お彼岸 意味 由来。 お彼岸の由来とは? 2020年春・秋のお彼岸はいつ?

お彼岸の意味は?墓参りやおはぎを食べたりお供えする理由は?お盆

お彼岸 意味 由来

参考タイトル:国立天文台 令和2年(2020年)暦要項 URL: お彼岸の意味や由来を教えて! 彼岸とは元々仏教用語であり、 煩悩 ぼんのう を脱した悟りの境地を意味しています。 煩悩とは、精神の乱れや悩みなどの悟りを妨げる作用の事を意味します。 さらに 三途の川を挟んで我々が住んでいる世界の 此岸 しがん に対して、対岸の仏様の世界を『 彼岸』と言います。 つまり彼岸とは、様々な煩悩を克服し、悟りの境地に達する事ができる様に、仏道の修行に励む期間という意味合いもあるのです。 昔は普段仏道に修行を行っていない人も、彼岸の7日間だけは西に沈む夕日に祈りを捧げていたようです。 秋分の日、春分の日に沈む太陽を拝むということは、 西にあるといわれる 極楽浄土に向かって拝むことになると伝えられています。 そして春分の日と秋分の日は、此岸と彼岸が通じやすくなるので、先祖供養に最適な日という考え方となりました。 現在の日本で耳にするお彼岸とは、悟りを開く仏道修行というより、お墓参りやお供え物をすることにより、ご先祖様を供養することが多いのかもしれません。 お彼岸のお墓参りについて教えて!いつ行くの?しきたりは? お墓参りに行くべき日として、ご先祖様が帰ってくるとされるお盆がありますが、 お彼岸もお墓参りをする時期として考えられています。 ですからお彼岸はできるだけお墓参りをいたしましょう。 でも住んでいる場所からお墓が遠くにある場合など、どうしてもお墓参りができない場合もあることでしょう。 その場合は、 次の様な方法でご先祖様を供養いたしましょう。 しかし、お墓の近くに住んでいる人ばかりではないので、 時間に拘らず午後からでもよいでしょう。 お墓参りには特別な、しきたりはありませんが、仏教の宗派によってお供えする物が異なる場合がありますので事前に調べておきましょう。 また服装についても決まりはありませんが、当然ながらお墓の周りの掃除や草取りもする場合がありますので、カジュアルな服装でもよいでしょう。 ただしお墓が山間部にある場合は、蚊や毛虫、蜂やムカデなどの害虫や蛇などもいる場合があるので、真夏でも長袖と長ズボンが望ましいでしょうね。 合同の法要に参列されるの場合は、服装は正装された方がよいでしょう。 お彼岸の墓参りのお供え物は何がいいの? 通常のお墓参りのお供え物の定番といえば お花と お線香ですね。 あと故人が好きだった物はお供えされる方が多いですね。 春のお彼岸には『 ぼたもち』、秋のお彼岸には『 おはぎ』が、定番となっています。 ただし、お供えしても食べ物なので、後で持ち帰るようにしましょう。 後日悪臭となったり、カラスや野良犬のエサになる場合も多いからです。 ぼたもちとおはぎの起源を調べるてみると、江戸時代には既に、ぼたもちやおはぎをお供えし食べる習慣があったそうです。 当時は邪気を払う風習がありましたが、小豆 あずき には災いから身を守る厄除けの効き目があると考えられていたようです。 春のお彼岸は『ぼたもち』の由来は、春に咲く 牡丹 ぼたん の花から来ています。 秋のお彼岸は『おはぎ』の由来は、秋に咲く 萩 はぎ の花から来ています。 この二つは違う食べ物かというと、そうでもないんですね。 材料は同じですが形は多少異なっており、ぼたもちは大きめの小判型、おはぎは小さめの俵型をしているのが一般的です。 ぼたもちがこしあんでおはぎが粒あんです。 これは原料の小豆の収穫時期がちょうど秋のお彼岸と重なることから、一番美味しい獲れたての小豆の風味を活かせるように秋のお彼岸はおはぎは粒あんとなりました。 春のお彼岸のぼたもちは、小豆の皮が硬くなるという劣化を感じにくいように、こしあんになりました。 江戸時代・明治時代・大正時代・昭和初期までは、原料となる小豆や白米や砂糖はとても高価な貴重な物でした。 この貴重な原料を使って作った『ぼたもちやおはぎ』をご先祖様にお供えしたくらい、お彼岸は重要視されていたようです。 まとめ お彼岸は春分の日と秋分の日の前後3日間をいいます。 春分の日や秋分の日は昔からこの世の此岸とご先祖様がいる彼岸が、一番身近で大事な日として考えられてきました。 お墓参りやお供え物をして、ご先祖様を供養する日となっています。 お供え物で代表的な物である『ぼたもちとおはぎ』についてお話させていただきましたが、地域によって原料に違いがある場合もございます。 最後に、このような素晴らしい日本の伝統文化がいつまでも末永く続いてほしいですね。

