子犬 うんち が ゆるい。 犬が便秘になる4つの理由と解消法。実はトイレの環境が問題?|犬の総合情報サイト ペットスマイルニュースforワンちゃん

子犬が下痢をする4つの原因!元気はあるけどウンチに血が混ざる・ゼリー状な時の対処法は?|わんこの本音とドッグフード

子犬 うんち が ゆるい

子犬の下痢、柔らかいウンチを止める方法 さゆり さん 子犬 2ヶ月 を飼っています。 最近ウンチが柔らかくて、下痢っぽくなりました。 ブリーダーさんから来たときは、ちゃんと硬いウンチでした。 エサが多いのかと思い量を減らしたり、乳酸菌のおやつを与えると、ゆるいウンチが少し良くなりました。 粉ミルクもあり、一緒にあげるとやっぱり下痢っぽくなります。 柔らかいウンチを治し、下痢を止める方法を教えてください。 子犬は我が家にやって来て1週間くらいです。 環境が変わったからなのでしょうか。 先ほど私の留守中にうんちをしたらしく、それを踏みケージ内がすごいことに。 小さい足で軽く踏んだだけで、グチャグチャになる柔らかさです。 一応形はあるのですが、軟便です。 下痢する以外はの症状は、すごく元気で走り回り、私の後を追いかけてきたりします。 エサはブリーダーさんが使っていたものと同じもです。 いつもタオルやペットシーツなどを噛んだり引っ張たり一人遊びしてるのですが、ストレスで噛んでいるのかと心配です。 やわらかいウンチや下痢の原因は、環境の変化か虫 リトル さん 生後2ヶ月の子犬という事ですが、質問主さんの家に来てどのくらいですか? ペットショップやブリーダーの元から来て、すぐの子犬でしたら、 やわらかいウンチや下痢の原因は環境の変化か、もしくは お腹に虫がいるのではないでしょうか? 病院で便の検査(便だけ持って行っても検査はしてくれます)をすると、下痢の原因が判明し、適切な対処方法をアドバイスしてくれます。 子犬の柔らか便の原因と対処策 大きな犬 さん 新しく飼い始めた子犬が柔らかい便や下痢する主な原因は、環境の変化によるストレスです。 ストレスが原因の場合、新しい環境に慣れれば徐々にウンチも固くなり、自然に治ります。 数日が経過しても、ウンチがゆるいままなら、他の要因で緊急を要する場合もあります。 【 子犬の下痢、柔らかいウンチをする原因】• 環境の変化によるストレス• ウィルス(パルボウイルス、ジステンパー、コロナ)• 寄生虫(ジアルジア症、コクシジウム、回虫)• 誤飲誤食• 運動や遊びの時間が多過ぎる、体や胃腸の疲れ• お腹の冷え• 消化不良・胃腸の働きが低下 下痢や柔らかウンチの対処方法として、胃腸の働きが低下し消化不良の場合、ドッグフードを30分ほどお湯でふやかして、与えると胃腸の調子が改善します。 人の胃腸薬や整腸剤を少量だけ飲ませて、胃の調子を整える方法もあります。 ウンチが水っぽいを理由に、犬が飲む水の量を減らす飼主さんがいますがダメな対応です。 水の給水を忘れずに、脱水症状は命を危険にします。 ウィルスや寄生虫が原因も少なくないので、病院へ行くのが安全安心です。 下痢だけでなく嘔吐や意識障害を併発したら即病院へ。 ・子犬の下痢:後3-4ヶ月くらいまでの子犬はよく下痢をします。 よくある原因。 環境変化のストレス:子犬をいじり過ぎるとよく下痢をして体調を崩します。 寒さ:冬場、特に夜、暖房を切ってしまうとかなり冷えます。 これも下痢の大きな原因となります。 フード:餌 の食べ過ぎは便がゆるくなる原因 4. 食器:きれいに洗うようにしましょう。 食糞:子犬はよくうんこをたべます。 食糞は下痢の原因になります。 引用元: ・子犬の下痢 下痢症。 原因としてはウイルス性(パルボウイルス、コロナウイルスなど)、寄生虫性(ジアルジア、トリコモナス、コクシジウム、回虫など)、細菌性(カンピロバクター、サルモネラなど)、食餌性(消化不良など)、ストレス性などさまざまです。 