチャージ自体手間ですし、残高を気にしておく必要もあって正直面倒ですね。 簡単な条件を満たせばカード年会費が割引かれる制度があると、カードのデメリットを大きく低減させることができます! これら全ての条件を満たすものを選択すると下記の5枚のカードだけとなりました。 ここから先は、この5枚のカードに対象を絞って話を進めて参ります。 Suicaを使う場面が多いなら「ANA VISA Suicaカード」、ポイント移行ルートとして「nimocaルート」を使いたいなら「ANA VISA nimocaカード」、東急百貨店系列の利用が多く見込まれる方なら「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」といった具合に選べばよいと思います・・・という解説が2019年5月までは該当していました。 ・・・が、 2019年6月に突然「TOKYUポイントルート」が開通したことによって、やなどのポイントサイトを使ってマイルを貯める方は 「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が最も望ましいです。 このカードを持っていると、下のポイント交換ルートを使えるようになります。 重要なのは、「一般カード」にするか「ゴールドカード」にするかの選択です。 これはなかなか悩むところが大きいのです。 結論から先に言うと、 年間100万円以上決済するならゴールド です。 これからその理由を説明しますね。 マイル還元率は、一般カード100円=0. 5マイル、ゴールドカード100円=1マイルと説明しました。 年間100万円決済したとすれば、一般カード=5,000マイル、ゴールドカード10,000マイルとなりますね。 その差5,000マイル。 しかしゴールドカードは年会費が高いわけですから、得られるマイル数だけで優劣は付けられません。 割引制度(マイペイすリボに登録して、年間1回でもリボの利息(1円でもOK)を意図的に発生させる)をフルに利用すれば一般カードは751円(税別)、ゴールドカードは9,500円(税別)にまで年会費を抑えることができるので、その差8,749円(税別)。 ザックリ9,000円の差として考えましょう。 マイルの価値は、一般的には1マイル=2円と考えるのが妥当なので、 年間100万円決済で得られるマイルの差が5,000マイル=10,000円の価値と捉えることができます。 そうすると、年会費の差額9,000円はこの時点で十分ペイすることができました。 年間100万円の決済といっても月に換算すれば約83,000円ですから、全く不可能な数字ではありません。 毎月支払う固定費(スマホ代、電気代、ガス代、ガソリン代など)だけでもそこそこの金額になるのではないかと思います。 なお、選び出した「一般カード」でも、10マイルコース移行手数料(6,000円(税抜)/年)を追加で支払うことで100円=1マイルのレートに変更することができます。 そうすると751円+6,000円の年会費でゴールドカードで得られるマイルと同じだけのマイルを獲得できるようになりますから、3,000円程安い年会費で済ませることも可能です。 しかし、 ゴールドカードには、一般カードにはないメリット (しかも飾りだけのメリットでなく実際に使えるメリット) がたくさんあるため、それを考慮すれば「10マイルコース移行手数料」を追加で支払うよりもゴールドカードを最初から選んだ方が遙かによいです。 15~0. 3マイル加算 100円=0. 参考にして下さい。 1,000マイル=2,000円の価値ですから、「一般カード+10マイル移行コース」との年会費の差額はこの時点で殆どないと考えてよいと思います。 実はこれメリット大!年末年始やお盆の時期などはチェックインカウンターがかなり混み合います。 ビジネスクラスチェックインカウンターは一般カウンターより遙かに空いているので、チェックインの待ち時間を大幅に減らすことが可能です。 普通に利用すると1,000~1,500円程度の費用がかかります。 ソフトドリンクサービスもあったりするので使えるとやっぱり便利ですよ。 旅ガエルもちょくちょく利用します。 ゴールドカードは(必ずしも十分な内容とまでは言えませんが)治療費用も150万円まで対象となっており安心できます(しかも自動付帯)。 一般カードからSFCカードへの切替はその時点で再度クレジットカード会社の審査があるため、SFCの条件を満たしていてもクレジットカード会社の審査を通過できなければ所持することができません。 一方、ゴールドカードの場合は単純にSFCへの切換が可能で、切換時点でのカード会社の審査はありません。 よって「SFCの条件を満たしたにも関わらずカードの審査に落ちてSFCカードを発行できない」という笑うに笑えない状況を回避できます。 将来的にSFCへの入会を考えている方は最初からゴールドカードを所有するのがベストな選択だと思います。 このボーナスポイントは、ゴールドカードの場合、1P=3マイル(100円=0. 3マイル)のレートでANAマイルに交換できるので、通常ポイントと合わせると、「100円=1. 3マイル」のレートとなります。 即ち、割引制度を利用して年会費を9,500円(税別)まで抑えた上で、100円=1. まとめ 結局、ANA陸マイラーにとって一番のオススメカードは 「ANA VISA ワイドゴールドカード」又は 「 ANA Master ワイドゴールドカード」となりました。 上記では100万円以上の決済を前提としましたが、 年間40~50万円程度しか決済しない場合でも、トータルでみると損はしないと思います。 MEMOなお、ゴールドカードを選択する場合でも、ポイントサイトを使ってマイルを貯める場合には、併せて一般カードの「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」の発行もしておきましょう。 【ANAカードの最高峰「ANAカードプレミアム」だけに絞って比較した記事はこちら】 ANAカードに入会するなら「マイ友プログラム」を利用しよう! このプログラムに登録してからANAカードを発行すると、 たったそれだけで 「最大5,500マイル」もらえるという非常に有難いプログラム。 利用しない手はありません。 通常入会ボーナスマイルと合わせると無視できないレベルのマイルを頂くことができますよ! 発行するカードの種類によって、プレゼントされるマイルは異なりますが、この記事でオススメした「ANA VISAワイド ゴールドカード」なら 「 2,000マイル」もいただけます。 プレミアムカードなら驚愕の「5,500マイル」!一般カードでも「500マイル」です。 あとは普通にANAカードを申し込むだけでOKです。 注意 ・既にANAカードを持っている人や過去に持っていた方は対象となりません。 ・マイ友プログラムのボーナスマイルは、発行したANAカードが手元に届いて約10日後までに積算されます。 ・から登録した日から3カ月以内に入会しない場合は、対象外になります。 ・オンライン入会でも紙の申込書での入会でも対象になります。 ・ポイントサイト(、など)を経由しての申込みもOKです。 その「決済額の壁」を突き破ってそれ以上にANAマイルを貯める方法が一つだけあります。 それについてはこちら2つのページに詳しく纏めたので、興味がある方は是非お読み下さい! おまけ2 カード自体には全く魅力はありませんが(個人的感想)、「ANAアメックスゴールドカード」「ANAアメックスカード」がほぼ常時行っている 強烈な入会キャンペーンを利用してANAマイルを大量に獲得することができます。 年会費がかかりますがそれ以上に元が取れるので、1年間だけ保有するというのもアリではないでしょうか? 興味ある方はこちらの記事をどうぞ! おまけ3 ANAカードの年会費を「無料以下」にしてしまう裏ワザを見つけました! 興味ある方はこちらの記事に纏めています! おまけ4 年会費は少しかかるけど、ANAカード以上に「ANAマイルが貯まる」+「毎年リッツカールトンで無料宿泊できちゃう」という夢のようなカードもあるよ! 興味ある方はこちらの記事に纏めています! 最後までお読み下さりありがとうございました。 by旅ガエル.

次の