次の

知っておきたいお盆の意味!由来や歴史を教えて!

お彼岸 意味 由来

Contents• お彼岸の意味と由来 お彼岸の意味 お彼岸は年に2回ありまして、春と秋の「お彼岸」が存在します。 春のお彼岸は春分の日(3月)を中日として、前後3日間を合わせた7日間です。 秋のお彼岸は秋分の日(9月)を中日として、前後3日間を合わせた7日間になります。 仏教の言葉である彼岸は、煩悩を脱した悟りの境地という意味があるのです。 ・煩悩(ぼんのう)…心身を悩ませて悟りの境地を妨げる事です。 彼岸は人間の苦しみなどの原因である煩悩がない悟りの境地である極楽浄土を指します。 また、仏道の修業を積む期間という意味もあるようで、修業を行わない人は太陽に祈りを捧げるみたいです。 春分の日と秋分の日は太陽が真東から真西に沈み、この日は極楽浄土があると言われるため西を拝むようです。 お彼岸は一般的にお墓参りをする期間で、お寺では住職が法事を行っている地域もあります。 お彼岸の由来 彼岸の語源は、サンスクリット語のパーラミター(波羅蜜多)を古代中国語で訳した到彼岸からです。 パーラミターは完成や成就という意味があり、それが仏道の様々な修行において達成されるという意味になったのです。 お彼岸は、悟りの世界へ導かれた霊の供養と成仏出来ない霊を彼岸の地へ導くために祈る日でもあります。 春と秋のお彼岸は各7日間あり、真ん中の中日はご先祖様に感謝を捧げる日です。 あとの6日間はお釈迦様が善の心である六波羅蜜(ろくはらみつ)が各日に位置付けられます。 ・六波羅蜜…この世に生かされたまま、仏様の境涯に到るための六つの修行を指します。 ・波羅蜜…彼岸に到ることです。 1日目は布施(ふせ)、2日目は自戒(じかい)、3日目は忍耐(にんたい)、中日(4日目)は供養(くよう)、5日目は精進(しょうじん)、6日目 は禅定(ぜんじょう)、7日目は智慧(ちえ)です。 お彼岸の時期 お彼岸は、春分の日と秋分の日の中日を含めた前後3日間の合計7日間です。 彼岸は西方浄土と呼ばれていて、西にあると考えられています。 太陽が沈む西に祈りを捧げますが、真東から真西に沈む春分の日と秋分の日が良い日だと言われているようです。 これは国民祝日に関する法律で記載されている春分の日(生物を慈しむ日)、秋分の日(先祖を敬い、亡くなった人を忍ぶ日)との意味が、お彼岸に反映しているみたいです。 お彼岸とお盆との違い お盆は亡くなったご先祖様の霊が浄土から此岸(しがん)に戻ってくる期間です。 ・此岸(しがん)…我々が住んでいる世界。 ・彼岸(ひがん)…向こう側の仏様の世界。 