引用元: 疲れすぎ。 子犬の睡眠時間が短いと、便も柔らかくなる トットロ さん 子犬が可愛いいので、つい人間がかまってしまうのですが、子犬は静かな場所で寝かせておくことも大切です。 子犬の睡眠時間が短くなると、疲れて便も柔らかくなってしまいます。 うちはペットショップで子犬を購入したときに、かまいすぎないでくださいと厳重注意されたので、日中は暗くしよく寝かせてました。 人間同様「寝る子は育つ」です。 子犬の便の状態が少しづつ柔らかくなった時は リトル さん うちの子犬の場合、我が家に来て2〜3日後くらいから、少し便が柔らかくなりました。 すぐにショップの方に連絡すると「こちらでも便の検査はしましたが虫はいなかったので大丈夫ですよ〜様子をみててください」と言われました。 でも、だんだん便が柔らかくなって・・その次の日も連絡したけど、ニコニコ声で「大丈夫ですよ〜便に血がまざるようならまた連絡ください」って事でした。 そして、便にほんの少し血が混ざったので連絡すると、獣医が休みと。 他の獣医さんに連れて行くと、虫がいました。 下痢以外はとても元気もよく、食欲もあり嘔吐もしなかったのですが。 もし 子犬の便の状態が少しづつ柔らかくなった時は、早めに獣医さんに連絡してあげてください。 本人(本犬?)連れていかなくても、便を少しアルミホイルにつつんで持っていっただけでも検査は可能なので^^(病院によるのかもしれませんが・・) なお、柔らかい便は飲み薬を与えると、症状は1週間程で治りました。 ストレス性の下痢の症状 るな さん 昔、ワンコが子犬のころ、ストレス性の下痢になりました。 生後1ヶ月半でした。 ストレスが原因で、ご飯を食べない水も飲まない、嘔吐などの症状が出ました。 一方、末っ子のワンコの場合は、生後3ヶ月のとき来たら下痢ウンチが続き、病院で診察すると虫がいました。 獣医さんに検便してもらい異常がなければ、何かのアレルギーかお腹の弱い犬かも知れませんね。 元気な子犬時代すごせるようにしたいですね。 お腹に優しいドッグフードに変更するのもいいです。 子犬の胃や腸からゴロゴロと音は鳴ってませんか?ゴロゴロやキュルキュルと鳴るなら、このページ「」をご参考に。 軟便に粘膜を発見し、病院へ さゆり さん 本日軟便に粘膜を発見してしまったので、急いで休日診察してくれる獣医さんを探し、うんちを持って連れて行きました。 診察の結果、うんちに虫がいたのです。 一週間分のシロップ薬を頂きました。 一週間後に再検査です。 獣医さんいわく、たいした事なくてよかったです。 泣きながら駆け込んでしまいました、情けない… 今もやっぱりすごく元気なんですけどね。 食欲もあるし。 薬を飲ませ、今も部屋のなかを元気に走り回ってます。 しばらく薬を飲ませ、再検査まで様子を見てみようと思います。 ありがとうございました。 寄生虫なら、薬ですぐ改善する子犬もいます るな さん 寄生虫なら、薬ですぐ改善する子犬もいますが、なかには長いこと治らないしつこい寄生虫もいます。 私が今、飲ましてる虫下し薬は、3ヶ月に1回飲ませると、3ヶ月お腹の虫は退治できると獣医からもらってます。 タオルやペットシーツなどの物を噛むのは、子犬の特徴な現象なので大丈夫ですよ。 どうしても子犬の頃は、神経質になりがちです。 大丈夫と信じると結構おおらかな犬にそだちますよ。 2匹目がそうなんです。 ほったらかしに育ててたら上よりしっかりしてるんですよ。 人間と同じみたいですね。 犬の飼育は今年で7年目です。 さゆりさんも1〜2年するとこんなこともあったわね、なんて笑えるくらいしっかりママさんになってますよ。 あとワンコの体調のチェクメモしておくといいですよ。