お盆の入りの日は迎え火で霊をお迎えて、お盆明けに送り火で霊をお送りします。 しかし、お彼岸はご先祖様の霊が戻ってくる日ではなく、此岸に近付く日になります。 また、お盆の時期は8月13日から16日ごろの地域が多く、7月の地域もあるようです。 お彼岸もお盆も、お墓参りやお供えをしてご先祖様を供養する共通点はあります。 しかし、ご先祖様が近付くお彼岸と此岸に戻ってきて彼岸に送るお盆とは異なるようです。 お彼岸とお盆は日本古来の信仰や風習が結びついた行事といえるでしょう。 お彼岸のお供え物 定番のお供え物 お彼岸の期間には、家族や親族でお墓参りなどをする家庭も多いと思います。 また、お仏壇のお掃除やお供えをしてするでしょう。 お彼岸の際には三角形のピラミッドのようにお団子を積み重ますが、これを「彼岸団子」といいます。 更にあんこでくるんだお餅もお供えをします。 春のお彼岸では牡丹(ぼたん)の花に見立てたぼた餅と、秋のお彼岸では萩の花に見立てたおはぎがあり、季節の花で呼び方が変わっているようです。 ちなみにぼた餅はこしあん、おはぎはつぶあんになっているみたいですが、地方によって違いはあります。 あんこに使用される小豆(あずき)には、悪い物を追い払う効果があるようです。 また、農業にとっても大切な季節である春と秋に小豆(あずき)を食べる事で悪いものを払い、豊作を祈る意味も込められています。 自宅以外へのお供え物 お彼岸に実家や他家などにするお供え物には、これといった品物の決まりはありません。 一般的に日持ちのする品が良いようで、様々な物が選ばれています。 定番のそうめんなどの乾物・饅頭・ようかん・最中やおかき・焼き菓子・ゼリーなど多くの人気品があります。 ぼたもちやおはぎも大丈夫ですが、日持ちしないのでその場に合わせて選んだ方が良さそうです。 また、缶ジュースや缶ビールなどは日持ちするものなので、良いでしょう。 自宅で行われる場合や他家で行われる場合によって、お供えする物は変わりそうです。 お彼岸にお供えするお花 お彼岸にお供えするお花の代表格は菊ですが、他にもカーネーション・ヒャクニチソウ・ストック・キンギョソウ・アイリス・キンセンカ・リンドウ・キンセンカ・ケイトウなどあります。 春や秋の各季節に合った花を使うのも良いとされているようです。 一般的に白色系の花が多いですが、鮮やかな色の花をお供えする事もあります。 ただし、地域や宗派によって異なるので事前に調べておく必要があるみたいです。 お彼岸はお盆と違う部分が様々ありましたが、なかなか説明するのは難しいですね。 お彼岸も春と秋が分かれているので、各時期でお墓参りなどご先祖様を供養しましょう。

次の

お彼岸の意味

お彼岸 意味 由来

お彼岸におはぎ,ぼたもちを供える理由や違い はおはぎ ぼたもち をお供えする伝統があります。 をしおはぎをお供えし、仏壇にもおはぎをお供えしたりとの定番ですが、このおはぎの由来は仏教とは別にあるということをご存知でしょうか? 今回はお彼岸におはぎをお供えすることに関する豆知識や、おはぎとほぼ同じ見た目で名前が違うぼたもちという和菓子との違いなどについて解説いたします。 春のお彼岸のぼたもちと秋のお彼岸のおはぎ と二度やってくるお彼岸ですが、「お餅をあんこで包んだ和菓子」として一般に知られるおはぎはでお供えするとぼたもちと呼ばれ、でお供えするとおはぎと呼ばれます。 このおはぎとぼたもちはそもそも同じものだった物を季節によって名称を変えました。 春の彼岸の時期に旬を迎える牡丹の花から、牡丹餅と書いてぼたもち。 秋の彼岸の時期に旬を迎える萩の花から、御萩と書いておはぎ。 それが「お餅をあんこで包んだ和菓子」をおはぎと一般的に呼ぶようになりますが、地域によっておはぎとぼたもちには区別があったり、和菓子屋さんでも区別があったりします。 簡単におはぎとぼたもちの違いにはどんなものがあると言われているかご紹介します。 おはぎとぼたもちの違い おはぎとぼたもちの違いについては、マナー本や日本の伝統についての解説などを見ても様々な違いがあると言われていますし、地域や和菓子屋さんによっても違いがあると考えられるのでここにあるのはあくまで一般的な説です。 「おはぎがつぶあん」で「ぼたもちがこしあん」説 最も一般に知られるのは、おはぎとぼたもちのあんこが粒あんかこしあんかという説です。 この違いが生まれた原因はあんこの収穫をするのが秋で、収穫したてで皮が柔らかいので粒あんにしておはぎを作ります。 一方で、冬を超えて皮が固くなった小豆を利用して作るぼたもちは、皮をそのまま使うことができないことから、皮を剥いでこしあんにしたと言われます。 ただこの違いは多くの和菓子屋さんでは見られず、粒あんもこしあんも「おはぎ」として販売しているのがほとんどです。 また春彼岸の間にぼたもちを販売する大手の和菓子屋さんでも粒あんもこしあんもぼたもちと呼んだりと一定しません。 「おはぎが小ぶりの俵型」で「ぼたもちが大きい丸型」説 おはぎとぼたもちの違いで次に知られるのは、大きさと形です。 前述の通り、同じお餅をあんこで包んだ物ですが、それぞれ名前の由来となる花の形に合わせて大きさや形を変えているといわれます。 上の花が萩の花で、下が牡丹の花です。 この写真を見ると、萩が細長く小ぶりで、牡丹が大きく丸いお花であることがわかりますね。 ただし、和菓子屋さんで今日見られるぼたもちがこの形に合わせているかどうかと言うと、一概には言えません。 他のおはぎとぼたもちの違いに関する説 他にも地域などによって様々なおはぎとぼたもちの区別については見られます。 その一つが皆殺しと半殺しという物騒な違いです。 この違いは餅米をお持ちにする時に米粒を完全につぶしたお餅にするのか、米粒が残った状態のお餅にするのかで呼び名が変わります。 「おはぎがはんごろし」で「ぼたもちがみなごろし」と呼ばれるのですが、お彼岸の由来や日本人がお米一粒一粒に神様が宿るなどと迷信を言って大事にしていたことを考えるとこれは一般的な違いとは言えないでしょう。 他にもきなこをまぶしているものがおはぎと呼びあんこをぼたもちと呼ぶなど様々なありますが、多くの場合今ではほとんどおはぎと呼びます。 そのため、ここからはおはぎとぼたもちと呼ぶのではなく、同じものとして統一しておはぎと呼びます。 お彼岸におはぎをお供えする理由・由来 お彼岸におはぎをお供えするようになったのは江戸時代頃とされます。 おはぎに利用する小豆の魔除けの効果 日本では小豆は魔除け・厄災除けや無病息災の力があるとして、お彼岸やに食されて来たものです。 この魔除けの効果があることからおはぎに小豆が利用されるようになったと言います。 なぜ魔除けの効果がある小豆を利用するようになったかと言うと、お彼岸がと二度やってくることにも関係しています。 お彼岸にお墓参りやお仏壇におはぎをお供えし、先祖供養をするようになったのは、春のお彼岸と秋のお彼岸の中日のとに太陽が真西に沈むことと関係します。 