次の

飼主がいると、子犬がオシッコとウンチをしない : 犬のQ&A集

子犬 うんち が ゆるい

もくじ []• 子犬が食糞する4つの理由 子犬が食糞するのには、理由があります。 大きく分けると、4つの原因に分けられます。 (1)食事の問題、(2)行動学的な問題、(3)生理的な問題、(4)病気の問題です。 (1)食事の問題 愛犬が食べている食事や食生活に問題があることがあります。 その空腹を補うために、うんちを食べてしまうことがあります。 消化の悪い食事 きちんと食事をあげていても、その食事の質が悪かったり、食事が愛犬に合わなかったりする場合、うんちは未消化な状態で排泄されてしまいます。 そのようなうんちが、子犬にとって「まだ食べられるもの」という認識になってしまっている可能性があります。 食事量が多すぎる 食事量が多いと、消化がしっかりとできない場合があります。 そのような食事だと、うんちは未消化な状態になっているので、こちらも子犬にとって食べ物という認識になる可能性があります。 栄養素が偏っている 食事内の栄養素、特にビタミンやミネラルに偏りがある場合、栄養バランスをとるために食糞をすることがあります。 (2)行動学的な問題 飼い主の気を引こうとしている 以前、うんちをした時の飼い主の反応が愛犬にとって嬉しいものだった場合、「また反応してほしい」という意思が働いている可能性があります。 例えば、食糞をした時、飼い主が「キャー、やめて!! 欲求不満や退屈 子犬の時は非常に好奇心が旺盛です。 そういう時期に、一人での留守番が多いなど、犬にとって退屈な環境があった場合、うんちで遊んだ結果食糞をする可能性があります。 うんちを飼い主から隠そうとしている うんちをした時に飼い主に怒られた記憶がある場合、「うんちをする事は悪いこと」という認識になっているかもしれません。 なので、愛犬は怒られないために自ら食べることで処理をしている可能性があります。 (3)生理的な問題 子犬の習性 子犬は外の世界に対して非常に好奇心旺盛です。 その興味や冒険の一環として、うんちを口に入れてしまっている可能性があります。 また、子犬の消化管は未発達なので、成犬と比べると消化がうまくできません。 なので、子犬がしたうんちは未消化なものが出ている可能性が高く、そういったうんちは子犬にとっては食べ物という認識になっている可能性もあります。 子犬の習性により食糞をしている場合は、成長をすると共になくなっていく可能性が高いです。 母犬のマネ 母犬が子犬のうんちを食べる姿をみて、その行動をマネしているケースがあります。 母犬が子犬のうんちを食べる行動はよくみられるもので、巣の中にある排せつ物の臭いにつられて捕食者が巣に近づいてこないように、子どものうんちを食べてしまうという本能を持っています。 また、巣を清潔に保つ意味合いもあるかと思います。 ですので、母犬が子犬のうんちを食べてしまうのは本能的な部分があります。 この母犬の行動を子犬がマネをしてしまっていることもあるかもしれません。 しかし、母犬の食糞が出産後に始まったものであれば子犬の成長と共になくなる可能性が高く、それは子犬も同様です。 (4)病気の問題 寄生虫疾患 子犬に多い病気の一つに寄生虫の感染があります。 消化管内に寄生虫の寄生があると、食事をしても消化不良となり、栄養素がきちんと身体に吸収されない状態になってしまいます。 つまり食事をしても身体は飢餓状態になっているということです。 子犬から排泄された便は、未消化な状態になっているので、犬にとっては良い臭いがします。 そして、子犬自身は食事をしていても吸収がうまくいっていないので、空腹状態が続いてしまいます。 下痢や吐き戻しなどの消化器症状がなくても、寄生虫疾患を患っている可能性はあります。 子犬の時は何度か糞便検査、寄生虫が検査で見つからなくても駆虫薬の定期投与が推奨されます。 子犬の定期駆虫の目安は、生後3カ月までは2週間に1回、生後3カ月~生後6か月までは1カ月に1回、その後は3カ月に1回の定期駆虫を疾病予防管理センター(CDC)が提唱しています。 消化能力の低下 消化能力が低下している場合、または消化管の発達が未発達だった場合、子犬の身体が必要としているカロリーを十分吸収できていない状態になっている可能性があります。 食べていても身体は、さらにカロリーを必要としているので、食糞をしてしまっているのです。 消化能力が落ちる病気は様々あります。 その中で、子犬に多い病気としては、先にもお話しした寄生虫疾患です。 他には、食物アレルギーや膵外分泌不全症などがあります。 食物アレルギーは、今食べている食事の中にアレルギーを起こすものが含まれている場合に、糞便回数の増加、皮膚の痒みなどの症状が現れます。 食事を変えたタイミングで消化器症状が出た場合などは、考慮する必要があるかもしれません。 また、膵外分泌不全症は、膵臓から分泌される消化酵素(食べ物の消化・分解を助けるもの)の分泌が十分できない病気です。 そのため、口から入った食べ物が十分消化できない状態で便として出てきます。 特に、脂肪がきちんと消化されずに便として出てくるので、脂肪便という白っぽい便が出るのが特徴の一つです。 この病気は、ジャーマンシェパードで遺伝性が示唆されているので、ジャーマンシェパードの子犬でこのような症状が見られたら、要注意です。 多食になる病気 病気の影響で、食欲が過剰になることがあります。 膵外分泌不全症の症状としては、多食、食べるのに痩せる、脂肪便などがあげられます。 クッシング症候群とは、副腎という臓器から分泌されるコルチゾールというホルモンの影響により多飲多尿・多食・腹囲膨満・皮膚が薄くなるなどの症状を示します。 この病気の多くは中年齢以上でみられますが、稀ではありますが、1歳未満でもみられることがあります。 食事量が不足していたいり、食事内容に偏りがあったり、食事のタイミングが不適切だったりといった要因が食糞のきっかけとなります。 食事量に関しては、しっかり体重に見合った量が食べられているかが重要です。 多くても、少なくても問題になります。 子犬は、日々成長していますので、知らないうちに身体が大きくなっていて、食事量が適正量に達していなかったということは少なくないと思います。 病院あるいは家の中でも、子犬の時期は頻繁に体重を測定するのをおすすめします。 体重を測定したら、その体重に見合った食事をあげているかを必ず確認してください。 食事内容に関しては、子犬用の食事をあげているかが一つのポイントです。 多くの犬用の食事は、ステージ毎に用意されています。 子犬用のフードには成長期に必要な栄養素がバランスよく配合されています。 そのようなフードではなく、おやつ中心の食生活やバランスの悪い食事を食べていると、十分な栄養を摂取することができないために、食糞行動に繋がってしまう可能性があります。 子犬用の食事をすでにあげている場合は、別の子犬用のフードに切り替えてみるのも一つかもしれません。 食事のタイミングに関しては、空腹時間が長いことが食糞と強く関連していると思われます。 ですので、空腹時間を現在より短くするのも一つの対策です。 例えば、1日2回の食事であるのであれば、1日3回にするということです。 1日の総摂取カロリーが適切であれば、1日に食事を与える回数自体を増やしても問題ありません。 このように、食事量・食事内容・食事のタイミングを一度見直してみて下さい。 食事を見直すだけで、食糞行動がなくなる可能性はあります。 現在の食事が適切かどうか不安な場合は、かかりつけの獣医師に相談して下さい。 行動学的な問題の場合 愛犬が食糞行動を起こした時の飼い主の反応は非常に大事です。 飼い主の関心を得たい子犬は、食糞で飼い主の注意を自分に向けようとします。 一方、排便をすると叱られると思っている子は、見つかる前にうんちを食べて隠そうとしたり、隠れてうんちをしたりします。 ここで大事なことは、子犬がどんな理由で食糞行動をしてしまっているかです。 関心を得るために食糞している場合 関心を得たいという理由で行っているのであれば、まず愛犬が食糞をした際に、反応をしないことです。 もし、可能であれば、うんちをした直後に別の事に気をそらしてあげる事も有効かと思います。 うんちを隠そうとしている場合 うんちを隠そうとして食べているのであれば、過去の自分の行動を思い返してください。 もし、愛犬がうんちをした時に怒ったことがあるのであれば、うんちを隠そうとしている可能性があります。 こういう場合は、決してうんちをトイレ以外の場所でしたとしても怒らないでください。 トイレできちんとできた時は、思いっきり褒めてあげて下さい。 病気の問題の場合 病気の問題に関しては、当然ながら原因となっている病気を治すことが大事です。 寄生虫の感染があるのであれば、適切な薬を用いた駆虫をする必要があります。 ですので、定期駆虫の実施をおすすめします。 子犬の定期駆虫の目安は、生後3カ月までは2週間に1回、生後3カ月~生後6か月までは1カ月に1回、その後は3カ月に1回の定期駆虫を疾病予防管理センター(CDC)が提唱しています。 食物アレルギーが疑われる場合は、本来であれば除去食試験の実施が必要です。 しかし、除去食試験を行うには、子犬の時期は不適切です。 ですので、アレルギーを疑う時は、現在食べている食事を変更してみる所から始めてみましょう。 その他の病気、膵外分泌不全症やクッシング症候群に関しては、それらの病気が疑われる際に行う検査があります。 その検査で、確定できればそれぞれの病気の治療をしていきます。