お釈迦様の 亡くなられた 時、お釈迦様は西に顔を向けられていたといわれます。 その顔の向きの理由はその先に仏の世界、つまり彼岸があるからだと考えるようになります。 日本に仏教が伝来すると、日本ではこの彼岸という西にあるあの世に向かって太陽が沈むとはあの世の彼岸とこの世の此岸が近づく日と考えるようになります。 あの世に近づくとを中日に、前後3日ずつの計7日間をお彼岸と言い先祖供養をするようになるのですが、あの世と近づくことから魔除けの力がある小豆を使った食べ物のおはぎを江戸時代頃からお供えするようになったと言います。 ちなみに、その他にも様々な説があって、おはぎには砂糖を利用するのは江戸時代には高級品だった砂糖をお供えすることは先祖への感謝の気持ちを込めてということを表現しているとも言われます。 本来は日本古来の祖霊信仰・農耕文化 お彼岸におはぎをお供えして先祖供養をするという文化は仏教の根付いている世界の多くの国を見ても日本だけの文化です。 ではなぜお彼岸に先祖供養をする文化が日本があるのかと言うと、春分の日と秋分の日前後に行っていた豊作を願って神様や祖霊にお供え物をする儀礼が後に仏教の行事となっていたことが考えられます。 後に太陽が真西に沈むからあの世が近くなって…という解釈が行われるようになりますが、そもそも春のお彼岸と秋のお彼岸と言って春と秋にするのは農業の始め 農耕の準備 と農業の終わり 収穫の時期 だからと言われます。 一年間の豊作を願って、田の神や祖霊にお供え物をし、一年間の豊作の感謝のために田の神と祖霊にお供え物をするという文化が日本にはありました。 後に神道では死を忌むことから、仏教が先祖供養の役割を担うようになり、今では七五三は神道行事、葬儀などは仏教行事とごちゃごちゃになるようになります。 お彼岸はこの仏教が先祖供養の役割を担うようになったことから発展し今に至りますが、お彼岸のお供え物のおはぎはそのルーツをたどると、日本古来の祖霊信仰・農耕文化にあるのです。 ちなみいお彼岸の期間である7日間というのは、仏教のという教えに由来していて、様々な信仰が混ざって今のお彼岸となっています。 このあたりについてはこちらで詳しく解説しています。 おはぎはお彼岸のいつ頃お供えするか お彼岸のいつお墓参りをしたり、お仏壇におはぎをお供えするかについては厳密に決まりはありません。 春のお彼岸と秋のお彼岸のそれぞれ中日 春分の日と秋分の日 にお墓参りをするのが良いとも言われますが、他の日であっても特に問題ありません。 春分の日と秋分の日についてはこちらで詳しく解説しています。 また、お彼岸のお墓参りについてはこちらで詳しく解説しています。 お彼岸のおはぎは手作りする家庭も ご家庭によってはおはぎを手作りする家もあると思います。 そういった伝統がある家にはその家独自のルールなどもあるのかもしれませんが、ここでは一般的なおはぎの作り方について簡単にご紹介します。 お彼岸のおはぎの作り方 おはぎを仮にあんこのスタンダード4つにきなこをまぶす4つの形8個作るとして、簡単な作り方の説明です。 材料は以下の通りです。 小豆 150g• 塩 少々• きなこ 大さじ3杯• 砂糖 大さじ1杯• 塩 少々 作り方は以下の通りです。 お餅を作ります。 小豆あんを作ります。 小豆はよく水を吸うので絶えず水に浸るようにする。 小豆が指でつぶれるほど柔らかい状態になったら、小豆とゆで汁に分けて、フードプロセッサーで豆を入れ、ゆで汁も入れて撹拌する。 上記で撹拌したものを鍋に入れて白双糖、塩を入れて弱めの中火でヘラで練りながらねっとりとして艶が出てくると完成• 一般的なおはぎは上記のお餅をあんこで包んだ物にし、きなこのおはぎはあんこをお餅で包み上からきなこをまぶします。 こちらのページを主に参考にしながら一般的なおはぎの作成についてご紹介しました。 参考: ちなみに、おはぎは夏は「夜舟」冬は「北窓」と呼ぶ習慣もあります。 これは冬のイメージの強いお餅つきをせずにおはぎは作られたことから、「いつお餅を ついたのかわからない つきをしているのに気づかない 」という言葉をもじって、夜船がいつ 着いたかわからないので「夜船」、北向きの窓では 月に気づかないので「北窓」というようになったそうです。 おはぎ以外のお彼岸のお供え物についてはこちらで詳しく解説しています。

次の