次の

【獣医師監修】犬が下痢をした・うんちがゆるい。この症状から考えられる原因や病気は?|hotto(ホット)

子犬 うんち が ゆるい

子犬の体調管理のために、毎回うんちの状態をチェックするという飼い主さんは多いと思います。 硬さや回数を目安に、便秘になっていないか、下痢になっていないかをチェックするのは大切なことですよね。 食欲があって、排泄に異常がないということが健康のバロメーターになります。 しかしながら、体調が不安定になりやすい子犬の時期は便秘と下痢をよくするものです。 慣れてくると落ち着いて対応ができるようになると思いますが、可愛い愛犬の体調不良には戸惑いますよね。 特に下痢の場合には病気かな?と心配になります。 「どんどんうんちがゆるくなって、ゼリー状になる…これって大丈夫?」というような経験はないでしょうか。 このまま様子を見るべきか、病院へ行くべきか迷いますよね。 今回は「子犬のうんちがゆるい!下痢気味でゼリー状になる」という場合の原因と対処法について解説していきます。 Contents• うんちがゆるく、ゼリー状になるのはどうして? 下痢? 子犬のうんちがゆるいと焦ります。 そもそも「ゼリー状のもの」は一体何なのでしょうか。 一瞬、下痢なの?と思いますよね。 その正体は、大腸粘膜がはがれたもの。 大腸の粘液なのです。 細菌やウイルス、寄生虫などに感染していたり、フードの切り替えによるもの、強いストレスが原因となります。 また、何かのアレルギーが原因の場合もあります。 嘔吐を伴う場合には、誤食も心配されます。 しかしながら、たまにゼリー状のうんちが出るという程度で、食欲があり元気な様子であればそんなに心配することはありません。 ただし、体調の急変も考えられますので、しばらくの間は愛犬の様子をよく観察するようにしましょう。 ゼリー状のうんちが出たらどうする? 食欲があり、元気なら様子見で大丈夫 食欲があり元気そうであれば、ゼリー状のうんちが出ていても、うんち自体にある程度硬さがある状態の場合にはしばらく様子を見ます。 24時間程度絶食をしてみると良いでしょう。 ストレスが原因の場合には、そんなに時間がかからずに下痢が改善されていくはずです。 長時間のお留守番、お散歩中に他の犬に威嚇された、新しく別のペットを飼い始めた、などのちょっとした環境の変化でも愛犬にとっては大きなストレスになっている可能性があります。 そのような場合にはお腹の調子がおかしくなってしまうことも十分に考えられます。 フードの切り替え時に下痢が始まった場合には、新しいフードが愛犬の体質に合わない可能性があるので、フードを見直すようにします。 アレルギーの可能性もあるので、獣医師に相談した上で、違うものに変えるのが良いでしょう。 下痢気味の時には脱水症状が心配です。 いつもより水分を多く摂らせるように心がけます。 ただし、水分の摂り過ぎは下痢の悪化に繋がります。 食べ慣れたフードをお湯でふやかすなど食餌から水分を摂れるようにしてみてください。 病院へ行く場合 下痢が悪化したり、長くなる場合、食欲や元気がない場合には迷わず獣医師に診てもらいましょう。 細菌やウィルス、寄生虫に感染しているかもしれません。 うんちをトイレシーツの上にした場合はシーツごとたたんでビニール袋などに入れて持参するようにします。 診察や検査の際に必要です。 また、与えているフードの内容や回数、量などを伝えられるようにメモしておきます。 いつからうんちの様子がおかしいのか、体調に変化はないか、ストレスになるような出来事はなかったか、なども記録しておくと診察がスムーズです。 愛犬は自分で喋ることはできないので、飼い主さんからの情報を頼りに診察が進められます。 一日も早く愛犬が元気になるように、医師には的確に診察をしてもらいたいですよね。 そのためには、飼い主さんからの情報も重要な手がかりとなるのです。 こんな場合は要注意! 拾い食い、誤食に心当たりはありませんか?• 腐ったもの、雑草などの散歩中の拾い食い• 異物の誤食• 中毒を起こす食べ物や人間用の薬などの誤食• 下痢だけでなく嘔吐を伴う 「散歩中に何か食べたかもしれない」「キッチンを荒らしていた」「人間用の薬を落としたかもしれない」など少しでも心当たりがある場合には、一刻を争うケースになることも。 迷わず獣医師に相談しましょう。 まとめ 愛犬がゼリー状の便をした時は慌ててしまいますよね。 病気なのでは?と不安になる方も多いのではないでしょうか。 小さな子犬の時期は、体調が不安定になりがちです。 下痢が長引くと体力まで落ちてしまいますので、そんな時はできるだけ早く獣医師を頼りましょう。

次の